RON氏企画 カフェマイクロが京都にオープン 喉実践者はGO!

今日はビックニュースです。関西地方のかたに朗報です。

http://blog.with2.net/link.php?709532:1932

日本の英語界で有名なRON氏が、京都にて本格的な英語スペースを誕生させました。サイトはここです。

http://microdesign.jimdo.com/

フェースブックではここ。https://www.facebook.com/cafemicrokyoto

場所は Cafe MICRO Adress : 京都府京都市下京区若宮通六条下ル若宮通554番2号

■京都駅から(徒歩15分)  烏丸通から東本願寺沿いを歩き。東本願寺の北側の壁沿いの道を通り徒歩約4分。

■地下鉄五条駅から(徒歩4分)

カフェマイクロという空間で、RON氏がPRODUCEするのは、ネイティブと日本人の英語探求者が、インテリジェントな会話に挑戦する場所らしい。英語がかなりできても、まだ到達していなくても、まずは、ネイティブとの会話に挑戦する、、、そんな空間だそうです。

コンセプト的に、共感できます。私も大学時代からネイティブとディスカッションをしておりましたが、そんな場所になるのでしょうか?

レベルが高すぎるなんてしり込みされるかたがいるかもしれませんが、とにかく動く、環境に入る、そして話す、、、そういう努力で初めて英語やグローバルなマナーが身について、またたくさんの多くの友人が、日本人、外国人を問わず、できるのじゃないかと思います。

英語喉関係でいいますと、喉関係のセミナーでのコラボをRON氏に要請中です。

まずは、こちらから読んでみたらいかがでしょうか?マイクロカフェさんのコンセプトが読めます。

http://microdesign.jimdo.com/what-s-micro/

RONさんがいたら、発音教えてくれるかもしれませんね。「今週はいないけど、だいたいいる」とのことでした。

RON氏がやっているディスカッショングループ Phoenix: I say You Say Workshopもここで開催されるようです。

ネイティブや他の外国人が本格的に交わっているようです。

英語喉オンラインサロン・コースへ飛ぶ

Related Articles

小さなコツ 二つ

やはり教え続けていると、色々なケースに出くわす。 http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 ひとつは日本語というのは、やはり特殊なのだろう。英語は、赤ちゃんが泣いているときの発声法とそんなに変わらない。しかし、大人が喋る日本語は、喉発音を元々しているひとがいたり、完全なる口発音だったり、小さいときから発音が悪いと注意されてきていて、実はそれが英語発音むきだったり、あるいは、注意されてきたから、それを直そうとして、口に力が入りすぎていたり、、、、。あるいは、日本語にもあるSが舌足らず的だったり。

英語喉ライブ ブライスさんインタビュー

日本語を勉強しているブライスさんをインタビューしました。 http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 まずは、10分、ブライスさんが、日本語で「外国語を勉強することの大切さ」について話していただきました。毎日、スカイプで日本語を喋って練習しているそうです。

Responses

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.