Skip to toolbar

まとめ 英語喋れるの?

結局のところ、私たちが80年代に英語を勉強していたころに、アドバイスを発信していた人達、例えば、松本道弘氏、あるいは松本氏が師匠と仰いでいた人達のアドバイスというのは、英語を勉強するのに、それほどお金がかからないアプローチばかりだった。しかし、ある意味で本当に英語が好きでないとできないものばかりだったかもしれない、、、

  • 英字新聞を読め
  • 英語で考えろ
  • 外国人と喋れ
  • VOICE OF AMERICA, FENを聞け(FENは当時のアメリカ軍の放送)

当時の人達は、自分で実際に英語を喋っていたと思う。その代表が小林克也氏であり、東後先生だった。私の中学校1年のときの先生も、英語をしゃべっていた。中学校の近くに造船所があり、そこにフィリピンの労働者がいて、一度、体育館にバスケをしに来ていたのだが、剣道部だった、私と友人は、M先生を呼んでこよう、ということになって、呼んできたが、M先生がその人達と英語で喋るのを聞いて、感心したものだ。

<あれ?大橋巨泉さんとか、中曽根首相もしゃべってなかった??あれ見て、すげーと思ったものだ。>

ところが、最近、日本人が英語を喋っているところをテレビで見ることが少ない。英語を喋る役目は完全に、帰国子女さんたちか、日本語がぺらぺらの外国人になってしまった。日本人の発音の先生達は、英語を、本当に、しゃべりたくなさそうに、ちょこっと読むだけだ。

読むだけであり、アドリブで喋らなくなっている。

<そして、外国人の英語は、必要以上にややこしいものになっている。たぶん、日本に住んでいる外国人は、自分たち独自の味を出すために、わざと難しい英語を喋っているのではないだろうか???実際、英語ってネイティブだったら誰でも喋れるので、飯を食うには、屁理屈をこねながらえらそうにしないといかんだろう。ネイティブだったら誰でも英語が教えられるわけじゃないんだということを、ネイティブ自身もアピールしたいだろう。

しかし、これは私の主観だが、英語で喋らナイトのアナウンスの英語は、普通の日本人が到底理解できるレベルではない、、、難しすぎるのは、ネイティブさんたちが職を失わないためのストラテジーじゃなかろうか?

さらに、あの番組は英語が分からなくても楽しめるようになっている。

80年代には考えられないことだった。私は東後先生の土曜のフリートークを分からないなりに聞いていたし、VOAも分からないなりに聞いていたが、英語が好きであるとはそういうことだと思っていたから、苦にならなかった。

確かに、番組中、英語が分からないと楽しめないかもしれないが、分からないから楽しめないというのは、熱意が足りないのではないかな。

さらに、ネイティブのように喋る必要はないとか、どのくらい英語をマスターするかも、人によってレベルを設定しろだの、面倒くさいことばかりいっている。

そういう面倒くさいことを言うのは、それは英語が苦手だからだろう。 実は、これは、あてづっぽうで言っているのではない。その人の英語を少し聞くと、口発音かどうか分かる。口発音の人には、英語が聞けないのだ。これは本当だと思う。さらに通じにくい。これは実際、本当だ。だから、いやいやながら喋っている英語の例文を聞いただけで、その人が英語ができるかが分かる。

英語できる? と聞くと、それは何を目指しているかによりますとか、また面倒くさい言説にであうだろう。

私は、英語にレベルがあるなんて思っていなかったが、今でもそう思う。例えばだが、THIS IS Xという表現は、日常でも使えるし、仕事でも使えるし、留学先でもつかえる。

なのに、なぜ英語に色んなレベルがあるとか、そういうことが言えるのだろう????

本屋に行くと、ホームステイの英語だとか、ビジネスの英語だとか、細分化されつくしているのだが、私にとって、英語は単なる英語にしかすぎない。

そして英語にはアドリブ英語しかない。

言語はその瞬間ごとに、単語を出していくものだから、アドリブ英語しか存在しない。

アドリブ英語をマスターするには、使いまくるのがまずは大前提だ。

使いまくるには相手がいる。

その相手、何人いる?

NKJMさんや、ASHURAさんが、英語について振り返ったエッセイを披露してらっしゃる。私の場合、やはり考えると、両親がそういうのをサポートしてくれたというのが大きいと思う。父が、高校になったらホームステイでもどうか?と中学のときに言ってくれたことがあるが、やはりそういうのは、やる気がでたと今思う。

さて、これから全ての親が、子供の英語教育をサポートしようというのが結論ではない。80年代、90年代、と日本人は苦労してきた。さて、ここにきて、喉が原因だと判明したのだから、これからは、

どのような家庭環境にあろうと、どのような境遇にあろうと、

英語喉で英語ができるようにしませんか?というのを言いたい。

だから、皆が皆、留学をする必要はない。してもよいが、今までのように決死の覚悟で臨む必要はない。日本だって、グローバル社会の一部だからだ。

今日のテーマについてアドリブ英語で喋りました。英語会話のコツなども披露しました。

www.estat.us/blog/can_you_speak.mp3

Related Articles

で、英語喋れるの?

と聞きたいと思うことがある。 ある英語指導者のかたが、たらたら、英語勉強論を述べているのを聞いていたのだが、で?それやって、あなたは英語が喋れるのですか?と問いたくなる。 これを言ったらおしまいだと思う。でも、アンフェアである。勉強の仕方は、その先生の本を買うということに直結しているからだ。 なぜ私の逆鱗に触れたかというと、英語の発音は色々あるので、気にするな。発音の重要さをあまりに強調しすぎると、間違いを恐れて日本人はますます英語ができなくなる。 しかし、間違いが恐いから日本人が英語ができないのだろうか?皆さんは、そんなこと信じる?日本人が英語ができないのは、純粋に英語ができないのだ。間違いが恐いからとか、そういうのは言い訳であり、誰も、こわい、こわいと思いながら英語を勉強していない。恐いからできないのではなく、単にできないのである。  このことで分かるのは、この人自身も英語があまりできないだろうということ。さらに、ちょこっと英語の例文も読まれていたが、本当に、ちょこっとしか披露されない。本当に英語が好きだとは思えない。 結局、何を言おうと、その人を英語をただ、ただ勉強さすというだけだと思う。結果を出すことなしに。 ラジオ体操があれだけ普及したのも、簡単に全国の国民を総動員できるからだと思う。だからラジオ体操が難しかったらだめ。 英語教材はラジオ体操に似ている。著者がそばについていなくても、何かを作業できる形でしか、知識を提供できない。 そういう意味で本当にできるようになる英語喉は不利だ。というのは、できない人もやはりいるだろうからだ。できているかどうか分からないのがもどかしいわけだが、しかし、そう悩むかたは、ぜひこう考えてほしい。できているかどうか分からなかったら、できていない、、と。喉が立体的な音を出し始めるとやはり、分かる。分かる。 出来ていない場合、出来ている人を探してほしい。例えば、できるだけ、勉強がきらいなロック青年などがよい。きっと喉がゆるいだろう。その人にやってもらって、それから今度は自分に教えてもらう。1,2歳の子供さんがおられるなら、その幼児に教えてもらえるだろう。子供は喉発音をしているのだから。犬のマネをするのも手だ。30分ぐらい犬と犬になったつもりで遊んでみよう。泣き声をまねてみよう。 英語の勉強の仕方を国家総動員法的にしてしまっているのが、現在の英語教育言説だと思う、、、というと、総すかんを食うだろうが、一人ぐらいは言っても良いと思う。 だから、まあシンプルに、で?英語喋れるんですか?と聞きたくなる。 例えば、語彙が大切だということで、それはリスニングに効くのだというある企画が人気だと思うが、じゃあ、その企画者さんに聞きたい。 で、そういうあなたは、英語きけるん?英語喋れるん?語彙増えたら、本当に英語聞ける???? それを信じて、国民総動員して、やっているんですけど。 そこが学習者としては知りたいのではないだろうか??? 80年代に英語を勉強していた我々の世代?がラッキーだったのは、それ以前の世代の先生達も根性論に見えながらも、実にリーズナブルなことを言っていたと思う。 松本道弘先生の影響で英字新聞やら、タイムやら、ニュースウィークを、分かる分からんは別問題で読みまくったのは私だけだろうか? 英語で考えろ!というようなことを、その当時よりちょっと前ぐらいの大家の人達は言っていた。 外国人に話しかけるというのは、当たり前のことだったと思う。松本先生も、学生時代に、外人ハントと称して挑戦されていたということを書いていた。 いつから、英語が机についてする勉強だけになったのか?受験英語は別として。 我々が80年代に英語を勉強していたときの、先生方は、英語をアメリカ軍?から直接学んだ人達ではないだろうか?あるいは、アメリカから当時入ってきた音楽などを通じて、比較的、理屈なしに、直接的に学んだ人たちではないだろうか? 私の場合、中高生のとき、テレビをつければ、英語が喋れて、なんと外タレと、インタビューをしていた小林克也氏がいた。いや、今YOUTUBEで見ても、本格的だ。 ごまかしではない。今見ても、本物だ。今みたら、あれ?思ったより下手糞だったなんて思うひとはいない。マドンナのとインタビューなんて、今にも、お互いに抱きつきそうなコミュニケーションの密度ではないか。…

聞き取り100%の件

1232 今週末の英語喉セミナーです。今回を逃すと7月の中半まで喉セミナーはありませんよ~~~。 http://www.doodle.com/bpxmkqvv8ufgtktm さて、英語喉で、すご~~~いと思った人は、きっと発音だけでなくて、音の聞き取りがよくできるようになった人じゃないかな。それも結構、短い時間で。 メカニズムははっきりしています。 1.今まで雑音として処理していた喉の深い響きの方に感心を向けたら、当たり前だけど聞けるようになった。 例えば、皆さんの部屋にクーラーがかかっているとします。クーラーは小さな雑音を出しているでしょう。でも、脳ってそれを雑音として処理するので、結構、聞こえてませんよね。でも聞こうとすると聞こえてくる。 今までIFとかいう発音を聞いても、その深い部分を聞いていなかったので、雑音にしか聞こえなかったわけです。あるいはSHE ISがSHEY-YIZみたいになるわけですが(喉発音なので勝手にYが生じる)、そういうのも雑音として処理していたら聞けませんよね。 2.シラブルはまさに、どこからどこまでが単位かを教えてくれるのです。シラブルを無視していると、音が大量にながれてきて、全然つかめないでしょう。例えば、 HOWAREYOUDOINGTHESEDAYS? と音が流れてきたとき、わけがわかりません。でもシラブルがあるということを理解すれば、 HOW-ARE-YOUD-DOW-WING-THEZ-DEIZ? とグループに分かれて頭に入ってきます。 だから、急に英語がゆっくりになったように聞こえるわけです。 このことは、結構、瞬間的に起こることで、誰にでも起こることです。 まだこれを経験されていないかたは、以下の工夫をしてください。 1.通勤のときなどに周りにある看板などの字を見て、ネイティブならどう読むかなとシラブル分けしてみる(3ビートに気をつけて)。 例 淀屋橋 --> YOD-DOY-YAB-BASH-SHIY 2.日本語をわざと3ビートで読んでみる。 3.実際にネイティブと会話する。ゆっくり、シラブルを大切にしながら喋る。 量をこなすから聞こえるようになるわけではありません。発想の転換で聞けるようになります。 よく女の人の横顔に見えたり、月面に見えたり(??でしたっけ)するような絵があって、最初は難しいけど、見ていると、見えるようになるのがありますよね。 ちょうどジーナの両親の家にも飾ってあるのだけど、一見、単なる木の彫刻で意味がないように見えるのが置いてあるのだけど、じっくり見ていると文字が見えてくる。一度、見え出すと、もう元には戻れない、、、というのがあるんですが、それに似ています。…

盗み聞きをしてしまった件

1231 今週末のセミナーの募集です。とりあえず英語の音が聞こえるところまで行きましょう。 http://www.doodle.com/bpxmkqvv8ufgtktm   MASA RADIOが益々盛り上がっている。 MASAさんが、相手のパーソナリティーを引き出しているようで面白い。 http://audioboo.fm/boos/394083-masa-radio-talking-to-cheerful-yuyu http://audioboo.fm/boos/394141-masa-radio-talking-to-emily-again また、タイの日本語教師さんが、英語ができなかった中国人の人が短期間で英語ができるようになっていくのを目撃されているのが面白い。あと、http://thainihongo.seesaa.net/article/211369507.html に書いてあるのだけど、聞くことができるようになったら単語が自分のものになるスピードが速いとあるが、これは本当だと思った。 聞き取りが出来ないと単語の暗記は単語集とかに頼ることになる。あるいは読んでいて字として勉強する、、、まあこれは普通日本人が中学高校とやることだ。 しかし聞けるとテレビなどをぼ~と見ていても、単語を覚えることになる。 そういえば、私は英語喉前からアメリカ英語がそれなりに聞けていたが、辞書はもう20年ぐらい調べたことがない。耳で聞いていて、何回か出てきたら、なんとなく覚えてしまう。人の顔をおぼえるのと一緒だと思う。 やったもんさんもSKYPEで英会話をはじめられたようだが、とてもよいことだ。 さて、最近、電車通勤を週3回ぐらいはするようにしている。電車だと行きと帰りで10ドルぐらいだ(800円ぐらいか)。会社から一ヶ月に50ドルの手当てが出るのと、あと、税金の控除になるので電車は経済的だ。 自動車だと今1ギャロン(4リットル?)4ドル強だ。往復でおそらく2ギャロンぐらいかかるので8ドルぐらいかかる。だから自動車のほうが微妙に安いけど、電車のほうが補助が出るのでやっぱり安い。 駅から会社まで5分ぐらい歩いていたら、若い社員の男女が話をしながら歩いていた。自己紹介をしている。最初はどんな英語文法を使っているかと思って聞いていたのだけど、男性のほうの内容を盗み聞きをしてしまった、、、。 なんでもハーバードのプログラムである外国の学生たちと会議をしながら交流をするプログラムだという。 どこの国か、言わなかったのだが、それはきっと、最初から日本だというと、相手の女の子に、「この人は、きっと日本に行って、日本の女の子達にもてまくった類ね、、、」と思われるのがいやで、どこの国かは最初から言いたくないのかな、、、と私は思った。 そのプログラムは素晴らしく、その国の学生達と、エネルギー問題、国際情勢などについて話したという。 そして、アメリカ人とその国の若者たちとのネットワークができて、あとでその国を旅行したりとか、あるいはビジネスの話をしたりとかで、素晴らしい経験になった、、、。 このあたりで、私は、ありゃ、あの「日米学生会議」だと思っていたが、違うのかと思い出した。 <日米学生会議出身の友人がいるが、英語喉を紹介したら、「ネイティブのように喋る必要はない」で話が終わっている。> だって、日本人の大学生がこんな素晴らしいネットワークを気づくような関係になれるはずがないと思ったからだ。口発音では、そもそも相手の言っていることが分からないし、通じないし、また冷たいイメージになるから、友情を結ぶのは難しい。 先日もJETで2年間も日本に住んでいた元同僚が、「日本人の友達がいない」と言っていた(中国人や韓国人の友達はいる)。 英語喉をまだ知らないだろうからだ。…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.