英語喉ができてるかどうかのテストをいきなり

昔、訪問販売というのがあったが、今もあるのだろうか。色々、あったが、中でもどきっとしたのは、添削指導のサービスを提供する教育教材系会社からのセールスマンさんで、いきなり「君、英語でお金がない、、、というのをどういうか知っているか?」とたずねてきた。I don’t have moneyですか、と答えると I have no moneyだと言われた。

今考えると、どっちでも正解だということは知っているが、中学生だから、あ、そうなのか、なんか微妙な違いがあるんだろうなあ、、、と思って、負けたと思った。そういうことを知らないと高校入試は困難だと宣告された。

ま、とにかく、そんな感じのどきっとするテストを、英語喉をすでに済ませた学習者になげかけたい。もし、できなかったら、喉発音が徹底してないってことなので、喉ブレーキをまだ使ってるってことですよ。あとゲップエリアが定位置になりきってないんだと思います。

練習量が大切なのではありません。これらができているかどうかです。

さて、テストにうつります。

1)BENTO(弁当)を英語風に発音してみてください。

2)さて、TOのとこだけもう一回やってみてください。

3)Tのとこだけやってみてください。

4)Tの発音が起こる寸前で口、喉をとめてみてください。

本当にやってみてくださいね。質問は(4)に関するものです。下に続きますけど、まだみないでくださいね。わざと空白をあけておきます。

 

 

 

やってみましたか? 

 

 

本当にやってみた?

 

 

 

 

それでは質問です。

そのときって、喉って絞まってます?つまり、喉と舌の間が、密閉空間みたいになっていませんか?

そうなってたら、喉発音になっていないってことです。

喉っていつも開いてだらーんとしてないといかんのです。

どうでしょうか。

ちなみに、従来言われているように激しい音をだそうとすると、おもわず喉が閉じてしまいます。日本語話者が激しく音をだそうとすると、何をするのでしょうか?喉をとじて、口の中に密閉空間をつくり、それを自転車の空気入れみたいな要領で息を押し出すんです。これをしちゃうとだめなんです。喉ブレーキ、それも、喉を閉めるタイプ、いわば急ブレーキをかけてしまうんです。

これってPとかBでも同じですね。やってみてください。

空気ポンプ口とでも呼んだらいいでしょうか。ネイティブは逆に、このポンプ口が苦手なんです(だいたいそういう芸当がこの世に存在すると思っていないんです。西洋人は)。日本語話者にとっては、簡単なことですけどね。

喉をマスターすることは自分を知ることです。自分自身の体(姿勢、呼吸、喉、口)をマスターすることです。そのために必要なのは、沈思黙考的、禅的?な思考です。喉をやったら、頭が疲れた、、、と感じるのが理想です。

参考 

西洋人には不可能(?????) スーパー口ポンプの実践

http:www.nippondream.com/blog/supermouthpomp.wav

 

英語喉オンラインサロン・コースへ飛ぶ

Related Articles

うめこさん+喉1号さん+喉すけさんへのアドバイス

うめこさんのサイト http://73417248.at.webry.info/201006/article_4.html 音声によるアドバイス(2つのファイル、内容が違います) www.estat.us/blog/umeko_1.wav www.estat.us/blog/umeko_2.wav 今のところ、シラブルシラブルを元気よく(?)発音しすぎている感じなので、練習としては、ダラーとした感じがよいです。「異星人を呼ぶための呪文」ぐらいのつもりがよいでしょう。そうすることで、イントネーションとか、強く読むとかいう考え方をとりあえずせずに、発音に専念します。

TED EVENT (NEW YORK)に応募しました

TEDというのをご存知ですか?昨晩のMIDNIGHTがニューヨーク部門でのしめきりだったので、昨晩、企画書を提出してみました。これが、募集要項でした。 http://conferences.ted.com/TED2013/auditions/new-york.php これも押していただき、人気投票ランキングにご協力を!

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. 英語喉ができているかのテスト、これでよくわかりました。確かに強い t の音出そうとして
    喉に密閉空間を作って、のどしめていました。これがのどブレーキなんですね。
    ミュージシャンなので、英語のスピーチのコピー練習のときにマイクを使ってやっています。
    そうすると少しの音のバランスの悪さも聞き取れるのです。今日 どうしても
    T の音が強すぎるので、どうしてだしたらいいのか、何回も練習していたのです。
    偶然にこのsite 見つけました。
    歌も同じです。首のかなの中身?ちょっと辺ですが、首の中を常に下げておく、のが
    首をリラックスさせるこつですね。
    T の発音は喉でしないで、からだでする、ですね。

    歌のときに首、頭部、胴と3つのパーツに分けて考えます、
    もちろん頭部や首もつかいますが、胴体から音をだすと考えます。
    これと同じように T の音を胴体から出すと考えて、舌は T 位置において
    ルーズに音をだす。ルーズに出しても結構鋭い音になりました。