Skip to toolbar

感覚的であることの大切さ

今日は、日本時間の早朝6時ごろ(土曜)にもしかしたら、ラジオをちょこっとやるかもしれないけど、やらないかもしれない。

さて、KAZYさんのBLOGの発展が楽しみなところだが、感覚的というキーワードが気に入っている。英語というのはやっぱり感覚的にやるものだ。暗記をして、それ会話の途中に取り出すという感じで対応できるものではない。感覚的に喋るし、またシラブルにしても、ぼんぼんぼんという感覚的なリズムに乗る必要がある。

3歳だったメイでさえ、日本語をおうむ返しに繰り返していた時期があるが、それは音声学の本でトレーニングしたわけではなくて、感覚でやっていたのだ。英語を繰り返させると、まったくシラブルの間違いなしに、言い返してきていた。

3歳でもできるのだから、大人にもできるはずである。

私は、自動車の運転が最近うまくなってきたと思うのだが、前は理論で運転していた。今は感覚で運転している。

理論で運転していたころは、例えば、両側の線のなかのまんなかを走るぞという感覚で運転していた。昼よりも夜の運転を楽に感じた。情報がすくなく、道路だけみていればよかった。ところが、運転が下手で、よくまわりから警笛?をならされた。

今は感覚で運転している。自分自身が自動車になったような感覚にしておいて、回りの自動車を人のような感じでとらえている。マラソンをするときに、周りの人を肌で感じながら、ぶつかならないように走るが、あれと同じ感覚でフリーウェイを走っている。

すると、うまく回りのとっさの出来事に対応しながら運転できる。周りを見ながら喋るので、地形を覚えてしまうので、あまり道にまよわなくなった(前は、ストリートの名前とかに頼って運転していたが、今は景色を感覚的にとらえていて、自分の位置を知っている)。

ちなみに今では夜の運転が苦痛になった。情報量が少なくて、あぶないと思うからだ。

英語喉でも同じことがいえそうだ。前は文法や文脈にたよって会話をしていたのだと思う。

今は、人間と人間のコミュニケーションと言う感じで、相手のフィーリングなどもよく分かる。

Related Articles

英語喉、機関銃英語がピンと来ない人、効かない人の気持ちが分かった

今日は、二つめのエントリーです。一つめのほうをよく読んでおいてくださいね。肺の上辺りで音・響きを感じると、結局、首より上が全部リラックスするということを書きました。英語喉革命さんが色々とゲップエリア考察をされていますね。 さて、本論に帰りますが、その前に、御願いがあります。BLOGの人気投票でこないだ3位ぐらいになっていましたが、バケーションに行って帰ってきてから10位ぐらいに落ちました。英語喉の知名度を上げることで、私達は、英語文法の本をより楽に出すことができると思います。知名度を上げるのための協力をぜひ御願いします。以下をぜひクリックして投票してください! http://blog.with2.net/link.php?709532 さて、今日は、英語喉とかにピンと来ない人がいることについてで、気持ちが分かった気がすることについて書きます。 毎朝、自動車でフランス語を聞いています。意味はよくわかりません。大学で3年間とりはしましたが。 フランス語を聞いていて、二つのメンタルモードがあることに気がつきました。 第1に、自分が知っている単語が出てこないかなあ?みたいな感じで、無理に意味を取ろうとしながら、フランス語を聞いている自分がいます。で、たまに知っている単語が出てきます。例えば、TOTALMONTみたいな単語。それが耳にはいるなら、ちょっとうれしくなります。でも、その前後のフランス語が全然分かりません。 第2の聞き方は、機関銃英語や英語喉で、口をすっぱくしているやりかたです。意味は考えずに、喉から音がでてきていると念じつつ、立体的な音にフォーカスし、シラブルのボンボンボンボンのリズムを聞くやりかたです。これをしていると、意味があまり分かりません。もともとフランス語の語彙が少ないということが原因だと思います。ところが、音としてはものすごくクリアに頭に入ってきます。そして、たまに、文全体の意味が分かることが聞こえると、異常なほどクリアに理解できるのです。簡単な表現などです。意味があちらから歩いてくる感じです。 第2の聞き方が大切なのだと思います。意味というのは、たまたま知っていれば、こちらから理解するぞといきごまなくても、すーっと頭に浮かびます。ちょうど、運転中に、交通関係の看板をみて、日本語とか英語に一度訳さなくても、意味がすーとわかるのと同じだと思います。あるいは、ジェスチャーで、例えば中指をたてられたら、それを言葉にしなくても意味は分かります。それと同じです。 第2の聞き方をせず、意味をとってやるぞと構えてきいていると、英語がクリアに聞こえないので、英語喉がピンと来ないのだと思います。 ピンと来ない人は結構、猛烈に語彙や文法を勉強している人なのじゃないかな?だから、自分のサーファーのように波に体を任せるかんじにできない(田地さん、どうでしょう?)。こちらから能動的に理解してやるぞと、やっきになっていて、頭がフル回転しているのではないでしょうか? そうではなく、喉から出ている立体的な音にフォーカスし、シラブルのリズムにのる。すると、聞いた単語を知っているならば、考えなくても理解できるのです。知らなくても、音としては頭に入ってきます。ものすごいことです。大学時代、MOTなんて単語でさえ言えず聞こえず、全く勉強する気にならなかったフランス語が音としては、頭にはいってくるのです。 英語喉が3年前に出版できたのは、奇跡に思えます。正しい英語の聞き取りをできるかたにお話ができたので、その感動をシェアすることができたのだと思います。行きかう人の英語が聴き取れる!つまり、理解しようとやっきになって、聞いているわけじゃないのに、あちらからとびこんでくる、、、そんな経験を共有できたのです。 4月だったでしょうか?サンフランシスコのKATSUさん(BLOG英語物語)が、そんな経験をされたのだと思います。KATSUさん、4月にKATSUさんが英語喉に出会われる前、2年以上前から、英語喉は一応存在しましたよ。 さて、今の段階で、KATSUさんのように英語喉にピンと来れる人達が日本にはまだたくさんいるはずです。 ぜひ皆さん、英語喉を広めるのに協力してください。 広まるならば、私とジーナが秘密としてまだ持っている英語文法のことを発表しやすくなります。 アドリブ英語で喋ってみました。音声ファイルはここ。 www.estat.us/blog/pintokuru.mp3  

喉実践者コミュニティーにいきなりひきづりこみました

人気ランキング、まずは、クリックをお願いします。いい感じでトップ10内に入っています。今は何位かな??? さて、昨日は学会で、朝、発表がありまして、土曜日の朝8時と早かったのに、13人ぐらいの観衆が集まってくれまして、無事終わりました。 この学会は、評価研究の学会なのですが、政府や団体が、科学研究のインフラに投資して、その結果をどう測るかというのが、多くの人の課題のようです。だから日本からの研究者の発表も、そういう内容でしたし、アメリカの研究者の多くも同じような設定での発表でした。 しかし、やはり結果を知るためには、まず、何を測るかを知らないといけないのですけど、その場合、どのようなことをするのか、何を期待するのか、、、をまとめるためにLOGIC MODELというのを組み立てておくのです。私の会社でLOGIC MODELの作り方などを専門にしている人がいます。どのように改革を行うかの指標になるわけですが、また評価研究をどうするかの指針にもなるのです。 例えば、大学の改革をどうするか、、、となると、例えば、研究者間の協力度を増やす、、、そして、それが、例えば、査読つき論文の投稿採用の数につなげる、、、とか、そういう関係をはっきりと絵で示すのです。そして、そういうのをどうやって測るか、、、を考える。協力の度合いであれば、サーベイで調べるとかして、数値化していきます。サーベイ調査の専門家が活躍します(質問票、アンケート調査のことです)。 ネットワーク分析というのがありまして、例えば、10個の団体があり、その間の関係を調べるには、それぞれに、どの団体と密な関係がありますかと聞くようなサーベイをしておいて、そのネットワークのマップをつくります。ネットワークの濃度なんてのも計ります。ネットワーク分析の専門家がいるし、そのためのソフトウェアを作る人がいます。私自身は、自分で行列計算を使って、シンタックスを書きながら計算するのが好みです(ソフトウェアでクリックしたりするのがいやなので、、、一体、何が起こっているのかがわからないのがはがゆいから嫌です)。 もし、例えば、大学内の学部間のコラボレーションを上げるのが目的ならば、そういうネットワーク分析をつかって、コラボレーションの度合いを数値化してみると。その数値化するのを、英語にするほどではないけど、MEASUREMENTと読んでいて、それ自体が専門分野です。 コスト&ベネフィット分析なんてのもあるのです。例えば、政府が、青年たちのドラッグ使用を防ぐために、1億円使ったとします。そのおかげで、例えば、1000人の若者が監獄にいかなくてもよくなったとしてます。1000人の若者を監獄に入れるのに2億円うくとします。すると1億円、国家は得をすることになります。これは、勝手に例として考えた例です。 私たちの発表自体は、生徒のドロップアウトの予測モデルをつくって、すにであるデータを使って、これまで言われている理論を検証することでした。 色々な専門分野がありますが、一つぐらいは、学校での勉強+経験で非常に深く知っておいて、あとは、仕事、経験を通じて浅く広く知っておくのが大切じゃないかと思います。 そういう意味で、就職難は、決定的な打撃となり、のちのちの国家運営に深刻な結果をもたらすことでしょう。今分かることではありません。 対抗案としては、自分たちの生活、仕事のなかで、なにか自分なりに工夫して、今日よりも明日、明日よりもあさって、、、と言う具合に、スキルや知識をつけていくことです。そのスキルは、自分で見つけないといけないでしょう。結構、お金がいらないものだったりするのでしょう。例えば、エクセル関数の使い方とかだと、地味な仕事をしながらでも、ゆっくりとエクスパートになりえますね。 やはり情報収集能力において英語はすごいと思います。ネットの検索にしても英語でやれば、早いように思います。よく日本では翻訳がさかんなので、困らないと言う人がいますが、それは英語が理解できないので、いかに英語の世界が情報にあふれているか、お人よしでただでなんでも教えてくれるギーク達に満ちているか分からないからでしょう。 この点はMASAさん、KAZYさんのように、ゲリラ的に英語を話すことです。ただし、頭をフルに回転させて、英語の勘をつけてください。 さて、今週末の英語喉ライブの直後に、KAZY氏のリーダーシップのもと英語喉SKYPEクラブを開催しますので、ご期待を。SKYPEで初心者さんたちにも英会話をしてもらおうということで、KAZY氏のご提案を受けて、いかに初心者の英会話力をつけてもらうか、、、ということを毎週1回やりますので、参加希望のかたは、本サイトにご参加されるとよいのじゃないかと思います。本サイトでレジスターすると、外国人メンバーとの交流ができます。フレンドシップ申請をして、SKYPEIDを交換するとよいのです。 参加の条件は、英語喉実践者であることです。 今の自分の英語で困りません(だから発音をよくする理由がありません、、、と言う意味)と言う人でも、英語ができないために、いかに、損をしているのかさえ、見えないわけで、これは困ります。例えば、私は英語ができるから、その人がいかに、透明人間化しているかが見えます。しかし、透明人間の立場からは、いかに損をしているかがわかりにくい。 英語喉をやっていると今回学会で発表すると、人が発表のあとで質問をしてくれたりとか、ちょっと人と話すと名刺をくれたりとかです。ある発表のときに質問したら、後で、発表者じゃないアメリカ人の人が私のところにやってきて、説明を始めます。 今回特に、同じ会社から来ているのだけど、普段は一緒に仕事をしていないメンバー達と喋るときに、本当に、仲間と喋っている感じで一体感がありました。 ホテルでは朝、朝食が出るのですが、知らないおばさんが、(ここは、大阪かよ?という勢いで)、ワッフルを自分でつくろうとしていたら、「私のうちに同じ器具があるのだけど、こうやってこうやるのよ」とお人よしに指導してくれるだけでなく、勝手に、ひっくり返してくれていたり、その人のお母さんが、「あなた、あのピザみたいなのは、ソーセージがのっていていいよ」とか教えてくれます。たまたま、今日の朝食には、ソーセージやベーコンのような肉類がなかったので、私が従業員さんに尋ねているのを横で聞いていたのです。 おい、ここ大阪かよ??? ってのは、大阪の電車で、XX駅は行きますか?と聞くと、実際に聞いた人じゃなくて、たまたま横で聞いていたおっさん、おばはんが、「あんた、次の駅やで」と教えてくれる様子を指しています。 これは広島でも同じじゃないかな。 会社がブースを出していたので、その片付けが私の係だったのですが、なにか準備の手違いで、走り回りましたが、電話で業者に聞いたり、ホテルの人に聞いたりと、色々な人に助けられました。なんか、あんまり関係なさそうな、UPSの兄ちゃんが、なぜか、特に助けてくれたのですが、これが口発音だったら無理だったなと思います。アメリカ人は合理主義者だというのは、それは英語が分からないから出てくる発想だと思います。…

ちょっとだけ難しいほうを選ぶという流儀

今日のトピックの一部を読みながら、即興英語で言ってみました。 http://www.nippondream.com/file/kaz_08_03_2011.mp3 [audio:http://nippondream.com/eigonodo/wp-content/uploads/2011/08/kaz_08_03_2011.mp3|titles=kaz_08_03_2011] 実は、数ヶ月前から書いて見たいトピックがあった。それは「ちょっとだけ難しいほうを選ぶ」ということについて。 その前に、新しいコーナー、「アメリカで見た漢字の刺青(いれずみ)を報告する」です。米国コンサルタント会社勤務の日本人サラリーマンのuさんが、昨日、通勤のため電車に乗ったところ、目の前の黒人青年の左腕に以下の刺青をしているところを発見しました。 「恐い」 なぬ~~??「恐い」と書いてあるのです。おもわず、じ~~~と見てしまいました。 アメリカ人が漢字で刺青を入れているのは普通ですが、普通は、漢字だけです。例は新活とか、わけのわからない組み合わせですが、uさんは、普段だと「日本語だと意味を成さないけど、たぶん中国語であるのかも」と納得するのですが、今回は 「恐い」 と、どう考えても日本語の「い」が書いてあります。 「すみません、その(恐い)という言葉の意味をあなたはご存知なのですか?もしかして、あなた、俺は恐ろしいぞ~という意味でそれ彫りました?じゃなくて、恐いは、scaredと言う意味ですよ。あなた、もし日本に行ったら、周りに大笑いされますよ。それでもいいのですか?あなたは、恥をさらすことになるんですよ」 とuさんは、心のなかで言う練習をしましたが、その青年がちょっとだけ恐い感じがしたので、実際には言いませんでした。 uさんが、よく見る漢字の刺青に「力」があります。しかし、uさんには、まず、それはカタカナの「カ」に見えてしまうのです。「ちから」じゃなくて。でも、この場合は、中国語とすれば、「力」以外の何者でもないですから、納得が来ます。 以上、「アメリカで見た漢字の刺青(いれずみ)を報告する」コーナーでした。 さて、ちょっとだけ難しいほうを選ぶという流儀ですが、何かをするときに、二つ選択があるとすると、ちょっとだけ難しいほうを選ぶとうまくいくのではないかということです。 私は、これを実践しているのです。というのは、人生を振り返ったときに、楽なほうばかり選んだのではないかなという思いがあります。ただし、楽なほうは、世間的には、大変だと思われていることが多い。 例えばですが、「暗記」というのは、世間的には、楽じゃないと思われている。でも、実際は楽です。考えなくてもいいから。逆に難しいことというのは、例えば、英語だと、ネイティブと喋りながら頭のなかで文法や語彙を自分のものにしていくことです。 これは、ちょっとだけ難しいでしょう。勇気がいりますし、本当に使える表現を自分で選ぶ必要があります。 中学校のときに、級友にたたかれていたことがあります。小学校のときから、いきなりたたいてきたりする人がいたので、その延長でした。 しかし、それは、小学校のときからよく知っている級友です。中学校で、他の地域の知らない生徒がたくさん集まったわけですけど、やはり叩いてくる奴がいるのですが、その場合は、「なんでお前にやられる筋合いがあるのか?」と思いますから、まず叩いてきた段階で徹底的に反抗が起こります。 いじめっ子達は、たたいたときに、反抗するかをチェックしているのです。 大学の1年生のとき、知り合ったばかりの級友が、会うたびに「巨人の桑田に似ている」と言ってくるのです。からかう感じで。そのときは、彼の胸倉をつかんで、ぶち切れてしまいましたが、それで、彼はそれを言うのをやめました。お前のことあまり知らないのに、なんで、そんなに大きく出てるの?という疑問だったのです。結構、楽でした。全然、勇気がいらなかった。一発でカラカイが止まりました。全然勇気がいらなかった。しかし、これが正しい行動だったのかな~~。疑問が残ります。 小学校のときからたたかれている場合ですが、これは反抗しないほうが、楽だったのです。その人には、家などの位置も知られているから、まちぶせなどされたら終わりです。だから、その場をしのぐために、がまんする。 がまんするというのは世間的には難しいと思われているけど、実は楽なのです。短期的にはね。 しかし、知らない奴がたたいてくると、これはその場で反抗するほうが、楽です。ほっておくと、大変なことになるでしょう。…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.