大学時代の留学中に理解できなかった部分が今では当たり前のように聞こえて赤面

中学のときにVAN HALENというロックバンドが好きになって、ずっと聞いていて、DCでは一度コンサートを観にいった。「えぶりばでぃわんとさむ」という歌があり、中学のときは、以下で紹介する部分が全然聞き取れなかった。

大学のときに、アメリカに来て、そのときも聞き取れなかった。たまたま、ホームステイしていた家の親戚に10歳ぐらいの子がいて、これ聴き取れる?と聞いたら、当たり前のように繰返していたので、やっぱりネイティブなら聴き取れるのだなと納得していた。

10年前に英語喉に出会い、シラブルを聞く、喉の音色をきくというやり方で英語を話し始めたが、今、この部分(以下のURLをクリックすると、その部分から始まります)が、当たり前のように聴き取れる。そしてその内容が10歳の子に聞かせるものではないということに気づき、赤面。

皆さんはいかがですか?英語喉をされておれば、聞ける人も多いと思います。英語喉をされていなければ、おそらく無理かな?(答えはこちらから http://www.azlyrics.com/lyrics/vanhalen/everybodywantssome.html )

Related Articles

「純ジャパの僕が10か国語を話せた世界一シンプルな外国語勉強法」

Yohei Akiyama さんの新著「世界一シンプルな外国語勉強法」をゲットしました。アマゾン(日本)で頼んで3日で米国に届きました。 新しい言語を学ぶときに、自分が感覚的にまず知りたい表現があります。それは英語で言いますと、I am going toにあたる表現とか、Let’s ~~にあたる表現です。なぜかというと、それらを覚えておくと、動詞を活用させずに使うことができて、広く応用できるからです。私はスペイン語やフランス語を勉強するときに、まずそれらを押さえました。 私の考え方と秋山さん考え方は非常に似ています。まずは、シンプルにせめて、とりあえず、おぼれないように犬かきをする(これは秋山さんの表現)、、まずはそこまで行くことが大切なのです。 本に出ているその犬かき用の単語リストが参考になります。 犬かき用表現リストも載っています。 この二つのリストがあることが絶妙です。私にとっては、「表現リスト」のほうに思い入れがあります。 リストには、とりあえず英単語と日本語訳が書いてありますが、フランス語会話を練習中の私としては、それらの単語をフランス語で知っているかを自分で確認するのです。 語学学習とはそういうものです。自分でやるんです。 秋山さんに関してもう一つユニークな点があります。それはYOUTUBEなどで実際にそれらの言語を話されているということです。 私自身も英語の発音に関して英語喉というapproachを提唱しておりますので、当然、英語で普段から発信しています。 また、「英語の勘1」ではTHEの使い方などを説いているわけですから、当然、それをつかってYOUTUBEなどで発信していますし、毎朝、ついきゃすでCNNを聞きながら、語彙を解説しています。 できているから、こうしてやっていますよと、手の内を見せているわけです。 秋山さんはフランス語のテストを受けて、文法の点がほとんどゼロだったのに、聞き取りと読みは結果が良かったそうです。 これは分かります。聞いて理解するのに、文法はそれほど重要ではありません。なぜなら、言っているほうはnativeですので正しい文法で単語を発射してきますが、聞いているほうは、単語と単語の関係を理解するというよりも、単語自体の意味が理解できればだいたいいいからです。 例えばISの意味はISであり、それ以外ではありませんから、別に文のどこに来ても同じことです。 「犬かきの単語リスト」ですが、自分はスペイン語で知っているかなと思って読んでみましたが、ほとんど知っていました。フラ語ではかなり怪しかったです。 さて、この本を読んだ人がこのやり方を実践してうまくできるかですが、一つだけ条件があると思うんです。秋山さんがこのやりかたで成功したのは、兵庫県のご出身だからだと思うんです。秋山さんは声が深いので、外国語の音も正しく聞き取っているのだと思います。声が甲高い人は、まず声を柔軟にして、立体的な発声を練習する、、、そうすることで、犬かきの単語のどれを言っても相手に通じるという状態が生まれますし、また聞き取りもしやすくなります。 英語喉で喉をリラックスさせましょう。 秋山さんの新著、参考になると思います! 最後に、英語以外の外国語を修得するといいですよ。英語で発信しても、私のようなオッサンの場合、そんなに反応がないんですけど、スペイン語で動画をつくるとコメントがどんどんつきます。たぶん、スペイン語を話す日本人が少ないからじゃないかなと思います。

One OK Rockの新曲のHARD TO LOVE

ONE OK ROCKの新曲となるHARD TO LOVEですが、同じタイトルでカントリーの歌があります。 HARD TO LOVEというのは、この曲でも、ONE OK ROCKの曲でも、同じ意味で、 愛するのが(私にとって)難しい、、、ということではなくて、 (人が私を)愛するのが難しい、、、ということです。たぶん、人の愛を受け入れることができないので、それを返すことが出来ないと言う事だと思います。 ONE OK ROCKの歌詞でも、お父さん(森しんいち氏)に対して、TAKAさんが思春期で素直になれず、反抗したので、私はHARD TO LOVEだったでしょ?という意味だと思います。 http://www.azlyrics.com/lyrics/leebrice/hardtolove.html   ONE OK ROCKのHARD TO LOVEは、 https://www.google.com/search?q=hard+to+love&oq=hard+to+love+++&aqs=chrome..69i57j69i61j69i60j69i61.2279j0j4&sourceid=chrome&ie=UTF-8#q=one+ok+rock+hard+to+love  

自分が動画制作のために使っている機材とソフト

色々試したものの、音は以下のやりかたで録音していて、満足しています。 マイク RODE NT1-A   http://www.amazon.com/Rode-NT1A-Anniversary-Condenser-Microphone/dp/B002QAUOKS/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1457582287&sr=8-1&keywords=Rode+NT1A 音楽録音用にずいぶん前に買いました。 マイクをPCにつなぐための器具 ICICLEといって、たまたま上のRODEマイクがそのままではPCにつなげないので、これを使ってUSBでつなげるようにします。 http://www.amazon.com/dp/B001EW5YQS/?tag=googhydr-20&hvadid=91454135947&hvpos=1t1&hvexid=&hvnetw=g&hvrand=6221279524680116730&hvpone=&hvptwo=&hvqmt=b&hvdev=c&ref=pd_sl_6zxp681pc2_b PCの画面と音を録音、録画するためのソフト 動画編集が非常に簡単です。使い勝手が良い。以前SONYのVEGASというのを使っていますが、ちょっと難しかったので、乗り換えました(たぶんSONYのほうは、難しいだけに、色んなことができるのかもしれません)。このソフトはPC上で起こる全てのことを録画、録音することができ、さらに編集ができます。 CAMTASIA https://www.techsmith.com/camtasia.html 外部録音機 さて、SKYPEなどで番組をするとすると、上だけでやると、失敗してしまうことが以前にありました。そこで、音だけでも外部録音機を使うことで録音しています。英語喉のスカイプ授業もこれで録音して、復習用にお渡ししています。 Zoom H4N http://www.amazon.com/Zoom-H4N-Digital-Multitrack-Recorder/dp/B00UK7G3UO/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1457583101&sr=8-1&keywords=zoom+recorder

Responses

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. まったく聞き取れませんorz

    この部分は歌っているのでは無く、普通に喋っているのだというのはわかります。だからネイティブの子供なら普通に聞き取れたんでしょうね。

    前にも書きましたが、中学の頃、兄が洋楽ロックにハマっていました。あの時、自分も一緒にハマっていれば、今頃はもっと英語が聞き取れたハズだと思うと悲しくなります。

    1. LISTERさん、以前、LISTERさんのように、聞き取りができないと言いながらも、1年ぐらいして、あれ、聞き取れていると突然言っていた人がいたので、いつかその日が来ることを信じています。

Skip to toolbar