英語の勉強の仕方

さて、英語学習においてとにかくこれをしてくださいと頼める立場にあるとするなら、以下のようになります。

ステップ1

まずは英語喉で聞き取りができるようになってください。英語喉の本、あるいは機関銃英語が聞き取れる!を1周してください。その際ぜひ使っていただきたいのが、私のオンラインコースにある音声CDを聞きやすい形で置いたものか、英語喉完全マスターオンラインコースです。

https://nippondream.mykajabi.com/offers/ubpmFWgy/checkout?cid=7dd82911-6b03-49b1-b27b-0e4db07fa476

聞き取りができるようになると同時に発音を練習するわけですが、これはゆっくり、胸のあたりを響かせるような気持ちでゲップエリアを定位置にしていきましょう。

ステップ2

オンラインなどを使って、できるだけ多くの会話の機会を持ちましょう。お金を払ってのオンライン英会話がスケジュールを立てたりするのが楽ではあります。ちなみに、私がスペイン語とフランス語に使っているのがitalki.comです。その他にも色々ありますが、もし、お金に余裕がなければ、オススメなのは私が運営しているDISCORDのグループです。こちらで、日本語を勉強している外国人を見つけて、お互いに日本語、英語を教え合うのはいかがでしょうか?ただし、無料だからこそ、続きにくいところがありますから、継続する工夫をしてくださいね。

https://discord.com/invite/we4zBpe

会話をどんどんしていただきますが、その際に必ず私のキンドル本、英語の勘1,2,3を参考にしてくださいね。文法をこう理解すれば、どんどん話せる、、という内容です。

アマゾンで探してみてください。

オンラインでの会話は全て相手の了承を得た上で、動画として残しておき、復習しましょう。私の場合はフランス語とスペイン語ですが、自分用のYOUTUBEチャンネルにUPして、自分で後から聞いて勉強をします。

会話の中で新しく出てきた単語などを覚えましょう。自分のウェブサイトをもっておくと、そこにメモ代わりに新しく出てきた単語をメモっておけますね。

ステップ3

英語リーディングですが、毎週、一つ英文記事を決めて少しづつ読みましょう。私は英語喉オンラインサロンに毎週月曜日に課題を出していますので、その課題を皆さんも一緒に読んでもいいかと思います。週末に、英文記事を読むイベントと称して精読していますので、ぜひご参加ください。

私は大学生の時に毎日図書館で英字新聞を読み続けました。1年頑張ってみてくださいね。スラスラ読めるようになります。正確には文法に頼らなくても理解ができるようになります。文法を考えている間はまだスローリーディングです。

私もまだ英語がマスターできていなかったときは、文法に頼って英語を読んでいました(聞いてもいました)。例えば、

The road of … とくれば、OFの後は名詞のようなものが来るのかな、、みたいな感じで予測しながら読んでいました。ところが、本当に英語が読めるようになると、予測する必要がありません。

ステップ4

書くことは長い間の訓練がいります。まずはジョンホール式練習法をおすすめします。私の大学時代の恩師のジョンホール先生は、とにかく毎日日記をかけと夏休みの宿題を出しました。考えずに書きまくります。そのうちに、スラスラと書けるようになります。知らない単語も覚えたくなってきます。

さて、丁寧に書くことも大切ですが、その場合は、ネイティブの先生に直してもらう必要があります。文法だけでなく、思想の流れ(フロー)やスタイルも大切になってきます。オンラインの先生に頼んだり、日本語を教えてあげるかわりに英語を教わっているネイティブの友達に直してもらいましょう。

プロフェッショナルライティングですが、これは専門分野がいります。英語を勉強するというより、自分の専門分野を見つけ、それを勉強するなかで、英語で書く練習をします。私が大学生のときは、国際情勢を知りたかったので、JAPAN TIMESを読んでは、LETTER TO THE EDITORを書いて、出版してもらっていました。数回載ったと思います。

最後に大切なのは、外国人の友達をたくさんつくることです。今はさすがにコロナなので、外で会うことは避けないといけませんが、オンラインでたくさんの友達と会話をしましょう。そうすることで、語学だけではなく、文化を学ぶことができます。

以上です。

理想は、聞き取りは意味が分かるかどうかは分かりませんが、とりあえずは、早めにできるようになっていただきたいです。発音は数ヶ月ぐらいゆっくりやってみてください。まるで帰国子女が話しているようなレベルになるようにお願いします。意外とメンタルなところがあり、思い切って、たどたろしく話して日本人を演じている自分をやめてみましょう。YOUTUBEなどでかっこいい俳優さんや女優さんが話している英語をそのまま真似してみてください。特に音程とか声の質、感情です。

リーディングは1年間練習を続けてください。

会話自体は、半年程度で、言いたいことが簡単な言葉で説明できるようにしてください。

それでは、皆さん、今年も健康に気をつけて、英語のマスターを目指してください。

それでは、ツイターや、オンラインサロンなどでお会いしましょう。

さて、繰り返しになりますが、英語喉完全オンラインコースはこちらからゲットできます。

https://nippondream.mykajabi.com/offers/ubpmFWgy/checkout?cid=7dd82911-6b03-49b1-b27b-0e4db07fa476

今年もよろしくお願いします。

うえかわ

Related Articles

リスニンングを鍛えるための音声をつくりました

さて、リスニング強化用の音声を録音しました。喉の音を聞く、シラブル・3ビートのボンボンボンのリズムを聞く練習です。 www.nippondream.com/blog/renshu_05_02_2011.mp3 皮肉なことに、多くの日本人がモデルとして聞いているアメリカの標準英語が一番、シラブルのリズムを感じにくい英語です。もちろん、聞こえ始めるとあまりにも当たり前のようにリズムが聞こえ、音の細部の細部まで聞こえるようになります。 しかし、かけだしの英語喉実践者にとっては、結構、苦労してしまいます。特に、英語上級者であるほど、知っている単語で気が散ってしまい、本当の音が聞けないという状況が生まれます。 先日も、英語喉実践者とビールを飲んでいるときに、となりにいたアメリカ人のピートさん(仮名)が、普通に英語を喋っていたのですが、英語喉実践者のかたが、ピートさんがなまっていて英語が聞き取りにくいというのです。私にとっては、全然なまっていなくて、普通の英語をしゃべっていました。実践者のかたが、いや、他の人に聞いたけど、ピートさんの英語はたしかになまっている、、、と。 しかし、それは、アメリカ人でも、誰でもある程度のなまりはあるはずですから、そのささいな部分を指していっているだけです。 そのピートさんは全然なまっていなかった。その証拠に、その彼と話していた東アジアのある国の出身者は、まったく問題なしに、ピートさんと会話しているのです。 私の診断では、その英語喉実践者氏は、それなりに、英語がすでにうまいので、聞き取りのさい、逆に細部まで聞きにくくなっているのではないかと思います。 まずは、意味をとろうとして聞くことをやめることです。すると、あちらのほうから意味が歩いてきます。 その練習のためにいろんな音源を合わせて、練習テープをつくりました(このエッセイの最初にURLをコピーしました)。意味をとろうとすることを停止し、喉の音、それからシラブルのリズムに集中してください。 さて、以下が音源です。日本語でも、幼児の喋る?言葉、各種方言(以下では沖縄方言)は3ビート、あるいは3ビートに限りなく近いです。2ビートの例として、茂木さんが英語で喋っているのを同時通訳をされている音源を選びました。標準の日本語が、英語の2倍ぐらいは早く喋られているのが分かります。そして、コックニーを聞き、最後にオバマ氏の演説です。これらの音源をいったりきたりして、耳をリズムに慣らします。 娘1歳半 本を読む http://www.youtube.com/watch?v=x40wTwtjmS8&feature=related 沖縄の方言紙芝居 http://www.youtube.com/watch?v=nBcBFGs_Seo&playnext=1&list=PL66C414F2D6B1CEF8 TEDxTokyo – 茂木健一郎 – 05/15/10 – (日本語) http://www.youtube.com/watch?v=5CcA-ucHKQg Cockney…

書く練習

MASAさんのMIXI日記で、なにやら、ネイティブが英語を直してくれたり、ネイティブが日本語を書いて、それを直してあげたりするようなサイトが紹介されていた。それを利用して、MASAさんはがんがん書いているそうだ。 私の経験に基づく練習方法を紹介したい。しかし、ほとんどが口発音時代の話だ。今後、喉発音でそのまま始める日本人が出てきたとき、私の経験があてはまるのかな??? ステップ1 とにかく書く。とまらずに、書きまくる。そうすることで、思考の流れの通りに英語が出てくるようになる(ちなみにこのBLOGの日本語も、書きまくるかんじで書いている)。これは動画にしてあるとおもう。最近、やったもんさんが紹介してくれていたが、私が同志社のときの恩師の名前をつけて「ジョンホール」メソッドと読んでいるものだ。探しといてください。 ステップ2 ネイティブに直してもらって、納得する。(ちなみに、ものぐさな私は、これはそれほどできなかったもしれないが、やっぱり大切なのじゃないかな?)ただし、ネイティブの添削は必ずしも文法のことじゃなくて、自然な流れかどうかというのに重きを置くので、それを知っておくといいだろう。 ステップ3 実際に自己表現してみる。私の場合は、英字新聞に投稿していた。JAPAN TIMESにも載ったことがある。 ステップ4 流れの通り書くわけだけど、なれてきたら、2回見直してみて、自分自身で、「あれ?」と目がとまったところで、なぜ、目がとまってしまったのか?何が悪かったのか?と考えながら直してみる。 日本人は、すぐに、まずは文法を勉強しろだの、語彙をつけろなどと言うが、実際のところ、ネイティブのライティングの大切なポイントは、 流れるように読めるか、、、だ。 つまり、ぼーとしていても、読者が困難なしに、読めるかどうかである。 日本人は、語彙を豊富にという方向に流れがだけど、難しい言葉を使うと逆に読みにくくなるかもしれない。 詳しくはここをみてください。日本語でも同じです。 http://www.estat.us/kaz/id28.html

MASAさんの勉強方法から学ぼう

MASAさんが、MIXI日記で私の直接指導について書いてくれたのが、光栄な思いだ。音読の成果をUPしたら、ネイティブに色々とポジティブなコメントが来ているようでこれもエキサイティングである。 これがMASAさんがHEY JUDEを朗読されている音声である! http://audioboo.fm/boos/361906-hey-jude そして、MASAさんはこういう音声UPやライティングをしながら、ネイティブ、外国人とのネットワークを広げてらっしゃるのである。 これこそが、理想的な勉強方法ではないか??? 気づいてみると、外国人はコミュニケーションのできる日本人をかなり歓迎してくれる。コミュニケーションができる人が少ないからだ。 先日も元JETの同僚と話していたが、中国人や韓国人の友達はいるけど、日本人の友達はいない、、そうだ。え~~~、日本に2年行っていたのに???? 数年前に、久しぶりに日本の昔の生徒に出会い、HOW HAVE YOU BEEN?と言っただけで、「ゆっくりしゃべって~」と言われ、最初の10秒で日本人が英語が分からないことを思い出したという(微妙に忘れていたらしい)。 逆に中国人や韓国人は英語が分かる。郵便局などに行くと、普通に中国人が郵便局員として窓口で働いている。私の住んでいるあたりでは多い。もちろん、中国語なまりがあるけど、全く問題なく働いているのだ。 HOW HAVE YOU BEEN?という表現には、一語として難しい言葉が含まれていない。聞き取りができないのは、語彙以前の問題なのである。 ほとんどの日本人は英語ができない。そんなときに、できる人がいたら、かなりネットワークが広がる。 今考えると、大学時代、留学生の友達がたくさんできた。英語教師のときは、友人のつながりで、バンドをしないかと声をかけられ、京橋のトランプスというバーで、演奏をしていたのだ。その他、アメリカ村のゾンビとか、セラーズでも演奏をした。ギャラは一人1万円+ビールとか飲んでいいよ~、、という内容だった。 人気がけっこうでた。我らが演奏するときは、ビールの消費量が増えるといって、バーの人が喜んでくれた。 ちなみに、2、3年ほどまえ、バンドメンバーと再会を果たしたのだった。ドラムのビルもギターのジェリーも近場に住んでいるからだ。 それにしても、当時はネットなどなかったために、せっかくできたネットワークも今は消滅ぎみなのであった。今の時代はフェースブックとかで有利ですね~~!再構築するぞ! 「戦争を知らない子供たち」をロック風に演奏したのが楽しかった思い出がある。その他のレパートリーで、演奏するのが楽しかったのは、スピンドクターの曲だった。 30分ぐらい演奏したら、客と混じって談笑するのだが、海外の人が多く楽しかった。そして、また演奏をすると。 よく日本にいても、英語は勉強できるというがそれは本当だ。英語喉でやっていれば、確実ではないか?だって、留学して、語学学校とかで日本人に囲まれて1年英語を勉強しても、口発音であれば、誰も話しかけてくれないだろう。 しかし、日本だと英語ができると、外国人がほっておかない。私の場合は、バンドしないかとかだった。バンドの打ち合わせは当然全部英語だ。日本に住んでいるのに、英語づけになってしまうだろう。 今、ぐぐったら京橋のトランプスは閉店になったそうだ、、、。オーナーさんが新しく 鍋料理店「ひろじ」 を開かれているようだ。…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.