文法が大切だという言説について

直接指導喉セミナーをご希望のかたは、

http://nippondream.com/eigonodo/semina

さて、大津由紀夫先生のサイトに、慶應義塾大学英語教育/言語教育シンポジウム

http://www.otsu.icl.keio.ac.jp/

という企画の告知があって、実際にプレゼンテーションされるかたが紹介されている、だけでなく、PDF形式で簡単に内容も読める。

江利川先生は、歴史的に英文法がどのように教えられてきたかということのレビューをされている。

http://www.otsu.icl.keio.ac.jp/files/i/2011/2011-09-10%20Erikawa.pdf

ただ4ページで、日本がコミュニケーション重視になったから、文法を軽んじているという主張は、いきすぎではないかと思う。実際に、データに基づいていないように思われる。それを主張するのであれば、インタビューであるとか実際の授業観察をし、データをコーディングしてからにするべきであろう。ただ、以下の引用がある。

斉田智里(2010)によれば、高校入学時での英語学力は 1995 年から 14 年連続で低下し続け、下落幅は偏差値換算で 7.4 にも達する。

私は教育研究の専門家であり、仕事で、教育の研究を評価している。またこのかたが使われているラッシュモデルというのもやっている(GOOGLEでRasch modelと打てば私の説明がWIKIに続いてランク2位として発見できる、、、これ。)。

このようなCLAIMができるデータが日本に存在するとは思えない。昔と今の全国のランダムサンプルなんてありえないと思うが。また、項目反応理論的にも、EQUATINGなど無理じゃない?そんなデータあるの?

実際にこの論文を読むのにはどうしたらよいのだろうか?

<後日談 英語喉実践者のかたのご協力でこの博士論文がゲットできました。読んでみると、日本全体のデータではなく、茨城県のデータでした。また、リサーチの目的も、心理統計モデルを使って、こんなことできるかな、過去のデータを使えるかな?という実験的、メソッド的な試みに私には読めました。さらに、方法論の描写を読んだのですが、過去のデータの個人レベル+テストアイテムレベルでのデータ(つまり心理統計学をするのに必要なデータ)を使ったのかどうか分かりませんでした。

この論文を使って、日本人全体の英語力が下がっていると主張している先生への感謝の言葉などがありましたので、お知り合いのようです。>

斎藤兆史氏は、以下のPDFファイルで

http://www.otsu.icl.keio.ac.jp/files/i/2011/2011-09-10%20Saito.pdf

ジャズの即興演奏は、ジャズの理論を頭で覚えるところからはじまるのであり、理論も知らずに「シャワーのように」ジャズを聴き、ジャズっぽく楽器をかき鳴らしたところで、即
興演奏などできるようになるものではない

とおっしゃっている。文法が大切だということの比喩だ。私はギタリストであり、即興演奏が中心なのだけど、理論というのは、後で納得するものだと思う。もちろん、スケールというのは覚えているが、それにしてもドレミと、あとブルーススケールぐらいだ。

私はジャズはしないけど、もしジャズを引きたければ、シャワーのようにジャズを聴けば、もちろん、ジャズが弾けるようになるだろう。

ジャズギタリストのMASAさんならどういうだろうか?MASAは、なんとBLOGを始められている。これまでMIXI日記だと、MIXI会員じゃないと読みにくかったのだ。こちらをクリック

<さて、マイケルシェンカーがとても参考になり、また私も「そのとおり」と膝をうってしまったギターの弾き方、覚え方の説明をしている。とにかく、ギターをさわって、いいなと思うコードとかを発見していくと彼は言っている。まさにそれだ!

http://www.youtube.com/watch?v=ntQe0C2Wqss&feature=related >

これ(以下)は私がアドリブでギター演奏を録音したものです。理論から始めてはいません。繰り返しになりますが、ドレミとかブルーススケールぐらいは知っていえるが、さわぐことのほどではない(そういう意味でも英語を喋るときの文法に似ている)。

http://www.youtube.com/watch?v=3pEA2qEGuDE

鳥飼玖美子先生のPDFはこれ。

http://www.otsu.icl.keio.ac.jp/files/i/2011/2011-09-1-%20Torikai.pdf

3)教育程度
教育程度が低ければ文法の理解は困難
教育程度が高ければ文法を理解し誤用の修正を望む
4)「書く」ことの指導には文法が必要
5)会話でもフォーマル度が上がるにつれ文法的正確さが求められる5
6)仕事に使うなら文法的正確さは必要

私の感じでは、文法というのは非常に簡単なものばかりだ。動詞にSをつけるとかですよね。どういう文法をとって、これが大切だとか思われているのだろうかというのが知りたい。ちなみに仕事に使うレベルの英語は、すでに文法など考えていないレベルで、いかにフローを大切にするかがPRIORITYとなる。

英語に、それほど、難しい文法は存在しないように思える。コミュニケーションに力をいれたらおろそかになる文法というのはどういうものなのだろうか?

大津先生はこちら。

http://www.otsu.icl.keio.ac.jp/files/i/2011/11-09-10-otsu.pdf

突然ですが、日本語でちょっとことばが出てこなかったりすると、「えー」って言うでしょ。英語では Uh(あまり口を大きく開かないで「アー」という)と言います。この Uh も日本語の「ね」と同じように、文の途中で入れることができるところとできないところがあります。(8)だと、
(9) My name ∧ is Jun.
(10) My name is ∧ Jun.
と言うことはありますが、
(11) ?My ∧ name is Jun.
とは言いません。

う~ん、My ∧ name is Jun
は言えると思いました。言えないとしたら、こんな簡単なことを忘れて、あ~~とか言うアホはおらんからであって、文法的に、あそこにア~と言ったらいけないということではないのではないでしょう。

年取ってくると、何か探し物をしていて、WHERE IS MY ア~と考えこんでしまうこともあるでしょう。またMYのあとに難しい概念を説明しようとして、単語を探そうとしてア~~とかいいそうです。私はよくNIECEとNEPHEWがどっちだったか忘れるので、MYア~NIECEとか言っています。

聞くまでもないと思いましたが、ジーナにも確認しました。ア~はどこに入れてもいいそうです。

で、じゃ、どうなるんでしょうね?結論的には。先生は、おそらく生成文法の専門なので、表層構造とか深層構造の存在を仮定、ツリー的な構造の存在を仮定しておられるので、上のことをおっしゃったのだとおもいますが、MYのあとにア~が入ることができるならば、その前提が転覆してしまうと思うのですが、、、。少なくとも、そういう構造の存在のサポートはしないですね。

英語って文法が極端なほど簡単なのですよ。なのに、上のように、構造モデルをIMPOSEしようとすると、喋れるものも喋れなくなるって感じではないですかね?

複雑に見えるのは、たぶん、規則動詞と不規則動詞があるからじゃないかな?

それから大津先生の「言葉への気づき」の例ですが、

ひらがなだけでかくとよむのがむずかしいですね

という例をだして、漢字がありがたいと生徒に気づかせるとか

IFYOUWRITELIKETHIS

と書くと読めにくい、、、ということに気づかせて、

どうです、日本語と比べながら、英語を学んでいくっておもしろくありませ
んか? そうすることによって、英語も学びやすくなるし、これまで気がつか
なかった日本語の特徴やありがたみもわかるようになるのです。

と結論づけてらっしゃいますが、この例は、あまり面白いとは思いませんでした。そもそも国語の授業とか英語の授業自体がすでに言葉への気づきじゃないのかな~~。英語では複数形があるとか、過去形でも規則と不規則があるとか。国語の授業のか行変格活用とか。

あと、この例で、英語が学びやすくはならないと感じました。THISISAPENと書くと読むのが難しいと知ったら、英語が学びやすくなるとは思えません。ひらがなだけだとわかりにくいから、日本語のありがたみが分かるというのはちょっと私はそう感じません。

ただし、今回の例に限ってということです。

このあたりは実験をやったらいいのではないかと思います。ランダムに二つのグループをつくる。片方は、普通の従来の授業。もうかたほうは、工夫したものを入れる。

私は仕事でやっていますよ。

てか、日本語は2ビート、英語は3ビート、日本語は口発音、英語は喉発音ではだめなのですかね?

だって、上のア~の例だって見事に説明してしまいますからね。

英語は喉をリラックスしていて、深いところで発音しているので、文の途中でとまりにくいので、ア~~とか言ってしまうわけです。だからMYでその次に言うことを躊躇するときに、急に止まれませんからア~と言ってしまうわけです。

生成文法的な説明がうまくはまらなかったところを英語喉パラダイムでは説明できますね。

APPLEとかの前で冠詞がANとなるのも、Nを入れて始めて、A(母音)とAPPELのAがシラブルの数を少なくぜずにつなげることができます。入れないと、A~APPLEですが、英語では音を伸ばしても意味が変わりませんから、下手をすると、A~APPLEとAPPLEの違いが出せません(ガイジンさんが、日本語を勉強するときに、オバサンとおば~さんと違いがよく分からないといいますが、まさしく同じメカニズムです)。

だからNをはさんで、AN-NAP-PLと発音する。すると、シラブル数が正しくなります。

なぜNかですが、一番、楽なのでしょう。

MY APPLEだったら、MY-YAP-PLだし、HIS APPLEだったらHIZ-ZAP-PLE。同じことですから、ANのときだけ騒ぐのはよくない。だからテストでANの問題を出すのは、あまりに重箱の隅をつつくようなものですね。

文法じゃなくて、英語喉ですね。

Related Articles

心温まる話 番外編(メンバーオンリー記事)

ワシントンDCでボランティア活動で英語喉を指導していることは、周知のとおりですが、直君との会話を紹介したあと(http://www.youtube.com/watch?v=d2JWkAOOhfI&feature=plcp&context=C42f30bcVDvjVQa1PpcFNEUKaATngbG9mo84VFwl5Ku6La7SiASjw%3D)、以下のような展開になりました。全然、心がアタタたまりません、、、。ま、今風邪中なので、しばらくは教えていませんが、、、。 最近感じているのは、この批判する人たちは、本当に英語が喉なことがワカラないのだかということです。前は、意地悪でやっていると思っていましたが、今はわかります。英語が立体的な音であることを聞いていないのです。   広島県人は、英語を勉強していなくてもネイティブ発音? Name:うえかわ ( 12/03/04 11:50 ) 66.44.5.75 返事を書く ( 12/03/04 08:43 ) 69.143.104.34 管理者移動 英語発音と聞き取りをボランティアで教えている上川です。私が書くと、掲示板があれるので、さくっと紹介だけさせてください。私が教えるときに、広島とか九州の出身のかたは、英語の発音(喉発音)がけっこう簡単に出きてしまうのです。東京付近の出身のかたは、結構、発声が硬い感じなので、それを意識してもらいながら、ほぐしていっています。  そのことをどうやって伝えようかと悩んだ結果、昨晩、以下のYOUTUBE番組を作りました。タイトルは、  広島県人は、英語を勉強していなくてもネイティブ発音?  http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=d2JWkAOOhfI  私が書いて、荒れるのは、例えば日本人以外は、英語を聞いて、勉強していなくても、音としては聞けている、、、ということで、このことは、来週あたり、証明?してみたいと思います。上のビデオは、広島弁風に英語をしゃべると、ネイティブ発音が比較的簡単ということです。 [Re:1]ごめんなさい Name:じゃけえの ( 12/03/04 13:30 )…

「純ジャパの僕が10か国語を話せた世界一シンプルな外国語勉強法」

Yohei Akiyama さんの新著「世界一シンプルな外国語勉強法」をゲットしました。アマゾン(日本)で頼んで3日で米国に届きました。 新しい言語を学ぶときに、自分が感覚的にまず知りたい表現があります。それは英語で言いますと、I am going toにあたる表現とか、Let’s ~~にあたる表現です。なぜかというと、それらを覚えておくと、動詞を活用させずに使うことができて、広く応用できるからです。私はスペイン語やフランス語を勉強するときに、まずそれらを押さえました。 私の考え方と秋山さん考え方は非常に似ています。まずは、シンプルにせめて、とりあえず、おぼれないように犬かきをする(これは秋山さんの表現)、、まずはそこまで行くことが大切なのです。 本に出ているその犬かき用の単語リストが参考になります。 犬かき用表現リストも載っています。 この二つのリストがあることが絶妙です。私にとっては、「表現リスト」のほうに思い入れがあります。 リストには、とりあえず英単語と日本語訳が書いてありますが、フランス語会話を練習中の私としては、それらの単語をフランス語で知っているかを自分で確認するのです。 語学学習とはそういうものです。自分でやるんです。 秋山さんに関してもう一つユニークな点があります。それはYOUTUBEなどで実際にそれらの言語を話されているということです。 私自身も英語の発音に関して英語喉というapproachを提唱しておりますので、当然、英語で普段から発信しています。 また、「英語の勘1」ではTHEの使い方などを説いているわけですから、当然、それをつかってYOUTUBEなどで発信していますし、毎朝、ついきゃすでCNNを聞きながら、語彙を解説しています。 できているから、こうしてやっていますよと、手の内を見せているわけです。 秋山さんはフランス語のテストを受けて、文法の点がほとんどゼロだったのに、聞き取りと読みは結果が良かったそうです。 これは分かります。聞いて理解するのに、文法はそれほど重要ではありません。なぜなら、言っているほうはnativeですので正しい文法で単語を発射してきますが、聞いているほうは、単語と単語の関係を理解するというよりも、単語自体の意味が理解できればだいたいいいからです。 例えばISの意味はISであり、それ以外ではありませんから、別に文のどこに来ても同じことです。 「犬かきの単語リスト」ですが、自分はスペイン語で知っているかなと思って読んでみましたが、ほとんど知っていました。フラ語ではかなり怪しかったです。 さて、この本を読んだ人がこのやり方を実践してうまくできるかですが、一つだけ条件があると思うんです。秋山さんがこのやりかたで成功したのは、兵庫県のご出身だからだと思うんです。秋山さんは声が深いので、外国語の音も正しく聞き取っているのだと思います。声が甲高い人は、まず声を柔軟にして、立体的な発声を練習する、、、そうすることで、犬かきの単語のどれを言っても相手に通じるという状態が生まれますし、また聞き取りもしやすくなります。 英語喉で喉をリラックスさせましょう。 秋山さんの新著、参考になると思います! 最後に、英語以外の外国語を修得するといいですよ。英語で発信しても、私のようなオッサンの場合、そんなに反応がないんですけど、スペイン語で動画をつくるとコメントがどんどんつきます。たぶん、スペイン語を話す日本人が少ないからじゃないかなと思います。

ワシントンDCの日本人用掲示板で受けたアンフェアな批判

ワシントンDCにおけるボランティア講座も、広告を出す段階で、問題が起きていて、全然、新しい人が集まらなくなってしまいました。でも、2回目のかたがたが、来てくださるので、がんばります。 例えば、明日は木曜で、初めての人のためのボランティアの日ですが、以下のとおり(私が出した広告です)ですから、誰も来てくれません、、、残念です。 英語聞き取り教室(完全無料ボランティア) Name:かず ( 12/04/10 09:15 ) 69.143.104.34 返事を書く 英語聞き取り教室(完全無料ボランティア)VA ROSSLYN駅・コートハウス駅の近くで、完全無料ボランティアの英語聞き取り教室をしています。だいたい木曜日の7時から7時半までです。こちらからご予約お願いします。 http://www.doodle.com/cenndcx3bvwqzmvc 初めての人用クラス 4月12日(木)夜7時~8時半 2回目以降のかた 4月19日(木)夜7時~8時半 初めての人用クラス 4月26日(木)夜7時~8時半 2回目以降のかた 5月3日(木)夜7時~8時半 お願い 私の広告には批判メッセージが来てしまうのですが、あまり、場所をとってしまうと、他の広告が見難くなってしまい、削除対象となってしまいます(昨日、出しましたが消えました)。ご批判の理由は、私がステマを演じているという疑惑ですが、実際、していません。この点、ボランティアのための広告を出せなくなってしまうので、勘弁してください。また過去に、私の言動が、なんらかの苦痛を与えた件、すみませんでした。これまで、好意的な書き込みをしていただいた皆さん、ありがとうございました。「ステマ」批判をさけたいので、静観のほうをお願いたします。ボランティアを続けたいという思いです。できるだけ宣伝と取られるような要素をさけながら、続けさせてください。 [New][Re:1] overpost Name:と思いますけど ( 12/04/10 14:24 ) 50.83.126.46 削除されたのは、ただ単にoverpost だからなんじゃないですか。overpostはspamとみなして削除されるのはよくあることです。…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. 斎藤兆史氏はJazzは理論を頭で覚えることから始まり、そうでないとインプロヴィゼイションなど出来ないと言われてますが、それは間違いです。
    理論から入って即興を演った人などいません。まず「スィング」することから入るのです。Jazz特有の、リズムというよりも「ノリ」ですね。
    そして聴きまくって、それを真似て弾きまくってこそ理論がわかってくるのです。
    だからJazzの理論書はいわば後出しじゃんけんです。

    1. そしてそのスィング感の体得こそ、英語に置き換えると、喉発音でありシラブルのスリービートの体得なのだと確信します。
      あとは使って学ぶのが理想なのも全く同じです。

      1. MASAさん、たぶん、斉藤先生は、ギターを弾かれないのかもしれませんね。

  2. マイケル・シェンカーの若き日のインタビュー、貴重ですね。
    彼が英語で話しているところを見たのは、はじめてのような気がします。
    この人、ドイツ人ですよね?
    ブリッツなしゃべり方するんですね。
    ブログの記事内容となんら関係のないコメントですいません(^_^;)

    1. Dがドイツ人的なのかなという印象です。アメリカ人がやるDは深い感じですが、彼のは浅いような感じがします。

      YUMIさん、マイケルシェンカーのコンサートに私は行ったことがあるのですよ。広島公園でした。

Skip to toolbar