グループワークの重要性 剣道審判セミナー通訳で学んだこと

先週末、二日間、剣道審判セミナーで通訳をしました。

プラス、空港に真夜中メキシコからの先生を迎えに行ったりもしたんです。

さて、通訳のほうですが、全体へ対するスピーチの場合、体育館の音響の関係上、場所によっては聞こえにくかったようですが、がんばりました。具体的な審判の指導は、われらの道場メンバーが試合をしつつ、それに対して、60人ぐらいの先生がたが審判の練習をされまして、それに対して、日本からいらした先生3人が審判の指導をされたのです。

kendo_interpreting1

 

 

 

 

 

 

 

一日めは一人でやっておりましたが、二日目から、もう一人、二人のかたとペアでやったんです。このことがよかったです。というのは、様々な面で、私が学べたからです。まず、最初に通訳を交代してくれた先生は、経験も長く、また上段者の先生で、訳の仕方など非常に参考になりました。例えば私は審判をジャッジと訳していたのですが、先生はレフリーをおっしゃっていて、やっぱりそっちのがよい。二人めの先生も、剣道経験豊かで、講習がすすむにつれ、内容、質問がこみいってきますが、そのあたりもよく対処されていました。私が訳し損ねた部分も、フォローしてくださりました。

もっと基本的に、声が聞こえにくい場合など指摘もできました。

kendo_interpreting2

 

 

 

 

 

 

 

なんでも人とのコラボのなかで、人から学ぶというのがいいなあと思えました。

英語喉も私とジーナのコラボだし、皆さんが、英会話をするときも、他の実践者やネイティブの人たちとのコラボですよね。

通訳のさい、訳す部分が長くなってしまった場合、忘れてしまうので、緊張します。短い場合は、自信をもって大きな声で発声することができました。

先生がたのほうも、そのタイミングを合わせてくださり、助かりました。

剣道の審判指導の先生がおっしゃったことで心に残ったのは、人の審判をすることがいかに難しいかということ、、そして、審判するためには、例えば、いろんなむずかしめの技も自分で練習しておらないと、なかなか人のことは判断できないとういこと。

それから、もうひとつ。この審判セミナーでは、セミナー後に稽古があったんです。

先生と稽古をするときに、フェイントを使ったりするんじゃなくて、ストレートに指導してもらうつもりでやったほうがよいということを教わりました。

これは私自身、前からそうじゃないかと思っていたんです。私自身は、ストレートボールしか投げない感じで、稽古してもらいます。

これは先生と対するときだけではありません。

かっこいいことではないかもしれないんですが、面しか興味がありません。コテが決まったとしても、それは偶然か、あるいは、相手が面をするときに、手を少しあげる癖があるかのどちらかです。

相手の癖をとらえて、姑息にコテがとれても全く面白くない、、、逆にそれは卑怯です。

胴は難しすぎてできません。

したがって、今のところ面しか興味がなく、先生との稽古のときは、それをストレートに受けてもらうことにしています。

変ですかね。

 

Related Articles

喉実践者コミュニティーにいきなりひきづりこみました

人気ランキング、まずは、クリックをお願いします。いい感じでトップ10内に入っています。今は何位かな??? さて、昨日は学会で、朝、発表がありまして、土曜日の朝8時と早かったのに、13人ぐらいの観衆が集まってくれまして、無事終わりました。 この学会は、評価研究の学会なのですが、政府や団体が、科学研究のインフラに投資して、その結果をどう測るかというのが、多くの人の課題のようです。だから日本からの研究者の発表も、そういう内容でしたし、アメリカの研究者の多くも同じような設定での発表でした。 しかし、やはり結果を知るためには、まず、何を測るかを知らないといけないのですけど、その場合、どのようなことをするのか、何を期待するのか、、、をまとめるためにLOGIC MODELというのを組み立てておくのです。私の会社でLOGIC MODELの作り方などを専門にしている人がいます。どのように改革を行うかの指標になるわけですが、また評価研究をどうするかの指針にもなるのです。 例えば、大学の改革をどうするか、、、となると、例えば、研究者間の協力度を増やす、、、そして、それが、例えば、査読つき論文の投稿採用の数につなげる、、、とか、そういう関係をはっきりと絵で示すのです。そして、そういうのをどうやって測るか、、、を考える。協力の度合いであれば、サーベイで調べるとかして、数値化していきます。サーベイ調査の専門家が活躍します(質問票、アンケート調査のことです)。 ネットワーク分析というのがありまして、例えば、10個の団体があり、その間の関係を調べるには、それぞれに、どの団体と密な関係がありますかと聞くようなサーベイをしておいて、そのネットワークのマップをつくります。ネットワークの濃度なんてのも計ります。ネットワーク分析の専門家がいるし、そのためのソフトウェアを作る人がいます。私自身は、自分で行列計算を使って、シンタックスを書きながら計算するのが好みです(ソフトウェアでクリックしたりするのがいやなので、、、一体、何が起こっているのかがわからないのがはがゆいから嫌です)。 もし、例えば、大学内の学部間のコラボレーションを上げるのが目的ならば、そういうネットワーク分析をつかって、コラボレーションの度合いを数値化してみると。その数値化するのを、英語にするほどではないけど、MEASUREMENTと読んでいて、それ自体が専門分野です。 コスト&ベネフィット分析なんてのもあるのです。例えば、政府が、青年たちのドラッグ使用を防ぐために、1億円使ったとします。そのおかげで、例えば、1000人の若者が監獄にいかなくてもよくなったとしてます。1000人の若者を監獄に入れるのに2億円うくとします。すると1億円、国家は得をすることになります。これは、勝手に例として考えた例です。 私たちの発表自体は、生徒のドロップアウトの予測モデルをつくって、すにであるデータを使って、これまで言われている理論を検証することでした。 色々な専門分野がありますが、一つぐらいは、学校での勉強+経験で非常に深く知っておいて、あとは、仕事、経験を通じて浅く広く知っておくのが大切じゃないかと思います。 そういう意味で、就職難は、決定的な打撃となり、のちのちの国家運営に深刻な結果をもたらすことでしょう。今分かることではありません。 対抗案としては、自分たちの生活、仕事のなかで、なにか自分なりに工夫して、今日よりも明日、明日よりもあさって、、、と言う具合に、スキルや知識をつけていくことです。そのスキルは、自分で見つけないといけないでしょう。結構、お金がいらないものだったりするのでしょう。例えば、エクセル関数の使い方とかだと、地味な仕事をしながらでも、ゆっくりとエクスパートになりえますね。 やはり情報収集能力において英語はすごいと思います。ネットの検索にしても英語でやれば、早いように思います。よく日本では翻訳がさかんなので、困らないと言う人がいますが、それは英語が理解できないので、いかに英語の世界が情報にあふれているか、お人よしでただでなんでも教えてくれるギーク達に満ちているか分からないからでしょう。 この点はMASAさん、KAZYさんのように、ゲリラ的に英語を話すことです。ただし、頭をフルに回転させて、英語の勘をつけてください。 さて、今週末の英語喉ライブの直後に、KAZY氏のリーダーシップのもと英語喉SKYPEクラブを開催しますので、ご期待を。SKYPEで初心者さんたちにも英会話をしてもらおうということで、KAZY氏のご提案を受けて、いかに初心者の英会話力をつけてもらうか、、、ということを毎週1回やりますので、参加希望のかたは、本サイトにご参加されるとよいのじゃないかと思います。本サイトでレジスターすると、外国人メンバーとの交流ができます。フレンドシップ申請をして、SKYPEIDを交換するとよいのです。 参加の条件は、英語喉実践者であることです。 今の自分の英語で困りません(だから発音をよくする理由がありません、、、と言う意味)と言う人でも、英語ができないために、いかに、損をしているのかさえ、見えないわけで、これは困ります。例えば、私は英語ができるから、その人がいかに、透明人間化しているかが見えます。しかし、透明人間の立場からは、いかに損をしているかがわかりにくい。 英語喉をやっていると今回学会で発表すると、人が発表のあとで質問をしてくれたりとか、ちょっと人と話すと名刺をくれたりとかです。ある発表のときに質問したら、後で、発表者じゃないアメリカ人の人が私のところにやってきて、説明を始めます。 今回特に、同じ会社から来ているのだけど、普段は一緒に仕事をしていないメンバー達と喋るときに、本当に、仲間と喋っている感じで一体感がありました。 ホテルでは朝、朝食が出るのですが、知らないおばさんが、(ここは、大阪かよ?という勢いで)、ワッフルを自分でつくろうとしていたら、「私のうちに同じ器具があるのだけど、こうやってこうやるのよ」とお人よしに指導してくれるだけでなく、勝手に、ひっくり返してくれていたり、その人のお母さんが、「あなた、あのピザみたいなのは、ソーセージがのっていていいよ」とか教えてくれます。たまたま、今日の朝食には、ソーセージやベーコンのような肉類がなかったので、私が従業員さんに尋ねているのを横で聞いていたのです。 おい、ここ大阪かよ??? ってのは、大阪の電車で、XX駅は行きますか?と聞くと、実際に聞いた人じゃなくて、たまたま横で聞いていたおっさん、おばはんが、「あんた、次の駅やで」と教えてくれる様子を指しています。 これは広島でも同じじゃないかな。 会社がブースを出していたので、その片付けが私の係だったのですが、なにか準備の手違いで、走り回りましたが、電話で業者に聞いたり、ホテルの人に聞いたりと、色々な人に助けられました。なんか、あんまり関係なさそうな、UPSの兄ちゃんが、なぜか、特に助けてくれたのですが、これが口発音だったら無理だったなと思います。アメリカ人は合理主義者だというのは、それは英語が分からないから出てくる発想だと思います。…

西日本と東日本の発音上の地理的境界線

ご質問をいただきました。 西日本と東日本の発音上の地理的境界線を教えて下さい。 — シナモン (@yamkam1020) October 2, 2018   さて、かなり厳しく見ると、大阪府と兵庫県の境付近にCONSERVATIVE BOUNDARYがあると思います。そこから西が西日本型となります。ちょうど関西弁が少しづつ,中国地方弁になっていくあたりです。私が大学生のときに、青春18きっぷというJRの切符で普通電車で京都から広島に帰ったことがありますが、兵庫県にはいってしばらくすると、関西弁がだんだんと中国地方弁に変っていきます。 沖縄、九州、四国、中国地方、兵庫県の方言の特徴は、音節の内部に中国語にあるような四声のような抑揚の変化がある点です。この変化は声帯が力んでいると起こせません。したがって、これらの地域では、声帯がゆるめなため、首の根本を響かせることができます。この結果、外国語も聞いた通り言うことができ、また動物の声などの物まねもしやすいでしょう。以下は、九州出身のお二人ですが、英語のnative度が異常なほど高いです。 さて、LIBERAL BOUNDARYというのもあります。厳しくみないで、音声的に西日本型は近畿地方、北陸地方、そして愛知県付近をも含んだ地域です。この地域は、少しだけ声帯が固めになるものの、それでも、まだまだ柔軟な感じがします。あるいは、人によって違うと言うことが言えるかもしれません。 北海道は、どちらかというと、このグループに似ています。柔軟でありながら、少し硬い感じです。 関東地方は確実に東日本型だと言えます。音節の内部が平らで短いので話すスピードも速いです。以下、東日本的発声の代表と思える茂木健一郎氏の英語です。ものすごいスピードですが、これは、わざとやっているというより、喉が硬く、個々の音が短いがために、全体的に速くなるということです(音が短いから機関銃のように音を発射します)。 東北地方は、よく分かりませんが、東日本型であるような気がしますが、混在型のようにも思います。 さて、もう一つの要素があります。それは、方言と標準語のバイリンガルかどうかという要素です。西日本では、方言プラス標準語を話すのでバイリンガル地域であると言えます。関西地方は都会があるのと、大都市が多いので、関西弁のプレスティージが高く、モノリンガルであると思います。関東地方も標準語圏ですので、モノリンガル地域であると言えます。 個人のレベルで自分が西日本型であるか東日本型であるかをテストすることもできます。TEARと言ってみてください。これが1シラブルで言えれば、西日本型です。T-I-Rですが、IからRへの移行のところが難しいのですが、声帯が力まない西日本発声ではIとRをスムーズにつなげることができます。 東日本発声の場合は、個々の音で声帯が力みます。IからRの移行のところ、Rの最初で声帯がりきむので、R本体の音が出る前に、アがついてしまいます。したがって、TEARがTIーARとなり2シラブルになります。音声で解説してみました。 TEAR 10 02 2018.mp3 西日本型の人は、音を聞いて繰り返す、、これだけで、発音ができるようになるでしょう。…

私の持っている日本社会のイメージ 準備の文化

「準備の文化」で、ラッキーな人達が、ラッキーじゃない人たちに、「準備」という試練を課しているようなイメージを持っている。 例えば、大学受験だが、ラッキーにも大学で終身雇用のステータスで生活をしている人が、アンラッキーにも、その立場にない人(生徒)に試験を課すことで、試験料を徴収する。 もちろん、ラッキーな人達は悪い人たちではない。養う家族がいるので、家族のために、一生懸命働いている。 アンラッキーな人達も、生活がある。 ラッキーな人達は、「準備」を課すことで、その準備に必要なお金を徴収する。 しかし、その準備をしても、本当のスキルとか知識が、個人につくかどうかというのは分からない。 受験英語に関する言説はこの私のイメージにぴったりあっている。 大学受験準備を課す人達自身が英語が聞けず、英語ができず、、なのに、アンラッキーな人達を、ますます準備へ、受験英語の勉強へと導く。 就職活動も似ている。大学3年生ぐらいから準備を始める。 <本エッセイはTOEIC準備の批判ではないことを強調しておく。TOEICの先生たちは、いかにTOEICの試験を利用することで、英語力をUPできるか、、、ということを色々と研究、工夫されている。> しかし、これは搾取とはいいがたい。というのは、ラッキーな人達にも、生活があるからだ。ラッキーな人達は、家族を持てて、子供を持てるだろう。そうしたら、そうしたで、生活のために、がんばらないといけない。 実は私自身、社会学者として、社会統計学の本の執筆に参加したことがある。目的は、社会学も生き残るために、社会調査の資格をつくるということで、そのための勉強材料としての教科書である。 しかし、私自身は、そういう本を読んでリサーチスキルをつけたのではなくて、実際に、リサーチアシスタントとして、働きながら、統計学を使いながら、データをみながら、統計のスキルを身につけた。 SASという統計プログラミングにしても、本を読んでできるようなものではなくて、資格制度などあると逆に、習得の邪魔になるように思える。 しかし、私は、もちろん、本を書くことに参加することで、自分自身の経歴を強化することができる、、、つまり就職できる確立を高めることができるので、資格制度に反対するわけがない。 したがって、私も、社会統計学を勉強する人々の準備に一役買っているわけだ。 これは、必ずしも、良いことではない。 この準備の文化に対抗して、現在、世界で進行中なのは、YOUTUBE文化だ。 なんでもかんでもYOUTUBEに説明がある。例えば、私がもっている音楽用のMIXERの使い方など、中学生と思えるようなアメリカ人が、使い方を動画でもって示している。 全部、無料だ。 試験の準備とかとは無関係の世界である。 ただし、英語ができないと参加しずらい。 もちろん、日本語の説明もあって、私は、剣道の防具の洗い方など、まだ試していないが、参考になっている。 それにしても、英語ができれば、世界のいろんな国のYOUTUBE文化から吸収することができるだろう。 見て学ぶということになるが、そもそも知識というものはそういうものだ。字というのは、他にコミュニケーションの手段がないから、字になっているのだろう。…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Skip to toolbar