英語喉セミナー成功+ぷちぷちぷっちん3ビート体感法

今日は日本男児3人と私が英語喉に取り組み、見事、喉革命を経験していただき、さらに、セミナーをしているうちに、私も含め全員が、男らしい感じになった。もちろん、喉発音をすれば、女性は女性らしくなる。そして、ゲイの人だって、その人が目指す方向により近づき、場合によっては、男より男ら強い人、女より、女らしい人になるであろう。

少なくとも、男性同士、そして20代、30代、40代、、50代といった枠のなかでは、敬語をやめたらどうだろう。敬語というのは、自分を落とす感じの喋りかたである。したがって、男らしさが低下するのである。

お父さんの男らしさが低下する、、、学校のいじめっこが、こいつ弱そうだからいじめても平気だ、、、、やつの親父も弱そうだし、絶対に、文句言ってこないだろう。いじめちゃえ、、、などという風にもなっているのではないか?

いや、敬語をやめるのが困るのならば、腹を割ったような会話は英語を使ったらどうだろう。

2時間ぐらいで、CNNみたいなのを聞いてもらい、やはり聞き取りも向上していた。てか、英語喉革命は2時間でいけるという私は完全なる自信がついたぞ。

さて、新しいアパートで犬の散歩中、なんと日本の人にあって、英語喉をちょっと解説したら、ビール飲みましょうということになり、近所で飲みながら、英語喉を語らせてもらったら、次の日に、3時間、ネットの資料で英語喉を勉強してくださった、、、という(三羽さん、間接的にありがとう!)。だから、私は、そのかたの玄関先に、英語喉と機関銃英語を置いておいた(伊達直人よりとは書かなかったぞ、、、笑)。今後の展開が楽しみである。

さて、元に戻るが本日、新しく開発した3ビート体感のためのテクニックを紹介する。ナズケテ、

ぷちぷちぷっちん3ビート体感法だ。英語喉の前半を練習を終わり、男らしい男達が、次の練習、3ビートを終えて、そのしめとして、行った練習である。

www.estat.us/blog/puchipuchi.wmv

 

英語喉オンラインサロン・コースへ飛ぶ

Related Articles

これでもか、これでもか、THの発音の仕方 舌切りスズメ「TH」教授法

山口県 英語読書多読と発音学習サイトで英語喉を紹介いただきました。ありがとうございます。 http://ds.cc.yamaguchi-u.ac.jp/~pmt99/Yamaguchi.htm さて、、、  THの発音の仕方について、色々とコツを考えてきた。もちろん英語喉にはすでに書いてあるのだが、どうやっても、指導中時間がかかる。それは、舌と前歯の当たり方の問題だ。どんなに、説明しても、強く当てすぎるので、THにならず、DやZになってしまう。

盗み聞きをしてしまった件

1231 今週末のセミナーの募集です。とりあえず英語の音が聞こえるところまで行きましょう。 http://www.doodle.com/bpxmkqvv8ufgtktm   MASA RADIOが益々盛り上がっている。 MASAさんが、相手のパーソナリティーを引き出しているようで面白い。

英語喉革命さんの疑問に答える

gorozoさんが、昨日のコメント欄で音声UPをされていたので、音声指導しましたので、見ておいて下さいwww.estat.us/blog/gorozo.mp3。  英語喉革命さんが、BLOGにて、ICARLYというアメリカの番組が日本でも放映されるということを紹介されていて(http://blog.livedoor.jp/nodorevolution/archives/51538321.html)、それに出てくる女の子たちの英語が、高速に聞こえるので、日本語よりもやはり速い?かも?そういうときもあるかも?ということを疑問を発してらっしゃる。

Responses

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.