Skip to toolbar

大学を卒業して英語教師をしていたときの英語朗読音声発見

大学のときは、留学などで英語を鍛えて、1992年から94年まで大阪京橋の私立高校で英語教師をしました。

そのときある教材を使ったんですが、音声テープがついてこなかったので、勝手につくってしまったんです。そのときの音声を発見しましたので、UPします。

で、何が言いたいのかというと、英語喉を発見するに至った一つのきっかけは、昔から自分の英語がネイティブと全く同じじゃないかと思っていて、それが、アメリカの会社に就職したときに、なぜ、会議などで、無視されたような気がしたのかが理解できなかったし、同僚との会話で、なぜWHAT?とか言われるのかが理解できなかったわけで、そこで、「なぜ自分の英語はこんなにネイティブみたいなのに、WHAT?って言われるのか?」という疑問にいたったわけです。この話は何回も書いて来ましたが、じゃ、どんな英語を昔、喋っていたのかという記録として、大昔の英語をさらしてみたいと思うのです。

英語の発音は喉を意識して(そして無意識でできるぐらい)鳴らしていないと、海外では通用しないのです。なのに、日本では、発音は関係ない、大切なのは内容だ、、と言う人が多い。それはおそらく、立場だと思います。外国人を雇う立場、あるいは、お金をこちらがあげる立場であれば、外国人は一生懸命英語を聞いてくれます。でも、私が経験したような、日本に全く関係のないアメリカの会社の場合は、それでは通用しないのです。

最初の30秒ぐらいだけの音声。こちらをお聞きになるのが楽だと思います。今、聞いて分かるのは、この英語では、5秒に一回ぐらい、声が小さい感じがするんです。そこで、え?っとなる。あと、男性なのに、女性っぽいかんじの声のトーンがあり、それが「きもい」かんじなんです。これが弱点です。日本の従来の発音本で練習している日本人男性の英語は、この「きもさ」が弱点です。口の形がどうのこうのと気にすると、ピッチがあがり、気持ち悪い英語になります。

http://www.nippondream.com/file/tape_i_made2_short_1991.mp3

音声全部。長すぎますので、ま、自分の記録用。

http://www.nippondream.com/file/tape_i_made_4_students_1992.mp3

Related Articles

本日、日本時間、日曜日、正午、ネットラジオでます!英語喉と機関銃英語 はじめまして!

英語喉スペシャル  7月4日(日曜日)、正午(日本時間) アメリカから聞く場合、東海岸3日夜11時―西海岸3日夜8時 TOEIC満点講師のMORITE2さんのネットラジオに出演します。英語喉について、MORITE2さんと語ります。その最中に、基本を説明しますので、その説明で、皆さんが、英語が音としては聞こえるようになればなあ、、、というのが理想です。    TOEICMORITE2MORITE2 詳細は、こちら。  http://toeicjuken.seesaa.net/article/154617217.html   英語喉と機関銃英語 はじめまして! 本日、日本時間で日曜の正午よりMORITE2さんのネットラジオに参加します。おそらく、その直前に、SKYPEで準備をしていると思います。EigonodoがIDです(MORITE2さんには別のアカウントでSKYPE接続します)。 さて、本日は、英語喉を聞いたのは初めてという人がたくさん、このBLOGを見てくれていると思うので、ちょっと挨拶です。 はじめまして。「英語喉50のメソッド」と「機関銃英語が聴き取れる!」の著者です。英語喉はジーナがアイデアを出し、私が日本語にするという作業によって生まれました。 前からジーナも私も、英語発音を説明することに興味がありました。それで、色々と考えていました。 私はアメリカにかなり長く住んでいます。大学院からだけ考えると1994年からいます。大学院の最初の冬に、神戸地震があったことを覚えています。そのときは、インターネットが発達していませんでしたから、図書館にある日本の新聞で情報を得ていました。朝日新聞のHPがあるということ(朝日どっとこむ)を、日本人の教授に教えてあげたら、ものすごくありがたがられたことを覚えています。1994年というと、日本人がまだメールを使っていなかったころです。 さて、英語喉は、私がこれだけ長くアメリカに住んでいるのに、同僚にWHAT?とよく言われることがきっかけで誕生しました。アメリカの会社に勤めていますが、まわりに日本人がほとんどいません。アメリカ人の同僚に、BUSY?と聞くと、WHAT?と聞き返してくるのです。 あるいは、何か、文を言うと、まだ私が言い終えていないのに、途中で、WHAT?と聞いてくるのです。 実は、その当時でも、私は日本人としては英語ができたほうです。というか、その当時の感覚では、きっと日本人でも自分が一番英語ができるぐらいだろうと思っていました。というのは、シカゴ大学の大学院で博士号を取る過程において、かなりの英語力が要求されたからです。就職活動も英語でこなしました。 だから自分は英語ができると思いこんでいたのです。実際、アメリカ英語なら100%理解できました。ただ、英語を聞いていて、ねむくなったりしたことが多かったです。他の英語、例えばイギリス英語などになると、極端に理解度が落ちました。飛行機の中でみたBEND LIKE BECKAMでは、イギリス英語やインド英語がたくさんでてきて、理解度が落ちました。 あるとき、思い切ってアメリカ人のボスに私の英語をどう思うかと聞いてみたのですが、答えは、「私はあなたの言っていることが理解できる」でした。これはちょっとびっくりしました。「あなたの英語はアメリカ人と変わらない」という返事を期待していたのに、「理解できる」ということで、びっくりしました。 また、いつだったか、私の英語を録音して、ネイティブに聞いてみたら、LとRができていないところがあると言われました。これは本当にびっくりしました。 というのは、LもRも完璧にできていると思っていたからです。少なくとも、舌の位置はちゃんとしていると思っていました。 そこで、英語喉の発案者であるジーナに相談しました。 同僚にBUSYと言ったら、通じなかった、、、と。 あるとき、ジーナが言いました。喉のBACKで発音してみてくれ、、、と。BACK????後ろ?え?喉の後ろって何?とすぐには意味が分かりませんでした。 よく聞くとBACKというのは、奥という意味で、喉の奥という意味です。そこで、喉の奥で、BUSYと言うと(特にイのところ)、正しい音でBUSYが言えました。 その段階では、母音は喉だけど子音は口でしょ?と思っていましたが、実は、子音も喉が大切だということが分かりました。…

喉発音は「きもい」?

数週間前に、あるかたに、喉発音は「きもい」んじゃないか?とコメントをいただいた。ちなみに、そのかた自身、喉発音なのに、、、という、オチもあるのだが。もともと喉発音の人は、喉発音ですね?と言われても、え?っとくる場合も多い。 http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 たしかに、練習のときには感情を入れないほうがいい、イントネーションをわざとしないほうがよいので、きもいかもしれないが、、、 たまたま、例えばWHAT?(u_を含む音)を例として発音した後だった。 HAVE A GOOD TIME!というようなポジティブな発言をするときに、喉発音は変じゃない?というようなコメントをいただいたのでした。 しかし、やっぱり日本人的感覚では、ゲロをする感じの発音、発声でネイティブは喋っている。 他のネイティブだって、ゲロをするような響きで英語を喋っている。 ゲロをするときのような発声法こそ、世界スタンダードであり、また哺乳類スタンダードである。 ただそのゲロ声はよく聞くと、いろんな感情を表現できる声だ。 オープンマインドで聞けると、感情がどんどん聞けてくる。 さて、ここまで書いたことを、アドリブ英語で喋ってみました。聞いてもらえると、伝わるものがあるかもしれません(いや、喉発音が信じられない人には、聞こえないのかも、、、汗。) [audio:http://nippondream.com/file/kaz_04_13_2012.mp3|titles=kaz_04_13_2012] http://nippondream.com/file/kaz_04_13_2012.mp3 永田先生が以下のように書いておられるのでした。タイトルは「高い声で喋る日本人」。 http://ameblo.jp/molto-piu-acute/entry-11221698332.html この高さで、日本人は、丁寧さ、SINCERITYを表現する。 しかし、この高さ、甲高さ、声のひらたさは、他の外国語を習得するときの障害になる。第2次世界大戦(前)で、戦争回避のための外交努力なども、難しかったんじゃないだろうか? 相手(外人)の言っていることに、命令文が含まれているなら、それを声の感情をきくことなく、その文字通りのまま、受け取って、外人は、横柄だ、生意気だと解釈してしまうのではないか? アメリカ側も、日本人の声を聞いて、その感情をうまく理解できなかったかもしれない。 声の意味が全然違うのだ。日本人は、声を甲高くして、SINCERITYを示す。アメリカ人は声のリラックスさで、SINCERITYを示す。 最近、喉発音プラス、喉の声から伝わってくる感情を聞いているので、腹が立つことがない。 前は、アメリカ人の店員などが、ふてぶてしく感じていたので、腹が立つことが多かった。…

インターナショナルイングリッシュというのはよろしくない+i_ とu_の発音のコツの音声指導

さて、まず、高校3年生(今度、大学生)のDERWENTさんがBLOGをやっているので、紹介。 http://blogs.yahoo.co.jp/syadou005 なんでも、もともと喉発音っぽく日本語を喋っていたので、喉発音への移行が楽だったとか。そういう人は多い。アキさんもコメントしてくれているけど、中国地方、九州など、ピンとくるのが楽かも。そもそも、中国語みたいなシラブルで日本語をしゃ*べ*りょー*るん*じゃ*けん*のー。だから広島弁でタイプしても、漢字変換無理だ。 次にi_ とu_の発音方法のコツを説明した音声をとりましたので、参考にしてください。どちらともゲップエリアの音です。 コツはi_は、まず日本語のイを言っておいて、それをそのまま首の根元までおろしていきますが、根元あたりでちょっと言うのが苦しくなってきますので、楽になるような感じで響かせて、かつ音をマネながら、発音するとi_を言いやすいということです。u_も同じで、ウを下げていき、楽になるような形で響かせなます。音もまねる感じにしてください。楽になるような感じ、、、というのがなかなか説明しにくいです。 www.estat.us/blog/i_u_.mp3 さて、今日は、インターナショナルイングリッシュということについてコメントしたい。ポイントは、私は同意できませんということです。 まずは、まとめから。インターナショナルイングリッシュとはなんでしょうか? 先日紹介した、吉田研作先生の動画に説明がありました。英語にも色々ありますが、個々の独特な英語ではなくて、国際的なる英語というのがあるということです。 さて、http://www.youtube.com/watch?v=ElEeCyxAMCw&feature=related が動画です。そして、11分あたりから見てください。 ネイティブも含む多国籍の人達が喋るときに、生まれるべき、いや生まれる?英語がインターナショナル英語だということです。 アメリカ英語とか、イギリス英語にこだわるのではなくて、国際的に通じえる英語というのが理想という感じの論点です。日本人が、アメリカ人のネイティブの会話を分からなくてもしょうがないので、国際的に理解できる英語を確立?したらいいというみたいな感じです。 そして、吉田先生が言っているのは、日本で英語を教えているアメリカ人、イギリス人、オーストラリア人などが日本人の生徒に英語を喋るときに、だんだん、それぞれの祖国に特有ななまりなどがとれてきて、同じような英語になるということです。そして、吉田先生は、そのことを、「美しい」ことだとおっしゃっています(14分めあたり)。 私は同意できません。まず上のことですが、日本人に対して、アメリカ人やオーストラリア人の英語が似てくるのは、それは、ゆ~くり、単語単語に区切って、流動性をできるだけなくして、おおげさにしているからでてくる英語です。それは、知的レベルの低い相手、例えば、西洋においては犬に対して話すときの英語です。 そのような英語は、NHKの英語番組を見れば聞けます。チャロの番組とか、ハーフの人が出てきて、音程ががくんがくんと上がったり下がったりする英語です。 国際英語が要らない理由は、 1.英語が分からないのは日本人だけ 2.英語はすでに国際言語の要素を持っているので、すでに国際英語である という理由です。まず1から言ってみましょう。日本人が英語が聞けないのはただ一つの理由です。シラブルを単位で聞いていないからききとれません。 I am going to the station を…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.