英語のバスドラを聞こう

最近、エコライザーを買ったので、音に敏感になっている。どんな音が出したいかのイメージがある。SKYPEから流れてくる相手の声を聞くと、SKYPEなので、たしかに電話っぽい感じで、ある周波数帯の音が弱い。そこを補正してやると、いいのかな~~などと色々考える。

自動車でサテライトラジオを聴くときに、イギリス発音か、オーストラリア発音かよく分からんが、Tが強調して聞こえるような英語を聞いていて、はっとした。ラジオなので、おそらく、声の音声が調整してあり、低音をたっぷりともなっている。音に明細さを足すためだろうか、、高音域も同時に強調されているので、Tなどの摩擦音的な要素も目立つ。

で、分かるのは、まるで、人工的に強調された摩擦っぽい音が、ドラムセットにたとえるとハイファットとかの音域のように聞こえる、、、それと全く分離した音域として、低い母音、いわゆる半母音などがくっきり聞こえてくる。

高域に集中すると、英語がさっぱり聞こえなくなる(これが一般の日本人が体験している一生英語が聞こえる気がしないという主観世界でしょう)。

ところが低音、音の深い部分に耳を傾けると英語が英語として100%聞こえる。

皆さんも、そういう観点から英語を聞いてみてください。

英語喉オンラインコースへ飛ぶ(ニュースレター登録をお願いします)

Follow me!

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

PAGE TOP