Skip to toolbar

喉ブレーキをやめないと

英語の発音において、かなりのレベルになったとしても、無意識のうちに、喉ブレーキがかかってしまいます。

自分は、たまたま広島弁が母語です。たまたま祖父母がうちにいたので、祖父母の広島弁を受け継ぎました。おそらく江戸時代ぐらいから話されていた日本語だと思います。

だからだと思うのですが、あまり喉ブレーキがかかりません。

さて、Wで考えてみましょう。私はこれまで、唇を丸めないでWを発音してみてくださいと言ってきましたが、それが克服できても、やはり首の底あたりでWを発音することを難しく感じる人は多いです。なぜなら

まさに、喉の入り口あたりで、喉ブレーキがかかることで、Wの発音をする方が多いからです。

WやDで特に喉ブレーキが大問題になります。

その他の子音では以外と大丈夫なのですが、特にWやD、おそらくLでも喉ブレーキがかかりやすい。それは日本人の感覚では、Wは「う」に近い。Dもデュという感じでゥで終わる感じが日本人にはします。

日本人はウとオという時に特に唇を丸めがちです。そして、それをするときは同時に喉のほうもきゅっと、狭まっているのです。したがって、喉ブレーキがかかりやすい。

CHILDという発音とかCHILDRENとか、BEDなどでDがうまく出ない人が多いです。

Dは首の根元を響かせるのですが、口のほうでもなる感じがあります。喉ブレーキがかかると、喉の奥と口のほうの響きがつながらないのです。

さて、これを克服するのはメンタルの力です。喉、首に力を入れない、、、と念じながら練習するしかありません。

英語喉完全マスターコース好評発売中です。

こちら、あるいは以下の絵をクリックしてGO!。

Related Articles

英語がうまい人で喉を使っていない人はいない(普通、声が良い)

PHILJOYさんの英語発音サイトを初めてみた。きっかけはTWITTERだ。 そして、サイトを見てみるとPHILJOYさんが英語を実際に読んでUPされている。で聞いてみるととても上手だし、(きっと無意識の)英語喉だ。よく聞くと、あ、い、う、え、お、それぞれに一個の音色しか使われていない。例えばMAPもCUPも同じアで発音されている。それでも喉のアクビエリアを使われているので、上手に思える。スペイン人の英語が通じるのと同じだ。THもPHILJOY氏はDで代用されているが、通じる。 http://geocities.yahoo.co.jp/gl/shaberum/view/200707 まず思ったこと。なぜ、今まで、「英語発音」でGOOGLEしても、見つからなかったのか?このBLOGでも3年間、英語発音について書きまくっても、GOOGLEして、箸にも棒にもかからない。 思うに、英語発音でひっかかるトップランキングの人達は、自分の音声をUPしていない人が多いのだけど、そういう人達が、実際の音声をUPしている人のサイトをリンクしないということがあるのではないだろうか? 普通、英語発音を語る人達の間では自分の発音をUPすることはタブーだ。そのタブーを私もPHILJAYさんも、思いっきり破っている。天満さんもそうかな。 二つ目に、PHILJAYさんは、喉発音だけど、微妙に口発音的なところもあり、その部分が、英語喉を実践しているものとしては、喉ブレーキがかかっているように聞こえて興味深い。首の一番深いところを使うRなどは、やや声が小さく聞こえる(急にそこが消えたようなかんじに聞こえる。例 MORE のRとかYARDのRが消えたような感じ)。 口発音時代の私の発音と激しく似ていると自分では思ったのだが、なんとなくPHILJAYさんのほうが、口発音時代の私よりもうまい?って感じだ。 参考 私自身のBEFORE EIGONODO  http://www.estat.us/kaz/eigo/KAZBEFOREAFTER.wav PHILJAYさんは英語喉にどう反応されるのだろう、、、??? 確か天満さんも、最初は、英語喉うさんくさいと思われたらしい。 PHILJAYさんは、TWITTERでは私の英語音声を聞いていただき、軟口蓋と鼻腔をうまく使っているとほめていただいたのだけど、実は、主に喉しか使っていない。軟口蓋を使うと口発音になり、日本人英語になるだろうし、鼻腔を使うと宇宙人英語になると思う。自分では、日本語を喋るときは口発音、英語は喉発音で、その違いをはっきり聞いてもらおうという意図はある。 ピンと来て頂けるだろうか?PHILJAYさんは、私が(無意識のうちに)軟口蓋と鼻腔をうまく使われていると思われている。私は私で、PHILJAYさんが、喉を(無意識のうちに)使われていると上に書いた。すれ違いになる可能性だってある。 結局、英語喉って響きを加えるだけでなくて、その響きの音色を個々の音の弁別的要素として使うというのが革命的なのだろう。じゃないと響きの部分はOPTIONでやってもやらなくてもいいってことになるからね。 いずれにせよ、英語のうまい日本人は必ず声の響きが良い。 これだけは真ですね。 声が平らなのに英語がうまい人は存在しないですね。 ここに書いたことを英語で喋ってみました。 www.estat.us/blog/hana.wav  

運転のパラダイムシフト 喉革命ににとるよ

最近、引越しをしているのだが、トラックを借りた。借りるときに、ネットでサイズ10を頼んだのだが(単位に関してはよく意味がわからないので、世界単位認定協会に今度聞いてみる)、言ってみたら、「うちには10が1台しかないんじゃ。もう貸してしもうたけん、16にしてくれ」と、レンタルカー屋の兄ちゃんが、「得したじゃん、10の値段で16のサイズが借りれるんじゃけん」と言った。   私はそのサイズ16のトラックを見たときに、その兄ちゃんにばれないかとひやひやしたが、実は、体がすくむような気がした。   これ、ダンプじゃんか。わしや、ダンプのウンちゃんじゃないじゃけど、、、。   体から全ての血が引くようじゃった。   え、、、これでアメリカの首都圏のフリーウェイをはしれーゆうんか。恐い。   まさに、断壁会尺泉水の思いであった。   *    注 時々、エッセイ派知識人(例 国家の品格の藤原氏や、博学の王者、渡部昇一氏)に対抗するために、勝手に熟語を捏造します。   とはいえ、出発進行。   実は以前の自分ではない。すでに書いたことがあるが、運転の仕方を変えていたのだ。その変化は英語でいうなら喉革命に値するものだった。   ダンプがなんだ、、、。   その新しい運転法とは(すでに述べたが)、道路にとらわれず、周りの車に当たらんように、運転することだ。   えー、どういうことか?と声が上がったのが、今聞こえたので、解説する。以前は、道路を見て運転していた。これは教習所で習ったやりかただ。さらに試験でもやった。  …

グローバル時代の学び方 1質問2ドルでハンガリー人のIT家庭教師をゲット

新しい挑戦 コンピュータプログラミング 自分は統計データ分析ソフトのSASプログラミングを20年やっているので、さすがに、SASなら大丈夫なのだけど、その他のよく名前を聞くプログラミング言語は、挫折ばかりで、全然できません。 とはいえ、昨年あたりから、やっとSQLは、ちょこっと仕事で使うようになりました。なぜかというと、統計分析の仕事というのは、8割がデータマネージメントで、その半分が、データ会社がくれるデータの問題と格闘するという内容だからです。 連邦政府とのコントラクトの仕事は、データ自体を集める小さな他の会社とチームになってするのですが、だいたいIT系の会社というのは、データを集めるのは得意ですが、それを分析できるデータ形式にはしてくれないことがあります。 統計分析に関する知識はない場合が多いと思いますし、そもそも、どのような事情でどのようなファイルにしてほしいかが伝えにくいということもあります。 ですから、ややこしいRELATIONAL DATABASEを、どかんと、はい、どうぞ、とくれるのですが、そこから格闘が始まります。 はい、これデータディクショナリーね、と、なにやらSQLのソフトから自動的にどかんと出力(?)したようなものをくれて、あとはグッドラックって感じです。 分析する側の感覚ではデータディクショナリーというのは、データを見た人がそのデータを確実に理解するための情報がはいっていて、実際に、人が考えて書き上げたものをデータディクショナリーと呼ぶのですが、、、 ま、データを集める会社と、分析しレポートする会社が違うということです。 それは、連邦政府の仕事は、大きな会社に一つの仕事をどかんと託すスタイルではなくて、複数の会社に機会を与えるというのが目的の一つだからだと思います。 特に、小さい会社(スモールビジネス)に機会を与えるというのが連邦政府の使命の一つなので、入札のときに、スモールビジネスの会社をパートナーとして含めるという指定があり、また、その会社がマイノリティーのオーナーだと、入札で有利になります。 そういうわけで、繰り返しになりますが、データを集める会社と分析する会社が別になってしまうことがあるのです。 データを集める会社は、IT系で、SQLとかPYTHONとかPHPとか、そういうのを使います。一方で分析する会社(自分がいる会社)は、心理学とか社会学、教育学系のトレーニングを受けている人が普通で、分析はSASとかSPSSです(統計ソフトの名前)。 文化が違うし、話し方さえ違います。 コミュニケーションが非常に難しいので、自分は、IT系の人たちの文化やスキルを理解することで、仕事が楽になるんじゃないかと思ったので、SQLとPHP,PYTHONを勉強し始めました。 ところが、どんなに本を読んでも、うまくいきません。一度、英語喉実践者のかたに指導していただいて、やっとMYSQLが自分のラップトップで走らせることができるとこまできました(ありがとうございます)。 PHPやPYTHONは本通りにやっても、エラーメッセージがでるんです。それは、例えば、PYTHONだとVERSION3が今新しいと思うのですが、ネットや本にある情報はVERSIONがちがったりします。 本どおりにやってもできない、、、ということに気がついてきたときに、元アップルで現在作家の松井ひろしさん(https://twitter.com/Matsuhiro )が、upworkというサイトがあって、世界中からIT系のコントラクターを雇うことができるというような内容の情報を流されていました(もしかしたら、そういう情報を流したかたのポストをRETWEETをされていたのかもしれない)。 そこで、さっそく、そのサイトで家庭教師を応募しました。値段はいくらでできるかオファーしてくれと言いました。翌朝までに30人ぐらいの応募があり、あるハンガリーの人が、特に推薦されていたので、その人に頼みました。 その人は1質問を2ドル(約250円)で答えてくれるということでした。 これまで4つ質問をしたのですが、3番目の質問は、PHPをどうやったら自分のラップトップで使えるの?というものです。 これは、自分で本でやろうとしても、無理だったんです。全然わかりません。分からないまま時間がすぎていきます(1時間?)。 ところが、その方が答えてくれた通りにしたら10分程度で解決しました。 内容的には私が使っていたXAMPPを消して(これは英語喉実践者のかたに教えてもらったもの)、WAMPをインストールせよ、、そして、分からんかったら、このサイトを見て、、という簡単なものでした。とりあえず鵜呑みにして、したがってみました。すると、やりたかったことが、すぐにできるようになりました。なんとPHPのプログラムが書けました!PC上で書いたものを、本サイトのフォルダーに置いてみると、なんと作動しました。…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.