Related Articles

英語脳の竹村和裕氏がYOUTUBEにUPされている!

http://www.aera-net.jp/movie/interview/090623_000941.html AERAのENGLISH JOURNALの企画もあってか、竹村氏が発音講座をYOUTUBEにUPされていたので、コメントしたい(竹村氏は英語発音指導をされている専門家で、英語脳という著書がある。英語喉にタイトルが似ている!ドが違うだけだ。出版時期も同じぐらいだったかな?) 発音音声UPというのは、確か3年ほど前だったか、RON氏が私に発音UPを要求したあたりから始まったこの世界の流儀である。英語発音を教えているのに、本人の英語発音を聞かせないとは何事か?という基本中の基本を当時からRON氏は知ってらっしゃったということである。私の発音を聞いてくれたRONさんは、これは本物であると気づいてくれた。 まず、最初に思ったのは、竹村氏自身の英語が、ちょっと口発音ぎみなので、それを深めにしたらよいのになあということだった。一瞬、(ちょっと浅めで発音されているぞ)と頭で準備したら分かりだすという感じの英語です。もしろん、この一瞬の準備さえあれば、分かる英語だ。 例えばTHの音が正しくできれていない(動画の一つを参考)、、というか、日本人が思うところのTHだ。口の中で摩擦のようなものが起こっているだけなので聞いた瞬間、「あ、そうだこの人は日本人英語を喋っているのだ」と瞬時に「聞き所」を変えないといけない。母音の音は結構、深いところから出ているが、子音が浅い。 子音が浅くても、色々な英語があるからよいではないかとおもわれるかもしれないが、浅いからこそ、英語が通じにくいし(相手が日本人英語に慣れていれば別)、また聞き取りも100%になりにくい。 ただし、以下の動画では、英語喉がこの2年、声をからしてうったえている喉発音を、いとも簡単に紹介されている。2年前だと、私はいわゆる英語の専門家の一部からアホだ、既知外だ、なんにも分かっちゃないと、言われてきたし、へんないやがらせのメッセージを受け取ってきた(オーストラリアのお前じゃあ、おんどりゃあ IPアドレスで大学名までわかるんじゃけん、なーんちゃって。うらんではおりません。また声をかけてください。)。 また喉信者と言われつつも、一緒に、「阿呆船」に載ってくれた実践者の皆さんの応援もあり、色々と耐えてきたわけだが、なんと、ここに来て(2009年の夏)、いとも簡単に喉発音ですよとおっしゃっている。英語喉に書いているけどとか言ってくれたらうれしかったです、、、(笑)、、、 いや、正直なところくやしいです。   http://www.youtube.com/watch?v=luTTqa8EUQ8 あ、ちなみに鎖骨と鎖骨の間だけを意識すると、音がぎこちなくなります。これについては、どこかに動画があると思います(四郎さん、ありがとう http://www.youtube.com/watch?v=DoMODVQqEhw)。首の根元を平面的にとらえ、その全体を響かせます。 さて、響かせればよいならば、マイクでエコーをかけたら日本人の英語がうまくなるのかとなりますが、そうはなりません。響きで独特の音色を出すのです。その音色なしには、英語の音は出せません。あ、ちなみに、ロスで英語発音を教えられているアイコさんの昔の発音(喉に気づく前)は、ご本人も認められていますが、音が平たいためにRなどの音がでていません(特にPERSONのPERみたいな音が分かりやすいですね http://aikofreetalk.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/post-68f1.html) さて、その他の動画ですが、以下のENGLISH JOURNALに基づいて説明しますと、 http://www.aera-net.jp/movie/interview/090623_000941.html ◆01.有声音と無声音 有声音と無声音は英語でも日本語でも同じですから、それをわざわさ、喉に手を当てて確認する必要はありません。ただし、子音だけを発音して、それで喉が震えるかということを実験する、、、これを可能にはしますが、逆に今度は、無声音が単なる息の通過であると勘違いされてしまいます。実施、竹村先生のやりかただと、無声音が単なる息の通過になっています。 そこらあたりから子音で息を強く吐くという発想が出てくるのだと思いますが、 ◆04.子音で息を強くはく 子音では肺からの息を強め、母音だと普通、、、なんていうコントロールは難しすぎてできないでしょう。口の中で調整すると、口発音となってしまい、日本人特有のCHOPPYな英語になってしまいます。 ◆02.腹式呼吸ネイティブが腹式呼吸だというのは確実に事実と違います。これは聞きゃ分かる、見たら分かる、、、という感じですが、おそらく、喉発音からくる、重たいような、響きの濃いようなネイティブの音を聞き、ネイティブは何か特別なことをしているに違いない、、、という発想から来た勘違いだと思われます。 全く自慢にならないが、出版以来マスコミの取材の申し込みが全くない。ENGLISH…

アキさんからのご質問 第2弾

アキです、いつもお世話になります。   英単語のアクセント発音などにつき、以下3点、新たに質問させてください。     1.「英語喉発音50のメソッド」および上川先生のブログを拝見し、また自分でも喉発音の練習を続けて、英単語のアクセント位置については特に意識する必要ないことがよく分かります。ブログ上のご説明では、R,W,D,er などのゲップエリア発音する前のアクビエリア発音の母音の位置が、いわゆるアクセントである場合が多いというご説明だったと思います。   KAZ その通りです。ただし、決定論的にそうだ、、、という感じではなくて、色々な個性が3ビートという縛りのなかでからまりあって、英語の自然な感じが生まれるという感じです。プロソディとかいう表現を聞いたりしますが、なぜそのような専門用語を作り出さねばならぬかは私には分かりません。   結局、アクビエリア発音の母音の方が、相対的に高い音程に聞こえるからアクセント位置になり、強い音というわけではない、と上川先生は主張していらっしゃると思います。   KAZ 近いと思いますが、あくまでも3ビートという制約のなかで、音の個性がぶつかり合う、、、という感じですので、決定論的な予測モデルではないと感じます。いずれにせよ、考える必要はない、、、というのが結論です。    私は昔、英語の教師から、日本語の単語のアクセントは高低であり、英語は強弱であると教わりました。これは、間違っていたのでしょうか? そもそも、「アクセント」という用語そのものが、いいかげんで良くないのでしょうか。昔の発音教本などを見ると、ストレス(強勢)と混同して使われているような気がしておりました。    日本語の母音は口発音であり(英語など他言語と比べて)高音なので、英語でもアクビエリア発音の母音は日本語の音域に近く、そのため日本人の耳には低音のゲップエリア発音する母音よりも聞き取りやすくて、強く言っているように感じるということだったのでしょうか?    KAZ どの音が聞こえやすい、、、ということがあるのかどうかよくわかりません。が、アクビエリアの音でHOTのアの音は、従来の説明で、喉の奥で言う、、、とされているのが面白いところです(そして他の母音は口の中、、、と)。これは、ちょうどアマゾンレビューの一人のかたが、喉をけちょんけちょんに評するなかで、このアの音だけは口の奥のほうである、、、、と言い切ってらっしゃいますが、これがまさに勘違いですね。全ての音は喉の奥なんだけど、このHOTのアだけは、なぜか、口の奥のほうだ(まあアクビエリアに近いところ)、、、とされてきていました。まあそれは正しいわけですが、偶然正しかったわけです。ただ、ちょっとオを混ぜると上品になる、、、みたいなことを英語耳の松澤さんが言っていますが、これも勘違いで、実は単に日本語のアをアクビエリアで言えばというということです。   2.従来は曖昧母音(シュワ)と言われていた u_ (従来のIPA発音記号では e を反転させた形)は、ゲップエリアの最も深い部分を響かせる母音なので低音ですが、ここにアクセント(ストレス?)がある単語(cut,…

アキさんからのご質問 第3弾

>最近、3ビート理論の正しさが、よく分かるようになってきました。それにしても、従来の英語発音指導では、アクセントとイントネーションばかりが強調されて、1シラブルが3ビートであることを誰も言っていなかったのでしょうか? 日本人の英語が通じにくかったのは当然だ! KAZ: 本当ですね。 イントネーションが本当にそんなに大切ならば、英語は歌うと通じない、、、ということになりますからねえ。そんなことはないわけで。 >ところで質問ですが、3ビートを構成するには子音が足りない単語の場合は、左右どちらかのシラブルから子音をコピーして構成することは良く分かりました。たとえば、abroad は #u_B/Br_Au_D_ 、talent は Ta_l/li_NT となりますが、これらのコピーされた B,l などは、前後でスウィングとフォールスローを成して、普通に(長めに?)子音を言うような感じになると考えて問題ないでしょうか?  KAZ: 長めにと意識してということではないと思いますが、結果としてそんな感じになるかもしれませんね。  >確かに talent の l の場合は、前半の第1シラブルの部分だけだと、語尾のL(いわゆるダークL:この従来の言い方も変でしょうか?)のようになるのでしょうが、そんな言い方をしているネイティブを私は知りません。 KAZ: ダークLというのは天動説的なコンセプトですね。実はLの前半がそういう感じの響きがするということですね。 これまでの説では、異音という概念がありました。音が変わる、、、と。ところが実は音が違って聞こえるのは、音にライフサイクルがあること、3ビートによって、前半だけ読まれたり後半だけが読まれたりするから、、、だと。本当に革命的なパラダイムシフトですが、このシフトのおかげで、学習者は考えなくてもダークLみたいになったりします。結局、日本人や韓国人以外の英語ノンネイティブは、これまででも、このことを考えなくてもよかったわけです。 >また昔の発音指導では、football,bedroom など途中に t,d が有る英単語は、そこは口の形だけ作って(舌先を歯茎に付けるだけで)言うのを省略すると説明されてきました。あの t,d は単語の第1シラブルの最後の子音なので、喉発音理論によると前半のスウィングだけを言うことになりますが、最近はネイティブの発音を聞くと、微かに…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Skip to toolbar