Skip to toolbar

朝から雨のバージニア州

バージニア地域ではハリケーンの影響で朝から雨です。日本を思い出しました。

小学校の時は雨靴というのがあり、また普通の靴で登校すると靴の中まで濡れてしまっていました。

普通アメリカで雨が降ると一時的に終わるように思います。傘をささない人も多いのは、自動車に乗る事が多いのと、雨はすぐやむ、、、という考えからかと思います。

日本って雨が一日中降りますよね。今の時期だと水田も広がっていると思いますが、情緒があったように思います。たまに思うんですが、DC地域に住んでいると、殺風景だな~と感じます。一度、バージニアからカリフォルニア・ネバダまで自動車で横断したことがあるんですけど、アリゾナぐらいまで殺風景が続いたような気がします。

FBで殺風景USAというシリーズで、殺風景な写真を投稿していたら、日本の友人に好評でした。)殺風景という言葉、英語でKiller sceneryというと逆の意味になる(と思う)ので、面白いです(素晴らしい景色という意味になりそうです)。

朝から雨が降っていたので日本の風景などを思い出してしまいました。

Related Articles

あいまい音

メールでいくつかの質問をいただきました。従来、あいまい音とされている音に関して、あれは実はルート音なのでしょうか、あるいはu_でしょうか、、、というご質問・ご指摘がありました。後者のほうが多くの場合、正しいと思われます。    辞書であいまい音とされている音は、u_であることが多い、、、というのは確かだ、、と感じます。i_であることもあるように思います。    私としては、これまで、それこそ、あいまいに、適当に発音していた音の正体が分かり、自信を持って発音できることがうれしいです。皆さんも同じ体験をされていることと思います。    それから、同じかたから、辞書の発音記号をどうとらえたらよいかというご質問を受けましたが、これは大切なトピックなので、Q&Aで解答・回答させてください。    従来の記号とネイティブメソッド発音記号の対応表を作られたかたがいらっしゃいましたが、そのかたいわく、全然使っていない、、、ということでした。かわりに、私達のアドバイスどおり、耳で聞いて、覚えているということでした。    あいまいで思い出したんですけど、英語を喋るとき、日本語にないから英語でもなんとなく大切じゃないだろう、、、って感覚皆さんありませんか?あいまい音もその一つだと感じます。日本語にはない音で、なんだか正体が分からない、、、だから曖昧にとか、弱く発音したらいい、、、という従来の説明が非常に魅力的なんだと思います。    でも英語には、あいまいな音は存在しません。全ての音が独特の音色を持っています。その音色を標準英語に関しては、ネイティブメソッド発音記号が確実に正確にとらえています。ネイティブであるジーナさんの大きな業績の一部だと感じます。    定冠詞って日本語にないですよね。だから、上と同じ論理で、なんか、英語でも適当でいいだろう、、、って態度みたいなものがあると思うんですが、結構、大切みたいです。    ところで、日本語の発音記号ってごぞんじですか?日本語では平仮名・カタカナがずばり発音記号なんです。PHONETICである、、、ということです。書いたとおり喋る、、、と。もちろんずれはあると思いますが、だいたい(80%?)はあっていますね。    外国人が日本語を勉強するときは、発音記号がいらないんです。そもそも平仮名をそのままよめば、だいたいあっている(だいたいですが、、、と言っておかないと正確にならないので)。    だから、英語のスペルが異常なんでしょうね。音を表しきれていない。でもそれを直そうとすると大変ですよ。アメリカ人とオーストラリア人では読み方が違うのだから、別々の書き方をしなければならなくなる。   

日本製ギターの歴史 (The history of Japanese guitars)

日本製のギターの歴史を好んで読んでいるのですが、分かり易いのは機種の番号に値段が関係している点。800とあれば、8万円だったとか。だいたいアメリカ人がブログや動画で英語で解説しているのですけど、いわゆる「どや顔」で解説していて面白いです。 I’ve been reading up on the history of Japanese guitars.  It’s interesting that sometimes the product numbers depend on the price in Japanese yen. …

広島にて言語観察

1242 みなさん、お元気ですか。 この日曜日の12時半は英語喉ラジオですよ~。SANPAさん、今日電話しますね。 今朝は、蚊に刺されました。日本の蚊って、跡が大きいですね。アメリカで、あんまりさされたことがないので、ちょっと動揺しました。 きんかん、ぬりました。 今日から蚊取り線香で寝ます。 さて、今朝は朝、母に英語喉を指導しました。その直後にYOUTUBEでCNNを聞いてもらったのですが、じっと聞いていて、え?効果と不安になったのですが、母曰く、 この音声は、たまたまはっきりしゃべっていて、わかりやすいやつじゃったんじゃろう とのこと。つまり音としては頭に入ってくるという状態に成功したということです。でも、まだ半信半疑のような気がします。 DCで教えるときは、その日に初めて英語喉をする人が大半で、聞こえても、感動がうすいことがおおい。あまりにもいきなりなのでだと思います。 父には昨日だったか教えましたけど、やっぱりCNNで音が聴き取れると言っています。YOUTUBEでアメリカ人の女ン子がいろいろ日本についていっているやつ(こないだ紹介した)を聞いたら、単語をぽつりぽつりと繰り返せていました。音としては聞こえるからです。 ちなみに、父も、母も英語は喋れません(70歳代です)。ただ、母は基礎英語は聞いています。 けさは、ちょっとラジオ基礎英語(ですかね、タイトル)聞いていたら、CARDSの発音は口をたてに大きく開けてとアホなことを言っていましたが、それって、ラジオ体操ののりじゃんと思った。 基礎英語1とか2とかあるんですが、2になるとちょっと難しい。すると同時に「お調子者度」が増します。むちゃくちゃハイパーな人たちが、大騒ぎしながら2を教えている。これはまえに理論化しましたね。ちょっと内容が難しくなると、お調子者みたいな解説とか、ナレーターが増える。 そのラジオ基礎英語の英語でさえ聞けない母が30分後、喉指導後に、CNNを聞いて、「これは偶然、はっきりしゃべっとんじゃろう」と本気で思っているのが不思議でしたよ。 本日は、小学校の先生に英語喉を指導させてもらってきます。昨日、父と校長先生に会いに行ったら、特別に時間をもうけていただきました。父と母が経験したようなことを経験してもらえば、きっととりいれてもらえると思います。 RONさんが、今、近くまできてらっしゃるはずで、一緒に行ってくれるみたい。 ちょうど会いにいったときに、ネイティブの先生もおられて、そのかたの日本語がすばらしかったのですが、そのかたが日本語のときは、口発音っぽく、英語のときはもちろん、喉発音だったのですが、それを校長先生が目の前で見られて、興味をもっていただきました! 中学校の校長先生にも会いにいきましたが、今、時間の調整中です。 小学校の担任の先生にも会いましたよ。でも、その先生だって広島弁を喉で発音してらっしゃる。だから、英語喉の説明が逆にわかりにくい。日本語を喉で喋っている人に対して、英語は喉なんですよと言っても、なにか通じないものがあるのです。 面白いです。広島の男は喉の奥からしぼりだすような声で、感情をこめて言葉をしゃべっています。 思うに私自身は、高校時代などから受験勉強をしたりする過程で、その荒々しい喉発音広島弁から遠のいていっていたのだと思います。 今、広島の旧友や先生たちと話すときに、私がアメリカでネイティブに対してすることと同じことをしています。 広島人と口発音でしゃべっていると、相手が私をみてくれない。平たい声でしゃべっていると、小学校時代の先生が私のほうをあまり見てくれません。親父のほうばかり見て話しています。 そこで、私も喉から豪快に喋ると、先生が私の話をよく聞いてくれます。感情をこめやすいですよ。喉から豪快にしゃべると。…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.