ラング8活用でスペイン語をやっている

スペイン語学習にラング8を活用しています。

目標はスペイン語でゲストを迎えてポッドキャスト番組をつくることです。

上田亮式シャドーイングが大量の英語をインプットするところから、パターン、語彙を強化するとすると、その逆の方向から、「内」から来るものを大切にするのが、ラング8を活用した勉強法かと感じます。

1.まず、とりあえず持っている知識で短いエッセイを、勉強している外国語で書く(私の場合はスペイン語)。7センテンスぐらいかと思う。(所要時間10分ぐらい)
2.ラング8のメンバーが直してくれる。
3.それを見直して、じっくり文法の間違いなどを観察。
4.修正してもらった文を朗読、そしてまたラング8にUPで発音のコメントをもらう。
5.自分が読んだ朗読の音声を数回、気が向いたときの聞くことで、覚えてしまう(これが結構聞く)。

5は、自分がUPしたURLにIPHONEでアクセスすれば聞けますが、小さなレコーダーを持ちあるくのもありえます。

これを毎日繰り返しますが、次回からは、同じ間違いをしないように気をつける。

書く内容を日本文化に関することにすれば、日本語を勉強しているスペイン語話者が興味をもってくれるかもしれません。

さて、ラング8ではフレンドリクエストもできますし、SKYPE IDの交換もできるので、スカイプで会話練習もできるでしょう。私の場合は、さすがに、それは忙しくてできません。アメリカで私のIPHONEはスカイプなどやっていると、すぐにデータがリミットになってしまうので、現実的ではありませんが、日本では普通、データはいくらでも使えると聞いています。

MASAさんは、通勤中にスカイプ会話をされていましたね。

自動車通勤と電車通勤の両方をしていますが、自動車の場合は、スペイン語のCNNを聞いています。聞き取りは100%できます。理解はついていかないことがあります。

語学の学習というのは、結構、お金がかからないもので、これも、無料です。

英語喉オンラインサロン・コースへ飛ぶ

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.