Skip to toolbar

自分にとっていい声とは

日本語で「いい声」について話をしてみました。

実際のところ、英語喉をすれば、声の響きが良くなると思います。絵をクリックして、私のオンラインコースについて読んでみてください。

Related Articles

文法は大切かどうかという議論のクリティーク

このブログでは、できるだけ、思っていることをずばり言ったほうが面白いと思うので、ずばりと書きます。カウンターによると1日300人ぐらい?のクリックです。これが、1000人を超えるようになったら、もっと社交辞令で書きますね。 さて、文法が大切かどうかとう議論が時々あるけど、結局のところ、文法が大切だという人も、そうでないと思っている人(会話が大切と思っている人?)も、両方とも、英語力に限界がある。どっちみち、英語が聞こえないし、英語が通じないことが多いからだ。英語喉をやっていない場合は、そういうものだ。いや、それでも通じるとか思っている人は、たまたま喉に重心をおいて話しているか(それはそれで素晴らしい)、あるいは、日本にいるネイティブが日本人英語になれているかのどちらかだと思う。 <ビジターが一日千人以上になったらもっと社交辞令度を高くしますね。> 全然、自慢ということではない。私のまわりのノンネイティブは皆そうだが、私は、英語を日本語と同じレベルか、あるいはそれ以上で喋ることができる。日本語と同じかそれ以上で書けるし、読むのも、できる。そして、繰り返すが、私の周りのノンネイティブは、それが当たり前で、何度も書くけど、中国人は若手でも、それが当たり前である。それは、英語喉状態(少なくともシラブルを知っている)で英語を中1のときぐらいからノンネイティブは勉強しているということと、あと、英語がとても簡単な言語であるということだ。 さて、この立場から発言する。 日本人が文法だと思っている事項の99%は語彙の事項である。本当の文法は1%ぐらいだ。それほど本当の文法事項は少ない。 99%は語彙といったが、言い直す。そのうちの20%は喉発音の問題だ。例えば、英語喉では、動詞の最後につけるEDをトみたいに無声音で言うか、ドみたいに有声音で言うかを説明しているが、これは、日本では、文法問題と思われているが、実は喉発音の問題だ。正しく、喉発音をしており、3ビートをしていると、自然にトとドの違いがついてしまう。それは、そうしたら楽だというほうに音がなるからだ。 例えばLIKEDのDはトのように発音する。日本人は、文法項目と思い込んでいるので、単語の最後がKのときは、トだみたいかことを言って、生徒をテストするだろう。しかし、喉発音と3ビートを実践していると、自然にトに落ち着く。K(アクビエリア発音)のあとにD(ゲップエリア発音)を言うのは面倒だからである。 AとANの違いは、日本ではまたしても、文法事項である。しかし、実際は、母音の前でAを言うのはしんどい。Aで急ブレーキをかけて、それから次のAを言うのがしんどいからだ。ネイティブは、喉の奥でスムーズに音をつなげるからである。だから自然と楽なANになる。 A APPLEと喉発音と3ビートをちゃんとしながら言うと、しんどい。しかし、AN APPLEだとしんどくない。 もちろん、これらの例を口発音、日本語発音でいうと、どちらが言いやすいということにはならない。だから、ドライな暗記問題としてしか処理できない。  さて、これらは日本人が文法と思っているものが、実は喉発音の問題だということだ。 もっと大切なのは、実は日本人が文法だと思い込んでいるものが、語彙の問題だということだ。これは悲劇的な結果をもたらす。だって、語彙の問題なのに、文法だと思い込むと、覚えることが、数倍に膨らむのである。 たとえばだが、TOということを教えるのに、日本人は、TOの用法としょうして、下手をすると7つも8つもあるという。TOの副詞的用法がどうの、TOの空手馬鹿一代的用法がどうの、と色々である。 しかしTOはTOなのである。言い換えたい。大切なのは、英語を実際に使うなかで、中学校1年2年ぐらいの知識を手がかりに+聞いたことを手がかりに、自分のなかで、TOの使いかたを体験的にマスターすることである。 というと、よく、他人の英語を聞いて、「この人は耳でまなんだ英語だな」とクリティークする人がいるが、そういうことではない。現在の状況では、英語喉なしでは、英語をどう学ぼうと、英語は難しい言語だ。 日本の言語の専門家の悪い癖は、何々は、こういうときはこういう意味、あのときはああいう意味と、永久に分類?し続けてしまうことだと思う。 例えばである。「私」はIだ。しかし、言語学者の真似をするなら、こうなるだろう。英語のIには複数の用法がある、、、と。 日本語で「わたくし」にあたるときのI 日本語で「俺」にあたるときのI 日本語で「拙者」にあたるときのI というふうに。 これを実際に日本の文法ではやっていると思うが、以下のITの例だ。 それをさすIT 天気をさすIT…

英語の場合、「うなづき」不要論

私は英語喉で100%聞き取りができるという状態になってから、相手の話と途中でからんでしまうという悪い癖がついてしまっている。相手の喋りをのろく感じてしまい、待っているのが面倒だからだ。おそらく口発音時代、自分が会話に入り込めなかったという経験があり、今では会話の中心になりたいなら、あまりに簡単になれるために、調子にのってしまっていた可能性がある。息を吸いこむだけで、相手がこちらを見る。 やっぱり英語はスピードが遅い。それから、ちょっと聞いたら、だいたい、何をいうのかが半分ぐらいで分かってしまう言語だ。喋る内容が難しければ難しいほど、いつもの仕事のことなので、逆に分かりやすい。だから、思わず、喋り始めてしまう、、、しかし、これは悪い癖であり、直したほうがよいと思うにいたった。 逆に日本語は理解が難しい言語だ。最後まできちっと聞かないと分からない。 日本人と電話で話をしているとこのことが良くわかる。相手の言っていることを最後まで待たないといけない。 さて、英語におけるうなづきもあまりいらないということが分かる。 日本人は、会話をしながら、「はい」とか「うん」とかを多用するが、英語ではそうでもない。相手が言うことを最後までだまって聞いているのが結構普通だ、、、ということに気がついた。 一方、私は日本語の癖がついてしまっているようで、YEAHとかなんとか、言いすぎだということに気がついた。さらに、そもそもYEAH(イントネーション下がる)と言ってしまって、あれ、これ間違っていると思ったりだ。だって、相手が、週末に映画を見たんだといったときに、YEAHとイントネーション下げながら言うのは変だろう(が、うん、、、という意味で思わず言ってしまっている)。だって、私のことではないのだから。YEAH?と感じならいいと思うが。 でもくせで、YEAH YEAH言いすぎだと思うにいたったので、今後は、しない。 日本語でうん、うん、、、という意味つもりでつい言ってしまう。 英語ではYESは肯定と言う意味だけど、日本語で、はいとか、うんは、「はい、聞いています」という意味だろう。 YEAHとかア~ハ~を言ったらいけないということではないけど、日本語感覚で、相手が何か言うごとに言う必要はないということだ。 日本語で、なぜ、はいとかうんを多用するかというと、日本語は、情報の伝達スピードが遅いので、ちょこっと何か言うたびに、伝わっているか確認するためじゃないかな? 英語だと、I LOVE YOUの3つのシラブルだけで、情報が伝わるけど、日本語では 私は(うん)、あなたを(うん)、愛しています(うん) <16シラブルぐらい?> と言う具合に、時間がかなりかかるので、そのたびに、「は~い、言っていること分かっていますよ」と確認する、、、これが日本語の会話じゃないかな。 無線で、「ロージャー」とか「了解」とか、「どうぞ~」みたいな意味? ね~ も同じ機能を持っているのだろう。 私はね~(うん)、あなたをね~(うん)、愛してるよね~(うん) 日本語はシラブルが多いので、要所要所で、「おい、聞いてるかい?」ってのを確認しながら喋るのだろう。 小学校とかの集会で、校長先生が喋りだすと、女子が、ばたばたと貧血でたおれまくったのを覚えているが、何か関係あるだろう。ね?とかがなく、うんと言わなくてもよくて、先生の話を聞いていると、シラブルが多くて、伝達のスピードが遅いので、頭がぼ~~~としてくる。 20年以上前に、CUNYの鶴見教授がCNNに出たときに、人が喋っているときに、うん、うん、うん、うん、、と先生がうなづき音を出されるので、不思議だった。…

英語はストレス言語ではない

英語はストレス言語ではない。あまりにも当たり前すぎることだが、THISをどうストレスをつけてよもうがTHISは他の意味にならない。THIS IS A PENにしてもストレスのつけ方を変えてもTHIS IS A PENはTHIS IS A PENである。もちろん、THISを強調すると「これは」が強調されて、そこに重心が置かれることになるかもしれないが、これは英語だけではなく日本語でも同じことであるから、そういうことをとりあげて、英語はストレスが大切だということは意味がない。 ストレスの位置が違うと意味が変わるというのも迷信だ。そもそもそういう単語があまり英語にはない。RECORD(記録する)とRECORD(レコード)の違いは、発音の違いである。これらの二つの単語を発音するさい、ストレスが違って聞こえるのも気のせいであり実際は、RIK(前者)といったときのIが首の根元で発音する音(IFのI)と同じであり、深みがあるために、音程が下がって聞こえるためだ。REK(後者)の場合は、その深みがそれほどない。 実は発音が違い、発音が違うと喉の発音位置の深さが同時に違う。だから、音程が変わっているように聞こえるし、また実際、音程が変わることが多い。 音程が高いと、人間はまるでストレスがそこにおかれたような錯覚を覚える。しかし、ソフトウェアでチェックすると、別に音量が違うということでもない。実際、そんなことは英語を聞いていれば分かる。 英語喉をすれば、個々の音が首の底なのか(例 R,Y,D,W)、ちょっと上のほうなのか(例 L,S,T,V)だけを覚えるだけで、英語のイントネーションが正しくなる。SITという例でいうと、シラブルの中において(高ー低ー高)という英語として自然なメロディーが生まれる。 ストレスが大切だと信じてしまうと、何万もありそうな英語の単語の一つ一つに対して丸暗記をしなければならず、これでは時間がたりなくて、英語がマスターできない。 そもそもストレス(強く読む位置)は暗記しずらい。 例えば、私が、あなたに、あいうえおの「い」と「え」を強調してくだいねと頼むとする。たぶん、明日になったら忘れているだろう。いや10分後には忘れているだろう。 覚えにくいものというのはある。 人の顔は以外とすぐ覚えてしまう。脳のメカニズムに関係しているのだろう。 日本人は、覚えにくいものを一生懸命覚えて、英語ができない、できないと悩んでいる。 ところで、実際に、そのストレスというのを使いながら英語をしゃべるなら、気持ち悪すぎて、英語圏で就職活動をしているとすると、危険人物扱いされて就職できないと思う。

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.