Skip to toolbar

帰って参りました、、、とあるアーティストの話 

この3週間、色々とお世話になったかたがたにまずは感謝します。どうもありがとうございます。

さて、色々ありますが、とりあえずこれだけ。あるアーティストのお話です。

スーパーフライというバンド?があります。CDを買ってきました。

http://www.superfly-web.com/

世界に通用する日本発の、そして日本初のアーティストです。革命といえるかもしれません。

もちろんこれまで多くの人達が世界のマーケットを試みて、それなりの成果を上げていますが、この人は確実に世界のスターダムにのし上がることでしょう。ただし、日本のマーケットでまず成功を収める必要があります。日本でまずブレークして世界のスターになった外国人のバンドは結構あります。QUEENなど。

今回は、日本の本土(愛媛県)から出現しました。これは長い日本の歴史のなかで初めてのことであります。

このバンドを成功させることは、国民の義務?だと言えるかもしれません。日本の歴史で初めて、アメリカのクリスティナアギレラなどと舞台を同じくしても、通用するアーチストが誕生したのですから。

ロックを聴いていれば、誰もが、80年代に初めてVAN HALENの伝説の爆撃(ギターソロ)からYOU REALLY GOT MEへつながる部分を聞いた場所、時を覚えているはずです。

スーパーフライのCDを聞いた瞬間を国民の誰もが覚えている、、、そんなことを10年後に人々が語っていてほしいと思います。ちなみに、これはYOUTUBEでのライブ。

http://www.youtube.com/watch?v=qlmEStVaEFo

プロの音楽評論家の皆さん、このバンドの後押しをしてください(つーか、この人の*革命*性が分からなければ、評論家をやっているはずがありませんが)。

また英語喉を応援してくれている皆さん、一緒にこのバンドを押しませんか。皆さんは、すぐれたアンテナを持った人々だと思います。私もそういうアンテナを持っていたいと思っています。本物が現れたときに反応するアンテナです。全部の分野に関してじゃなくてもいいので、自分の縄張り的な分野において、よいアンテナを持っていたいものです。

このアーティストは革命的だと感じます。ところが、音楽ビジネスでは、革命的なものがかならず売れるとは限りません。このアーティストがまず日本で成功しないと、世界にいけるかどうかわからない。

だから、できるだけ多くの人がこのアーティストを応援するべきだと私は思います。というわけで3千円はらって、このアーティストのCD買ってきました。

Related Articles

Iとi_の発音が区別できているか不安です

はじめまして。英語喉で勉強しているものですが、Iとi_の発音が区別できているか不安です。よろしければチェックしていただけないでしょうか?お手数をおかけいたしますがよろしくお願いします。 Iの音 http://testupload.web.fc2.com/i.mp3   i_の音 http://testupload.web.fc2.com/i_.mp3 Comment by タカシ — March 18, 2009 @ 1:29 am |Edit This たかしさんIのほうはできています。i_の音は E (エ)になってしまっているようです。ただし、深みは近いものがあります。「イとエの中間」という言い方をよくしますが、そのイメージを使うにしても、どちらかというと結構イに近い感じです。IFという単語で試してみてください。なぜかよく分かりませんが、学習者のかたにIFでやってもらうと成功率が高い。母音で始まるからでしょう。しかし、なぜFが後にあるとやりやすいのかなどよく分かりません。勢いがつきやすいのか?逆に、IFでできるのに、FISHという単語になるとイになってしまう、、、というのも非常に普通に見られるパターンです。 i_の音を制すれば、その後の全ての音は全部できたようなもの、、、というのは、少し大げさかもしれないけど、結構言えています。ただし、日本人には二つの習得パターンがあり、i_の音ができて、ゲップエリアでも一番深い部分が使えるようになる、、、そういう人と、u_が最初にできて、あー、こういうことかと気づき、1レッスン手前のi_の音に戻ってきて、できるようになる、、、というパターンがあります。ですから、念のためu_もやってみてください。 ゲップエリアでもさらに深い部分を使うコツですが、アイスクリーム屋さんが使っているスプーンみたいなもの、分かりますか?あれをつかって、アイスクリームが入っている容器からアイスクリームを、スクイますね?あの感じで、喉の奥へ行く感じです。ただし、口からいくんではなく、とりあえずすでにゲップエリアにおりておいて、そこから、ぐいっとさらに下の方向へ向けて、向かう感じです。感覚的には、音の逆噴射と言う感じがするかもしれません。 あと、もう一つできることですが、たかしさんのi_の音は現在Eに似ています。自分でEも出してみて、比べてみてください。区別がまだできてないということが分かると思います。 もう一つ、アドバイス、これは、実践者のかたがやっていたんですが、まず息を吸いながらi_の音をやり、その感覚を覚えておいて、今度は普通の息でやります。 イとエの中間という感じのイメージは、邪魔になるかもしれません。エのほうに似てしまう可能性があるから。 ところで響きの感じはすばらしいですよ!…

リアルであることの大切さ

これを言いたかった。今日は、とりあえず、手っ取り早く書くが、また何回も同じテーマで書くであろう。それはリアルであることの大切さだ。 英語でいうとそのままREALでもよいが、AUTHENTICということができるかもしれない。 ローティーさんのBLOGなどを読んでいると、リアルだと思う。実際に目の前で見た現実を語ってらっしゃる。ある日、ローティーさんは、いかに株が現実には予測できないのかということを書いてらっしゃった(逆に、短期的な視野で厳密なアルゴリズムで投資している人達は、儲けているとかいてらっしゃった)。 先日、あるお医者さんが、「いや、私のやっているのは(手術)手先の勝負だ、技術の勝負だ」と私には解釈できることを教えてくれた(極端にいうと、知的な作業というより、、、これはちょっと解釈のしすぎですか?)。これは非常にリアルだと思った。 これをつきつめていくと、医大の試験に数学だ理科だと、学生に課すほど、狭き門となり、本来ならものすごく勘がよく、手先が器用な人なのに、お医者さんになれないかもしれないということにならないだろうか。 入学試験というのはリアルではないと思う。だって、例えばセンター試験。あれって、作っている人達だって問題が解けないのではないだろうか?先生達だって受験の問題が解けないことは普通じゃないだろうか?リスニングを例にすると分かりやすい。 世の中には、語彙を猛烈に覚えて聞き取りをというアプローチがあったりするし、またその語彙だって、語源がどうのこうの、、、という具合に、覚えることが億単位で増えていく。 これはリアルではないと思う。 アメリカでは3歳児でも英語を喋っているし、聞き取っている。なのに、なぜ語彙を固める必要があるのだろうか???? 音楽だってそうだ。SUPERFLYの2枚目をゲットしたが、SUPERFLYは結構リアルな作詩をしていると思う。   http://www.superfly-web.com/ (CDの名前はBOX EMOTIONなのだが、あれってBOXED EMOTIONってことでしょうか?箱に囲われてしまっている感情、、みたいな。BOX EMOTIONだと箱感情という意味になって、アメリカによくある中華料理屋の名前でCHINA KINGみたいな突然な、あれ?みたいなニュアンスがあるような気がします、、、でも日本語的にはかっこいいタイトルである。) リアルな歌づくりのコツは、アメリカのTAYLOR SWIFTの詩を勉強するとよいと感じる。 TAYLORさんが、テレビで聞かれていた。どうやったらそんな歌が作れるの?と。彼女は当然、暗記せよとか、勉強せよとか言わない。なんて言ったと思う?彼女の言葉は 「高校に行きなおしてみれば?」 だった。 つまりティーンエージの時代の学校で起こる色々なドラマ、、、それらに対してリアルであれば、多くの人の心をとらえる歌ができるということだと思う。 最近NITOROさんのBLOGがリアルであるのでチェックを入れておいてほしい。 http://englishthroat.blogspot.com/ 小学校のときまでは先生の言っていることがリアルだった。質問をしなさいと先生が言うなら、それは本当に質問をしなさいという意味だった。中学あたりからアンリアルになっていった。ただ、黒板の文字を書き写すだけになっていった。質問は?といわれても何を質問してよいのかさえ分からない。…

明日は発表にいってきます

明日、ちょっと数時間運転して、ある場所で仕事でですが、プレゼンテーションをやってきます。 二人で1時間やりますが、質問とかも受けるので、喉発音を心がけたいです。最近、緊張しても、喉発音が普通になってきたので、大丈夫だと思います。 プレゼンテーションのコツは、オーディエンスと一緒に会話しているんだ、、、という感覚を持つことだと思います。明日は特に、自分の声を自分でちゃんと聞く、、、ということを実践してみます。すると、発声が正確になると思います。 ところで、 人によって、朝のほうが、喉発音がやりやすいということを聞いたことがあるんですが、私の場合は、朝のほうが口発音っぽくて、先日も、朝、ジーナにPOTHOLEという言葉を使った文を言うと、POTのOがaに聞こえるというんです(これは英語喉の発音記号で、どちらかというと高い位置での発音です。MANのAです)。え~~~?意外でした。で、ゆっくりとリラックスして、POTというと、ちゃんと日本語のアと同じ音をアクビエリアで言えました。 だいたい朝、自動車で、SUPERFLYのCDを聞きながら(2枚目のアルバムのBOX EMOTIONっていうのがよいですよ)、喉ずさんでいると(これは新語ですね)、喉発音が定位置にぴたっと定まる感じで、その調子で、一日中、ネイティブ英語を喋ります。日本語だから覚えやすいというのがあります。それから、この歌手は女性なんですが、ちょうどオクターブさげた音程が男性には歌いやすい。http://www.superfly-web.com/ がサイトです。) 思うに、寝ているうちに日本人になるタイプ(朝起きたら口発音になっている)と、寝ているうちに、哺乳類の元祖的になる人がいるのではないかな(朝起きてすぐは、喉がよく響く)。 実は週末、誕生日なのですが、オフィスの同僚が、ランチにつれていってくれる、、、と企画してくれたので、近場の日本料理屋に行って来ます。ちょっとこれも驚きでした。3週間ぐらいまえ、ふと、2月が誕生日だともらしたら、同僚が、メールで、いろんな人に連絡してくれて、ランチをしようということになりました(OUTLOOKというメールプログラムを使っている人は、この機能が分かると思います)。 これも喉発音さまさま、でしょうか。 オフィスからカフェテリアに行くのでも、知っている人は(女性の場合)手を振ってくれたりとか、知らない人でも、なんだかんだと話しかけてくるんです。 今日も、コーヒーを買って、エレベータに入ったら、眠そうな?カオをした人が、私もコーヒーをのまんと(頭がぼけていかん)、、、みたいな冗談みたいなことを言いました。ドアを開けてあげたり、開けてもらったりと、そのたびに、ありがとうだとか、色々、ネイティブが話しかけてきます。 なんなんでしょうね。 喉効果ですね。うーん、最初に留学したときに、英語喉を知っていたら、どんなに楽しかっただろうなああああああ。 皆さん、そういう経験、教えてくださいね。