自分を取り戻す方法としての料理

喉セミナーご希望のかたは、メールでお知らせください。日にちと時間は2,3、ご希望を教えてください。こちらで調整します。

さ~て、始まりました~~。クッちゃんと喉やんの英語教室です。今日の表現は、WHAT TYPE OF MUSIC DO YOU LIKE?です。英語喉の225ページにある表現です。MUSICのところを色々変えて言ってみましょう。英語喉発音記号では、

W_-u_-T/T-AI-P/P-u_-v/M-IU-Z/Z-i_-K/D_-U-Y_/Y_-U-L/L-AI-K

(Lは本では小文字ですが、大文字のほうが見やすいので大文字にしました)

[audio:http://nippondream.com/eigonodo/wp-content/uploads/2011/08/kaz_08_04_2011.mp3|titles=kaz_08_04_2011]

直リンはここをクリック

さて、英語喉パラダイムにおいては、自分をいかに取り戻すかというテーマが大きなテーマだ。これを「ガイジンになる」と私は表すことがある。

一つには、多くの英語教育者や、どちらかというと保守的な論者達が決まって、英語は内容が大切であり、発音を極めようとするのは、邪道だ、、、あなたはガイジンに、あるいはアメリカ人にそんなになりたいのか?と問うことに対する、私なりの「カラカイ」、「おちょくり」である。

はい、ガイジンに私はなります。ただし、日本人である私がガイジン化してもアメリカ人にはなりません。日本人ですから。

過去の自分を写真で見たときに、そこには、やせこけた若者がいる。栄養失調のようであり。私は、以下のことを実践することでガイジンになることにしたのである。

角刈り+たんぱく質補給+懸垂+ネイティブの標準姿勢(英語喉29ページ参照)を保つ

なぜ角刈りなのか、なぜ懸垂なのか、などはすでに色々なところで述べている。

私にとって、ガイジンになるとは、本来の自分を取り戻すことである。

さて、私は、今日は料理に関してふれたい。うちは、健康ブームで運動がはやっているのだけど、この数ヶ月、私は料理を本格的に始めたのである。

それも、原始的なる料理を始めたのだ。どんなに原始的かというと、例えば、牛肉を買ってきて、それをフライパンに落とし、塩、コショウをするだけだ。

いや、本当にそれだけだ。それがきっと原始時代の食べ物だったと思う。

さて、英語喉が、いわば、従来の言語学、音声学に対するアンチテーゼだったと思うが、この原始的なる料理法は、料理にまつわる全ての言説への挑戦である。

我々は小さいころから、米をたくのでも、まずは、水につけて、何時間待てとか、炊き方にしても、最初はこうで、なかぱっぱだとか、色々聞いてきている。

実際、そんな方法で米をたくものなら、時間がかかってしょうがない。

そこで、私は、もっと原始的な料理法はないものかと考えたのである。日ごろから、ジーナが、強靭な体を作るには、肉を食うことが大切だと言っていた。

あるとき、ハンバーガーを作ってみたくなったので、ミンチを買ってきた。ジーナにアメリカ風のハンガーバーの作り方を聞いてみた。

日本だったら、醤油をいれるだの、パン粉を混ぜるだの、寝かせるだの、ということを私は想像する。

たまねぎを切って入れるというのもありえる。

しかし、ジーナが教えてくれた、最も正統的なハンバーガーの作り方とは、ミンチを手でつかみ、適切な形にして、フライパンに置くだけだったのだ!!!!!

な~~~んと豪快な料理法だろうか!!!!

そこで、私は、え?油は引くでしょ?と思い、オリーブオイルに手を伸ばした。

すると、そこで出てきたジーナの言葉、英語は以下のようなものだった。

Let it do its own thing. 肉が自分でそれなりに対処しますよ。

え~~~、オイルも要らないのか???

じゅ~~~と肉が音を立てると同時に、肉汁というか、油が出てくる、出てくる。その油が、オイルの役割をするのである。

そして、味付けは、なんと塩と胡椒だけだ。え~~、それでおいしいのか?と食ってみるのだが、これがうま~~~い。

料理時間はほんの10分だ。

そしてその10分のあいだに、私はインド米を水にぶちこみ鍋で煮るのだけど、これが本当に10分程度でできてしまう!

日本米を炊飯器でたくなら、少量でも30分ぐらいは’かかるのに~~~。

試しに日本米を同じやりかたで鍋で炊いてみた。すると10分でできあがったのである。今まで、炊飯器をつかわないといけないと思い込んでいたのだ。

なんたる原始的な料理法なのか。そして、たんぱく質はたっぷりである。これに懸垂を加えると、筋肉がつく、つく。

運動を全然していない白人レベルの体には到達している。

日曜日にスーパーに自動車で行くのだが(そのスーパーはホールフーズという名前だ)、買い物法も、料理法にあわしている。

パックを買うのである。ステーキのパック(月曜日用)、豚肉のパック(火曜日用)、しゃけ(水曜日用)を一切れ、チキン(木曜日用)のパック。どれもこれも、一回の料理でフライパンにぶちこむサイズだ。

たんぱく質がよくとれるぞ~~。どれもこれも、ただ単に軽く、塩コショウである。

料理時間は10分程度。野生の匂いがするのか、うちの犬が、料理中さわぎまくるのである。

これこそ、野生の料理である。

今までの自分は、料理の言説にとらわれすぎていたのである。タレがどうの、しこむがどうの、「ねかす」がどうの、味をしみこますがどうの。

しかし、よく考えてみると、もう肉自体がうまいじゃないか?

実はさっきも、シャケを食ったのだ。うまい、うますぎる。

これこそが狩猟時代の食生活だ~~~。自分で自分が食っているものが何か分かる、そしてそれもシンプルな食材だ。

これこそ、自分自身を、「食の言説」から解き放つ方法なのだ。

週末はさすがに、レストランに行ったりしています。

さて、このBLOGも影響力を持ってきている。実は、私の影響を受けて(?)PROJECT Xさんが角刈りではないが、ボウズ頭にして、なかなか似合っているというのである。前に教えた人が、懸垂用の道具を買ったと言っていた。

たった数人程度だけどね。

原始的な料理ぜひ試してみてください。

あれ~~、今気づいたけど、PROJECT Xさん、英語が文句なしに国産ネイティブになっているではないですか!!!

おめでとうございます!こちらをクリック!

http://pr0jectx.blog.fc2.com/blog-entry-9.html

 

 

Related Articles

バハマから帰って来ました

バハマから帰ってきたと、電話で母に言うと、パナマ?とか言われたのですが、バハマです。 アメリカから見ると、イギリス領なので外国のはずなのですが、米ドルが使えました。さらに、現地通貨は、完全にドルと一致しているみたいでした(1ドル=1ドル)。 http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 景色はとってきた写真をごらんください。天気はまずまずでした。太陽がすかっとでているときは、海の色がバスクリンをいれたお風呂みたいな色になって気分がよい。これが一番大切だから、曇っている場合は、運が悪かったと嘆いてしまう。 これに写っている海で、スノークリングをしました。日本語では水中遊泳でしょうか?水中眼鏡と、パイプみたいなのを口に加えて、泳いでいる魚や、さんご礁の(劣化したようなもの、、、)を見て楽しむのですが、これは、私はかなり楽しいのです。 珍しいものとしては、エイというのでしょうか、泳いでおりました。ジーナはバラクーダをみたそうです。バラクーだは、水面近くを泳ぐそうですが、私は真下ばかりにとらわれていたので、見えませんでした。 (歩き方で分かるのですが)日本人らしき女性が二人いたような、、、。 これは、そのあとで、船に戻っているときの写真です。ちいさな船で、母船から、ある小島に行ったということです。 客船のたびは、4泊でしたが、一人、2万円程度です。食事などを含めてです。ただし、チップ代などを含めたり、ビーチでのツアーという感じの企画のお金を含めると、一人、4,5万円ぐらいまでなると思いますが、本土で、ニューヨークでホテル一泊するだけで3万円ぐらいかかるので、客船のバケーションが一番格安じゃないかと思います。 英語ではクルーズと呼びます。 これは、二つめに寄った港で、NASSAUということろです。 「かや」と呼ぶのでしょうか。英語ではストローですが、それで作られた手芸製品が有名みたいで、私たちも、おみやげを買いました。日本の家族に来週送る予定です。 現地の言葉は英語と、あとクレオールだと思いますが、店員さんたちが喋っていました。 残念ながら写真のとおり、曇りがち、、でした。 クルーズは3回目なのですが、今回は、フロリダから出発しました。DCからフロリダに下ること自体、2日かかりました。15時間のドライブです。全部で、1800マイルぐらい運転しました。日本縦断以上なのでしょうか???時速はだいたい70マイル(100キロぐらい)でした。うちのはダッジ車です。運転していると他のダッジ車で同じ機種に乗っている人達が、手で合図して挨拶してくれます(これはDCにいるときも同じ)。あるとき、ま~~たく同じ色の自動車が駐車場で止まってましたが、わざとジョークで、となりに、とめたのだと思います。 <タイヤが太めでしょう。日本でありえるのかわかりませんが、私の住むバージニア州では、冬の雪が降る時期、突然、高速道路のどまんなかに、子供の頭ぐらいの穴があいていることがあり(POT HOLEと呼びます)、カローラとかのタイヤの太さだと、こぽっと、一部、はまってしまうことがあります、、走行中にですよ、、、というか、実際、やられて、以前乗っていた、カローラの修理費に4万円ぐらいかかりました(90キロぐらいで走行中に、突然、穴に落ちるわけです。非常に危険です。今は、太いタイヤで安全度が増したと思います。> うちからだと、まず出発のバージニア州、次がノースキャロライナ、サウスキャロライナ、ジョージア、、、そしてフロリダ州です。 ほとんど民家がないようなルートでした。 サウスキャロライナあたりになると(いや、そこまで行かなくてもですが)、ガスステーションなどでトイレ休憩するときに、「このあたりでは、ちょっと気をつけないと」という気分になります。 それは、人種混合カップルに対する容認度が低いので。 日本では、「国際結婚」という言葉を使い、少しファッショナブルな感じですが、アメリカでは、「人種間」という言葉を使い、やや地味な感じがしますね。 ただフロリダあたりになると、いろんな州から人が集まっているので、気にならなくなりますが、フロリダは、引退して引っ越してきた老人の割合が多いので、運転に気をつけます。 クルーズでは、半分ぐらいが、アルゼンチンの若者たちでした。なにかの企画だったみたい。みんなが同じ顔に感じられてはっとしたのです。よく外国人が日本人がみな同じに見えるといいます。 あれは、アメリカが特殊なのだなと。この国はいろんな人種がいるし、白人にしても、色々です。…

ビーチに行っていた

同じ州内のビーチに行っておりました。波が荒かったのですが、あまり深くないところで、波に向かって飛びこんだり、乗り越えようとしたりで遊びました。イルカが30頭ぐらい100メートルぐらいの沖に出没していて珍しかったです。 カリブ海などに比べると、海の色は青くはありません。 それでは音声で。 [audio:http://nippondream.com/eigonodo/wp-content/uploads/2011/09/kaz_09_07_2011.mp3|titles=kaz_09_07_2011] 直りんはここをクリック。 ところで録音にはオリンパスのボイスレコーダーを使用しだしました。利点は、しゃべりながら(しゃべるのと同時に)自分の声をイヤフォンで聞けるので、自分の声をモニターできます(これは珍しい機能じゃないかな?)。MP3対応で、簡単にPCに取り入れることができます。にょき!とUSBが飛び出してくるので、ケーブルもいりません。もちろん、持ち運べるのでどこでも簡単に録音できています。 FMも聞けるので、セミナーの最後に生徒さんに英語を聞いてもらうのにも役立ちそうです(週末セミナーに興味があるかたはメールください)。 日本では製品名など分かりませんが、アメリカではOLYMPUS WS 710Mです。以下はアマゾンへのリンクです。お勧めします。 http://www.amazon.com/Olympus-WS-710M-Digital-Recorder-142635/dp/B003VWU158/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1315428075&sr=8-1 ところで、ワシントンDC地域の人のセミナーのために生徒募集の音声もとりました。 [audio:http://www.nippondream.com//wp-content/uploads/2011/09/eigo_hatuson.mp3|titles=eigo_hatuson.mp3] 直リンはここをクリック。 NHKわお(NHKワールドのこと)英語もとってみました。実際、この英語では通じないと思うのだが、、。国家の威信、品格のためにも、直接指導をさせてください。NHKさん、お願いします。このままでは、日本の男のイメージが落ちるばかりです。 [audio:http://nippondream.com/eigonodo/wp-content/uploads/2011/09/nhk_09_07_20911.mp3.mp3|titles=nhk_09_07_20911.mp3] 直リンはここをクリック。  

クッちゃんと喉やんの英語講座

喉セミナーご希望のかたは、メール(question AT estat.us)でお知らせください。ご希望の日と時間帯を2つ,3つを教えてください。こちらで調整して返事します。 クッちゃんと喉やんの英語講座 今日の表現は、英語喉246ページにあるWhat’s your major?です。MAJORの部分を色々変えて練習しましょう!英語喉発音記号だと。 W_-u_-TS/Y_-O_-r_/M-eI-J/J-E_-r_ です。 [audio:http://nippondream.com/eigonodo/wp-content/uploads/2011/08/kaz_08_05_2011.mp3|titles=kaz_08_05_2011] 直リンはここをクリック。 クッちゃんと喉やんの発想がどこから来たのか今では定かではないのだけど、自然と発生してしまった。だって、私はそもそも日本語は口発音だ。英語は喉発音だ。その区別を示そうとしているうちに、クッちゃんと喉やんが、自然発生してしまった。 ユニークな存在なのか?なんて思っていたのだけど、すでにNHK INTERNATIONALでやっているではないか。いわゆる帰国子女アナは、喉やんだ。国内派のアナはクッちゃんだ。 悲しいことに、クッちゃん派は、絶対にアンカーになれない。常に、特派員でしか登場しない。 実際、英語の発音が異常なほど下手クソである。NHK WORLDという言葉でさえ、言えないほどで、えぬえちけ~わあで特派員がレポートを常にしめくくる。 まるで、全国で最も発音が下手なレポーターを募集したかのようである。いや、運用能力がある人達ばかりなのに、なぜ例外なく、発音が異常なのか?これは、きっと「研修」でそうなっているのだと私は思う。じゃないと、ここまでシステマチックに悪くならない。 わあ? WORLDと言いたいのだけど、Rのところで喉の奥が閉まっているので、そのあとにくるLとDは単に、口の中の舌を口の屋根につけるだけ。喉が絞まっているので音がでない。 だからWORLDなのに、わあで終わる。 これは個人の資質ウンヌンの話ではないし、「馬鹿にしているのか?」という話でもない。ただ、単に、物理的な現象として、喉のあたりがしまり気味になっているということだ。水道も栓が閉まっていたら水が出ないが、喉だって、奥のところが閉まっていたら息・音がでない。 俺は、クッちゃん派にも、NHK INTERNATIONALでアンカーを務めてほしいと願っているのだ。喉やん派は、このように写真で紹介されているほどヒーロー扱いであるのに。 なぜあそこまで下手なのかには理由がある。それは、カタカナ英語は喋りたくないということで、舌の位置を厳密にしようとするのだろう。すると、完全に喉がしまっているので、カタカナ英語以下になってしまうのじゃないか。 カタカナ英語は少なくとも日本人としての威厳がある(?)。…

Responses

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. カズ先生、こんにちは。日本は今日は久しぶりに、全国的に晴天のようです。
    ところで、What type of ~ のお間違いではないですか?

    いやはや、アメリカの料理が大雑把で不味いことは、昔から噂では聞いてましたが、やっぱりという感じであります。
    そういえば、アメリカは世界一の超大国のはずでありながら、アメリカ料理なるものを、ほとんど聞いたことが無いのは無理も無いか?
    日本の料理学校にて、正式にアメリカ料理と言われている物は、クラムチャウダーだけのようであります。ハンバーグは、料理の範疇に入らないらしい。
    日本人の体質には、動物性のプロテインの採りすぎは毒になりますよ。植物性の特に大豆系統が良いが、ただし、筋肉を太く早くするには、動物性が効果的らしいです。
    私は昔、筋力トレーニングを続けていたときは、大豆プロテインを飲み続けていました。確かに筋力は付きましたが、外見上はボディビルダーのように格好よっく筋肉モリモリのマッチョマンにはなれませんでした。ボディビルダーは、短命の人が多いので、真似をしたくありませんでした。
    しかし、カズ先生は天下一品がお好きのようですから、肉食が向いているのかもしれないね。私は昔、最初にあのラーメンを食べたときに、少し吐き気を催しました。元々が九州人なので濃い味の物が好きですが、あれはやり過ぎだと思った。京都人は、一般にあのような濃い味が好きなのかもしれないが、私とは人種が違うのかな? 大阪人のような関西人は一般に、薄味の物が好きだが、京都人は関西人の一種ではないのかな? それとも、京都人は長年の怨霊に祟られた影響で、ドロドロした濃い味の物への嗜好が、精神的にも肉体的にも強いのかな?

    ところで、最近感じる英単語発音のシラブルについて、新たに質問させてください。
    power, hour, tower などの a_U を母音とする単語は、後にw_ が自然に生じるせいか、2拍になってしまうような言い方をするアメリカ人も多いように感じます。
    私もときどき、そんな感じで声が出ることがあります。
    元々は1拍の単語ですが、上のように2拍で言っても問題ないのでしょうか?
    イギリス人の場合(特に英国放送などのRP発音は)母音を、a_w_ のように言うみたいで、確かに1拍のままですね。

    その他に、fire, hire などの母音が AI の単語の場合も、自然と後に半母音・幽霊子音の Y_ が軽く出るせいか、2拍で喋っているような感じのアメリカ人がいるようですね。
    私の場合は、最近はほとんど喉下で Ai_ と声が出るので、1拍のままですが。

    以上、よろしければ、ご返答お願い致します。

  2. Kazさん、国産ネイティブ宣言ありがとうございます!本購入以来、まずは国産ネイティブを目標にしていたのでとてもうれしいです。ただ、日によってはうまくできたりできなかったりと不安定なので、Kazさんの「テクマクマヤコン テクマクマヤコン えいごのどにな〜〜れ」くらい瞬時に口⇔喉を切り替えられるようにこれからも精進します!

    あと料理の話ですが、私もここ1、2年、塩コショウ派なんです。おいしいですよね、なんというか肉だっただら肉、魚だったら魚の素の味がして。牛ステーキは塩コショウで焼き、食べるときにわさびをつけて食べるととても美味しいですよ。私は今これにはまっています。

  3. PROJECT Xさん、国産ネイティブおめでとうございます。ちなみに、長崎の雨さんもコメント欄で絶賛されていました。私はもう最初の文の出だしを聞いただけで、もう充分でした。そんなものです。というのは喉発音は、この音のときはいって、この音のときはいらないというものではないので3秒聞けば、充分です。いや1秒かもしれません。

    近所でたまたま日本人っぽい人が歩いていたとします。HIとか私がぼつっと挨拶して、相手が、HIと、本当に1秒もないような発声だけで、「あ、日本人じゃないのか」と分かるほでです。

    料理のほうですが、塩コショウ派が長いのですね~!びっくりです。

    よく、「だしが肉にしみている」とかいいますが、そもそも肉がうまいわけだから、だしがしみるとかどうのこうのというのは心配しなくていいのだなと思います。

    あと塩コショウって結構、塩分の料すくなくていいような感覚があります。

    だた、ミンチの肉をかっていためるとかなり、こってり油がでます。でもステーキではそれほどでません。あの違いは何なんだろう、、、。

  4. アメリカの料理は大味と言うことがありますが、アメリカの料理は、いろんな国、文化の料理がアメリカ料理だと思っています。そう考えると、とってもおいしいと思えるようになりました。例えば、タイ料理だって、アメリカ料理だと考えています。

    >power, hour, tower

    あれ?これらって2シラブル語じゃなかったんですか?そう発音していましたよ。どっちかな~???

    ところで、HEREとかってアメリカで1シラブルだけどイギリスだと2シラブルみたいに発音してますよね。

    ちょっとお医者さんにいって、コレステロールとか血圧とか、新しい食生活の相談をしてこようと思います。

Skip to toolbar