喉ブレーキをやめないと

英語の発音において、かなりのレベルになったとしても、無意識のうちに、喉ブレーキがかかってしまいます。

自分は、たまたま広島弁が母語です。たまたま祖父母がうちにいたので、祖父母の広島弁を受け継ぎました。おそらく江戸時代ぐらいから話されていた日本語だと思います。

だからだと思うのですが、あまり喉ブレーキがかかりません。

さて、Wで考えてみましょう。私はこれまで、唇を丸めないでWを発音してみてくださいと言ってきましたが、それが克服できても、やはり首の底あたりでWを発音することを難しく感じる人は多いです。なぜなら

まさに、喉の入り口あたりで、喉ブレーキがかかることで、Wの発音をする方が多いからです。

WやDで特に喉ブレーキが大問題になります。

その他の子音では以外と大丈夫なのですが、特にWやD、おそらくLでも喉ブレーキがかかりやすい。それは日本人の感覚では、Wは「う」に近い。Dもデュという感じでゥで終わる感じが日本人にはします。

日本人はウとオという時に特に唇を丸めがちです。そして、それをするときは同時に喉のほうもきゅっと、狭まっているのです。したがって、喉ブレーキがかかりやすい。

CHILDという発音とかCHILDRENとか、BEDなどでDがうまく出ない人が多いです。

Dは首の根元を響かせるのですが、口のほうでもなる感じがあります。喉ブレーキがかかると、喉の奥と口のほうの響きがつながらないのです。

さて、これを克服するのはメンタルの力です。喉、首に力を入れない、、、と念じながら練習するしかありません。

英語喉完全マスターコース好評発売中です。

こちら、あるいは以下の絵をクリックしてGO!。

英語喉オンラインサロン・コースへ飛ぶ

Related Articles

英語がうまい人で喉を使っていない人はいない(普通、声が良い)

PHILJOYさんの英語発音サイトを初めてみた。きっかけはTWITTERだ。 そして、サイトを見てみるとPHILJOYさんが英語を実際に読んでUPされている。で聞いてみるととても上手だし、(きっと無意識の)英語喉だ。よく聞くと、あ、い、う、え、お、それぞれに一個の音色しか使われていない。例えばMAPもCUPも同じアで発音されている。それでも喉のアクビエリアを使われているので、上手に思える。スペイン人の英語が通じるのと同じだ。THもPHILJOY氏はDで代用されているが、通じる。

運転のパラダイムシフト 喉革命ににとるよ

最近、引越しをしているのだが、トラックを借りた。借りるときに、ネットでサイズ10を頼んだのだが(単位に関してはよく意味がわからないので、世界単位認定協会に今度聞いてみる)、言ってみたら、「うちには10が1台しかないんじゃ。もう貸してしもうたけん、16にしてくれ」と、レンタルカー屋の兄ちゃんが、「得したじゃん、10の値段で16のサイズが借りれるんじゃけん」と言った。

名づけて こだまブースター (究極的なるコツ、、、CHOPPYさを消滅させる)

<業務連絡 こだまテクニックじゃなくて、「こだまブースター」という呼び名を採用しました> 今週、ずっと言っている、究極的なコツのおかげで私が緊張してしまったとしても、全然、口発音にならなくなってしまった。なったとしても、すぐにそれに気づいて直すことができるようになった。

Responses

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.