特ダネ 英語喉以前の私の英語発音ファイルを大発見 2003年ぐらいの録音を2011年の私が音声指導!

この音声ファイルは、以下のオリンパスサイトからダウンロードできるソフトで再生できるものです。

http://www.olympus.co.jp/jp/support/cs/VT/softDL/J/dssl2up.cfm

私のサイトにも勝手の置いておきます。www.estat.us/blog/Dssl211J.exe

ただし、音声ファイル自体は2003年ぐらいあたりに録音したものと思われるので、一体、さっきダウンロードしたばかりの上のソフトで今でも再生できるのかは不明なので教えてください。また普通のWAVとかMP3に変換する方法を知っているかたは教えてください。(最後のほうで、これらの音源を流しながら、私自身がコメントをするという音声をとりました。それはMP3なので、再生しやすいでしょう。時間のない人はそちらを聞いてみてください。)

さて、以下の音声は、英語喉よりも何年も前に録音したものです。以前から、私は、もともと英語ができたのではないか?だから、できるのであって、英語喉だけではないのではないか?という言い方を聞きました。

さてどうでしょう。

まずはこれが一番古いと思う。

 www.estat.us/blog/DM10026_sociologypresentation.DSS

次にこれは、英語の発音の本が書きたいなあと思っていたころに録音したものだけど、それでも、英語喉以前です。 国際発音表記文字を信じていたことみたいです(そのようなことを言っているので)。たぶん、書いたものを読んでいるのではないかな?

www.estat.us/blog/DM10039Kaz_pronunciation_before_NODO.DSS

特に後者は、まあまあうまいですね。でも、両方とも、なにか、時々、音が消えるようなかんじ、声が小さい?って感じで、喉の奥が使えてないので、そういうふうになっている。

でも、前者の講演をしたあとに、台湾の人が私に「パーフェクトイングリッシュ!」と言ったんです。私自身もそう信じきっていた。でも今聞いてみると、口発音ぎみだし、2ビートで長い単語を言っている!アドリブで喋っているので、何かを読んでいるわけではない。

ちょっとそのあたりを聞きながら解説してみましょう。

2004年?あたりの自分自身の英語を2011年の自分が添削!

www.estat.us/blog/myoldenglish.mp3

う~~~ん。

もっと古い2003年?あたりの講演のアドリブ英語を2011年の自分が添削!

www.estat.us/blog/myoldlecture.mp3

英語喉以前の天満さんのほうが、当時の私の英語よりもいい感じがしますね。口発音ぎみですね~~~。あと、シラブル数は合っていても、2ビートで言っている単語が続出だ。

 

 

 

 

 

Related Articles

ベッド&ブレックファストの謎・怪

週末に2時間ほどのドライブで、ベッド&ブレックファストへ行ってきました。アメリカ人のカップル、夫婦がよくする週末の短い旅で、前から、会社の人が行ったとかいう話をしていました。どんなものだろうと思っていました。 http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 夜のディナーでは、カップルが複数来ていましたが、話しかけてきた人達は、結婚記念日だったそうです。 もしかしたら、日本語では、、、コッテージ?山小屋???これは、とまったところです。 行っている間に、雪が降りました。後ろになるのが、母屋で、ディナー、朝食をするところがありました。 ワインテイスティングというのに行きました。10ドルで15種類ぐらいのワインをちょっとづつ飲みました。 私はワインは良くわからないのだけど、やっているうちに、うわ~おいし~~なんて体験できないかな、、、なんて期待しましたが、、、。 同じ建物にあるレストランで食事をしたら、たまたま、となりの席にそのワイン会社のオーナーの人がいて(ポスターのように写真が張ってあったのでわかった)、へ~、毎日、自分の店で食べてるのかな~~と思って、あとでウェイトレスさんに聞くと、イタリアから、1年に一回ぐらい来るそうで、それに居合わせたのでした。イタリアで、1番の地主だそうです。 雪が降ったのもあり、寒くなりまして、暖炉に火を入れました。 コッテージというのですか?山小屋のなかには本もかざりものようにおいてあるのですが、なぜか、、、 日本の小説が、、、景山民夫さんの、ティンカーベルメモリー、、、それも、福生市立図書館のもの、、、 実際の図書館のサーチエンジンで探してみたら、、、ありました。 http://www.lib.fussa.tokyo.jp/cgi-bin/Sopcsvis.sh 意味不明です。さらに、部屋には、アメリカの南北戦争の時の絵と思われるようなものがかざってありましたが、トイレには、なぜか、、、 意味不明だ~~。 以上の写真2枚がタイトルの「ベッド&ブレックファストの謎・怪」というタイトルにいたった理由です。   雪景色がきれいでした。これは窓からとったのだけど馬小屋です。

機関銃英語の100ページあたりの素材を一緒に読みましょう!

新幹線の種類(機関銃英語100ページ) http://app.sightspeed.com/vm/uehermi2v5ew7lwur6drqv8d8ag4h2dq/bklj/ja_JP/1/ [これじゃなくて、以下を使ってください) http://www.estat.us/blog/shinkansen_files/slide0001.htm http://www.youtube.com/watch?v=-KcXVnUbzMs&playnext=1&list=PL967EB13E56835B6E&index=10 日本のからおけ(機関銃英語101ページ) http://app.sightspeed.com/vm/l2paekqpppfygf7khd7jn57rx4jveiiq/iklj/ja_JP/1/[これじゃなくて、以下を使ってください) http://www.youtube.com/user/Sampa4626#p/u/65/-KcXVnUbzMs 動画みれますか? 以下がサイトスピードからの返事です。フラッシュというのをアップデートしないといけないそうです。 本当に見れなくなっていない動画もありますが、それはいま修理中だそうです Hello, For those who cannot view any of your videomails, I would recommend installing or…

バハマから帰って来ました

バハマから帰ってきたと、電話で母に言うと、パナマ?とか言われたのですが、バハマです。 アメリカから見ると、イギリス領なので外国のはずなのですが、米ドルが使えました。さらに、現地通貨は、完全にドルと一致しているみたいでした(1ドル=1ドル)。 http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 景色はとってきた写真をごらんください。天気はまずまずでした。太陽がすかっとでているときは、海の色がバスクリンをいれたお風呂みたいな色になって気分がよい。これが一番大切だから、曇っている場合は、運が悪かったと嘆いてしまう。 これに写っている海で、スノークリングをしました。日本語では水中遊泳でしょうか?水中眼鏡と、パイプみたいなのを口に加えて、泳いでいる魚や、さんご礁の(劣化したようなもの、、、)を見て楽しむのですが、これは、私はかなり楽しいのです。 珍しいものとしては、エイというのでしょうか、泳いでおりました。ジーナはバラクーダをみたそうです。バラクーだは、水面近くを泳ぐそうですが、私は真下ばかりにとらわれていたので、見えませんでした。 (歩き方で分かるのですが)日本人らしき女性が二人いたような、、、。 これは、そのあとで、船に戻っているときの写真です。ちいさな船で、母船から、ある小島に行ったということです。 客船のたびは、4泊でしたが、一人、2万円程度です。食事などを含めてです。ただし、チップ代などを含めたり、ビーチでのツアーという感じの企画のお金を含めると、一人、4,5万円ぐらいまでなると思いますが、本土で、ニューヨークでホテル一泊するだけで3万円ぐらいかかるので、客船のバケーションが一番格安じゃないかと思います。 英語ではクルーズと呼びます。 これは、二つめに寄った港で、NASSAUということろです。 「かや」と呼ぶのでしょうか。英語ではストローですが、それで作られた手芸製品が有名みたいで、私たちも、おみやげを買いました。日本の家族に来週送る予定です。 現地の言葉は英語と、あとクレオールだと思いますが、店員さんたちが喋っていました。 残念ながら写真のとおり、曇りがち、、でした。 クルーズは3回目なのですが、今回は、フロリダから出発しました。DCからフロリダに下ること自体、2日かかりました。15時間のドライブです。全部で、1800マイルぐらい運転しました。日本縦断以上なのでしょうか???時速はだいたい70マイル(100キロぐらい)でした。うちのはダッジ車です。運転していると他のダッジ車で同じ機種に乗っている人達が、手で合図して挨拶してくれます(これはDCにいるときも同じ)。あるとき、ま~~たく同じ色の自動車が駐車場で止まってましたが、わざとジョークで、となりに、とめたのだと思います。 <タイヤが太めでしょう。日本でありえるのかわかりませんが、私の住むバージニア州では、冬の雪が降る時期、突然、高速道路のどまんなかに、子供の頭ぐらいの穴があいていることがあり(POT HOLEと呼びます)、カローラとかのタイヤの太さだと、こぽっと、一部、はまってしまうことがあります、、走行中にですよ、、、というか、実際、やられて、以前乗っていた、カローラの修理費に4万円ぐらいかかりました(90キロぐらいで走行中に、突然、穴に落ちるわけです。非常に危険です。今は、太いタイヤで安全度が増したと思います。> うちからだと、まず出発のバージニア州、次がノースキャロライナ、サウスキャロライナ、ジョージア、、、そしてフロリダ州です。 ほとんど民家がないようなルートでした。 サウスキャロライナあたりになると(いや、そこまで行かなくてもですが)、ガスステーションなどでトイレ休憩するときに、「このあたりでは、ちょっと気をつけないと」という気分になります。 それは、人種混合カップルに対する容認度が低いので。 日本では、「国際結婚」という言葉を使い、少しファッショナブルな感じですが、アメリカでは、「人種間」という言葉を使い、やや地味な感じがしますね。 ただフロリダあたりになると、いろんな州から人が集まっているので、気にならなくなりますが、フロリダは、引退して引っ越してきた老人の割合が多いので、運転に気をつけます。 クルーズでは、半分ぐらいが、アルゼンチンの若者たちでした。なにかの企画だったみたい。みんなが同じ顔に感じられてはっとしたのです。よく外国人が日本人がみな同じに見えるといいます。 あれは、アメリカが特殊なのだなと。この国はいろんな人種がいるし、白人にしても、色々です。…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. カズ先生、改めましてこんばんわ。

    今回の録音を聞いて、カズ先生も喉発音を知る以前はこんなものだったのかと、失礼ながら少し驚き、近親観が湧きました。(笑)
    数年前まではカズ先生も、English ならぬ Japlish で話されていたのですね。
    台湾人は親日的な人が多いので、お世辞を言われたのだと思いますよ。彼らは大陸の中国人とは違って、英語の下手な人が多いみたいです。日本による占領統治の悪影響でしょうか。

    改めて、英語発音における3ビートを守ることの重要性を感じました。
    英語は、個々の音の発音も重要ですが、それ以上に、1拍が3ビートであることを守るのが重要なのですかね?
    従来の発音教本には、アクセントやイントネーションの説明ばかりが多くて、3ビートの説明が無かったのは不思議だと思います。

    以上と関係しますが、今日久しぶりに英語喉の本を読み直してみて、以下の2点に気づきました。

    (1)P141 上から4行目の「グループ子音、カップル母音は1シラブルとみなし、1拍で読む」の部分は、「1ビートとみなし」のミスプリントではないでしょうか?

    (2)Lesson36 グループ子音が連結部分にくるとどうなるか に説明のある、people, table は、それぞれ P-I-P/Pl-#-#, T-eI-B/Bl-#-# で両方とも2拍の単語になっていますね。
    しかし、これはそれぞれ、P-I-Pl, T-eI-Bl と1拍で言っては間違いでしょうか?
    私の持っているオックスフォード英英辞典には、そのようなシラブル分けに表示されています。
    それとも、1拍で言った方が語尾が短く、2拍で言った方が長くなるが、どちらでもかまわないということでしょうか?
    私は、1拍で言った方が楽に感じますが。

    それにしても、昔から日本では、英語は早く喋るべき言語だという誤解が存在していたのは、なぜだろう?
    日本語の方が、実際には、1拍2ビートで早口ですよね?

    以上、よろしければご回答を、お願い致します。

  2. アキさん、自分で自分の英語を聞いていて思い出すのは、この英語で、自分の英語が完璧であると思っていたということです。笑えます。

    中国人の人はなまりがあっても、聞き取りなど100%当時からできていたのですね~~。

    (1)のご指摘、これは間違いかな、、、ちょっと見てみますね。もう一箇所、英語話者を英語人とか何とか間違って書いてるとこがあったんですが、それがどのページだったか、、、

    (2)これは英語喉で正しいようです。この件は私も不思議に感じていたので、ジーナに確認したのを覚えています。

    日本人の喋る英語、速いですよね。私自身の英語も速い速い。それはやはりシラブルという弾丸に音を2個だけつめたら発射準備完了になるからでしょうね。

    英語は少なくとも3つ詰めるので、火縄銃みたいに遅い、遅い。

  3. 上川先生こんにちは
    私は初心者ですので、アキさんのように素晴らしいコメントはできませんが、
    アキさんと同様に、先生にも以前あのような発音をされていた時期があったのだと思い、自分も少しでも変わることができればと思いました。
    あのような先生の解説を聴くと、理解しやすく、真似しながら、このまま継続していき、yotubeのこれまでのレッスン映像も見ながら勉強したいと思います。
    今、二回目として、英語喉を読み返しています。
    まだ正直、自分で、きちんとスリービートになっているとか、シラブルがあっているとかは分かりかねる状態です。
    とりあえず、サルまね、予想をして、していこうと思っています。
    自分で、ある英文を、先生のように、P-I-P/Pl-#-#, T-eI-B/Bl-#-#のような発音を書いて埋めていけるまでにはなっていません。
    将来的にはそうなれるようになりたいとおもいます。
    今後とも宜しくお願い致します。