英語では、相槌とか、頷きをしないのがとても大切

英語では、相槌とか、頷きをしないのがとても大切です。

日本語では、「そうなんですね~」とか、言いますので、Reallyとか、Wowとか英語でも言いたくなりますが、我慢します。会社の電話会議で、うんうん言っているのは、日本人である自分だけでした。周りに大迷惑になります。電話では言うかもしれませんが、それでも日本語の会話よりは少ないと思います。

ただ、これはやめるのは簡単です。Reallyとか言わなければいいだけだからです。でも自分はどうしても慣れないので、声を出さないようにしながら、首をふったりで代用しています。

もっと大切で実践が難しいことがあります。それは、アメリカ人の頷きを期待せずに話すこと(米国人は意外とうんうんとか言いません、、これが日本人には耐えられないw。「聞いているの?」って感じです)。日本人としては、リアクションしてほしいわけですが、それを我慢します。

リアクションを期待すると、日本人の英語では、語尾でいちいち音程が上がり、0.2秒ぐらいの空白が生まれます(相手のリアクション用に、日本人は、声を止めます。そこで、アメリカ人のほうが、日本人の話が終わったと思って、発言権を奪ってしまいます。そして、えんえんと話します。

だから、日本人とアメリカ人が話すと、アメリカ人ばっかりが話すという状態が生まれます。コツは、まるで自分に言い聞かせている感じで英語を話すこと。つまり独り言を言うように英語を話すことです。自分に言っているのだから、語尾が上がりません。また、緊張もしなくなります。独り言を言うのに緊張する人はいません。

衝撃の事実ですが、英語では、独り言も、普通の会話も英語が同じなのです。だから不都合が起こりません。
What time is it? 人に聞く時
What time is it? 独り言の時

日本語ではどうでしょうか?
今、何時ですか? 人に聞く時
今、何時かなあ? 独り言の時

さて、オチです。実は日本語でも方言の場合は、以外と英語と同じです。私は広島出身ですが、広島にいる妹と話していると、まるで妹は独り言をいうような感じで広島弁を話します。田舎出身のかたは、方言を話す感じで英語を話すとうまくいくと思います。

本件、一応、私が発見しましたw 外国人は結構気付いています。日本人の頷き、相槌は度を過ぎている、、と。なぜ、日本人はウンウン言うの?とか思っています。ところが、相槌を期待して日本人は話すから、語尾で音程が上がるとか、一瞬、息と音が止まるとかは、自分が気が付きました。

衝撃の事実だと思いますが、YOUTUBEなどで、ドラマや普通の英語の会話を見ていただくと分かると思います。日本人の会話は、キャッチボールのようで、相槌が多いのも、気づくと気づき出すと思います。アメリカ人の会話はトランシーバーの会話のように、やや長めのエピソードの応酬のようです(相手が話している間は基本し~んと聞きます)。

英語喉オンラインコースへ飛ぶ(ニュースレター登録をお願いします)

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.