プロチアリーダー 齋藤佳子さん 英語は喉発音、日本語は口発音の例

プロチアリーダー 齋藤佳子さんが以下で英語でインタビューを受けておられます。なんと、喉発音でいい感じの英語です!
単語と単語の間が少し離れ気味ですが、ゲロをする要領でつながえるとネイティブとほとんど同じでしょう。

以下はKENJIさんが、教えてくれたのですが、同じく齋藤佳子さんが、日本語を喋っているところ。

日本語は口発音。上の動画の声と、この下の動画の声を比べると、英語と日本語の決定的な違いが喉発音VS口発音であることがよくわかりますね!
アメリカでチアリーダーを目指すかたは、まず、英語喉をされるとよいと思いました!

齋藤佳子さんのサイト http://blog.goo.ne.jp/professionalcheerleading

英語喉オンラインサロン・コースへ飛ぶ

Related Articles

日本人が英語ができないのは有名だという俗説が本当な件

以下の文が目に止まった。 http://blog.goo.ne.jp/mit_sloan/e/ecbe8017fab3dbfbfbdbde32be846c2e 日本人が英語ができないのが有名なのは事実だ(上のかたの原因分析は間違いだ、、、文法がどうのこうのというレベルではない、、、英語を喉で発音しないと通じないし、聞けない、、、聞けなくて英語が喋れるわけがない)。

茂木さんの番組のプロフェッショナル 細野秀雄さんのが面白かった

昨晩、NHKを見ていたら、茂木さんの番組で、とても面白い人が出ていた。細野秀雄さんという科学者(化学者?)で、材料を研究している人。コンクリートとか。 http://www.nhk.or.jp/professional/backnumber/090526/index.html 普通は、茂木さんの番組は、根性論、精神論に傾いてしまいがちだと思う。そして、いかにただ働きが大切か、頑張ることが大切かが前面に来て、若い人が見たとしたら、逆に、困る方向に向かうメッセージが強い。さらに、がんばってもどうせそんな風にはなれない人ばかりでてくる。先週は、役人の人だったが、現在の日本で彼のようになれる人は大学の1,2,3年生ぐらいの人のなかで、運良く試験に通る人、また試験勉強をいとわない人だけだ。参考に全然ならない。(さらに、役人の人の活躍は分かるが、連日、日本列島を旅し、人(職人さんとか)を訪ね、情熱で人を動かすというが、税金がうまく効果的に使われているのか?評価はどのようにされているのか?情熱で動かすというが、それはよいメソッドなのか?精神論ではないのか?そんな楽しそうな仕事にに、皆が自由につけないとは、職業選択の自由の精神が泣くのではないか?)

Responses

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.