Skip to toolbar

国産ネイティブRYOGONさんの再紹介

RYOGONさんが、この1年ぐらいの喉の度を振り返り、エッセイを書かれています。

http://language-study.blog.so-net.ne.jp/2010-09-11

私が一番気に入ったのはこの部分です。

 ・レアジョブで会話の経験値Up、もどかしい思いをすることで正しい表現を覚える動機とする

これこそが、語学を学ぶために大切な態度です。もどかしい思いというのは、あ~、これが言いたいなあ、、、という気持ちです。その気持ちが起こるようなシチュエーションこそが、よく使われる単語なのです。レアジョブというのは、フィリピンの先生を相手に会話を勉強するシステムですね。英語喉以前は、アメリカ英語じゃないと、癖がつくなどという考えがあったかもしれませんが、こないだジーナが言っていたけど、フィリピン人の英語はアジアのあのあたりでは一番上手だと言っていました。英語喉でアメリカ英語が分かれば、イギリス英語が聞けるように、フィリピン英語が分かれば、アメリカ英語も分かるという感じではないかな(ただし、相手が、日本人だと思って、日本人用に喋ってしまったらだめですが。)

先週でしょうか、音声UPもされていました。さっそく、聞いてみてコメントを言ってみました。やや長いですが、明日、土曜日にこうやってTHを教えるという方法を説明していますので、他のかたも聞いてみてください。

www.estat.us/blog/ryogon09102010.mp3

 

Related Articles

英語喉&機関銃英語の感想をここに集める

このエントリーに、英語喉と機関銃英語の感想などを集めたいと思います。皆さんのなかで、もし英語喉か機関銃英語をブログやHPで紹介されたというかたがおられましたら、このエントリーのコメント欄でご連絡ください(メールはquestion AT estat.us)!追加させていただきます。 *** MASAさんのMIXI日記(MASAさんか私のマイミクになれば読めます。ご連絡ください)http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1696089778&owner_id=7661548&comment_count=15 私のブログ http://plaza.rakuten.co.jp/fufufuu/diary/201011230000/ 英語音読研究所 英語喉に感銘 http://nsh-41.blogspot.com/2010/12/blog-post_16.html  英語を味わいながら留学せずにTOEIC950・英検1級を目指すブログhttp://ameblo.jp/mari-english-study/entry-10825320140.html  Eirene’s memories http://d.hatena.ne.jp/eirene/20110129/1296307814 ワンコがいっぱい 英語リスニング学習にオススメ教材1 改 http://arc-en-ciel.blog.so-net.ne.jp/2011-03-04  ジャズ&洋楽訳詩(東エミ)英語は喉だ!http://ameblo.jp/higashiemi/entry-10759585413.html 医学部受験の方法論 この本のお陰で今や僕はLとRの区別ができるようになりました。http://kounotori0305.blog98.fc2.com/blog-entry-41.html    英語喉物語 KATSUさん  シラブル(3ビート)って、本当におもしろい。 これを知ってから、リスンニング能力が向上していくのを日々実感できます。 http://ens-katsu.blog.so-net.ne.jp/2010-07-05  日本語英語の謎を解く 副島隆彦氏サイト(学問道場)の掲示板  よしかわさん  引用 「どこかで読んだ話だが、フランス人は英語を全く知らなくても、英語の発音は最初から明瞭に聞こえているそうだ。少なくとも、わたしは、このような英語を全く勉強していないフランス人、あるいは英語ネイティブの幼稚園児たちと肩を並べる段階にまで来たと思う。書籍「英語喉」は、このようなメリットを体験できるすばらしい本である。 」  http://snsi-j.jp/boards/cb.cgi?room=tomaya  カズ&ジーナの「英語喉」について考える.  英語喉革命さん http://blog.livedoor.jp/nodorevolution/archives/2010-04.html?p=2#20100427 …

PALINってどう発音するのだろう…..共和党の副大統領候補

さっきニュースを聞いていたら、映画の宣伝の声を何十年も努めてきた声優さんがなくなったそうだ。どんなアメリカ映画でもものすごい喉声のオッサンがタイトルを読むが、あの人だ。一人でやっていたらしい。  http://www.cnn.com/2008/SHOWBIZ/Movies/09/02/obit.lafontaine/index.html  最近、共和党の副大統領候補がアラスカ州のガバナーであるPALINさんという人が女性ということもあり騒がれている。PALINってどう発音するのだろう、、、と共著者に聞いたら、私の好きなロックバンド、VAN HALENのHALENと同じと言った。PとHが違うだけだって。  一つの音だけが違う単語のペアをミニマルペアと呼ぶが(例PENとHEN)、PALINとHALENはミニマルペアなのだ。  二つのことが私には驚きだった。つづりがPALINはIでHALENではEなのに、どちらもi_だ。i_といえば、SITとかKISSのIであり、首の底(ゲップエリア)でイと発音する。SHEEPとSHIPでいえばSHIPのイだ。  実際、そう発音してみると、ネイティブと同じ発音になる。ネイティブメソッド発音記号で書いておく。  P – eI – l / l – i_ – N (副大統領候補の名前)  H – eI -l / l -i_…

チビ犬、デカ犬

今日はいい話をある人から聞いた。その人の息子の高校卒業式で、元軍人の大将がスピーチをしたとのこと。その軍人の名前はちょっと忘れてしまったが、確か第1次イラク侵攻を指揮したシュワルツコフだったと思う(違ってたらごめん)。  彼は二匹を犬を飼っている。一匹は20パウンドに満たないチビ犬。もう一匹はその10倍ぐらいある大型犬。  どう考えても、大型犬のほうが強いはずなのだが、チビ犬が完全に権力を掌握している、、、らしいのだ。  犬というのは、絶対的に、まずどっちが強いか、どっちがボスかを決定しないと仲良くなれない動物だ。  チビが、でかいのを下においているというのだ。  氏いわく、理由は、犬は鏡をみない、みても理解できないから、、だという。つまり大型犬は、自分がチビよりも、ずっと大きいこと、ずっとたくましいこと、、、などを知らない、、、ということらしいのだ。  さて、この話が科学的に本当なのかは二の次だ。この話には本当に学ぶものがあると感じた。私が勝手に感じているのかもしれないが、私なりの解釈を加えたい(そういう意味で氏がこの話をしたのかどうか知らない)。  我々も、人生を生きるなかで、人の制圧の下に屈してしまうことがある。学校でいじめられたりするだろうし、職場で不法にこき使われたりすることもあるだろう。  なぜ我々は人の権力下にやすやすと入ってしまうのだろう。なぜ不自由に対して打たれ強く、がまんするのだろう。  もしかしたら、我々は犬と同じように鏡を見たことがないのではないだろうか。つまり、自分自身を知らないのではないだろうか。  逆に、権力を身にまとい、いじめにかかる人たちは、そのメカニズム・からくりをよく知っているのではないか。つまり、普通の人たちが、自分を良く知らないということを利用して、他人の自由を奪うのではなかろうか。そして、弱い立場の人間が、自分というものを知らないように、さらに自由を奪うのではなかろうか。  我々が自由を取り戻し、尊厳を持って生きるためには、まず自分自身を鏡で見ることが大切じゃないか。もちろん鏡というのは、比喩的な表現だ。  自分がどんな性格か、どんなことが好きか、どんな子供だったか、などなど。  自分自身を知る、自分自身を理解する。これが自分を守り、自分のために立ち上がるために大切ではないだろうか。  喉は、自分自身のために立ち上がる人たちのために、英語という武器を与える。英語があれば、世界を市場とし、日本にいながらでも、自分を伸ばしていくことができると思う。  そんなことを、チビ犬、デカ犬の話をきいて思った。 

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. Ryogonです。
     
    英語喉との出会いから約1年を振り返ってみました。
    (http://language-study.blog.so-net.ne.jp/2010-09-11)

    この1年は英語に関しては非常に実りのあった1年間でした。音声でのご指導も頂きありがとうございました。

    始めの3ヶ月間くらいは非常に時間を掛けて練習しました。そうとうな回数Bento Boxを録音して自己分析しました。おそらくこれまでに1000回くらいは録音しているかと思います。今では「録音した音声」と英語を話しているとき骨伝導で聞こえる「自分の音声」のイメージにあまり差がなくなりました、よってたまにしか録音しなくなりました。

    私は2つの点でラッキーでした。
    1つ目は、出版されてから時間はずいぶん経っていましたが書店で「英語喉」と出会えたこと。
    2つ目は、割とすぐ読んでピンときたこと、大切なのは「喉」だと確信できたこと

    発音が良くなって何が良いかというと、ブログにはいろいろ書いていますが、一言でいうと”楽しい”です。英語の響きが出せる、それだけで非常に楽しいです。

    “them”のthに関しては最近の録音を聞きなおしてみるとご指摘のとおり、口に近い感じになっていますね、以前はちゃんと出来ていたときもあるので油断しないように気をつけたいと思います。

    発音に関しては今の延長線上でゆったりと向上できればと思います。
    今後ともよろしくお願いいたします。

    こちらのブログでコメントすることはまれですが、ちゃんと読んでいます~ ^_^

  2. RYOGONさん

    楽しい、、、というのはとても大切だと思います。どうもコメントありがとう!

  3. >私は2つの点でラッキーでした。1つ目は、出版されてから時間はずいぶん経っていましたが書店で「英語喉」と出会えたこと。

    さっき、ある実践者のかたに伺ったのですけど、最寄の大型書店に英語喉がなかったとのこと。う~ん、残念。

    しかし、ここまで英語発音について書いて、ぐーグルで英語発音に検索し、全然ひっかからないというのは残念だ。