Skip to toolbar

日本人の写真好きとステレオタイプについて+土曜にもう一つテクニックをつかいました

さて、昨日、皆で、ミュージカルを見に行きました。タイトルはチェスでした。もちろん、ミュージカルの様子を写真やビデオにとってはいけませんが、たまたまその後夕食に行くということで、カメラを持っていきました。すると、中間の休憩のときに、私のところに係員が来て、「あなたがカメラで写真をとっていないか知りたいので、写しているものを見せてくれ」と言ってきました。

もちろん、写真など撮っていなかったし、とる理由もありません。中身を見せましたが、むかつきました。そのスタッフのかたは、このミュージカルは著作権で守られているからとか、言って、決め付けていたような態度でした。

他にも小さなカメラを持っている人はいたし、また携帯やら色々で、ほとんどの観客は、写真をとる機能をもったものを身に付いていますから、これは、私はいわゆるプロファイリングだとおもったのです。

私のは肩にかけるスタイルのものだったので、目だったのだろうか、、、。

プロファイリングというのは、例えば、中東の人だから、テロリストだとか決め付けてしまうことです。アリゾナ州では、イリーガルっぽいと思ったら、警察が人をチェックできるという法律が通りそうになりました(が、通らなかった)。ヒスパニックだからといって、重点的にチェックするのはプロファイリングです。

ただ、確かに、日本人が写真をとっている風景は、アメリカではよく見る風景なのかもしれません。先日、ちょっと古い映画を見ていたら、主人公がレストランで食べているときの背景に、日本人観光客らしき人がうつっていて、食べ物を写真にとっていました。

え、そんなことするか?と思ったのですが、その次の週、レストランに行ったら、熱心に、ハンバーガーの写真をとっている日本人の家族がいました(日本語を喋っていた)。

、、、と同僚に言ったら、メリーランドのカップケーキ屋で、アジア人らしき一行が熱心にカップケーキおよびカップケーキ屋の写真をとっていたよ、と言っていました。

ワールドトレードセンターの後でも日本人がVサインで写真をとっているという、本当かどうか分からないうわさがありましたが、私が行ったときも、たしかに、Vサインとまでは行きませんが、厳粛な雰囲気でないスナップの集合写真をとっていたかたがいらっしゃいました。

日本人が写真をとるというのは、かなり有名なので、私が経験したプロファイリングは、そういうことに基づいたものだったのかな。

さて、先週の土曜日に、リラックス口を教えるときに、実際に絵を書いていって、リラックス口の要領を理解してもらいまして、結構、効果ありました。普通だったら、Mだけの発音をしてもらうときに、口が開いたところから始めてくださいといっても、2,3回は言わないとそうしてもらえないのだけど、絵に描いていったら、4人とも、うまく、口が開いたところから音を出し始めることに成功したのす。

絵って、結構、いいかもしれませんね。

絵を描いたのは、説明しながら(口を動かしながら)、口の様子を説明するのがとても難しいからです。

*** 

日本人が写真をとるのは、やはり記録したい、帰ってあとで友達や家族に見てもらいたい、という気持ちがあるからですよね。あと、団体で写真とると、少し、雰囲気も盛り上がるし、、、て感じかな???

一つ覚えておいてほしいのは、日本人が写真をとるということをアメリカ人が知っているということです。だから、日本人も、アメリカ人は日本人が写真好きなのを知っているんだということを知っておいても良いと思います。

ステレオタイプという言葉がありますが、実際、写真好きなのは確かですので、偏見なのかどうか、、、。私も親戚がアメリカに来たとき、食事のたびに写真をとっていたので、面白かった。でも私も、昨日、ジーナが、母さんとチェリーパイをつくっていたのだけど、写真を撮りたい衝動にかられました。珍しいので、広島の家族とかに見せたいと思いました。作って、冷凍していた、ピーチパイにアイスクリームを乗せて食べたけど、おいしかったです。

ちなみに台所にパイをが~んと置いておいたのだけど、日本人なら、サランラップをかけておいておきそうなものだけど、アメリカでは、そのままが~んと置くみたいです。ホコリがあまりないのはないですが、ちょっと感覚が違って面白い。

Related Articles

またしても土曜日セミナー 4人ネイティブ化に成功しました

今日のセミナーはジーナも一緒に教えました。全員、よくなりました。あまりにも、ネイティブ化しすぎて、ジーナが吹き出すシーンがありました。だって、最初は、日本人ぽかったかたが、中半から、様子すら違って見え出して、途中から、なんの指導もいらないほどネイティブ化してしまうのですから。 どちらかというと日本語ナマリが強くて、それに対して吹き出すというのは、シナリオ的に理解できるけど、さっきまで、日本語ナマリで喋っていた人が、全く英語的にネイティブと同じになって、ジーナがそれに反応して、吹き出している姿が面白かった。 今回はセミナーの最初にテレビを聞いてもらい、その時点では、あまり聞き取りが完全でないということを確認しました。そして2時間後、テレビを見てもらったら、皆さん、聞き取りが改良していました。お一人は、意味を考えようとすると、ちょっとつまる?とおっしゃったと思います。もうお一人は、あまりに聞き取りができてびっくりされていました。もうお二人もいい感じだとおっしゃいました。ただ、ニュースアンカーの英語のほうはよく聞けるけど、会話調は、難しいとおっしゃりましたが、国産ネイティブ化して数時間もたっていないのだから、しょうがないかもしれません。 あ、そうだ4人中、3人はすでに他の人に英語喉の威力を聞いてらっしゃったのです。お一人は数週間前に参加されたご主人より。お二人は、同僚のかたが去年いらっしゃたのです。喉セミナーに。ただお一人は、おそらく突然、喉どうよ?って感じだったのかな。もしかしたら、ちょっと信じられないかも???しかし、発音が完全にネイティブ化していましたよ。まじに。 なんか、今回はTHがすんなりと教えることができました。コツは以下のとおり。 1.まず大げさにするのに、舌を口の外に出す。 2.空気道を占めることなく、THと継続的に発音する、、、が、 3.そのときに、喉のほうにフォーカスをする 4.すると、口のほうは自然にリラックスします。 5.大げさに練習しましたが、今度は、舌を普通の位置にしておいて、同じ音を出します。 <以上を音声で説明しました。www.estat.us/blog/teachingTH.mp3 > 前は、4を先に行っていたのですが、そうすると口がリラックスしきらない。だから、まず喉のほうにフォーカスすることで、自然と口を忘れてもらいます。 継続してTHを出してもらうというのは、いつも言及させてもらっていますが、西宮のTOEIC講師、天満さんが言っていたことです。 今日、4人とも、とても上手になったけど(いや、まじでネイティブと殆ど変わらない発音になった)、ある程度は、英語喉にピンと来た人達だということもあるのかもしれない。 さて、今日は、ジーナがよい例を出していましたよ。こういう質問があったんです。女性で高い声でも喉を響かしているんですか?という質問でしたが、ジーナが、大きなバイクだとエンジン音が確実に振動しているのがわかりやすいけど、小さめのバイクだと高めの音がします、、、と。でも、やはりエンジンはブルンブルンという感じでなっていますね、と。 それと同じだそうです。女性は声が高めなので、英語喉的に響かしているのが、最初は日本人には気づきにくいかもしれないけど、やはり響かせている。 あと、同じかたが、ネイティブがじゃあ、緊張したときは、口発音になるのか?みたいな質問でした。ジーナいわく。ネイティブは、体に力が入ったとしても、喉自体を緊張させることはない、、、というようなことを言っていました。で、私は想像のなかで、鉄アレイを上げるようなことを考えたのですが、そういえば、必ずしも、喉自体をかたくする必要はないなあと納得しました。 きっとそうする理由がないからでしょうね。日本人が喉がかたくなるのは、そうしないと、しまりのない日本語になるからですよね。英語は、しまりのない状態が普通ですので、硬くする理由がないわけです。 来週も4人教えます。毎週4人だと、一ヶ月で16人をネイティブ化するということです。

英語喉でベトナムの旅 アメリカにいながらにして

フラットトップ(角刈り)に出会うことで、私は、今、1ヶ月に2回もベトナムに旅することになった。え、どういうこと? いかに角刈りにして、アメリカ社会にますます溶け込めたかについては以前述べた。私はそもそも日本人の美容師さんのところにいっていたのだけど、そうすると、微妙にオバサンっぽい髪型になる。 そういえば、日本人の若い男性歌手などは、もちろんのこと(この場合は当然っぽい、、、意図的に女性っぽくしている)、政治家のかたがたを写真で見たりしたときに、微妙にオバサンっぽい感じがするが、髪型が原因ではなかろうか? そこで、フラットトップなる髪型に出会ったわけです。これで自信をもって、相手が初対面でも会話できるようになりました。日本では、角刈りで、相手を威嚇するためのヘアースタイルなのに、米国では、そのくらいの積極性のあるイメージのほうが受けるようです。軍人さんのヘアースタイルでもあります。 https://www.google.com/#q=flat+top いきさつについては、以下の過去ログを参考にしていただきたい。 http://estat.us/wordpress/?p=1214 さて、フラットトップとは、男性にとってミラクルのような髪型なのです。男というのは、床屋にいって、色々と説明するのが面倒くさい人が多いのではないか? フラットトップの場合、フラットトップにしてくれだけでいいんです。いや、確かに、髪の長さを指定するのだけど、その場合、バリカンのさきっぽにつけるプラスティック製のガードで、その番号によって、短さが違うのだけど、その番号を指定するだけでいい。 私の場合は、横の髪の長さ1です。1だと最も短くなります。1の下はスキン(スキンヘッド?)だそうです。 あと髪の硬い私(典型的な日本人)の場合、フラットトップだと、勝手に髪が立つので、整髪料がいりません。白人だと髪が柔らかいので、整髪料などで手入れをして、髪を立たせるのです。 さて、実は、すでに、会社の近くのベトナム系床屋で2回もフラットトップにしたのですが、2回とも違う男性でした。 そこで分かったのは、フラットトップは誰がやっても同じだということです。バリカンで、最初から最後までやりますが、10分で終わります。値段も12ドル程度(千円ぐらい)。 そこで私は、同じ床屋に行く必要性さえないということに気づいたのです。 さらに、ベトナムの文化も同時に学べることも分かりました。ベトナムラーメンのPHOというのがあります。F-u_-#と発音します。F-u_-w_という感じです。フォーといってはいけませんよ。その本当の食べ方を教えてもらった。ラーメンと一緒に色々でてくるんですが(ライム、チリ、2種類のソース、、一つはチリ、一つは牡蠣?の味がする)、それを全部加えて食べるのがコツ。選り好みしてはいけません! それを実践すると、辛いかんじになるけど、思っていたほどは辛くなくて、いい感じ。 ベトナム人の床屋さんが、「そんなに辛くならないよ~」と言ってくれたので、実践したのです。ベトナム料理はベトナム人が食べているように食べる。これこそが、郷に入れば、郷に従え、、、ですな。 先週末の土曜日は、そろそろ髪を切ろうと思いました。日本人の美容師さんにやってもらうオバサンカットだと、なぜか、行きそびれてしまいますが、フラットトップだと2週間たつと、見かけの切れ味がなくなってきて、行きたくなってくる。 私のやりかたは、ナビゲーターを使うことです。自動車につけるやつで、住所を入れたら、行きかたを教えてくれるやつで、英語ではGPSと言ってます。 それに、BARBERと入れます。すると近所のBARBERがリストされるので、一番近いやつを選ぶ。できるだけ名前が地味なものを選びます。サロンとか、そういうかっこいいめの名前がついているのは女性用だと思うので、ファミリーバーバーとか、そういう地味な名前を選ぶ。 会社のあるFAIRFAXというところでそれをすると、かならず、ベトナム人の床屋さんに導いてくれるのです。 こうして、私は1ヶ月に2回ぐらいベトナムに旅行するのであります。 この土曜日にたどり着いたのは、ベトナムの女性5人の床屋でしたが、客はミリタリー関係の男ばかり。これだっと思いました。 しかし、そこでも、フラットトップができる人は限られているようで、少し待ちました。 全然、英語が喋られていません。甲高い感じのベトナム語が飛び交います。…

英語は英語でしかありえない。一種類しかない

文部科学省にて、英語に関するコミティーの座長をつとめておられる吉田研作氏のインタビューがあり、引用したい。 http://www.eltnews.com/features/interviews/2001/06/interview_with_kensaku_yoshida.html Our committee, however, made a distinction between two types of Englishes — one at the level of everyday conversation and transactions (what in…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. 確かに、ハリウッド映画やドラマに出てくる典型的な日本人というのは、
    肩からカメラをぶら下げていて、あちこちでパシャパシャやっている、
    七三分けのメガネのダサい背広を着た小柄な男性、ですよね。

    私は、昔は写真を撮ることがめんどくさかったですし、
    カメラ自体持っていませんでした。
    なので、20代の頃の海外での写真ってほとんどありません。

    が、ブログを書くようになってから、記録の手段としてどこででも
    写真を撮るようになってしまいました。
    半分、職業病のようなものですね(苦笑)

  2. カズさんの記事を読んで、学生時代に留学先のオーストラリアで、スーパーのレジで「リュックの中身を見せろ」と言われたのを思い出しました。
    プロファイリングというと、FBI心理捜査官のイメージでしたが、色んなニュアンスがあるんですね。