Skip to toolbar

喉と3ビートだけに集中を

発音の学びのプロセスについては、すでに述べた。

英語喉的発展と、従来的な発展がある。このふたつを混ぜてはいけない。例えば、喉と3ビートをやっていて、まだ喉ができていないときに、激しくシャドーイングや音読をやることは避けたほうがよい。というのは、従来のやりかたでやると、以下のプロセスが生じるのだが、このプロセスは喉的発展と激しくぶつかりあい、学習の速度を遅らせてしまう、、、どころでなく妨害してしまうからだ。

日本語話者が喉、3ビートなしに、大量の英語を聞き、単に音読的に繰り返すと、以下のプロセスが始まってしまう。すでに以前に述べたが、、、:

  • 特的の音を長く音を伸ばす。
  • アクセントを強く加えるようになる(おおげさなイントネーション)。
  • 破裂音的な音が強くなる(ことで、子音のあとに母音がつかないようなコツを覚える。 Tをラ行に置き換える。
  • ちょっと鼻にかけるとそれっぽく聞こえる音があるので、そうする。

これらをしてしまうと、喉発音と3ビートができなくなるのである。

まずは喉ブレーキをしないこと、ゲップエリアを定位置にできること、、、この二つを獲得してほしい。このことなしに、3ビートに進むことは危険である。とはいえ、3ビートができるようになると、個々の発音自体は下手でも、通じるようになるだろう。ただし、英語の音が意味は分からないが、がんがん頭に入ってくるという感動を味わうたjめには、やはり喉+3ビートだ。

いつも本を手に勉強する必要はない。電車にのっているときに、ふと目にはいった雑誌のタイトル、ネイティブならどう読むだろう。外で見かけた動物の鳴き声などをまねするのもいい。

覚えておいてほしい。日本人以外のほとんどの外国人は、シャドーイングや音読をせずに英語をマスターしているのである。 ただし、シャドーイングにしても音読にしても、喉と3ビートを意識した形のものは可能だ。修正したいのは、英語をシャワーのようにあびれば、除所に英語がうまくなっていく、、、という考え方である。

英語のマスターには、頭を使う必要があるのである。禅ではないが、次のようなことを通勤通学のときに激しく考えてほしい。

なぜ、私は喉ブレーキをかけてしまうんだろう、、、、。どうやったら、喉の奥をならせるだろうか。あ、この単語、ネイティブならどうやって3ビートに分けるだろうか、、、。

本当の意味での「頭の躍動」が必要となる。

練習の量が問題なのではない。喉を使えるかどうか、、、だ。私はアメリカ滞在が長いから英語が100%理解できていたのではなくて、単に中学のころから寝ながらNHKのラジオ講座を聞いていた。だから、寝た姿勢で発音練習をしていたのだ。だから、浅めではあるが、アクビエリアをたまたま使っていたのだと思う。同じくアメリカに長い友人と話してみて驚く。20年住んでいても、映画は分からない。仕事関係のことなら、想像でわかる、、、というレベルだと多くの友人が言う。これは、単に、喉を使っていないからなのだと思う。

参考 喉を使わずに練習することの危険性について実践してみました。

http://www.estat.us/blog/repeat.wav

Related Articles

どのようにうまくなる?

喉実践者の音声テープを聞いていると、だいたい同じパターンでうまくなっていく。だいたい同じアドバイスだ。結局のところ、日本語話者は同じ日本語を喋っているわけだから、英語を喉で話そうとすると、全く同じ問題を通過するのだろう。 最初の音声 喉の発音エリアが浅めです。ゲップエリアが定位置になるようにしてください。3ビートはできています(子音はほとんど問題ありません)。 2回目 まだまだ喉の発音エリアが浅めです。ゲップエリアが定位置になるようにしてください。3ビートはできています(子音はほとんど問題ありません)。 3回目 発音エリアがいい感じになってきました。LUNCHのところをUがまだ浅いです。HASのところのAがまだ浅いです。子音ですが、PICKLESのところのKの後にいらない母音がついています。VEGETABLEのところのGがちょっと違うみたいです。 、、、という感じになって、あとは、個人個人が各自で試行錯誤の結果、ゲップエリアが定位置になっていく、、、と。 (このやり取りの中で、舌の位置がここだとかいう会話は一度も出てこない。それもそのはずだ。たとえ、そうしなければいけない場合があったとしても(例 TH)、舌をある位置におくのは、誰でもできるからだ。) 英語喉でうまくなっていく過程がだいたい同じだとすると、従来のアプローチでも同じようなことが起こりうる。口発音で、それなりにうまくなるとすると、次のようなステップが起こる。ただし、あくまでも近似値的なアプローチなので、巨人の星のテーマソングのような試練を通過しないと、うまくならない。 特的の音を長く音を伸ばす。 アクセントを強く加えるようになる(おおげさなイントネーション)。 破裂音的な音が強くなる(ことで、子音のあとに母音がつかないようなコツを覚える。 Tをラ行に置き換える。 ちょっと鼻にかけるとそれっぽく聞こえる音があるので、そうする これらのプロセスでそれなりにうまくなった英語は、確かに日本人の耳で聞くとうまく聞こえるが、英語ネイティブの感覚で聞くと、もともとのカタカナ英語から比べて、努力のわりにはそれほど違って聞こえない(特定の音を長くしたり、おおげさにイントネーションをつけたり、破裂っぽさを増加させても、カタカナが急に英語にならない。) ただし、3ビートをやっていれば、ベースがカタカナ英語であっても、驚異的に通じることは確かである。英語喉なしでも、ものすごくうまい人は、無意識のうちに3ビートをところどころやっている人なのだろう(仮説)。  参考 英語ネイティブが、学習者にTOYOTAという単語の英語風発音を教えようとしているところを実演してみました(日本語ですが、英語の発音を勉強するのに、英単語を使う必然性はありません。)。 学習者は、英語喉なしに、徐々に英語を「うまくしていきます」が、そのプロセスを実演してみます。 http://www.nippondream.com/blog/progression.wav 特的の音を長く音を伸ばすして発音する アクセントを強く加えてみる。 破裂音的な音が強くしてみる Tをラ行に置き換える。 ちょっと鼻にかけてみる 日本語話者が発音の特訓を普通にすると(つまり英語喉を読まずにすると)、上に上げたプロセスを順にたどっていくわけですが(仮説)、非常に習得が難しいし時間がかかります。また習得してもあくまでも近似値なので、聞き取りができない。また通じにくいのです。 喉+3ビートだけで、ネイティブと同じ発音を身につけ、聞きとりましょう。 

うめこさん+喉1号さん+喉すけさんへのアドバイス

うめこさんのサイト http://73417248.at.webry.info/201006/article_4.html 音声によるアドバイス(2つのファイル、内容が違います) www.estat.us/blog/umeko_1.wav www.estat.us/blog/umeko_2.wav 今のところ、シラブルシラブルを元気よく(?)発音しすぎている感じなので、練習としては、ダラーとした感じがよいです。「異星人を呼ぶための呪文」ぐらいのつもりがよいでしょう。そうすることで、イントネーションとか、強く読むとかいう考え方をとりあえずせずに、発音に専念します。 あとi_の発音で、その前にくる音が何かで、出来具合が違うことがあります。普通IF(前に何もこない)で発音するとうまく行く人が多いです。KISSの場合、Kで口発音になってしまい、その影響でi_が成功しにくい人がいます。 喉1号さん http://nodo1gou.at.webry.info/201006/article_4.html 音声によるアドバイス(2つのファイル、内容が違います) www.estat.us/blog/nodo1gou8a.wav www.estat.us/blog/nodo1gou8b.wav 子音のときに、口発音っぽくなっているので、ゲップエリアが定位置からずれているのだと思います(シラブルとシラブルの間で)。それが安定しない理由だと思います。もう少しです。舌の力を抜くこと、それから口の屋根につけるとき、角度を工夫してください。つけるぞーというかんじでなくて、え?ついた?つかない?ぐらいのレイジーさでつけます。   喉すけさん http://nodopractice.seesaa.net/article/152367436.html 課題は明瞭性です。子音を口発音しまいとして、その結果、子音が明瞭に発音されていません。ですが、喉発音自体は、かなり深いところまできていて、方向性はあっています。今後の課題は、全体的、そして特に子音を、口発音になることなく明瞭に出すことです。 音声によるアドバイス www.estat.us/blog/nodosuke2.wav  

盗み聞きをしてしまった件

1231 今週末のセミナーの募集です。とりあえず英語の音が聞こえるところまで行きましょう。 http://www.doodle.com/bpxmkqvv8ufgtktm   MASA RADIOが益々盛り上がっている。 MASAさんが、相手のパーソナリティーを引き出しているようで面白い。 http://audioboo.fm/boos/394083-masa-radio-talking-to-cheerful-yuyu http://audioboo.fm/boos/394141-masa-radio-talking-to-emily-again また、タイの日本語教師さんが、英語ができなかった中国人の人が短期間で英語ができるようになっていくのを目撃されているのが面白い。あと、http://thainihongo.seesaa.net/article/211369507.html に書いてあるのだけど、聞くことができるようになったら単語が自分のものになるスピードが速いとあるが、これは本当だと思った。 聞き取りが出来ないと単語の暗記は単語集とかに頼ることになる。あるいは読んでいて字として勉強する、、、まあこれは普通日本人が中学高校とやることだ。 しかし聞けるとテレビなどをぼ~と見ていても、単語を覚えることになる。 そういえば、私は英語喉前からアメリカ英語がそれなりに聞けていたが、辞書はもう20年ぐらい調べたことがない。耳で聞いていて、何回か出てきたら、なんとなく覚えてしまう。人の顔をおぼえるのと一緒だと思う。 やったもんさんもSKYPEで英会話をはじめられたようだが、とてもよいことだ。 さて、最近、電車通勤を週3回ぐらいはするようにしている。電車だと行きと帰りで10ドルぐらいだ(800円ぐらいか)。会社から一ヶ月に50ドルの手当てが出るのと、あと、税金の控除になるので電車は経済的だ。 自動車だと今1ギャロン(4リットル?)4ドル強だ。往復でおそらく2ギャロンぐらいかかるので8ドルぐらいかかる。だから自動車のほうが微妙に安いけど、電車のほうが補助が出るのでやっぱり安い。 駅から会社まで5分ぐらい歩いていたら、若い社員の男女が話をしながら歩いていた。自己紹介をしている。最初はどんな英語文法を使っているかと思って聞いていたのだけど、男性のほうの内容を盗み聞きをしてしまった、、、。 なんでもハーバードのプログラムである外国の学生たちと会議をしながら交流をするプログラムだという。 どこの国か、言わなかったのだが、それはきっと、最初から日本だというと、相手の女の子に、「この人は、きっと日本に行って、日本の女の子達にもてまくった類ね、、、」と思われるのがいやで、どこの国かは最初から言いたくないのかな、、、と私は思った。 そのプログラムは素晴らしく、その国の学生達と、エネルギー問題、国際情勢などについて話したという。 そして、アメリカ人とその国の若者たちとのネットワークができて、あとでその国を旅行したりとか、あるいはビジネスの話をしたりとかで、素晴らしい経験になった、、、。 このあたりで、私は、ありゃ、あの「日米学生会議」だと思っていたが、違うのかと思い出した。 <日米学生会議出身の友人がいるが、英語喉を紹介したら、「ネイティブのように喋る必要はない」で話が終わっている。> だって、日本人の大学生がこんな素晴らしいネットワークを気づくような関係になれるはずがないと思ったからだ。口発音では、そもそも相手の言っていることが分からないし、通じないし、また冷たいイメージになるから、友情を結ぶのは難しい。 先日もJETで2年間も日本に住んでいた元同僚が、「日本人の友達がいない」と言っていた(中国人や韓国人の友達はいる)。 英語喉をまだ知らないだろうからだ。…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. Your article is truly informative. More than that, it??s engaging, compelling and well-written. I would desire to see even more of these types of great writing. 421269

  2. Some times its a discomfort inside the ass to read what weblog owners wrote but this internet internet site is genuinely user genial ! . 110209

  3. I discovered your blog internet website on bing and appearance several of your early posts. Preserve up the extremely great operate. I just now additional the RSS feed to my MSN News Reader. Seeking toward reading far much more on your part down the road!