ちょっとだけ難しいほうを選ぶという流儀

今日のトピックの一部を読みながら、即興英語で言ってみました。

http://www.nippondream.com/file/kaz_08_03_2011.mp3

[audio:http://nippondream.com/eigonodo/wp-content/uploads/2011/08/kaz_08_03_2011.mp3|titles=kaz_08_03_2011]

実は、数ヶ月前から書いて見たいトピックがあった。それは「ちょっとだけ難しいほうを選ぶ」ということについて。

その前に、新しいコーナー、「アメリカで見た漢字の刺青(いれずみ)を報告する」です。米国コンサルタント会社勤務の日本人サラリーマンのuさんが、昨日、通勤のため電車に乗ったところ、目の前の黒人青年の左腕に以下の刺青をしているところを発見しました。

「恐い」

なぬ~~??「恐い」と書いてあるのです。おもわず、じ~~~と見てしまいました。

アメリカ人が漢字で刺青を入れているのは普通ですが、普通は、漢字だけです。例は新活とか、わけのわからない組み合わせですが、uさんは、普段だと「日本語だと意味を成さないけど、たぶん中国語であるのかも」と納得するのですが、今回は

「恐い」

と、どう考えても日本語の「い」が書いてあります。

「すみません、その(恐い)という言葉の意味をあなたはご存知なのですか?もしかして、あなた、俺は恐ろしいぞ~という意味でそれ彫りました?じゃなくて、恐いは、scaredと言う意味ですよ。あなた、もし日本に行ったら、周りに大笑いされますよ。それでもいいのですか?あなたは、恥をさらすことになるんですよ」

とuさんは、心のなかで言う練習をしましたが、その青年がちょっとだけ恐い感じがしたので、実際には言いませんでした。

uさんが、よく見る漢字の刺青に「力」があります。しかし、uさんには、まず、それはカタカナの「カ」に見えてしまうのです。「ちから」じゃなくて。でも、この場合は、中国語とすれば、「力」以外の何者でもないですから、納得が来ます。

以上、「アメリカで見た漢字の刺青(いれずみ)を報告する」コーナーでした。

さて、ちょっとだけ難しいほうを選ぶという流儀ですが、何かをするときに、二つ選択があるとすると、ちょっとだけ難しいほうを選ぶとうまくいくのではないかということです。

私は、これを実践しているのです。というのは、人生を振り返ったときに、楽なほうばかり選んだのではないかなという思いがあります。ただし、楽なほうは、世間的には、大変だと思われていることが多い。

例えばですが、「暗記」というのは、世間的には、楽じゃないと思われている。でも、実際は楽です。考えなくてもいいから。逆に難しいことというのは、例えば、英語だと、ネイティブと喋りながら頭のなかで文法や語彙を自分のものにしていくことです。

これは、ちょっとだけ難しいでしょう。勇気がいりますし、本当に使える表現を自分で選ぶ必要があります。

中学校のときに、級友にたたかれていたことがあります。小学校のときから、いきなりたたいてきたりする人がいたので、その延長でした。

しかし、それは、小学校のときからよく知っている級友です。中学校で、他の地域の知らない生徒がたくさん集まったわけですけど、やはり叩いてくる奴がいるのですが、その場合は、「なんでお前にやられる筋合いがあるのか?」と思いますから、まず叩いてきた段階で徹底的に反抗が起こります。

いじめっ子達は、たたいたときに、反抗するかをチェックしているのです。

大学の1年生のとき、知り合ったばかりの級友が、会うたびに「巨人の桑田に似ている」と言ってくるのです。からかう感じで。そのときは、彼の胸倉をつかんで、ぶち切れてしまいましたが、それで、彼はそれを言うのをやめました。お前のことあまり知らないのに、なんで、そんなに大きく出てるの?という疑問だったのです。結構、楽でした。全然、勇気がいらなかった。一発でカラカイが止まりました。全然勇気がいらなかった。しかし、これが正しい行動だったのかな~~。疑問が残ります。

小学校のときからたたかれている場合ですが、これは反抗しないほうが、楽だったのです。その人には、家などの位置も知られているから、まちぶせなどされたら終わりです。だから、その場をしのぐために、がまんする。

がまんするというのは世間的には難しいと思われているけど、実は楽なのです。短期的にはね。

しかし、知らない奴がたたいてくると、これはその場で反抗するほうが、楽です。ほっておくと、大変なことになるでしょう。

そんな感じで、とにかく、楽なほうを楽なほうを選んでいました。

しかし、ちょっとだけ難しいことを選ぶ、勇気を出すというのが本当はよいのではないかと思うのです。

バミューダに行ったとき二つの経験をしました。

一つは客船に、ロッククライミングみたいな壁がつくってあって、それに挑戦したのです。実は2度目の挑戦でした。12月にカリビアンに行った時も全く同じ船でしたが、壁の上まで到達できませんでした。

5メートル程度の壁をヘルメットをつけてのぼります。途中で、絶対もうだめだと思いました。やめたほうが楽だと思いました。でも、係員の人が、絶対いけるから、がんばれ、赤の石を握れ!と言うのです。

腕力の問題ではないことは、説明を受けて分かっていました。子供でもできているのですから。大切なのは足です。足でぐいと体を上げます。

赤の石は確かにちょっと上にあったのですが、私の視点からは、それをつかんだら落ちてしまう、、、と感じたのです。

でも、それは目の錯覚。そこでギブアップするのは簡単でしたが、ちょっとだけ難しい選択として、実際に、つかんでみる、、、ということをやってみたら、なんとつかめて、その後はすいすいと、述べれて壁の上までいけたのです。

充実感がありました。ジーナも喜んでくれました。

それから、なんとピンクの砂浜に行ったのです(存在するのです)。砂がピンクっぽいのです。

写真はこんな感じです。

そこで泳いでいたのですが、岩などがとてもいりくんだような場所がありました。以下が写真です。

水に入ってみると、ちょっと先に行くのが恐い感じでした。

恐いけど、ちょっとだけ勇気を出して、ジーナと一緒に、岩のあいだを泳いでみました。すると、勇気を出して、恐いけど、やってみたことを、とっても楽しく感じたんです。岩場はぬるっとします。ちょっと上がって見ました。

すると目の前に、外から見えなかった小さな砂浜が現れました。そこに行ったら、音が急に静まり返ったんです。それまで、波の音がざわついていたのに。周りは岩の壁です。足もとは砂浜です。ちいさな空間でした。

ちょっとだけ勇気を出すっていいなと思いましたよ。

振り返ったとき、人生の選択はいつも楽なものばかり選んだように思います。

小学校、中学校の教育のなかで重んじられたことは、全て楽なことばかり。とにかく、暗記する、とにかく挨拶する。とにかく、机に向かう。とにかくクラブ活動をやめない。とにかく静かに聴く。頭がいりません。楽なことばかりです。

それらのことは、世間では、難しいとされているようなことです。

世間で、素晴らしく難しいとされていることは、実は、楽なことばかりじゃないでしょうか?

実生活では、例えば、こんな感じで実践しているのです。例えば、なにかの請求書が間違いがあるとして電話します。すると、相手が融通がきかないときがあります。ここで、こちらがぶちきれるのは、逆に楽なことです。口発音のときは、それをよくしていました。しかし、そこで、あえて、ちょっと難しいと思われることをするのです。ユーモアを加えながら、冷静に相手を説得します。結構、相手が、話を聞いてくれて、うまくまとまることがあります。

運転だって同じです。ぼけ~~~と運転するより、周りを意識しながら運転するほうが、少しだけ難しい。だから、気をつけて運転します。

買い物も同じ。服が2着あるとする。すると、慣れている色を選ぶほうが楽です。でも、あえて、勇気を出して、ちょっと違ったのを選ぶと。

英語の勉強法でも同じです。よく、文法を学べとか語彙を学べとか言います。でも、それは実は楽なことじゃないでしょうか?やっているつもり、勉強しているつもりにになれます。楽です。

皆さん、勇気を出して、ネイティブと会話してみませんか?

まだ中学生ぐらいならば、勇気を出して、いじめっこにnoを言ってみませんか?

逃げないで、たたかれているのは、それは逆に楽じゃないですか?ちょっと勇気を出しましょう。

いや、単に逃げてみませんか?

逃げることさえ、しなくなってしまう。これが完全なる草食動物化でしょう。

逃げない、、、というのは、世間的には「がまん」ですから、価値のあることとされていますが、でも、それをしているのは、そっちのほうが短期的に楽だからじゃないでしょうか?

日本では、一度始めたら最後までと言う言い方がありますが、あれは、実はそのほうが楽なのじゃないかな?

というわけで、私は毎日、肉、食って、懸垂しています。筋肉がついてくると、なんとなく、ちょっとだけ難しいことに挑戦したくなるのです。

明日は料理について書きます。

 

英語喉オンラインサロン・コースへ飛ぶ

Related Articles

英語喉セミナーの報告(豊富な音声サンプル!)

さて、日曜日は剣道の日なのですが、足が痛くて痛くて、、、やってみて分かったのだけど、テクニックとか、疲労のコントロールだけでなく、足や手が痛くなります。1週間前に、何十回も切り返すをするタイプの学生リーダーの鬼のような練習の後、足が痛くなりまして、それ以来、その痛みがとれないままで練習というのは辛い。

Responses

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. カズ先生、こんばんわ。
    日本は最近は、不安定な蒸し暑い日々が続いております。
    先日の当ブログに書いていらっしゃいましたが、アメリカとイギリスの英語で、アクセント(強勢)の位置が違う使用頻度の高い単語を思いつきましたので、以下に少し書きます。

    (1)アメリカ英語では、アクセントの位置が2カ所ある(第二アクセントまである)単語
     administrative, communicative, dictionary, library, necessary, particularly, probably, ordinary など

    (2)アメリカ英語とイギリス英語でアクセント位置が違うも
     adult, aristocrat, ballet, caffeine, controversy, debut, princess, garage など

    詳しい辞書の発音記号などで、お調べください。
    と言っても、こんなことを、英米人は意識しているのでしょうか?
    我々日本人も、意識する必要があるのですか?
    あるとすれば、日本における英語テストのアクセント問題は、どうなる・どちらに合わせるのかな。

    以上です。ではまたね。お休みなさい。