Skip to toolbar

ネイティブと喋るときのコツ

今日から、近くの海岸に休暇で行ってきます。月曜に帰ってきます。喉SKYPE講座に申し込まれるかた、返事が遅れるかもしれません。

ネイティブと喋るときのコツについて書いてみます。以前から、言っていることですが、、

http://blog.with2.net/link.php?709532:1932

AKKOさんが、朝から晩までSKYPEで英語を喋ったと書いておられました。すごい!

http://english123music.seesaa.net/article/272846478.html

実際、SKYPEだと可能ですからね~。

さて、描写したりするときに緊張してしまうとのことですが、コツがあります。

それは、喋りを少なくとも二人の登場人物を使ったセリフ調にすることです。一人は自分です。

例えばですが、

I was saying, “Hey Mike, what’s up?”

He was saying, “Well, I have so much work to do.”

So I was like, “Let me know if I can help.”

という具合で状況をセリフ調に変えます。そのときの

コツ1 セリフに感情を加えながら、その登場人物の声をまねる。

コツ2 自分の声も、ちょっと変えてみてもよい。

セリフ調にすることのメリット

1.相手が会話に入りやすい(ながながと描写の文がつづくと、どこで相手が入っていいか分かりにくく、だれてくる)。

2.文が短いので、喉発音、3ビートが保ちやすい。ほとんどI(私)から文が始まることになるので、シンプルに喋りやすい。動詞にSをつけるとか、心配しなくてよし。現在形が多くなるので、初心者には楽。

3.声のものまねをすると、喉発音がしやすい。

留学中の人などは分かりやすいと思いますが、実際にネイティブはこういうやりかたで喋っている、、、ということもあるのです。

気づいてみるとね。バスや電車に乗っているときに、ネイティブ同志が喋っているのをこっそり聞いてみてください。

書くときは違いますけどね。

試してみてください!

Related Articles

アシュラさん、次のステップ

http://ashrafieh.seesaa.net/article/160695924.html でアシュラさんが、英語喉は理解できて、一段落ついたとおっしゃっていて、ほっとした。アメリカのドラマの英語が、前よりも耳に入ってくるようになったとの報告もうれしい。 さて、今日は、以下のアシュラさんの言葉に対してコメントしたい。アシュラさんいわく: 目標は、即興で5分間の英語スピーチができるようになること。原稿が無い即興でそれくらい話す機会はジョブ・インタビューくらいでしか無いのだけど、自分の「英語が崩れる」のはまさにそういうインタビューの最中だったりする。 引用終わり さて、私のアドバイスだが、大切なのは、喋る前に、話すアウトラインを考えすぎないことだ。話す前に、あれこれ考えると、喋っている最中にも、この次には、あれをいって、これを言ってと、頭がパンク状態になる。 私は、よく会議などに出席して、自己紹介をしないといけないときに、他の人が自己紹介をしているあいだに、何を言おうか、これを言おうかと考えすぎて、せっかくの他の人の紹介が頭に入らなかった時期があった。そして、自分の番になると、結構、あせってうまく言えない。そして、終わったあと、残りの人が自己紹介しているときに、あ、あれを言えばよかった、これを言えばよかったと後悔して、また人の話が残らない。 ところが、あるとき気づいたのだが、そういう場で心配そうに、しているのは、私だけのように思えた。他の人、ノンネイティブでも、気楽のその場で喋っている。 結局、自己紹介にしろ、仕事にしろ、自分のこと、あるいは自分が毎日やっていることだから、結構、その場で言うことを考えれば良いのだと思う。 そうすると、言葉がたどたどしくなると心配するかもしれないが、 言葉はたどたどしくても、全然かまわないのだ。 喉発音と3ビートさえできていれば、その文のどこを強調するかとか、あるいは、どんな語彙を使うのかなど、聞くほうとしては、どうでもよいことなのである。 もちろん、感動させるためのスピーチを国会議事堂でやるというのなら、違うが、仕事などで喋るときは、そういう配慮は結構いらない。 そもそも、英語とは、最初に言う文を考えて、それから喋るのではなく、その場その場で、言葉を単語ごとにつないでいくものだ。 たどたどしくても、喉の奥に響きを感じながら(こだまブースター)喋れば、全くコミュニケーションに問題がおこらないし、だいたい、仕事の英語とはそういうものだ。 もう一つ大切なのは、喋るのが自分だけだと思わないこと。相手がおり、相手が喋ってくれて助けられることもある。 私も仕事で使う英語では、私が文の半分まで言ったあとで、同僚が文の半分を終えることがある。会話が、私だけで完結しない。私も、相手が言っている半分まで聞いて、そこから私がその文を終えることもある。 喉で喋っていて、3ビートであり、またリラックスしていれば、相手が会話に参加してくるのである。 それも文の中間で。 これまで日本人は、文というものを絶対的な単位と捕らえすぎていたと思う。だから、文があって、イントネーションが大切だと思い込んでいるが、そんなことは絶対的にない。 日本人の会話でも同じだ。聞こえは悪いが、人の話を盗み聞きしてみてほしい。英語でも同じだ。 つまり、仕事などで英語を喋るとき、大切なのは2つ。 いきあたりばったりで喋ること。 相手の協力もうまく利用する(喉でしゃべって、リラックスしていると相手も勝手に参加してくる) いきあたりばったりでも、内容は毎日やっている仕事のことだったりするのだ。またいきあたりばったりだからこそ、聞いている人の反応を見ながら、適時、内容を変えていける。質問にも答えられる。 私は、特に口発音時代、議論がなかなかできなくて苦労した。あきらかに、日本のネタで、まわりが私が何がコメントしたらなあと思っているだろうに、言えないのだ。それは一つには、あれを言って、これを言って、、、と最初に組み立ててしまっているうちに、緊張して発言ができにくいところに自分をおいやっていたのである。…

ベビーシャワー

英語喉と歌、、、というBLOGをAKKOさんが、始められました! http://english123music.seesaa.net/ どんな方向に行くのかな???楽しみです。 http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 私自身、英語喉で音域が広がりました。でもオチがあります。聞き取りの感覚、感性が深まったのか、自分の歌の限界に気がつきました。 声が音符に対して均一に出ない、、、流れるように出ないのが難点です。自分の歌を録音したら、最初の2秒で、「だめだ」と分かります。何回録音しても同じ。自分で歌っている瞬間はよく聞こえるのに~。一方、プロは、以前思っていたほど、絶唱スタイル、絶叫スタイルの人はおらず、どちらかというと、おとなしい感じで、声が管楽器みたいにスムーズに出ます。これがなかなかまねできない。また、逆に、歌のオーディション番組で、まだプロじゃない人の歌を聞くときに、ちょっとでも、スムーズさがかけていると、やっぱり選考に落ちるようで、自分の意見とジャッジの意見が近いので面白いです。「絶叫スタイル」の人がたまにいて、ジャッジが耳をふさぐほどです。 でも、気づくとラジオを聞きながら、当たり前のように口ずさみ、歌詞カードなしに、歌詞をうろ覚えしている自分がいます。歌詞の最初の部分が分かると、するするっと後の歌詞が出てきます(歌詞の全体でなくて、文単位での話)。かならずしも、意味自体は必死に考えながら聞いていないのだけど、口がつられる感じ(前はできなかった。歌詞カードを見ながらでも、歌いにくい曲があった)。 よく考えると、ジーナも、歌詞カードなしで覚えているので、ネイティブと同じ状態になったのか~。この曲がよくかかるので、口ずさんでいます。 昨日は、仕事のあと、同僚が奥さんが赤ちゃんが来週?かに生まれるということで、近くのレストラン・バーでベビーシャワーというのに参加しました。自動車を運転があるのでティーを頼んで、楽しみました。 たまたまカリフォルニア出身で家族がメキシカンで、スペイン語が喋れるという人と話をしましたが、私自身のスペイン語がぺらぺらと出てきて自分でもびっくりです。 過去にこういう経験はしたのですが、アメリカで育ったスペイン語話者の人で、シンプルな表現で喋っているように思える人がいて(喋ってくれているのか?)、すると、自分自身が、ネイティブ化したみたいな印象がします。それはたぶん、相手の表現がシンプルなので、言っていることがよく分かり、ぴたっとくるのかもしれません。いや、メキシコ系の人が相手だとそうかんじるのかも。メキシコ系のスペイン語って非常にクリアだと思うのです。 やっぱり相手の言っていることが聞こえる、理解できる=平等の立場で話せる、、、と言うことはあると思う。 一回、分からない単語がでたけど、聞こえるので、え?それってどういう意味と聞き返しやすい。 最初に私が、どこから来たんですか?と聞いたんですが、それは微妙にスペイン語アクセントがあったので聞いたのですが、たぶん、本人も、そういう意味で聞かれている可能性もあり、すこし失礼じゃないか?と思いながら、聞いたんです。 本人も、「英語にアクセントがあると指摘されることがある」と言っていました。それは、英語喉で真剣に彼女の英語を聞いてあげると、どこがどうだから、アクセントがあると言われているのかを指摘してあげることができると思いましたが、英語喉の話は出しませんでした。 英語喉は、ネイティブの人の英語でさえ、分析してあげることができるなあとは思いました。 赤ちゃんが生まれる同僚の奥さんはロシア出身だけど、英語はネイティブのようです。少しだけ、アクセントがあるので、かろうじて、外国出身だと分かります。 大人になって英語を始めても、英語をネイティブなみに使っている人は、2012年の今、たくさんいます。 だからといって、言語学者は、言語マスターの臨界期説を変えようとか、真剣に考えようとかは思わないのですかね。不思議です。 たぶん、その原因は、自分たちが英語が苦手なので、言語習得には、年齢的に限界があるに違いない、、、と信じているのでしょう。 先日も、友人と喋っていて、日本人以外のノンネイティブは聞き取りに苦労していないよと指摘すると、そんなことはありえないという反応でした。 しかし、例えばこのロシア出身の奥さんは、英語が当たり前にネイティブ並みです。家にかえってシャドーイングなどをしているわけではありません。 ま、その学問領域で言われていることの根本を問うと、就職できなくなるのかもしれませんが。 タイの日本語教師さんが、以下のようなことを書いておられます。私も同じ経験があります。 http://thainihongo.seesaa.net/article/272461543.html

英語喉&機関銃英語の感想をここに集める

このエントリーに、英語喉と機関銃英語の感想などを集めたいと思います。皆さんのなかで、もし英語喉か機関銃英語をブログやHPで紹介されたというかたがおられましたら、このエントリーのコメント欄でご連絡ください(メールはquestion AT estat.us)!追加させていただきます。 *** MASAさんのMIXI日記(MASAさんか私のマイミクになれば読めます。ご連絡ください)http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1696089778&owner_id=7661548&comment_count=15 私のブログ http://plaza.rakuten.co.jp/fufufuu/diary/201011230000/ 英語音読研究所 英語喉に感銘 http://nsh-41.blogspot.com/2010/12/blog-post_16.html  英語を味わいながら留学せずにTOEIC950・英検1級を目指すブログhttp://ameblo.jp/mari-english-study/entry-10825320140.html  Eirene’s memories http://d.hatena.ne.jp/eirene/20110129/1296307814 ワンコがいっぱい 英語リスニング学習にオススメ教材1 改 http://arc-en-ciel.blog.so-net.ne.jp/2011-03-04  ジャズ&洋楽訳詩(東エミ)英語は喉だ!http://ameblo.jp/higashiemi/entry-10759585413.html 医学部受験の方法論 この本のお陰で今や僕はLとRの区別ができるようになりました。http://kounotori0305.blog98.fc2.com/blog-entry-41.html    英語喉物語 KATSUさん  シラブル(3ビート)って、本当におもしろい。 これを知ってから、リスンニング能力が向上していくのを日々実感できます。 http://ens-katsu.blog.so-net.ne.jp/2010-07-05  日本語英語の謎を解く 副島隆彦氏サイト(学問道場)の掲示板  よしかわさん  引用 「どこかで読んだ話だが、フランス人は英語を全く知らなくても、英語の発音は最初から明瞭に聞こえているそうだ。少なくとも、わたしは、このような英語を全く勉強していないフランス人、あるいは英語ネイティブの幼稚園児たちと肩を並べる段階にまで来たと思う。書籍「英語喉」は、このようなメリットを体験できるすばらしい本である。 」  http://snsi-j.jp/boards/cb.cgi?room=tomaya  カズ&ジーナの「英語喉」について考える.  英語喉革命さん http://blog.livedoor.jp/nodorevolution/archives/2010-04.html?p=2#20100427 …

Responses

Leave a Reply to Akko Cancel reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. すいません、1日中っていうのは言いすぎました。
    関西出身なので少し話を盛る傾向にあるようです。
    が、しかし、朝の10時から夕方5時までまじめにノンストップでした。これは本当です、はい。