喉で思考の旅へ 歯医者編

喉実践者の質問は、本当にするどい質問だ。著者の考えてもみなかったような質問にどきりとさせられることがある。

喉は、自分自身の身体(そして文化)を理解する旅へのいざなってくれる、、、と思う。口発音から喉発音への移行に成功し、3ビートをやれば、次から次へと今まで分からなかったことが分かってくる。実践につきあっていただいたかたがたとは、色々な話をした。話が止まらない、、、といった経験もあった。

歯医者に行ったのだが、口を開けて検診を受けるあいだ、なぜ自分は喉を閉じようとするのだろうと、自分に問いかけた。西洋人は喉をあけたままで治療を受ける。ところが日本語話者である自分は、どうしても喉を開けることができない。

絶対的にミステリーだ。日本語話者は喉が繊細というかセンシティブである、、、などという説明を最初は考えていたが、納得がいかない。だって、食べ物を食べるときは平気に、喉を多くの流動物が、ごくんごくんと、通過する。

なぜ、歯医者では、喉を守るがごとく、喉を絞めるのか?

舌のおき場所に困るほどだ。喉をしめると、舌が前面に出てくるような気がして、どこにおいたらよいか、一瞬迷った。

鼻呼吸だ、、、。私は歯医者での呼吸は鼻呼吸である。そしてその最中は喉が完全に閉じている。だから、喉を絞めてしまうのだ。西洋人はどうなのだろう。

勝手に決めてしまわず、西洋人との対話の中で真実を発見する。そのあたりは、私が全てこうだといってしまわず、皆さんにお任せしたい(英会話のネタにしてください)。

あ、ここで言いたかったことは、英語喉をやることは、自分自身を理解するということ、、ということです。自分自身の身体(口、喉付近、姿勢などを含める)を理解するのです。

(その思考の過程で、欧米人がこの本でこういっているとかいうことは、とりあえず括弧にいれておくのです。 括弧にいれるというのは、言われていることを仮説として扱うということです。 特にこれまでアメリカ人の学者が書いたものが絶対的であるという感覚があったのではないでしょうか。今後は日本から独自の情報を発信していきましょう。)

Related Articles

アメリカのサービスが悪い(?)という件

よくアメリカのサービスは悪いとため息をもらしておられる人が多いのだが、自分は違った意見を持っているので、まとめて書いてみたい。 理論的には、そもそも、資本主義の国のご本尊的存在の米国でサービスが悪いということが考えられるだろうか? これは、働いても、給料に反映しない理論的には共産主義の北朝鮮だとか、役所だとかなら、がんばってもしかたがないので、サービスが悪いかもしれない。 でも、特に、チップ制度の発達したアメリカでサービスが悪いということは理論的には考えられない。 私はアメリカに20年になるのだけど、確かに以前は同じように感じていた。が、英語喉を10年ほどにやりだしてから、分かったこと。 アメリカ人が態度が悪く見える理由、 その1.日本人はサービス精神を表情で表すのに対し、アメリカ人は普通ぼけっとした顔をしている点。アメリカのレストランなどでは特に細かい注文が多いので、真剣にオーダーを聞いていることもある。特に男はドライジョークが多くて、ぼけっとした顔で対応する人が多い。でも、そういう顔なのだ。 その2.日本人(というか、標準語話者)は、英語の音色で伝わってくる感情が聞こえていない?英語は特に、シラブル内の音程の起伏で感情を伝えるのだけど、標準語は、シラブル内の音程が平らなので、そのあたりを無視して聞いてしまい、相手のフレンドリーで親切な感情を聞き取れない。 その3.日本人というか標準語話者の英語は、シラブル内の音程が平らで、そのまま英語を話すと、まるで命令しているように相手には聞こえる。 以前、モントリオールにいったときに、たまたま、となりに日本人の観光客が座った。自分たちには、同じウェートレスさんがフレンドリーなのに、その人たちのところでは、同じウェートレスさんなのに、緊張気味で、オーダーをとっていた。 その4.そもそも、日本人はウェートレスさんを、食事運びマシーンとしてしか捕らえないので、いかに、ウェートレスさんが、色んな質問に答えて、食べ物の推薦や組み合わせを教えてくれるかを考えていないので、せっかくあるサービスの10%ぐらいしか使っていない。 その5.英語ネイティブというか、いわゆる外人の声は英語喉・喉発音。女性でも男性より低い声の人はたくさんいる。外人の声は日本で言えば、人を脅かすときの声。だから、それを日本人が聞くと、横柄だとか、まじめじゃないとかいう風に勘違いしてしまう。 その6.英語は命令文でも命令じゃないことが多い。音色で丁寧にする(が、日本人は音色を聞いていないことがある)。飛行機の中で、コーヒーいかがですか?を英語ではCOFFEE?だけで聞いてくるけど、あれは失礼ではない。日本語で、「コーヒー」だけだと、えらく不親切に聞こえる。 その7.これはレストランだけに限らないが、英語ネイティブは「うなづき「や「相槌」が少なく、また、意味なく、相手の言ったことをまとめたりしないので、日本人的には、「こらあ~、おまえ聞いているのか?」という感覚におそわれてしまう。 上は、レストランを例にとったけれど、その他、例えば、ケーブルTVに質問の電話をしたりしても同じ。そもそも、「この会話はサービスのために録音しています」という状態なので、対応する電話の人が不親切であることは、非常にまれ。 ところが、日本人の英語は命令調に聞こえてしまうので、相手も非常に緊張することになるのでした。 というわけで、英語喉をしている自分自身は、アメリカで悪い対応を受けることがない。 悪いサービスをしていると首になるから。 絶対ないということはありえないけど、普通に生活していると、あんまりない。 英語喉を始める前は実は自分もけんか腰になることがあった。 しかし、考えてみるとサービス業にいる人たちは、いかに相手をだましてやろう、おとしめてやろうと思っているわけではない。そんなことをしても、彼らの懐は全然暖かくならない。彼ら自体、雇われの身だ。 録音してみようかな。いかに、アメリカのサービスの人たちが腰が低いかと言うのを示すのに。 「他に何か、今日できることは、ございますか?」とか激しく腰が低い表現が多い。 自分は、戦後、こんなに仲のいい米国と日本語が戦争をしたのは、色々と勘違いがあったからじゃないかと思う。石油を止められたから戦争を始めたというのは、納得がいかない。

難しい、というイデオロギー

さて、東京ではYUMIさん、兵庫(というか関西地域?)では天満さんが、英語喉を活用してくださっている。もしかしたら、その他でも活用してくださっているかたがいるかもしれない。大学の教科書で使われている?といううわさも聞いたことがある。 私自身が、ジーナと一緒に直接教えたときは、喉発音ができなかった人は皆無だ。ただし日常会話で使うときの定着というのは苦労されていただろう。しかし、私達の目の前で繰り返してもらっている環境では、全員が発音を比較的簡単にマスターされた。それをもちろん定着するのが難しい。 いや、お一人、もともと日本語でSを言うときに、舌足らず的になられるかたがおり、そのかたは苦労されていた。教えるほうとしても、ぜひまた来ていただいて1対1で指導させてもらいたい。 練習中はなんとかできるところまで言っても、実際に使うとどうしても緊張されるかたはおられた。 たぶん30人ぐらいは直接教えさせてもらったが、初日にLとRで苦労されたのは、お一人だけだったが、そのかたは、2回目のレッスンのときに、驚異的に上達して、私とジーナをびっくりさせた。これは、不思議だ。日本人が1番難しいと思っていたLとRが一番簡単な感じがする。喉を意識して、緊張させなければ、誰でもRが言える。犬のうなり声が出せない人はいない。だからできるのだろう。 お一人だけ、スカイプで教えさせていただいたかが、どうしてもできなかった(失礼、、、おそらく読んでくださっているのでは?)。そのかたでさえ、LとRだけは、できていたと思う。しかし、そのかたがいつかできるようになるならば、すばらしいことだ。できたときに、なぜできなかったのかを聞いてみたい。 本を読んだだけで、ピンときてできる人もいる。が、やはり手ほどきがあったほうが、分かりやすい。だから、天満さんや、YUMIさんのところに行くのが良いのだと思う。 多くの人が、「できているかどうかわかりにくい」と思われると思うが、おそらくそれは出来ていないのだと思う。というのは、喉発音は、できていたら、喉における響きかたが全然違うので、分かるのだ。だから、できているかどうか微妙だったら、きっとできていないだろう。 従来の教則本はこの点は非常に甘い。できているかどうかわかるどころか、とにかく口を動かすということなので、その口を動かすこと自体はできるだろう。だけど、だからといって正しい発音ができるわけではない。そもそも、例えば、口を大きく開けてと指導している先生自体ができていないだろう。だって、本当に英語ができる人ならば、口を開けたら正しい音になるかどうかなどは自分で分かるからだ。 分かりやすい、実践しやすい、、、という方法はあっても、だからそれで正しい英語ができるようになるか、、、ということは違う。しかし、日本人は一生勉強だとか、一生、英語を鍛えるという考えがあるので、その点が分かりにくいだろう。 これまで聞こえず、発音できずで日本人は英語を勉強してきたからこそ、英語が難しく感じるのだと思う。これが聞けて発音できたら、実際、外国語はそれほど難しくない。 英語喉が難しいとおっしゃる気持ちが分かるが、それはしかし、正確に言うと、「難しくて、すぐに出来ない」ということではないだろうか?説明が難しいというよりは。実際の実践が、これまで何十年もやったことのないことだから実践がややこしいということではないだろうか。それはありえる。 信じていただきたいことがある。それは英語のどは、本当にステップのそれぞれが大切なのだ。だから、例えば、息を吸いながら喋るというヘンなことをできない人は、その後のステップに進んでも無駄だと思う。息をすいながら喋ることは、例えば、西洋人なら誰でもできることだ。それが出来ない場合、次のステップに進んでも、できないだろう。 だから、できるまでやることをお勧めする。そのときに、難しいと感じるとすると、それは、実践がややこしいということであり、テキストが難解だということではないと思うがどうだろう。 ただし、あるレッスンの内容ができなくても、次のレッスンで気づくということがありえる。だから、それは英語喉に明記してある。例えば、i_ ができなくてもa_でピンときて、またi_に帰ることも可能だろう。 ただし、3ビートのほうが即効性があるという話はよく聞く。だから機関銃英語が聴き取れる!をやってから英語喉をやるというのもありえる。だって、英語がよく聞こえるようになれば、喉の音もよく聞こえてくるだろう。 勘のいい人は、英語喉って結局、喉でできたら後はまねるだけでしょう?とおっしゃる。これは正しい。個々の音を練習してもらうわけだが、結局、喉の深みを到達できたら、全部が直る。これは2年以上前、空さんにアドバイスしたら、え?そんな???と疑われながらも、練習をつづけ、非常にうまくなられていた。 あと、英語喉ができていたら、起こることがある。それは、きっとKATSUさんも経験されたと思うが、あ!あれはこういうことだったのか?!というのが、色々と頭に浮かんでくる。三修社さんに最初に紹介したときも、そういう会話があった。私は、最初のころ実践につきあってもらったかたがたとそういう話を始めると、話がとまらなくて困る思いをした。 今、実際、書いていて、とまらない。 1ヶ月に一人ぐらい、キャラの強い人が登場してくれるテンポになっていて面白い。今回は、YUMIさんが登場してくれた。次は誰かな??? きっと、今、どこかにいらっしゃるのでしょう。 まだ英語喉をことを知らないかもしれないですね。 タイで日本語を教えてらっしゃるかたも、英語喉の存在は知っていたけど、1年ほどほっておいたと書いてらっしゃった。 私のたくさんの友人達も、英語喉は知っていて、持っていたりするけど、本気にしていないと思う。ふーん、って感じだろう。そもそも、英語を毎日NHKラジオで聞いている母、あるいは、英文科だった二人の妹でさえ、きっと本気にしていないし、また親戚で英語のできるオジサン、オバサン、それから帰国子女の従兄弟だって、きっと、その効果を信じていないだろう。 …

喉だけを、喉だけを、、、

どの音も喉なんです。だから、この音は英語喉を試すけど、この音は音声学のこの説明を試そう、、、とういことだとだめなんです。だって、例えばですが、HAMという単語があるとする。HはXXXの説明、Aは英語喉、Mは音声学にそって鼻音として発音する、、、とやると、Aのとこは正しい発音ができるけど、あとは近似値発音になってしまう。Mのところで鼻から息をぬこうとすると、そこで英語がカタカナ英語にもどってしまうんです。 (独り言:Mが鼻音っていわれとるんは、そりゃあ、口閉じる音じゃけえ、息がどっかにぬけんにゃあいけんけえ、息が鼻のほうに、よけい[=a lot]行くような気がするだけじゃろう。おおげさにやるんじゃったら。でも、普通のスピードでしゃべりょーたら、唇をあわせんでも平気でM発音しとるけどねえ。特にスマイルしながらしゃべっとったり、歯がちょっと前に出とったりしたら。) 決して精神論ではありません。鼻やら、舌やらに集中すると、喉発音じゃなくなってしまうんです。関心が喉からずれちゃうから。だって、鼻に息を流そうとがんばると、鼻って、喉からものすごく遠い位置にあるから、喉発音が浅くなってしまう。舌をどうのこうのしようとすると、喉発音に気がいかなくなってしまうだけじゃない。舌が硬くなってしまって出せる音が出せない。例えば、ぶるぶる凧とか無理、無理。舌が硬いと。 口の中で音を響かせる位置がどうのこうのというのは、結局、舌を硬くしたり、舌と口の屋根の間の距離をせばめたりするから、響く位置が変わっている、、、という気分になるだけで、究極的にはアがイになったりしないんです(例えば、口の前のほうでアが響いていると感じるのは、舌の後方をもりあげたり、硬くしているから)。音がこもったりするから、音が変わったような気分になるだけです。そもそも、ネイティブの舌はそんなにアクロバティックに動いていないですよ。ジェシカシンプソンさんが歌うのを見ていたら、舌はどてーと寝そべったままです。 口を大きくあけたままでも当然喋れる英語ですが、大きく開けたまま、舌はどてーっと横たえたまま(ジェシカシンプソンさんみたいに)で、それでも響く位置を口の中でコントロールできるとしたら、それは、魔術師ですよ。もちろん、喉でならできますよ。口を大きくあけていようと、ちいさくあけていようと。 あと、口の屋根に舌をつける、、、という言い方は便宜的にするけど、結構、すでについている、、、というのもありますね(今、こうして書きながらふと考えると、舌は口の屋根にすでについとるけん、、、筋肉を鍛える必要なーじゃろ?じゃろ?でも、こげーなこというのタブーかもしれん。)。 だから英語喉アプローチを全ての音に使ってくださいね!一部の音じゃなくて。 きっと分かってもらえます。実際に英会話で実践可能なのは喉だけなので。話し始めると鼻音だとか、円唇だとかかまってられないですから。 英語喉を多くのアプローチにまぜてつかってらっしゃるかたは、まだ口の中で考えているのじゃないのかなあ、、、と思う。基本は口の動かし方で、喉は響かせるための2次的な存在、、、みたいな。じゃないんですよ。喉が中心なんです。喉に声帯があるんです。口には声帯はありません(口は出口ではありますし、確かに、音の最終仕上げのようなことはしますが、、、)。口で音を出して、それを喉にもっていって響かせる、、、というイメージで考えてらっしゃるような気がします。じゃなくて、喉で音を出すわけですが、その場で響きやら音の質やらが90%ぐらいは決定されているのです。 もし喉が単なる響き板だったら、カラオケのマイクでエコーをかければいいわけだけど、そうしても発音が正しくなるわけではないですね。 日本人のイメージで「口で喋る」という感覚が強いけど、口には声帯がない、、、ということを思い出してください。口は音の最終仕上げ、、、であって、核ではないようです。 日本人に「おうむはどの器官がすぐれているから、人間の会話をまねできる?」と聞くと、喉と答える人はいません。舌が発達しているからだ、、、と答えるでしょう。ところが日本人以外の外国人(特に西洋人)にこの質問をすると、まずは「そんなことは考えたことがない」というでしょう。で、多くの人が喉?というようです。もちろん舌という人もいるでしょう。でも日本人のように「舌だけ」と考える人は少ないようです。 英語喉だけをまずマスターしてみてください。そこからです。始まりは。 え、そんな、、、いろんなやり方があっていいでしょ、、、と思われることでしょう。でもね、他のやりかたは練習法であって、厳密な意味でのメソッドではないと思いますよ。まずは正しい音をだすメソッドがあって、それを定着するために、いろんな練習法ってのはありえると思いますが、、、。練習法ってのは、例えば、野球がうまくなりたい人が素振りをするってのは、これは練習法なんです。メソッドは、バットをどのように構えて、ボールをどのように、どの角度で捕らえるか、、、、てのがメソッドです。 ちょっと基本に帰るために、いろんな音の口発音と喉発音を比べてみます。これまではLとかRとか、母音とかで違いを示してきましたが、MとかSとか、そういう簡単っぽい音でも喉発音でやると、口発音とは全く変わって聞こえますよ。 http://www.nippondream.com/blog/simplesounds.wav  

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.