英語が聞けないと分からない米国のサブカルチャー

最近、ラップをFEATUREした番組をMTVでやっている。WILD N OUTといって、マライア・キャリーの夫が司会をしている。若い人が、チームに分かれて、相手をラップでからかうというコンテストだ。このようにラップという音楽自体が始まったようだ。こういう文化は、英語が聞けないと理解できない。聞けると、面白いし、なるほど、こんなサブカルチャーがあるのかと分かる。アメリカの文化はヒップホップのようにストリートから始まったものがたくさんある。
http://www.youtube.com/watch?v=306l-uVHw-c&t=0m30s

英語喉オンラインコースへ飛ぶ(ニュースレター登録をお願いします)

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.