なぜ第2外国語(お勧めはスペイン語)を勉強したほうがよいか

英語以外の外国語でもう一つ学習されることをお勧めします。

英語との相互効果を狙えるのは、やはりヨーロッパ言語、特にスペイン語とかフランス語です。

私は大学時代3年勉強したはずなのがフランス語ですが、当時、発音ができず、聞き取りもできなかったので、全然、学びがありませんでした。フランス人と話したこともありませんでした。

たまたま、メキシコに3ヶ月入ったことから、スペイン語の会話のクラスをとりまして、アルゼンチン出身の先生(ホセ・マカダム氏)から会話を学びました。

マカダム先生は、京都にお住まいで、龍谷大学を引退されたのだと理解しています。

ヨーロッパ言語を学ぶことのメリットを書きます。

1.ヨーロッパの人のほうが話しやすい印象があった(日本で)。今は、アメリカ人でも普通に付き合えますが、大学時代、なぜか英語ネイティブよりも、ヨーロッパ人のほうが気さくに思えた。

2.スペイン語の普通の語彙が、英語では難易度の高い単語であることが多く、知らないうちに、英語で難しい単語を覚えてしまうことになる。

3.ラテン系の人は、人情に厚い感じがして、つきあいやすい。

4.英語より、発音が簡単。特にスペイン語は見たままの発音なので、学習しやすい。

5.ヨーロッパの人は、アメリカ人よりもう少し多く日本の漫画を見ているので、共通の話題が豊富。

6.スペイン語をとっている女子大生はのりがよい。

7.英語を勉強して、アメリカに住んでも、アメリカ人と英語を話す機会がないことがある(英語喉をやっていれば大丈夫)が、スペイン語を勉強して、メキシコに行くと、絶対100%スペイン語で、メキシコの友達もたくさんできる。

ここからは今思うこと。

7.ダンスの文化があって楽しい(サルサ)。

8.スペイン語を喋る人口が想像を絶するほど多い。

9.スペイン語の文法がフランス語、イタリア語、ポルトガル語に似ている。

10.根本的なところで英語にも似ているので、英語の感覚でスペイン語を喋れるように思う(主観ですが)。

その他なにかあったら教えてください。

最後に、日本に住まれているRUTHIさんのYOUTUBEチャンネルです。

 

英語喉オンラインサロン・コースへ飛ぶ

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.