喉初心者の皆さん 週末にこれをマスターしてほしい

初心者の皆さんへの緊急のお願いです。

例えば1タス1ができないと3タス4ができないように(算数です)、やはり、息を吸いながら発声ができないと、喉発音ができない(というかピンとキニクイ)ように思います。

日本人には2グループあり、え、できますよ、と簡単にできる人(もちろんぎこちない音ではありますが)、えー?無理ですというグループです。無理な場合の人は、非常に喉の発声が硬い感じです。ある意味で日本語をきちんと喋られている人なのかもしれません。

まずは何がなんでも息を吸いながら発声ができるようになってください。そうすると、喉がなることの意味が分かります。少しでもなれば、あれ、リラックスさせればされるほど、楽に出せるじゃん、、、とか分かりだします(するとリラックスさせるということの意味、なぜそうすると響きが増すのかとか、音色がコントロールできるのかとかがピンときます)。

とにかく繰り返してできるようになる、、、というやりかたではだめです。

こうはどうだろ、ああはどうだろ、と色々とやるたびにやり方を変えて、実験しながら、やってみてください。

息を吸いながらの発声ができないのは、喉をしめてしまっているからです。日本語では発声=喉を緊張させる、だからです。しゃべるときにも喉を開けたままにしておけばよいです。喉の奥で切らずにね。

それをぜひ今週末の宿題にしてください!

余談ですが、、、

あ、ちなみに、英語喉が出る前に、「息を吸いながらしゃべる」でGOOGLEしたら、「クラスには必ず一人はいる変な奴 -- 息をすいながらしゃべる奴」というホームページが(のみがだったかな)ヒットしましたよ。

ネイティブにとっては、息を吸いながらしゃべるのは当たり前のようにできるというのはもう説明しましたよね。

英語喉オンラインサロン・コースへ飛ぶ

2 thoughts on “喉初心者の皆さん 週末にこれをマスターしてほしい”

  1. ごぶさたしてます。

    日本はいかがでしたか。

    さて、最近livemochaなる言語SNSサイトで独学というか遊んでいるというか実践しているというかをしているのですが、
    “woman”, “women” が上手く発音できないことを指摘されました。
    自分の中ではゲップエリアからwを発音しているつもりなのですが、nativeが聴くと”uuman” みたいになってるそうなのです。

    あとは喉での発音に気を取られるからか「クリア」に感じられないみたいなのです。
    (実際、自分の声を聴くとクリアでは無いのですが…)

    「もっとクリアに自信を持ってハッキリと自身をもって」とか、「自分を英語nativeだと思って」とか

    喉で話しながらクリアにスピードを上げるには何を意識すれば良いのでしょうか?

    新刊の発行を楽しみにしています!

  2. 宿題しました。

    2007年夏は、なんとか息を吸いながら声を出せるが、「血圧上がっとるなこりゃ、殺す気か!!」って感じでした。

    で、今年の再挑戦
    (土):リラックスして息を吸いながら声を出せました。が、アクビエリアだけ
    (日):ゲップエリアからも出るようになりました!

    1+1=2はできました。

    (タバコは十年以上前にやめました。)

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.