米国で大病をしたらどうなる?

知人が白血病直前ぐらいで去年は移植手術をしたりで大変だったのだけど、今日、聞いてみたら、医療費の請求は全部でハーフミリオン(5千万円)ぐらいで、保険会社がだいたい払ってくれたようです。

治療の1ヶ月ですぐに治療費が4000ドルに達し(40万円ぐらい)、それ以降は保険会社が払ってくれたということ。


一年に40万円までは自分で払わないといけないということで、その後は保険会社が払ったということなのですが、、、


もし12月に治療を始めていたとしたら、12月に40万円払い、1月は年度が変わるので40万円まで払うということになっていたということで、
病気になるにも、いつ医者にかかるかを気にしないといけないのかと思いました。


ちなみに、この40万円ですが、これは税金の控除の対象になるような仕組みがあって、給料からひいてもらっておいて、いざというときに、それを使うということで対応したそうです。自分も歯医者とかの支払いでこの制度を使っています。


定期検診をしたら会社がお小遣い的に、お金をこの口座にいれてくれますが、そのやり方がよく分からなかったりで、面倒です。


前の前の犬が死んだときは、12月に獣医に行き、一項目(肝臓だったかな)につき400ドルぐらい払ってもらえて、1月にまた、同じ項目で400ドルぐらい払ってもらったので、犬の場合は、得をしました。


犬の病気の場合は、年をまたいだほうが得ということか。

Related Articles

イギリス人はRを発音しないという神話について

先日、CELLENさんとこの話題について話していました。英語喉が出たごろに、音声学関係の人にも言っていたかもしれませんが、浮上してきた話題です。 私はCNNなどでイギリス人のキャスターが喋っているのを聞いたとき、実際Rが聞こえます。アメリカ英語のようなRじゃないけど、表現するなら弱い感じのR。 ジーナに聞くと、イギリス人のRは弱い感じのRだと。 もしRを発音していないとしたら、イギリス人の英語を聞いて、例えばPARKなのか、PAKなのか(韓国人の名前)、混乱してしまうはずですが、全然そう思うことがありません。 <片方は、パークで、片方はパクだと思われるかたもいるでしょうが、英語には「-(音を伸ばす記号)」がありません。英語は音の長さが意味に影響を与えない言語なんです。HELLOをHEL-LO~~~~と言っても意味は同じ。> ネイティブでさえ、イギリス人はRを落とすという言い方をすることがありますが、それは、おそらく、Rが弱い感じの響きだ、、ということでしょう。 例えば、日が東から昇るといいますが、厳密には、太陽は動いていません。地球が動いているんです。でも、そんなことを言っていたら、面倒です。 イギリス人のRについてやいやい説明するのが面倒なので、Rを発音しないと言っていることだと思います。 似たような例で、エルサルバドルの人のスペイン語ではSを言わないということがありますが、実際はJみたいなSで、言ってはいるんです。それを意識したら聞こえてきます。 でも、そういう風に説明するのが面倒なのでSが落ちるとかいっておけば話が早いということでしょう。 広島弁で、「じゃけん」と言いますが、実際は、「じゃけえ~」だと思うんです。それが、たまたま「じゃけん」に聞こえるのかもしれない。でも、それをいちいち指摘するのは面倒だし、いまいち、字として表記しにくいし、自分たちもあんまり深く考えていないので、じゃけん、、でええわい、、ということだと思います。 Rをイギリス英語では発音しないということを真に受けて、例えばAREをア~~で代用したら、違ってしまうということです。 またシラブルをちゃんと3ビートで言うときも、イギリス英語でもRを省略しないことは大切です。 MY CAR ISは MAIK-KAR-RIZと(アメリカ英語でもイギリス英語でも)発音しますが、RIZのところがなくなってしまうと、CHOPPY英語に聞こえます。 音声で説明しました。 http://www.nippondream.com/file/r_05_07_2013.mp3 http://www.nippondream.com/file/r_05_07_2013.mp3 イギリス英語といえばCNNではこの人(とピアーズモーガン、、とアイシャという女性もいる)。 http://www.youtube.com/watch?v=TIqkwxkiNsU

英語喉のポッドキャストについて

なにか、行き当たりばったりだが、ポッドキャストというのをやっていきたいと思う。録音機を買ったので録音が楽になった。 さて、今日の話題はこれから。この人が、今から言う最初の表現が分かるかどうかで、あなたの英語レベルが分かると豪語している。で、聞いてみたら、当然、意味が分かったのだが(ちょっと文の最後の部分の音量が小さくて聞きにくいので音を大きめで聞いてみると良い)、非常に不思議な気分だ。というのは、なんとなく、このカジュアルに発音された英語が、英語喉をやっていると、別にカジュアルでもなんでもなくて、普通の英語に聞こえてしまう。終わりのほうで、短縮したようなスペルの仕方で彼は説明しているが、私には別に短縮しても聞こえないような感覚に襲われて不思議な部分だ。音が全部聞こえるからかな??? もしこの新しい短縮したような英語も覚えないといけないとなると、覚えることが多すぎて、やる気がなくなるかもしれないが、英語喉でやっていれば、自然とカジュアルな英語もできるようになる(だって、そのほうが楽なので、自然とそういう方向に向かうからだ、、これは経済言語学とか、合理的選択言語理論いうことができるだろう。)。 いや、しかし、彼が、ゆっくりはっきりした発音を示してくれるのだが、それを聞くと、そういえば、違うかなとは思う。 彼の言っていることには真実がある。ただし、英語会話学校が「自然な英語を教えていない」という批判だけでは、解決はない。だって、自然な英語をやろうとしても、日本人は、またしても、自然な英語をカタカナ発音するだけだからだ。何をどうすれば、自然になるのか?を意識して学習するのが大切。それが喉発音+3ビートだ。 実際は、英会話学校が自然な英語を教えていないのは、自然だろうか、硬い英語だろうが、どっちにしろ日本人には通じない、発音できない、、、という状態だからだろう。そしたら、ゆっくり喋る、単語ごとに喋るで対応するしかない。しかし、この人の言っていることは聞くに値するだろう。 いや厳密には彼の言っていることは間違っているところがある。日本語では、「何をしますか?」でも、「何すんの?」でもどっちでも実際は使うのだ。だから、カジュアルなほうが良いということにならない。時と場合による。 彼が言っている英語の例は、片方がネイティブが日本人用に大げさに言っている英語(NHK英語番組英語と呼べる)と、カジュアルな英語である。前者は、日本人用だという意味で、変なわけであり、別に自然に発音するなら、普通の英語だ。WHAT ARE YOU DOING?と普通に自然に言えば、不自然でもなんでもない。 さて、では、昨日、ポッドキャスト的に録音してみたのだが、一緒のラジオを聴くというのはどうだろうか???通勤時間が長いかたとか。 もちろん、英語喉をやってから、いろいろ自由に聞くとよいだろうが、一緒に聞くというのはどうであろうか???行き当たりばったりだが、どうぞ。長いです。ラジオを聴きながら私が解説したりしています。 これは私がラジオを聴きながら英語でがんがん喋っているもの。これだと私の英語を聞くということになるな、、、。 [audio:http://nippondream.com/file/kaz_09_09_2011a.MP3|titles=/kaz_09_09_2011a] 直リンはここをクリック。 これは、ラジオを聴いてもらいながら、日本語でフォローしているもの。NPRラジオを聴いている。 [audio:http://nippondream.com/file/kaz_09_09_2011b.MP3|titles=/kaz_09_09_2011b] 直リンはここをクリック。 MASAラジオの影響もあるし、また、やったもんさんの影響を受けたかもしれない。  

Eが聞こえるかどうか

上田さんが、あるYOUTUBE動画で、さらに、ある単語の最初でEが聞こえるかどうかということを聞いてきた。 アイフォンで聞いている限りでは、自分には突然Sで始まっているように聞こえた。SUFかES-SUFかで、もめた。 自分(上川)は英語が100%聴き取れると言っているのだから、とても気になるところだ。100%と言っても、常識の範囲でだけど。自分にはSUFに聞こえる。上田さんにはES-SUFと聞こえるらしい。 正しくはこの単語はEで始まる医学用語。 そこで、YOUTUBEをゆっくりスピードで流しながら、その部分だけ録音し、そして、GOOGLEのドライブ上で、聞いてみたら、たしかにES-SUFのESが聞こえた。ところが、同じ音声をI-phoneで聞くと、聞こえない。あるいは、PC上でスローにして聞くと、全く同じ条件なのに、YOUTUBEではEが聞こえない。 GOOGLEドライブ上でだけ、Eが聞こえる。 Eは微妙に言われているが、特にES-SUFと言う風にSが二回聞こえるので(3ビートの法則)、Eの存在が確かに確認できる。これがその音声。T ES-SUFと聞こえる。https://drive.google.com/file/d/0B7AoA5fyqX_sc2h1X0ozZVM0M19TSnJhNDRoY2hmTGtrQmJ3/view さらに、2回繰返されているので、2度目のほうを聞いてみたら、今度はEが聞こえない。これは直前の単語がSで終わっていて、その後がSに続くがその間がEで遮断されていないというのもヒントになる。(S SUFと聞こえる) https://drive.google.com/file/d/0B7AoA5fyqX_sckxQSGhKRHVWNnYwbUVZeHpaZXdoUExVclZR/view?usp=sharing 今回は、どのように理解したらよいのだろうか? 不思議なのは確かに1番目の発音ではグーグルドライブ上では聞こえるのに、YOUTUBEでは同じスローモーでも聞こえないという点。 もちろん、上の音声を聞くにあたり、人によってPCの種類がちがったり、スマフォが違うわけで、聞こえ具合は色々なのかもしれない。 データによって同じファイルでも音質が異なるということがありえるらしい。最近、ソニーが売り出した製品で以下のような記事があった。 ソニーが“オカルト商品”の汚名返上? “高音質”microSDカードの裏で噂される「ソニーエスパー研究所」 http://tocana.jp/2015/03/post_5962_entry.html  

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.