Skip to toolbar

機関銃英語が聞き取れる (本を手にしました)

newbook.jpg

出版社さんに送っていただき、昨日、手にしました。英語喉よりもちょっと小さめです。

Related Articles

やはり英語が聞けて、言えて、通じると世界が見えてくるはず

機関銃英語が聞き取れる、、、は機関銃のように聞こえがちな英語を、人間の言葉に聞こえるようにしましょうというのが、背後の思いである、、、と書いたが、これは出版社さんが考えてくれたことで、言われてみて、こちらが初めて、そうなんですよねえと、膝を打った感じだ。 機関銃のように速く聞こえる言語が急にスローダウンして聞こえる、、、これはよく考えると理にかなっている。この世の中に速すぎて聞こえないような言語はない。理解できないほど、早いスピードでしゃべるということは、あまり考えられない。言語は理解されるのが目的なのだから。 運転していて、前は、道路の表面的な情報を見て、おどおどしながら運転していたというのは、前に書いた。ところが、道路や周りの景色を立体的に見ながら運転し始めると、急に、周りのスピードがスローダウンしだした、、、という経験がある。だって、周りの自動車を見ていると、スピードがゼロ、とまったかのような感覚にとらわれる。そりゃそうだ。だいたい同じスピードで走っている周りの自動車に、当たらないぞ、事故を起こさないぞ、と念じて、よく見ながら運転していると、まわりが止まって見える(これは相対性理論としてアインシュタインが証明しているが、、、ってのは適当に言ってみただけです)。 それに似たような経験を学習者にはしてもらいたいものだ。シラブルのリズムを聞き、その塊が、大切な塊なのだということに気づき、その原理を体得し、集中的に練習してもらう。 これが 機関銃英語が聞き取れる!という新しい書籍であり、新しい練習のパラダイムである。 今回はあえて練習と呼ぶ。というのは原理を体得したあとで、それが身につくように練習するというのは、やはり大切なプロセスである。 原理を体得せずに、単に繰り返すというのは、良くない。あるいは原理ではないものを原理だと思い込んでそれを練習するのも、効率が悪いだろう。 皆さんは、日本の空港で流れる英語のアナウンスを聞いたことがあるだろうか。ものすごいゆっくりしたスピードで一つ一つの単語ごとに読んでいくのが日本流のアナウンス英語であるが、あの英語はものすごい矛盾をはらんでいる。 英語喉革命を体験したものにしかわからないかもしれない。 あの英語アナウンスはそもそも外国人用のものである。したがって英語がわかる外国人用のものだ。英語が分かる外国人はそもそも聞き取りなどに問題がない。だから、あんなにゆーっくり読む必要がないのである。 日本人の感覚で考えて親切に、ゆっくり英語を読んでいるわけだが、実はゆっくり読む必要がないのである。というのは、日本語話者と朝鮮語話者以外の英語学習者たちは、そもそも自分たちの母語が3ビートであり、喉発音であるので、日本人のように聞き取りに苦労しないのである。 逆にゆっくり読まれると気が散って、分からなくなるかもしれない。 さて、逆に、皆さんはアメリカなどの空港で聞くアナウンスが機関銃的でわけがわからんと思われるかもしれないが、日本人、韓国人以外の外国人は、そう思っていない。 それは、シラブルが何かを無意識のうちに知っているからである。 最近、また藤原さんの国家の品格というのをトイレで読んでいるのだが、やはりあの本は、英語ができず、外国人とのコミュニケーションが全然出来ない人が、本からの知識と想像で外国について語った本であるなあと思う。 アメリカは論理で通すという点を藤原さんは主張しているが、それは全然、事実と異なる。おそらく、藤原さんが英語ができない、聞こえないから、相手が、論理的な感じで、AですかBですか、みたいな選択を迫るようなしゃべりかたをしていて、それで「あー、アメリカ人は論理的だ」と思ったのでなかろうか。 アメリカでは、論理で戦うと藤原さんは述べているがそんなことは無いと思う。アメリカの職場で大切とされるのは、まさにグループワークであり、和をもって尊しとされる精神であり、それは日本と全く同じだ。 まずは、我々が英語が聞けて、言えるという状態になり、そしてある程度のコミュニケーションをする。そんななかでわかってくる外国とか、日本文化とかがあるだろう。 この作業に10年ぐらいかかると思うのだが、ぜひ、皆さん、一緒にやりましょう!

英語喉ブログにようこそ

英語喉50のメソッド(三修社)と、機関銃英語が聞き取れる(三修社)!の著者のブログです。英語喉SKYPEセミナーは以下から申し込んでください(詳細は上のメニューより)。 http://www.doodle.com/rg3ikbt2ahgdfwyu 私への連絡は k u e k a w a アットマーク gmail.com です。

発音していてなんか違うな~と思うとき

一緒に働いている人などで、長く知っているんだけど、なんとなく、名前を間違って読んでいる、呼んでいるような気がするときがあるが、結構、そういう名前には共通点があることに気がついた。それは、ERが名前にあるときだ。 例えばだが、エリンさんはERIN、エリックさんはERIC。呼んでいて、なんか違うなあと思っていたので、ジーナに確認してみたら、やっぱり案の定、微妙に違った。いや、そうじゃないかとは思っていたのだが、確認するのがおっくうだった。 ERINという名前はe-I-r_/r_-i_-Nと発音するのが正しい。 ERICという名前はe-I-r_/r_-i_-Kと発音するのが正しい。 しかし、ひとつ、やはり英語は音が最初でつづりがあとだなあとしみじみ思うこと。 ERINのほうは、一番めのRは意識していうけど、2番目のRはフォロースルーのRだ。ただ単に、喉がだら~~んとしているから、引き継がれたようなやるきのないRだ。 ERICのほうは、どっちでもいいそうだ。意識して両方をRで言ってもいいし、ERINと同じ要領でだら~んとしているから勝手に起こるRでもいいそうだ。 いいかえると、ERINのRを意識して2回言うと、ちょっと違ってくるということである。 な~るほど。しかし、意識的に一度気づいてみると、考えなくてもできるようになる。おそらく、こういう風に発音するのが一番簡単でもあるのだろう。 例えば日本語で「ようこ」という名前は「よ、う、こ」とは発音しない。「よ~こ」と発音する。このことを外国人の日本語学習者に教えたとしよう。するときっとすぐマスターしてしまうだろう。というのは、そのほうが言いやすいからだ。 音声学者が日本語のNには色々あるとか変化するとか言ういいかたをするが、そのことも、外国人が学習するうえで、別に指導しなくても、自然にそうなる。変化しているわけではなく、次にくる音のせいで、そういう感じで発音してしまうのである(しかし音が変わるわけではない、、、SHINBUNをSHIMBUNと書くことがあるが、実際にはNの調音点がMのものと同一になるわけではなく、Nはやはり喉の奥のほうで調音される、、、たまたま後続の音のせいで唇がしまっているだけだ。視覚的情報にまどわされてはいけない。)。 e-I-r_に関連して私は直接セミナーで教えていて、日本人の99%がある単語でつまづくことを経験している。 機関銃英語が聞き取れる!の38ページを使って一緒に繰り返す練習をするのだが、JANUARYとFEBRUARYで、このe-I-r_が出てくることは、音を聞くだけでは気づきにくいようだ。 JAN-NUW-WAR-RYのWARの部分は、どこですか?にあたるWHEREと同じ発音なのだ。 FEB-YUW-WER-RYのWERの部分も同じでWHEREと同じ発音だ。 e-I-r_に気づきにくいのは、二重母音的なEIがあっても、1シラブルのなかで流動的に発音されているので聞こえにくいのだろう。 しかし、これに気づき、実際に使いだすと、英語の流動性がはげしく増すように思う。 それでは音声で。 [audio:http://nippondream.com/file/kaz_09_28_2011.MP3|titles=kaz_09_28_2011] 直リンはここをクリック。  

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. カズ先生こんばんわ。と言っても、そちらは昼間でしょうか?

    新刊の発売が、今からとても楽しみです。

    基本的なことですが、1つ質問させてください。
    英語の発音の基本姿勢は喉発音ですが、そうであるために、英語は1シラブルが3ビートで成立していると考えてよろしいのでしょうか?
    日本語と韓国語は、口発音なので2ビートなのでしょうか?
    ということは、世界中の言語の大部分は喉発音が基本だと思いますが、3ビートの言語が多いと考えてよろしいでしょうか?
    よろしければ、ご回答をお願い申し上げます。

  2. KAZさん 

    こんにちは。以前、ご相談をさせていただきました、martmanです。
    おかげさまでNYにて充実した留学生活を送っています。

    さて、今日は相談というか質問があってコメントします。
    実は、今週末から2週間程度学校が休みになる関係で、この間に『機関銃英語』を熟読し、マスターしようと思っていたのですが、
    NYの書店等で今のところ入荷の予定がないようで、注文だと2・3週間もかかってしまうということで、入手するのが休み明けになってしまいそうです。
    学校が始まるとまた忙しくなってしまうので、1日でも早く入手したいと思っているのですが、NY辺りで入荷予定の書店等をご存じではないでしょうか?

    お忙しいところ恐れ入りますが、もしご存じなら教えていただければ幸いです。

  3. アキさん
    ***
    日本語と韓国語は、口発音なので2ビートなのでしょうか?
    ということは、世界中の言語の大部分は喉発音が基本だと思いますが、3ビートの言語が多いと考えてよろしいでしょうか?
    よろしければ、ご回答をお願い申し上げます。
    ***

    これは正しいと思います。ハワイ語などは、2ビートっぽいけど喉発音で結構スムーズって感じじゃないでしょうか。中国語は口発音で2ビートっぽいが、3ビート的なシラブルがたくさんあるってかんじですね。

    MARTMANさん
    ニューヨーク付近の様子がよく分からないのですが、アマゾンで直接なら結構早いのでは?。紀伊国屋で一度たのんだときは確かに時間がかかりました。富士山ドットコムはまだ使ったことがありません。

    ただし、この本は、結構、簡単に、気軽に使える感じがします。忙しくても、結構、使えそうなかんじではあります。聞き取り専門です。

  4. Kazさん

    ありがとうございました。ビーケーワン経由で購入しました。多分来週中には手元に来ると思うので、とても楽しみにしています。
    またこれからもいろいろと教えてください。