Skip to toolbar

日本語論

主観的だといわれればそれまでだが、皆さんはどう思うだろうか?

日本語は圧倒的に表現が多様だ。英語は非常にシンプルでありえる。

もちろん、わざと多様に使うことができるだろう。言語学者と呼ばれる人には、わざと日常的には使わない表現を、机の上でつくってみて、ね?言語って多様で豊富でしょ、、、とみせるひとがたくさんいるが、そういうことではない。

例えば、THIS IS TASTYは、アメリカでもイギリスでもオーストラリアでも同じ表現だ。ISが他の言葉にならない。ところが、日本では地域によってちがうし、また時と場合によっても多様だと感じる。

私の仮説はこれである。日本語は、感情を移入するのが難しい言語である。口発音だから、平たい音しか出しにくいので、悲しみ、楽しさ、うれしさ、色んな気分、、、を音色に託すことが出来ない。例えば、笑いながら日本語を喋るのはやや難しいので、水戸黄門のように、セリフを言い終わってから、わははということになる。

ところが、日本語以外の多くの言語は、喉発音なわけだが、感情がすーっと音色に出る。悲しそうな声、楽しそうな声、、、。

だから、感情のニュアンスを語彙で表す必要性が低い。

よくREALLYという言い方にも5種類あるとか言って、学者と思われる人達が、音程によって意味をとろうとするが、実は、音程以上に、喉発音の音色で人類は色々な感情を表している。

だから、実はREALLYの発音の音程パターン、イントネーションがこうだったら、こういう意味ということではないのだ。

あるいは、MUSTとSHOULDの違いは、こうだ、ああだ、と日本人が定義する。しかし、実は、紙の上で、辞書長で定義できる違うよりも、より大きい度合いで、その単語が発せられたときの、声の音色というのが意味に関係してくるのである。

私はつい最近まで、その声の音色というか、こめられた感情を無視したまま英語を聞いていたように思う。

その結果、例えばだが、アメリカ人が命令形で何かを言うと、意味なく、腹がたつことがあった。しかし、同じ、例えばOPEN THE PAGEでも、音色を聞いていると、それが、かならずしも命令ではないということに気づいた。

一方で、日本人は、やれ、動詞の現形の前にYOUをつけたら、丁寧になるだとか、PLEASEをつけたら、こうなるだとか、そういうことを考えてきたのだが、それは、口発音だからこそ、感情が声に入れにくい言語を持つ話者の発想ではなかろうか?

実際、スペイン人、スウェーデン人などはそのような細かい文法論議をしていない。

日本人とアメリカ人の表情を見ていても、日本人のほうが、圧倒的に、表情が豊かである。例えばだが、私の会社のカフェテリアは、韓国人が経営している。なにかが切れていると、その女性が、苦しそうな表情で(あちゃーって感じ)あやまってくるが、これは日本でも同じだと思う。一方で、アメリカ人の人達は、ぼーとした顔で働いている。

日本人は、お互いがいきいきとした顔をしていないと、納得しないところがある。だから例えば私が行った小学校では、挨拶運動というのがあり、毎日、毎夕、いきいきとして、笑顔で挨拶をしなれけばならなかった。

それは、口発音なので、感情を言葉の音色自体に入れにくい、、、だから、顔の表情でフォローするという習慣なのではないだろうか?

私は自動車で音楽を聴いているときに、長調の曲だと、歌詞を無視して、あ、これは明るい音楽だなと勘違いする。単調の曲だと、歌詞を無視して、あ、これは暗い悲しい音楽だなと勘違いすることがある。

ところが、ジョニーキャッシュなどの音楽を聴いていると、長調なのに、実はとても悲しい歌詞であることがある。あるいは、ボブディランでもそうだ。

長調なので、日本人的な感覚では、明るい歌と勘違いしてしまうが、歌詞は悲しいし、よく聞くと声も悲しいのだ。

代表曲はこれだろうか。ボブディランの歌だ。

http://www.youtube.com/watch?v=RZgBhyU4IvQ

これまで、世界で日本人が理解されにくかったのは、声に感情を込めることができないからではないか?

ネイティブは日本人の英語に抑揚がないと言うとき、それは実は音程のことをいっているのではなくて、感情がないと言っているのではないだろうか????

それを勘違いして、日本人は音程を極端にしたり、強く読んだり弱く読んだりしているのではないか?

Related Articles

ファーストガイジンジャパニーズ カズ

さて、MASAさんが、MIXI日記でLANG-8の使い方を紹介されている。かならずしも、教科書どうりのものだけではなく、MASAさんが工夫されている様子が分かる。以下は、ライティングの練習だが、これはスタンダードな使い方のようだ。MASAさんが書く。ネイティブが無料で添削する、、、なんと夢のようなシステムだ。 http://lang-8.com/266050/journals/923043/The-Deadline-is-Almost-Here%2521 80年代に英語を勉強した私にとっては、英語の勉強は無料なほうが普通だった。留学生が助けてくれたからだ。今は、ONLINEでできるのか~~。 さて、昨日は、DCの日米協会のディスカッションイベントに参加した。日米協会とは、http://www.us-japan.org/dc/  に詳細があるが、アメリカ人に日本の文化を紹介したり、日本人とアメリカ人の親睦をはかる団体だ。 昨日は、地震と津波後の日本を語る会があり、15名ぐらいの参加者で、会長さんが、この機会を利用して、日本は変われる可能性があるのではないかということを話された。 地震と津波の件で、この機会を、日本社会の変革につなげるというのは、私にとって新しい視点だったのでとても興味ぶかかった。 昨日の英語喉革命さんのBLOGなどとも関連してくるのだが、日本は変わっていかないと今後大変だということを再認識した。 例えばだが、今回のことで、先週あたりから、原発が実はメルトダウンしているというのだ。いや、していたというのだ。それも最初のあたりからメルトダウンしていたという。 え???そんなことは聞いていなかったが、、、。 そもそもリスクに対応するさい、リーダーが60歳代というのは無理があるのではなかろうか? オバマ大統領は40歳台だ。私自身とそれほど年齢が変わらない。 日本の構造を変えないと未来はないのではないかと強く感じた。話を聞いていると、他の東アジアの国々は若い層を生かすかたちで、国際化に成功しているという。日本は全然変わっていない。 しかし、リーダーがなぜ60歳代かと考えると、我々日本人は、教育レベル、スキルレベルにおいて決定的に遅れがあるのではないだろうか?だって、本格的に経験をつみ、学び、、、としていると60歳ぐらいになってしまう。そもそも、中学、高校は暗記主義、受験主義、大学はなんだかわからない状態だ。 だから、普通の日本人が本当に役立つ知識を見につけるのは大人になってからだ。するとリーダー的立場になるのが決定的に遅れる。最近では大学を卒業しても、なかなか経験を積めて、スキルアップできる仕事がない、、。 一方で、オバマ氏などは、もう小さいときから、職業経験をつみ、さくっと弁護士になり、若いうちから経験をつみ、そして、40歳ぐらいでもう完成しているのだ。 アメリカのゲットー地域(貧困地域)の小学生が理科の宿題だと称して、仮説をたて、実験し、結果を出し、それをプレゼンテーションするからとポスターを準備していた(ちなみにこの少年はスペイン語と英語が当たり前のようにできる、、親がヒスパニックなので)。 一方で、私自身は、仮説をたてるなんてことをしたのは、25歳をすぎて、アメリカの大学院にきてからの話だ。いや、正確には修士論文をやっているあたりだから27歳、28歳ぐらいで初めて科学的な思考のトレーニングを受けた。遅すぎた。 日本人は、適切な教育をうけ、経験をつむ時期が遅すぎるのではなかろうか? だから、40歳台の人をリーダーになんて認識不可能なのだ。 さらに、日本のオピニオンリーダーも古すぎるように思う。 で、昨日の議論は、日本人は、もっと会社にガイジンを登用して、違った価値感を入れたらどうなのか?ということになって、私はふと思った。 日本人がガイジンになればいいじゃないかと。 そのためには英語喉しかない。英語喉で英語ができれば、日本人だって、ガイジンのセンスが学べる。外人になっておいて、そしてその感覚を戦略的に使うのである。 例えばだが、日本語で目上の人をクリティークするのは不可能のように思える。へりくだらないといけないからだ。しかし、英語なら簡単である。…

文法は大切かどうかという議論のクリティーク

このブログでは、できるだけ、思っていることをずばり言ったほうが面白いと思うので、ずばりと書きます。カウンターによると1日300人ぐらい?のクリックです。これが、1000人を超えるようになったら、もっと社交辞令で書きますね。 さて、文法が大切かどうかとう議論が時々あるけど、結局のところ、文法が大切だという人も、そうでないと思っている人(会話が大切と思っている人?)も、両方とも、英語力に限界がある。どっちみち、英語が聞こえないし、英語が通じないことが多いからだ。英語喉をやっていない場合は、そういうものだ。いや、それでも通じるとか思っている人は、たまたま喉に重心をおいて話しているか(それはそれで素晴らしい)、あるいは、日本にいるネイティブが日本人英語になれているかのどちらかだと思う。 <ビジターが一日千人以上になったらもっと社交辞令度を高くしますね。> 全然、自慢ということではない。私のまわりのノンネイティブは皆そうだが、私は、英語を日本語と同じレベルか、あるいはそれ以上で喋ることができる。日本語と同じかそれ以上で書けるし、読むのも、できる。そして、繰り返すが、私の周りのノンネイティブは、それが当たり前で、何度も書くけど、中国人は若手でも、それが当たり前である。それは、英語喉状態(少なくともシラブルを知っている)で英語を中1のときぐらいからノンネイティブは勉強しているということと、あと、英語がとても簡単な言語であるということだ。 さて、この立場から発言する。 日本人が文法だと思っている事項の99%は語彙の事項である。本当の文法は1%ぐらいだ。それほど本当の文法事項は少ない。 99%は語彙といったが、言い直す。そのうちの20%は喉発音の問題だ。例えば、英語喉では、動詞の最後につけるEDをトみたいに無声音で言うか、ドみたいに有声音で言うかを説明しているが、これは、日本では、文法問題と思われているが、実は喉発音の問題だ。正しく、喉発音をしており、3ビートをしていると、自然にトとドの違いがついてしまう。それは、そうしたら楽だというほうに音がなるからだ。 例えばLIKEDのDはトのように発音する。日本人は、文法項目と思い込んでいるので、単語の最後がKのときは、トだみたいかことを言って、生徒をテストするだろう。しかし、喉発音と3ビートを実践していると、自然にトに落ち着く。K(アクビエリア発音)のあとにD(ゲップエリア発音)を言うのは面倒だからである。 AとANの違いは、日本ではまたしても、文法事項である。しかし、実際は、母音の前でAを言うのはしんどい。Aで急ブレーキをかけて、それから次のAを言うのがしんどいからだ。ネイティブは、喉の奥でスムーズに音をつなげるからである。だから自然と楽なANになる。 A APPLEと喉発音と3ビートをちゃんとしながら言うと、しんどい。しかし、AN APPLEだとしんどくない。 もちろん、これらの例を口発音、日本語発音でいうと、どちらが言いやすいということにはならない。だから、ドライな暗記問題としてしか処理できない。  さて、これらは日本人が文法と思っているものが、実は喉発音の問題だということだ。 もっと大切なのは、実は日本人が文法だと思い込んでいるものが、語彙の問題だということだ。これは悲劇的な結果をもたらす。だって、語彙の問題なのに、文法だと思い込むと、覚えることが、数倍に膨らむのである。 たとえばだが、TOということを教えるのに、日本人は、TOの用法としょうして、下手をすると7つも8つもあるという。TOの副詞的用法がどうの、TOの空手馬鹿一代的用法がどうの、と色々である。 しかしTOはTOなのである。言い換えたい。大切なのは、英語を実際に使うなかで、中学校1年2年ぐらいの知識を手がかりに+聞いたことを手がかりに、自分のなかで、TOの使いかたを体験的にマスターすることである。 というと、よく、他人の英語を聞いて、「この人は耳でまなんだ英語だな」とクリティークする人がいるが、そういうことではない。現在の状況では、英語喉なしでは、英語をどう学ぼうと、英語は難しい言語だ。 日本の言語の専門家の悪い癖は、何々は、こういうときはこういう意味、あのときはああいう意味と、永久に分類?し続けてしまうことだと思う。 例えばである。「私」はIだ。しかし、言語学者の真似をするなら、こうなるだろう。英語のIには複数の用法がある、、、と。 日本語で「わたくし」にあたるときのI 日本語で「俺」にあたるときのI 日本語で「拙者」にあたるときのI というふうに。 これを実際に日本の文法ではやっていると思うが、以下のITの例だ。 それをさすIT 天気をさすIT…

3人分ぐらい最もUPDATEされた音声を聞かせてもらった

ちょっと整理に時間がかかりそうだが、明日までにはコメントしたい(おくれたらすまん)。明日は、休みなのである。マーチンルーサーキングJRの日だから。ただ、引越ししたばかりで整理をしないといけない(マイクがどこにいたか分からん)。 とりあえず田地さんのUPについてコメントさせていただきたい。 http://surfingproduce2.seesaa.net/article/138464085.html 結論からいうと、 す、ば、ら、し、い!である。 いろいろという前に、一つ、私の心のなかで、田地さんが、気になっていたという点がある。それは、喉は完全にブレークスルーしていたものの、口発音が最後の段階ですこーしだけ混じっていたのだ。 それが、今回のUPでは、きれいにとりはずされていて(喉ブレーキが)、喉がうまいぐあいになっている。 いや、喉は前からうまくなっていたのだ。問題は口と喉の配分だった。  今は、口の度合いが5%ぐらい、いい感じの配分だ。THだけが、まだ舌が口の屋根にくっついて離れるようなメカニズムで発音されているために、ザに聞こえるが、それこそ、まさに些細な点である、、、が、今後、教える立場ととして抑えておいてほしいので、完璧にしていただきたい。 とくにTHというのは、日本人の弱点を総まとめしているのだ。 THだから、こうするとか、ああするということではないのだ。どの音も、英語では、あんまり「くっつけたものをはなすことで」音を出しているという要素は非常に少ないのである。 どの音も、あたかも、うんこを切らずに出すときのように、音・息を一つながりで出すのである。それを実践していれば、THも他の音と同じように、するっとだせるはずだ。 このメタファーは汚いかもしれないが、私にはものすごく効果があった。こんなもん、絶対かみたくないよなあ、、、というイメージで音・息を出すのである。 田地さん、その他の音では、ほとんど成功していますが、THだけがザになっています(ノーマルでの録音を参考にしました)。 なぜ、この田地さんにだけ、コメントをしたかというと、以前のUPのとき、口発音がちょっとまざりぎみだったのだ。喉は前から良く鳴っているのだが、音が口と喉の2箇所から鳴っているという感じだった。 この状態は、どうしても最初は起こってしまうことだろう。この段階では、確かに、聞き取りはできるようになっているだろうし、よく通じるであろう。 しかしだ、ネイティブは、口と喉の両方から音が出ている感じの英語を「意味不明」と理解してしまうのである。 実は、口100%の日本語英語だとそれなりに納得するのだ。あ、日本人だなと。そして、ネイティブは、英語が分からない人だからと、無意識のうちに、レッテルを貼って、それじゃあね、バイバイ、、、となるのである。あるいは、おとなしい人ですね、と理解して、バイバイとなるのだろう(もちろん、立場的に、日本人のほうが、ボスだったり、何かネイティブのほうに、つきあう上でのメリットがあるならば、日本語英語でも一生懸命聞いてくれるだろう)。 しかし、喉の価値を知り、聞き取りもできるようになった場合で、口の要素が残ってしまった場合、ネイティブとしては、言っていることは分かるし、この人は英語もできるようである、と理解するだろう、しかし、ネイティブにとっては、意味不明なその発声法に、とまどってしまうのである。 英語喉を学んでいく課程で、最も、困難なステージかもしれない。 口発音のままなら、「日本人には日本人の英語があってもよい」、「英語で議論できればよい」、「一生勉強だ」などと納得して、英語が聞けないまま一生を過ごすことになるが、それはそれなりに、一貫性をもって、納得できるのだ。 田地さんの口発音の要素が見事なほどに抜けている。一体、どのような工夫でそこまでいたったのだろうか。 また、逆に、ここまでできているのに、なぜTHがザになるのか、、、、というのも気になるが、そういえば、ヨーロッパの人などもそういう発音をしていることがあるので、ヨーロッパ人と同じになったということなのだろうか。 あ、それから、田地さんは、3種類の音程で喉発音を披露されている。これは、英語喉って低い音でしゃべるだけ?という疑問に答えるすばらしい企画である。 

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.