メソッドがない教育は精神論にかたむいてしまう。

book_img.gif

土曜日に2クラス、直接教えさせてもらっているが、本当にエキサイティングである。実際にできるようになるというプロセスを、実際にお助けする、、、そして本当にできるようになる、、、と。いろんな教科の先生に体験してもらいたい思いだ。

さすがに新しい情報が多く、学ぶほうも大変だと思うが、実際にその場でできるようになる、そしてじわじわとリスニングが良くなるという快感をアメリカの地で体験されているのはラッキーだ。

これまで聞き返されていたのに、通じるようになった、、、とか野球の英語が頭に入りだしたというようなことを報告してもらうのも非常にうれしいことだ。それでも、コーヒーを頼んだときコーラがでてきたという報告もあったが、そんなときは、なぜそうなったのかのメカニズムを発見することもできる。コのとこをカと読まなかったからだ、、、とか。

喉の指導にはメソッドがあるのである。通じなかった?なぜか、、、、そこには理由がある。その理由をはっきりさせたうえで、解決する。それは、和製英語に影響されて違う音を出したとか(歌、SONGはソングではなくサングである)、音節の数が違ったとかそういういことである。

喉にはメソッドがあるのである。

メソッドがない教育は精神論にかたむいてしまう。

英語喉オンラインコースへ飛ぶ(ニュースレター登録をお願いします)

Follow me!

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

PAGE TOP