米国にある韓国系のスーパーにて思う

東海岸にはH-MARTという韓国系のスーパーがあります。日本の食材、食製品が豊富です。

なんとなく、韓国系のスーパーが日本人のために気を利かせて、日本の食材を置いてくれていると思っていました。

自分が行く時は、日本の食材しか買いません。買っているものをみると、日本語がパッケージに書いてあるものばかり買っているので、日本人であることが、すぐばれます。

ところが韓国の移民のかたがたは、日本の食材も普通に買われているような気がします。

最近気がついたのは、バージニアでは日本人が少ないこともあり、H-MARTのお客さんに日本人が来ているとしても、かなり少ないはず。

つまり、韓国系のスーパーは日本人のために、日本食を置いているわけでは全然なくて、韓国系の人は日本食も韓国系の食材も両方使うから、置いているということだと悟りました(知らんけど)。

これまで日本食しか買っていなかったんですけど、何かふっきれまして、韓国系の食材にも挑戦してみようかと思い出しました。

英語喉オンラインサロン・コースへ飛ぶ

Related Articles

時代は自分の商品を売る時代に?(知らんけど)

自分は英語喉という「商品」を長い間、提唱しているものの、本自体は、商品として出版社さんに売っていただいていますが、自分でマネタイズはうまくできていませんでした。 去年の秋からやっと、英語喉完全マスターオンラインコースとして、マネタイズすることができました。自分自身の商品ですので、広告収入など無関係の世界で、広げていくことができます。

なかなか難しい喉発音

これまでの経験上、喉の硬めのかたは、英語喉で発音が向上しても、「え、帰国子女?」と思わせる感じのレベルの一方の前で止まる感じになるのだが、この最後の最後の障壁について語りたい。 私はこれまで以下のような表現をしてきた。

週末セミナーで学んだことの報告

昨日、土曜日は、お一人のかたに喉を教授した。セミナーの最初にテレビを見てもらったら、聞き取れないということでした。2時間後に見てもらったら、「はい、聞き取れます」とおっしゃって、実際に、口に出してシャドーイングできておられた。

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.