最近の生放送、「独り同時通訳」より

声で感情を伝えよう

英語と日本語の音の根本的な違い 口発音VS喉発音

素敵な表現”How was your day?”の意外な使い方

海外滞在の楽しみ方 郷に入れば郷の人を真似る方式で

Related Articles

口発音VS喉発音

アメリカでも日本のニュースが見れることがわかった。ケーブル放送で、1日中やっている。餃子のニュース、、、これは大変ですね。皆さん気をつけてください。 英語ニュースのアンカーで日本人なんだけど、バイリンガルの人がやっている。英語はどう考えても、小さいときにアメリカに住んでいたんだ、、、ということが分かる。その人は当然喉発音。で、コメンテーターの人が出てきて、その人と語り合うのだが、その人は日本で育ったことが分かる。口発音だからだ。 喉発音 対 口発音で、まず分かるのは、音程である。喉発音の人は、顔は日本人なんだけど、アメリカ人男性と同じようなすごみのある声をだす(なんか、声の感じがCNNのLOU DOBBに似ている)。もう一人の日本人の人は、男性なのだが、ちょっと上ずったような声だ。口発音だから、すこし声が高くなる。英語は流暢だし、3ビートのそれなりにこなされているが、口発音である。 そのやり取りを聞いていると、喉 対 口 の応酬というかんじである。 思うのだが、喉発音ができている人には、相手が口発音だということが明らかにわかる。でも、口発音の人には、相手が喉発音だということはわかりにくい。 なぜだろう。喉音というのを脳が自動的に、「あ、これは言語の一部ではない」と判断して取捨しているのではないだろうか。 逆に、喉話者にとって喉音は、音を区別するために非常に大切な情報。当然、脳ががんばって喉音を聞いている。口発音話者からはそれが得られないので、あまりにあきらかに、「あ、この人は口発音だなあ、、、」と思うのである(あくまでも無意識のうちに)。あくまでも無意識でのことなので、どのようにアドバイスしたらよいかは、喉話者にもわからない。 一方で口発音者は、喉発音者の英語が違うことには気づいているが、それは舌の動かしかたとかだろう、、、と思い込んでいるので、喉について意識して考えることはしないのである。

MEだけでもバレル、口発音VS喉発音 +(国産ネイティブNSH41さん)

NSH41さん(英語音読研究所)がUPされているので、さっき、聞いたら、全く努力なしに聞ける英語が完成していた。これは、勝手にで恐縮だけど、(昨日のMASAさんに続き)国産ネイティブと宣言させてもらいたい。 http://nsh-41.blogspot.com/2011/04/blog-post_06.html  これは私のコメント付音声です。 www.estat.us/blog/nsh41_04_06_2011.mp3 実は、以下の部分は、NSH41さんの音声を聞くまえに書きまして、音声のなかで、NSH41さんがRのところが聞きにくいといった部分がありますが、無視してください。 今では、Rもよくなっています。 さてと、、、 昨日、コールミー(電話してくれ)という極めて単純なことをジーナに言ったら、ミーじゃなくてM~E~だ(という感じ)と指摘されてしまったのだが、こんな単純な発音でも、やはり気を抜くと口発音になってしまう。 MEという単純な音のかたまりだが、英語ではMとEはやはり独立した音で、それが喉発音でつながっている。日本語だと、声が硬いし、口のほうで発音されるので、MとEが硬直状態だ。 そういう意味で、難しい発音だけに着目しがちではあるが、結局、全ての音が同じ原理なのだし、だからこそ、言語は喋れるのである。 <「言語とは深いものだ」とイメージづけたい言語学者の気持ちは分かるが、わざと曖昧な表現を二つ持ってきて、どう違うでしょう、、、というのはいただけない。だって、普段、そんな勘違いしないよ、、と思われる表現をわざと作り出して、ね、言語は深いでしょう、、、と言われても、、、。 言語は簡単だし、だから人間が喋れるのだ。だから、子供が例えばアメリカに来て、数ヶ月でぺらぺら喋っているのである。それを見て、言語学者は、言語習得には臨界期があるとし、子供の脳はものすごいというような、アドホックな理論で説明して、納得する。 そういう大雑把なことはもうこの20年、30年、何回も聞いているので、具体的に、研究で何を発見したのか、いや、査読付の論文リストを発表していただき、そしてそこに論文が読めるようにPDF形式の論文をつけといてもらえば、話が速いので、御願いしたい。> 英語は喉でだらーんとやっていれば喋れるのである。だから、日本人以外のノンネイティブはしゃべれているのだ。喉で喋っていない日本人は、他のノンネイティブがどれだけ普通に英語が喋れているかがわからないほど、英語ができないので、困る。 さて、MEの発音に戻るが、MEだって、音を一つ一つ出しながら、それをつなげるという一見、矛盾したことをするわけだ。一個一個発音するけど、つなげる?できるよ、やれば。 私も、前にLEARNという単語を使って録音すると、きまって、なにか口の中の気圧が高くなる感じで、口発音ぎみになることがあったが、実は、気を許すと、どんなときにだって、それが起こりやすい。 音声で説明する。喋っているうちに、最後のほうで、50メートルダッシュ温泉メソッドという方法も思いついたので、それも録音で説明しました。50メートルダッシュしたあとで、温泉につかったら、きっと、息を出すときも、吸うときも音がぜ~ぜ~って感じで出ると思いますが、それを説明しました。 www.estat.us/blog/me_04_06_2011.mp3

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.