Skip to toolbar

2冊目の本 完成 近い プラス 文法の本 

昨晩、2冊目の本の最終の微調整が(著者側としては)終わりました。5月末ぐらいの出版と聞いております。本の詳細が正式に発表されたら、報告しますのでしばしお待ちください。最初の原稿から1年ぐらいかかったような気がします。

この本には、英語喉と同じで、コーヒーブレーク的なエッセイもところどころに入っています。本というのは、校正というんでしょうか、デザイン的に完成しつつあるときに、空白とかが生まれますが、その空白をコーヒーブレーク的なもので埋めていくことがあり、最初に予定していたものより少し多くのエッセイが入ります。

内容を補強するようなものが主ですが、え、ネイティブってそんなことができるの?みたいなエッセイもあります。英語喉では、例えば、ネイティブが、息をすいながら喋れるという、日本人だけが知らない事実を紹介、またそれを練習にとりいれていますが、そのような感じで、えー?まじ?というような事実を5つほど列挙したエッセイがあります。そのうちの一つは、そのことをYOU TUBEなどで即座に確認できるので面白いと思います。

ネイティブは、こんなことができるんです。XXXとXXXというキーワードでネット検索してもらうと、それを実践している動画がいくつでもひっかかります、、、

という具合に紹介しました。

次はやっとのことで文法書を始めたいと思います。会話で使える文法です。

文法といえば、受験英語が元凶とされていて、それはそれなりに正しいと思いますが、もう一つ、日本で英語を教えているネイティブの人達のもつ文法の感覚も変だと思うことが過去に何度もありました。文法というのは、会話で使うものなので、会話で使う文法が大切なのだけど、書き言葉の文法、あるいは試験製作の上での文法を押し付けてくるのです。もちろん皆がそうではなくて、当然*一部の人*ですが。過去に2回ほど、非常にいやな思いをしたことがあります。時効になったらお話します。

文法書のメインのアイデアは、革命的だと感じます。一つには、従来の説明と異なるということもありますが、もう一つにはあるパラドックスを解明しているように感じます。なぜ、ネイティブは、考えなくても、だいたい正しい文法で喋れるのか?だいたいですよ。例えばですが、HEだとLIKEがLIKES、、、というようにSがつきますね。ということは脳がHEを覚えておいて、それがLIKEにSをつける、、、と。HE SOMETIMES LIKES、、、というようにHEとLIKESが離れていても、LIKEがLIKESになる、、、と

これはどういうことかということです。

一つには脳がものすごくすぐれた器官であるということですが、それだけでは説明できません。

これを解明できたように思います。

またしても私のアイデアはではなく、共著者のジーナのアイデアですが、いちおう私が、それを早く、考えてくれと、、、押している、、、という貢献はしております。

おそらく従来のパラダイムだと、いや、ネイティブだって間違う、、、とかそういう方向にいって納得しそうですね。

まあ、それはそうなんですが、でも、それだとなんの解決にならない。

英語耳の松澤さんとかだったら(ライバルか!?笑)、1万回繰り返して、脳に刷り込もうとかいう感じかな?

チョムスキーだと、なんかツリーみたいなんを書いて、分類みたいなことをして、納得するわけです。実際に、それが脳で起こっているかどうかはなかなか実証できないけど。

また1年ぐらいかかるのかなあ、、、

Related Articles

あれ?声が枯れて大変な状態の英語が、かなりいけている!

FORWARDの石渡誠先生が、スピーチ大会をされていて、その優勝者の方の英語が気になりました。 先生のサイトは、こちらです。 http://ameblo.jp/makoto-ishiwata/entry-11841419607.html?fb_action_ids=569909169774814&fb_action_types=og.likes そのかたのスピーチはこちらのYOUTUBEになります。 何が気になったかといいいますと、最初のところと、後半に、声がつぶれてしまった枯れた声で、英語を話されるのですが、それが、なかなかの喉発音で、ハスキーな感じで、ネイティブな英語なのです。 GOD FATHERの映画で言うと、初代GOD FATHERのかすれた英語に似ています。 ところが、スピーチ自体は、もちろん、お上手ですが、力が入って、やや口発音気味になっておられるので、たま~に、明瞭性がかける部分があります(相対的にということです)。ところが、、、声がつぶれていることをかばいながら話されている部分(アドリブで挨拶をされている部分)では、力まず発声されているために、おっしゃっていることが全て伝わってきて、楽に理解できます。 https://www.youtube.com/watch?v=-E6Tm_ec0c4 ずばり、結構、喉発音的にいけている部分から動画が始まるようにURLを設定してみました。英語でおっしゃっていることが、全てクリアに伝わってきます。以前、LOUDNESSのニイハラ氏も、言っていたのですが、酔っ払って騒いだ次の朝の喉が、がらがらのときに、ネイティブ発音になったというエピソードがあったそうです。

5月15日 発売 機関銃英語が聞き取れる! プラス 文法の本 企画

第2弾の本が5月に発売開始となりますので、ご報告します。こちらをごらんください。 三修社さん http://direct.ips.co.jp/book/Template/Goods/go_Bookstempsanshusha.cfm?GM_ID=ss05531&SPM_ID=51&CM_ID=004500305&PM_No=&PM_Class=&HN_NO=00450 アマゾン はここ リスニングを一挙に、効率的に習得してしまうという企画です。英語におけるヒラガナである英語特有のシラブル(というか日本語のほうが特殊なわけですが)を、一挙にマスターし、機関銃英語でも聞き取れるように練習します。 さて、次の企画にとりかかりましたよ。前から言っている文法の本です。文法書みたいな感じではなくて、こういう風な文法を使えば英語が喋れるというやつです。 「普遍文法」という概念に近いのかもしれません。当然、私は、この文法書に書いてあることを、使って英語を喋っています。現在。 私たちが提出するGRAMMARは実際にネイティブが使っている文法です。例えば、ネイティブは寝ぼけていても、 基本的なルールを言い間違えることがありません。なぜでしょうか????慣れているから?母国語だから?そういう考え方は、天動説でしょう。 1年ぐらいかかるのだと思いますが、辛抱してお待ちください!

喉の旅

これまで長く英語を勉強してきている人、使って来ている人は、喉革命後は、ゆったりとした「喉の旅」に出発することになる。 喉の旅というのは適切な表現ではないかもしれないが、とりあえずそう呼ぶ。「あー、あれはそういうことだったんだ」とか、「だからあのとき通じなかったんだな」とか、、、色々と思い出す。 最近、色々なところで、そんな話を教えてもらった。私自身にも非常に興味があることだ。どのように人々が、「喉の旅」を始めているか。 私自身の喉の旅を紹介するまえに、あることを書いておきたい。喉が20年前、いや30年前に発見されていたら、どんなに私自身の大学教育などが意義のあるものになっただろうか。20年前、授業をとっていながら、フランス語など本当にやる気がしなかった。MOTというのは言葉という意味だが、そんな単純な単語でさえ、通じないというのは、自分で発音していて分かった。大学院はアメリカのシカゴ大学だが、当然、英語で受ける授業など、苦労があった。 中学のとき、喉から英語を始めていたら、高校卒業までには、ぺらぺらだったはずだ。大学教育や留学などが本当に楽にできただろう。英語を単に道具として使い、勉強している内容を中心として吸収できただろう。 まあ後悔はそのくらいにしておいて、私の喉の旅の話をしたい。あー、だから通じなかったんだ、、、とか、そういう話だ。 私は、喉革命以前、非常に不満だったことがある。それは、自分がネイティブに何かを言っていて、途中で息継ぎのために、音の流れが止まったとき、まだ自分が話を終えてないのに、ネイティブがWHAT?(え、何?)と聞いてくることだった。今は全然そういうことが起こらない。あれはなんだったんだろう。 原因は、よく分からんが、一つには、例えば、その文がWHATと始まっていたとする。Wはゲップエリア発音なんだけど、前は口で発音していたから、Bに聞こえたのかもしれない。だからWHATで始める文でも、いきなりBATと聞こえていたのかもしれない。すると、ネイティブは文を途中ぐらいまで聞いたうえで、あ、BATじゃなくて、WHATか、、、と、後戻りして考えていたのかもしれない。 あるいは、単語を一つ一つ区切って発音していたので(3ビートをしらなかった)、文の途中でも、いきなり文が終わったと勘違いされていたのだろうか? あるいはただ単に口発音だったから、ネイティブが面食らっていたのだろうか。特に、目上の人に対して喋るときに、口発音がきつくなっていた。ボスなどと喋るときに特にWHAT?と問われたものだ。 日本語では、丁寧に喋るときに、口発音の傾向がますます強くなる。そのあたりが原因だったのだろう。 いや、息継ぎの仕方が悪かったのだろうか、、。そうに違いない。ネイティブは、まだ文が終わっていなければ、息を深くすうので、そのときに、息の音がする。だから聞き手は、まだ終わっていないな、、、と察する。私の場合、喉革命以前は、文の途中で、息継ぎのときに、鼻だけで息継ぎをするもんだから、スーという音がでず、それで、ネイティブは、「あれ、カズがいきなり黙ったぞ」と勘違いし、WHAT?と聞いてきたのではないか。 うん、そうに違いない。

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. 日本はいかがでしたか。
    晴天にめぐまれ気持ちよい春を満喫されたのではないでしょうか。
    本日テーマにあがった本の発売楽しみにしています。

    ブログ内容とは別の話ですみませんが質問させてください。
    3ビート、シラブルについてです。

    この概念、理屈はわかります。発音するという点でいうと実践できます(多分)。
    しかし、リスニング時に3ビートを聞くというのがわかるようでわかりません。
    実践できないのです。(← ここが一番重要)

    ボンボンボンが聞こえるかというとやっぱり聞こえない、
    想像上でこんな感じかなとイメージでなぞってみたとしても
    これがリスニングに与える効果というのが実感できない。
    そんな状態でもあります。

    もう少し踏み込んだ説明、従来とは違う角度からの説明、
    その他ヒントなどありましたらコメントいただけませんでしょうか。
    ブログを拝見したところ直接ご指導もなさったようですが、
    その過程で新たな発見や受講生からのフィードバックなどは
    ありませんでしたでしょうか。

    よろしくお願いします。