上のレベルに移行できたような気がした

typing.JPG

先日、他の会社に提出しなければいけない仕事で英語を書いたが、そのとき、文法を間違っていないだろうかという心配はあったが、ある程度自信がついたので、ネイティブチェックなど頼まずに出した。それは合格、不合格にかかわるものだったのだけど、無事に合格することができた。

ある意味で自分のキャリアにおいて、上のレベルに移行できたような気がした。

気がつくと、周りのノンネイティブはノンネイティブなのに、堂々と英文を書いていたように思うが、私はさすがにTHEの使い方に悩まされてきた。

が、最近、THEの使い方が大体分かるようになったし、文法もあまり間違わないようになった。間違っていても、後で読んだら分かるというレベルになったようだ。前から書いてはいたが、THEの使い方など100%あっていると言い切れないところがあった。

ところが最近、自分で文法があっているかどうかが、だいたい分かるようになった。

一つは喉がきっかけである。英語発音だけでなく、英語力が全体的に上昇した。観察力がついたという言い方がよいかもしれない。周りのネイティブがどんな英語を喋っているのか、書いているのか、、、というようなことを観察できるようになった。

非常に細かい例ではあるが、メールで

HI ROB、

というときに、打つコンマの位置は上に書いたように名前の後である。これは、人から来るメールで誰もがそうしているから、私もそうしているのであるが、前はHIの後に打っていた。そもそも、他の人がどんなに書いているかな、、、なんていう視点がなかった。

やはり英語をある程度努力して喋っていたから、努力にエネルギーがとられていたのだろう。今は、喉のおかげで英語を楽に喋る、楽に聞く、楽に扱う、、、、ので、人の英語の使いかたを客観的に観察するという態度が生まれた。

喉は単なる発音と聞き取りの本ではない。英語力を全体的に伸ばしてくれるのだ。聞けて言える、、、から周りを観察できる。観察に基づいて、英語も伸ばしていく。

英作文の本で英語のライティングを伸ばすというのには限界があると思う。

Related Articles

フランス語が内容をともなって頭に飛び込んできた 感動

広島の人が、アメリカの核実験に抗議して、、、うんぬん、、、という話をAMラジオニュースで聞いた。 何が、感動したかというと、私はこのニュースをフランス語で聞いたということだ。ラジオをつけた瞬間、え?フランス語ってこんなにのろまだった?と感じた。あ、これは男性のアナウンサーがたまたまゆっくり喋っているのではないか?と思ったが、女性キャスターに代わってからも、フランス語はノロマなままだった。 しんいちろう いしはら という名前が聞こえて、あれ?日本関連だと思っていたら、急に、意味が飛び込んできた。 広島のなになにさんが、アメリカのオバマ大統領に、核実験に反対して、、、うんぬんうんぬん と。 感動だ。 最近、土曜日に教え始めて、あるかたが、メールで、シラブルのボンボンが全く意味が分からないとおっしゃっていらい、工夫しないといけないと思い、拍手をシラブルに合わせてしてもらう方法をやっている。 いや、拍手の方法は前からやっているが、具体的に、日本語と英語のスピードを比べてもらうのが目的だ。 まず日本語で、やってもらうと、日本語のシラブルが速すぎて、手がついていけない。 ところが、英語でやると、シラブルが結構、遅いので(のろまなぼんぼんぼん、という感じ)、余裕でついていける。 そういう教え方を始めて、セミナーは2時間なのだけど、最後で、あ!聞ける!と感動してもらえる確率がぐーんと増したのだ(ちなみに、受講料は、効果があったときだけと御願いしている)。 で、頭のなかで、あ、バスケットボールをつきながら、自己紹介してもらったらどうだろう。まずは、日本語で、、、無理。速すぎて。英語は、ボールをつきながら、シラブルのリズムを合わせて自己紹介は可能。 HELLOはHEL-LOで、ボールを2回つく。 そんなことを頭の中で想像していた。 そういうなかで、今朝、フランス語のラジオを聞いたら、フランス語がものすごくのろい。 のろい。のろい。のろすぎて、亀のようだった。 すると、意味が飛び込んできたのだ。 そもそも、英語がのろいというテーマは、NKJMさんが英語喉の感想で、TOKYOを外人が発音したら、やたらのろまに聞こえる、、、という話から始まったのではないか。 NKJMさん、ありがとう! ちなみに、TOKYOが、やたら間延びして聞こえるのは、直接の原因は、KYのところをどう発音していいか分からないので、一つ、シラブルを足す、、、という、ちょっと例外的なことが起こっているということもある。それにしても、やはり、西洋言語は遅い。 というか、シラブルに音を2個つめただけで、発射可能になる日本語こそが、機関銃言語なのだ。 他の言語は、3個詰めるので遅い。 こんな説明をしてみた。 *** そもそも、シラブルを無視して聞いていると、例えば、「first of…

なぜ知っている単語でも、聞き取れなかったのか(過去形 喉革命以前)

西洋人が「すし」という単語を知っていて、「好きです」という単語をしっていれば、「すしがすきです」という文章を難なく聞き取ることができる。  ところが日本人は単語は分かっていても、文章となり、聞き取りとなると、聞き取れなくなる。耳に音として入って来ないのだ。  これは3ビートのせいである。  例えばである。ISという単語は誰でもしっているはずだ。ところが主語がKAZかKENで、ISの聞こえ方が、喉革命を経験していない日本人には、変わってくるのだ。  KAZ IS、、、 だと、KAZ-ZISとなる。 KEN IS、、、だと、KEN-NIZとなる。  子音が前のシラブル(KAZあるいはKEN)から借りてこられコピーされるのだ。ZIZとNIZでは、全然違うのだから、ISを期待して聞いている耳には、聞こえてこない。  ところが、3ビートを知ると、耳が3ビートを期待して音を聞くようになる。もちろん発音するときも、3ビートで喋るから、3ビートを期待しているネイティブにも通じる。  聞けて言える、言えて聞けるという状態のなかで、どんどん英語を喋れば、ものすごいスピードで英語ができるようになるのだ。      ヨーロッパ言語の話者は、自分たちの言葉を喋るときでさえ3ビートなので、英語を勉強するときに上のことを知る必要はない。 英語だけではない。英語喉を通過すると、他の言語、例えばフランス語、ロシア語などでも、意味は分からなくても、ある程度の正確さをもって、言われたことが繰り返せるようになる(書けといわれれば、書ける感じ)。

英語を喋ろう 本当の基本とは

基本をしっかりと、、というと、日本人は、机について勉強して、基本的な文法項目や語彙を覚えるとか、そういう風に考えがちだが、やはり英語の基本は、会話をすることではないだろうか。さらに「会話」自体の基礎は、相手をよりよく知ったりとか、対話のなかで情報を得て、深い理解をしたりとか、、、。 会話というのは、本当に勉強になる。前にも書いたかもしれないが、スペイン語を会話のなかで学んだ。実際、文法の本とか持っていない。文法を本で学ぶんじゃなくて、会話から抽出したのである。あるとき、スペイン語話者の家に下宿していて、洗濯物をたたんでいると、「たたむ」というときに、ある動詞が出てきた。ちょっとそれがなんだったか覚えていない。で、週末に買い物にスペイン語の家族を連れて行ってあげているとき、自動車でUターンしてくれとスペイン語で言われたのだが、その時の動詞が洗濯ものを「たたむ」という動詞と一緒だった。へーえ、そういえば、イメージ的には同じだなあ、、、と思った(これは以前書いた覚えがある)。 そういう非常に根本的な経験を通じて、人は言葉が使えるようになっていくのではないだろうかと思う。 そういう経験をするには、英語会話ができる環境を探すことではなかろうか。できるだけ自然な環境がよいので、ネイティブの友人ができるばベストではなかろうか。 いや、そういわれても英語がわからんとおっしゃるかもしれないが、どこかから始めないといけない。私だって、大学時代、アメリカ人の隣人の集いに行ったら、ある人が連発していたNO SHITしか聞き取れなかった経験がある。 日本でお会いした人のなかで、英語ができるだけでなくて、英語で社交ができる、心が通じる、笑わすことができる、、人に4人ぐらいあった。これは、語学ということとは独立して、ある才能?を持っておられるのだろうか。全員が全員、英語力が上の上ということではないのだが、楽しい会話ができるのである。 よく発音より内容だという人がいるが、あの2項対立は間違ったものだと思う。発音と内容は、そもそも全く関係ないものだからだ。さらに内容は、個人個人が分野は違うだろうが、誰でも持っているものだ。日本の歴史は知らなくても、日本の漫画ならなんでも知っているという人はいるだろうし、そいういう人のほうが、日本について語らせたら、ものすごく面白いかもしれない。 正しくは、発音VS社交性(あるいは英語VS社交性)ではないかと感じた。発音ができても、あの人は、社交性がないわね、、、という言い方なら、悔しいけど当たっているのかもしれないと思った。(ただし、こういう語り口は、人々が競争している、お互いを常に批評、という感じがするので、好ましくない。) 社交性という言葉ではとらえきれない。英語ができるからというのではなく、心が通じ合えるようなコミュニケーションがとれる、、、ということだ。 準備できるものではない。自然に、その場でわきあがってくるようなものだ。 ちなみに、私は、これは得意なほうではない。 日本の文化は(と言い切ってしまったは語弊があるが)、準備の文化のように思う。例えば、多くの発音本は準備の本だが、準備に異常に時間がかかってしまいそうに思う。 喉パラダイム的には、本を始めたのと同時に、会話、というか社交?コミュニケーションの世界に飛び込んで、言語とか文化のなかで、学びはじめるとういのがよいように思う。 人や、異文化との対話のなかで自分や自分の文化が分かってくることがあるように思う。それは、きっとどんな仕事をするとかそういうことも助けるのではないかな  、、、と、てっちゃんのBLOGを読んで思った。てっちゃんがなにがやりたいか分からんと書いていたので。 何がやりたいか、、、というのは、結構、分からないものだ。それが普通だ。将来何をしようと悩んでいる人が考えると役に立ちそうなVARIABLEは、 1)自分が何が得意? 2)労働市場は何を求めている? の二つを捕らえることではなかろうか?そして、(1)と(2)を考えるときに、他の人にはできなくて、自分ができる非常にユニークなことってない?と考えるのはどうか。言い換えると自分の「ニッチ」は何か、どこか?を知ろうとすること? また今度詳しく書きます。

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. お世話になります。

    「英作文の本で英語のライティングを伸ばすというのには限界があると思う。」という今回最後のお言葉は、全くその通りだと思います。私も含めて、英作文の解説書を読んで英文を書いた経験のある人は、これで学べるのは形式的な記述方法の部分と紋切り型の表現だけであると知っています。紋切り型の表現に頼ると、つまらない文章または意味不明な英文になってしまいます。
    従来の日本人の書いた英作文向けの文法も、あまり信用できないのではないでしょうか? たとえば、「私にはプロテイン(タンパク質)が必要です。」は、”I need the protein.” だそうですね。私は、冠詞を’a’に間違えたことがあります。冠詞の使用法は、’a’を前に付ける名詞は「たくさんある物の内の1つ」であり、’the’を付けるのは「特定の1つを示す物」だと英作文の教科書で学びましたが、確実なルールではないのでしょうかね?
    本当の正確な(国際的に通用する)英文ライティング力を伸ばすには、どうするのが効果的なのでしょうか? 喉発音ができるようになって、ヒヤリングなどが楽になると、形式的な文法を越えて、現代の実際に使用されている英文の構成やチャンク・例文などが分かるようになるということでしょうか?
    現実的に考えれば、英作文力もスピーキング力も、形式的な書き方以外は、違うわけないですよね。
    英作文力・スピーキング力を伸ばすには、喉発音を習得後に、どうすれば良いのでしょうか?
    ご教示くださいませ!!