Skip to toolbar

チャブロックマック琉球学園 ナオキ屋氏 またしても快挙

KATSUさんが、BLOG、英語喉物語にて、紹介されておりますが、<http://ens-katsu.blog.so-net.ne.jp/archive/20120118>、FM読谷(よみたん)で放送中の、チャブロックマック琉球学園にて、

パーソナリティーのナオキ屋氏が、アメリカ人のマイクさんをゲストに英語で放送をされているのでした!

KATSUさんの紹介を引用しますと、

日本のラジオ番組で唯一「英語のど」のコーナーを持っているFMヨミタン「チャブロックマックの沖縄琉球学園」 昨日の番組では、パーソナーのナオキ屋、そして助っ人の鶴亀堂ぜんざいのヒデキさんと一緒に、アメリカ人のマイクさんをゲストに招いてかなり盛り上がっています。(ナオキ屋とは中学校からの友達^^)

引用終わり

しかし、おもしろいですね~~~。ナオキ屋さんとマイクさんの会話がむちゃおもしろい。まじで大爆笑しました。25分あたりで、ナオキ屋さんが、「日本人のガールフレンドをつくるなら、、、」なんて、マイクさんにふったら、「うちの嫁はんが、ゆるしてくれるのならですが、、」みたいな、オオボケをかまし、ボケまくりの発言を連発し、それを受けるナオキ屋氏の受け答えが、また、面白かったです。

http://www.ustream.tv/recorded/19820668

というわけで、ついに、日本で、帰国子女じゃない日本人が、ネイティブを普通に相手にする番組が登場しました。

なんか、マイクさんが、むちゃくちゃ突っ込んでますね~。

日米の歴史においても、珍しいことですね。ついに、帰国子女じゃない日本人が、アメリカ人と、ボケとツッコミの応酬している。日米史上、初めてに違いない。

ナオキ屋さん、We ARE SO PROUD OF YOU!

Mike, you are so funny. Please keep asking tough questions to Naoki-ya!

Related Articles

英語が100%聞けるということ

昨晩、英語喉暦3年のかたとSKYPE講座をしました。1時間後、CNNを聞いたら、ゆ~っくりと聞こえるようになりました。念のためにドラマを見てもらいましたが、またしても良く聞こえるということでした。 これはすばらしいことで、うれしく思いました、、、、が、同時に、3年前に直接指導できていたら、どうなっていただろう???とも考えてしまいました。 年が明けるまえの先週は、地元の5人のかたを教えましたが、皆さん、発音もだいたいよくなり、また聞き取りのほうもいい感じで、シラブルのリズムが聞こえるとおっしゃっておりました。 きっと、集中的に私と一緒に英語喉をやることで、頭のなかのフォーカスが変わるのでしょうね(口発音から喉発音へ、2ビートから3ビートへ)。 実際、今回も、一緒に日本語の単語を読んでいるときに、例えば、KOBEをKO-BEと読まれていましたので、それを指摘してKOB-BEと意識的に直しましたが、そのあたりも聞き取りが向上した理由じゃないかと思います。 聞き取りの向上はとてもうれしいことです。しかし、英語喉はもう4年半ぐらい前に出ているのですが、4年半前に出会いがあったなら、今日、どうなっていたかな?と思ってしまいます。 逆に、出版と同じ年に、DCで地元の人に教えていましたが、そのときのあるかたが、それ以後、出産されて、ずいぶん前に教えてもらったことですが、ママ友もアメリカ人だということでした。アメリカに溶け込んで暮らしておられるようです。 ホリデーシーズンで、映画をいくつか見ました。WAR HORSE、MISSION IMPOSSIBLE (ゴーストプロトコル)など。見ているときはあまり考えませんでしたが、当たり前ですが、100%英語が聞けて理解できました。 自動車で音楽を流しているとき、カントリーソングの歌詞が、初めての歌でも全部聞こえて、意味が分かります。 英語喉出版から4年半ですが、最近では、英語喉には言及していない場合でも、英語には響きが大切だ、、、という言い方をネット上でちらほら見るようになりました。英語喉出版以前では、全く聞かなかったことです。ちょっとづつ変わってきているかもしれませんね。以前に、英語喉を紹介したら、興味を示さなかった人までもが、英語は響きだとかおっしゃっておられることがあります。 しかし、発音だけではなくて、本当に英語の聞き取りが100%になれるのだ、、、というのは、まだあまり信じられていないように思います。 明後日、木曜日にまた日本人5人を教えますが、そのうちの一人は、全回いらっしゃったかたのお友達で、たまたまDCに来られるので、それでいらっしゃいますが、なんとラッキーなことでしょう。 言い忘れましたが、去年の後半あたりから、女性の参加がSKYPE講座にしても、地元ボランティア講座にしても増えました。 全体的には、数えるともしかしたら、女性のほうが多いようです。前は男性が多かったです。 さて、最近、教えていて、声帯に力が入っているなと感じる人がいます。声帯を力ませないで発音しないと、ゲップエリアの音が出ません。 ゲロをする感じで発声してみてください。 英語喉をかなりやっている人も、これがネックかもしれませんよ。 音声で説明しました。 [audio:http://nippondream.com/file/kaz_01_03_2011.mp3|titles=kaz_01_03_2011] http://nippondream.com/file/kaz_01_03_2011.mp3 最後に、KATSUさんのBLOGより。 http://ens-katsu.blog.so-net.ne.jp/archive/20120103 MASAさんのBLOGより。…

英語のできる日本人シリーズか?第1弾KATSUさん!

昨日はKATSUさんと英語喉セミナーをしました!その様子は、KATSUさんのBLOGでも記録していただいています。 http://ens-katsu.blog.so-net.ne.jp/2011-08-07 LやMのときに、どうしても喉がつまりがちになってしまうのが、日本人ですが、私自身もよくHELLOと突然言うときに、Lのところが詰まった感じがします。 それを防ぐために、とりあえずLだけで練習しますけど、舌を口の屋根につけた状態で息をしてみるのです。息の音をおおきめに、おおげさにやると、「あえぎ声」のようになります。 「あえぎ声」メソッドだと、沖縄琉球学園さんのラジオで放送倫理コードに引っかかり放送不可能になるかもしれませんので、ダースベーダーメソッドとか、スキューバーダイビングメソッドとか色々考えましたが、、、 ま、あえぎ声的にLの舌のままでやると、舌の横、喉のあたりがひんやりします。だからこそ、喉が開いていることが体感しやすくなる。 弁当BOXを読みながら、とりあえずLのとこでこのような体感をするぞというつもりでやると、結局、全部の音で喉を開けている感じになり(実際には、英語をしゃべっているときに、Lのときにこうするぞなんて余裕はありません)、発音がなめらかになります。 それでは音声で説明しますね。 [audio:http://nippondream.com/eigonodo/wp-content/uploads/2011/08/kaz_08_07_2011.mp3|titles=kaz_08_07_2011.mp3] 直リンはここをクリック。 さて、MASA RADIOのMASAさんとSKYPEのよい録音方法はないですかね~という話をしていたのですけど、PAMELAというのを試してみたんです。KATSUさんにECONOLOGICAL FOOT PRINTという概念を説明してもらったのを録音したんですけど、なかなか内容的に、勉強になったんです。 こんな風にKATSUさんが研究されていることを、日本人が皆で共有できたらいいなあ、、なんて思いました。私自身、MEASUREMENTの専門家だと思っていますけど、KATSUさんに説明していただいたECOLOGICAL FOOT PRINTという考え方は、とてもパワフルだと思いました! KATSUさんとのインタビューですが、KATSUさんが、WEB上での紹介をOKと言っていただきましたので以下に音声をおきます。 [audio:http://nippondream.com/eigonodo/wp-content/uploads/2011/08/rec_katsunori.iha_06_Aug_2011_19_58_53.mp3|titles=rec_katsunori.iha_06_Aug_2011_19_58_53] 直リンはここをクリック。   KATSUさんご自身の文章による説明もぜひ読んでみてください。 KATSUさんのサイト 持続可能な発展@地球 第2回:世界のエコロジカル・フットプリント http://katsu-sd.blogspot.com/2011/07/blog-post_9477.html    

英語喉ライブ第4回 日本に関するステレオタイプに関してのディスカッション!

英語喉ライブ 日本時間 10月23日 日曜日 朝10時より1時間でした。 ゲスト ブライスさん、アンドレアさん、KENJI@NYさん、ジョーさん (ネイティブ勢は全員MASAさんつながりです)。 アンドレアさんは、日本人のボーイフレンドを探している、探す?ということでした。全員、日本に行くぞ~と準備中です。 ショーのあと、ブライスさんとアンドレアさんは、このサイトにもメンバー参加しいていただきました! テーマは日本、日本人に関するステレオタイプに関して。私が絶句状態になってしまう内容もありました~。しかし、主なものは、日本人はPOLITEであるという点。これは、まだ、いつか掘り下げてもいいように思います。たしかに、私は剣道をやっていて、部員同士がお互いに対して非常にPOLITEです。練習のあとに、正座をして、お互いに挨拶をしますよ~。しかし、日本では、別に、「お~、俺たちはpOLITEだなあ~」と思いながら暮らしていないと思うのですけどね。 それにしても最後のほうで、MASAさんを絶賛しておりましたよ。 http://www.ustream.tv/recorded/18046554 http://www.ustream.tv/recorded/18047532 http://www.ustream.tv/recorded/18047665 http://www.ustream.tv/recorded/18047740 こちらは、全部を録音したものです(MP3形式)。 [audio:http://nippondream.com/file/Eigonodo_live_4_10_24_2011.MP3|titles=Eigonodo_live_4_10_24_2011] 直りんはこちらをクリック。  

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.