なんで通じないの?という経験 初段試験?昇段試験?

昨日は、剣道の稽古でした。

http://blog.with2.net/link.php?709532:1932

練習のあとに、先生に、「いつか昇段試験を受けようと思うんですが、、、」と切り出したところ(英語でです。相手は、中国出身の人ですが、たぶん、もうアメリカ人になっていると思われる先生です)、

「え、もう初段もっているんじゃなかったけ?」

と、全然、意味が分からない会話になりました。なぜ、とんちんかんな会話になったか、分かりますか?英語で考えてみましょう。

I’d like to take a shodan (昇段)shiken.

I thought you already had shodan (初段).

普通、昇段試験のことは審査と呼ぶのですが、私は、まだ剣道用語に慣れていないために、おもわず昇段試験と言ったのですが、英語では、

昇段も初段もどっちとも

SHODAN

です。シラブルに分けて大雑把に書くと、

SHOD-DAN とSHOD-DANでますます同じです。

相手は、中国出身の先生だったのですが、やっぱり中国語でも、「しょだん」と「しょーだん」の違いはないんじゃないかな?

日本語には、伸ばす音がありますが、それって日本語特有なのかな??

 

英語喉オンラインサロン・コースへ飛ぶ

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.