Skip to toolbar

3人分ぐらい最もUPDATEされた音声を聞かせてもらった

ちょっと整理に時間がかかりそうだが、明日までにはコメントしたい(おくれたらすまん)。明日は、休みなのである。マーチンルーサーキングJRの日だから。ただ、引越ししたばかりで整理をしないといけない(マイクがどこにいたか分からん)。

とりあえず田地さんのUPについてコメントさせていただきたい。

http://surfingproduce2.seesaa.net/article/138464085.html

結論からいうと、

す、ば、ら、し、い!である。

いろいろという前に、一つ、私の心のなかで、田地さんが、気になっていたという点がある。それは、喉は完全にブレークスルーしていたものの、口発音が最後の段階ですこーしだけ混じっていたのだ。

それが、今回のUPでは、きれいにとりはずされていて(喉ブレーキが)、喉がうまいぐあいになっている。

いや、喉は前からうまくなっていたのだ。問題は口と喉の配分だった。 

今は、口の度合いが5%ぐらい、いい感じの配分だ。THだけが、まだ舌が口の屋根にくっついて離れるようなメカニズムで発音されているために、ザに聞こえるが、それこそ、まさに些細な点である、、、が、今後、教える立場ととして抑えておいてほしいので、完璧にしていただきたい。

とくにTHというのは、日本人の弱点を総まとめしているのだ。

THだから、こうするとか、ああするということではないのだ。どの音も、英語では、あんまり「くっつけたものをはなすことで」音を出しているという要素は非常に少ないのである。

どの音も、あたかも、うんこを切らずに出すときのように、音・息を一つながりで出すのである。それを実践していれば、THも他の音と同じように、するっとだせるはずだ。

このメタファーは汚いかもしれないが、私にはものすごく効果があった。こんなもん、絶対かみたくないよなあ、、、というイメージで音・息を出すのである。

田地さん、その他の音では、ほとんど成功していますが、THだけがザになっています(ノーマルでの録音を参考にしました)。

なぜ、この田地さんにだけ、コメントをしたかというと、以前のUPのとき、口発音がちょっとまざりぎみだったのだ。喉は前から良く鳴っているのだが、音が口と喉の2箇所から鳴っているという感じだった。

この状態は、どうしても最初は起こってしまうことだろう。この段階では、確かに、聞き取りはできるようになっているだろうし、よく通じるであろう。

しかしだ、ネイティブは、口と喉の両方から音が出ている感じの英語を「意味不明」と理解してしまうのである。

実は、口100%の日本語英語だとそれなりに納得するのだ。あ、日本人だなと。そして、ネイティブは、英語が分からない人だからと、無意識のうちに、レッテルを貼って、それじゃあね、バイバイ、、、となるのである。あるいは、おとなしい人ですね、と理解して、バイバイとなるのだろう(もちろん、立場的に、日本人のほうが、ボスだったり、何かネイティブのほうに、つきあう上でのメリットがあるならば、日本語英語でも一生懸命聞いてくれるだろう)。

しかし、喉の価値を知り、聞き取りもできるようになった場合で、口の要素が残ってしまった場合、ネイティブとしては、言っていることは分かるし、この人は英語もできるようである、と理解するだろう、しかし、ネイティブにとっては、意味不明なその発声法に、とまどってしまうのである。

英語喉を学んでいく課程で、最も、困難なステージかもしれない。

口発音のままなら、「日本人には日本人の英語があってもよい」、「英語で議論できればよい」、「一生勉強だ」などと納得して、英語が聞けないまま一生を過ごすことになるが、それはそれなりに、一貫性をもって、納得できるのだ。

田地さんの口発音の要素が見事なほどに抜けている。一体、どのような工夫でそこまでいたったのだろうか。

また、逆に、ここまでできているのに、なぜTHがザになるのか、、、、というのも気になるが、そういえば、ヨーロッパの人などもそういう発音をしていることがあるので、ヨーロッパ人と同じになったということなのだろうか。

あ、それから、田地さんは、3種類の音程で喉発音を披露されている。これは、英語喉って低い音でしゃべるだけ?という疑問に答えるすばらしい企画である。 

Related Articles

アシュラさん、次のステップ

http://ashrafieh.seesaa.net/article/160695924.html でアシュラさんが、英語喉は理解できて、一段落ついたとおっしゃっていて、ほっとした。アメリカのドラマの英語が、前よりも耳に入ってくるようになったとの報告もうれしい。 さて、今日は、以下のアシュラさんの言葉に対してコメントしたい。アシュラさんいわく: 目標は、即興で5分間の英語スピーチができるようになること。原稿が無い即興でそれくらい話す機会はジョブ・インタビューくらいでしか無いのだけど、自分の「英語が崩れる」のはまさにそういうインタビューの最中だったりする。 引用終わり さて、私のアドバイスだが、大切なのは、喋る前に、話すアウトラインを考えすぎないことだ。話す前に、あれこれ考えると、喋っている最中にも、この次には、あれをいって、これを言ってと、頭がパンク状態になる。 私は、よく会議などに出席して、自己紹介をしないといけないときに、他の人が自己紹介をしているあいだに、何を言おうか、これを言おうかと考えすぎて、せっかくの他の人の紹介が頭に入らなかった時期があった。そして、自分の番になると、結構、あせってうまく言えない。そして、終わったあと、残りの人が自己紹介しているときに、あ、あれを言えばよかった、これを言えばよかったと後悔して、また人の話が残らない。 ところが、あるとき気づいたのだが、そういう場で心配そうに、しているのは、私だけのように思えた。他の人、ノンネイティブでも、気楽のその場で喋っている。 結局、自己紹介にしろ、仕事にしろ、自分のこと、あるいは自分が毎日やっていることだから、結構、その場で言うことを考えれば良いのだと思う。 そうすると、言葉がたどたどしくなると心配するかもしれないが、 言葉はたどたどしくても、全然かまわないのだ。 喉発音と3ビートさえできていれば、その文のどこを強調するかとか、あるいは、どんな語彙を使うのかなど、聞くほうとしては、どうでもよいことなのである。 もちろん、感動させるためのスピーチを国会議事堂でやるというのなら、違うが、仕事などで喋るときは、そういう配慮は結構いらない。 そもそも、英語とは、最初に言う文を考えて、それから喋るのではなく、その場その場で、言葉を単語ごとにつないでいくものだ。 たどたどしくても、喉の奥に響きを感じながら(こだまブースター)喋れば、全くコミュニケーションに問題がおこらないし、だいたい、仕事の英語とはそういうものだ。 もう一つ大切なのは、喋るのが自分だけだと思わないこと。相手がおり、相手が喋ってくれて助けられることもある。 私も仕事で使う英語では、私が文の半分まで言ったあとで、同僚が文の半分を終えることがある。会話が、私だけで完結しない。私も、相手が言っている半分まで聞いて、そこから私がその文を終えることもある。 喉で喋っていて、3ビートであり、またリラックスしていれば、相手が会話に参加してくるのである。 それも文の中間で。 これまで日本人は、文というものを絶対的な単位と捕らえすぎていたと思う。だから、文があって、イントネーションが大切だと思い込んでいるが、そんなことは絶対的にない。 日本人の会話でも同じだ。聞こえは悪いが、人の話を盗み聞きしてみてほしい。英語でも同じだ。 つまり、仕事などで英語を喋るとき、大切なのは2つ。 いきあたりばったりで喋ること。 相手の協力もうまく利用する(喉でしゃべって、リラックスしていると相手も勝手に参加してくる) いきあたりばったりでも、内容は毎日やっている仕事のことだったりするのだ。またいきあたりばったりだからこそ、聞いている人の反応を見ながら、適時、内容を変えていける。質問にも答えられる。 私は、特に口発音時代、議論がなかなかできなくて苦労した。あきらかに、日本のネタで、まわりが私が何がコメントしたらなあと思っているだろうに、言えないのだ。それは一つには、あれを言って、これを言って、、、と最初に組み立ててしまっているうちに、緊張して発言ができにくいところに自分をおいやっていたのである。…

恥とは何か?

最近、仕事が忙しく、書こうと思っていても、書けなかったりするので、書きたいことがややたまっている。 昨日は、SHINさんと、英語ネイティブさんに音声アドバイスをさせてもらった。 英語ネイティブさんはここ http://eigonative.seesaa.net/article/161608623.html 私の音声アドバイスはここ www.estat.us/blog/eigonative2.mp3 SHINさんは、ここ http://shin-eigonodo.seesaa.net/article/161415701.html NKJMさんも、お忙しいなかコメントをされている。 私の音声アドバイスはここ www.estat.us/blog/shin2.mp3 英語喉は、著者の一人である私が自己満足するためにあるのではない。実践者が、できるようになるために、存在する。ただし、満足もしたいので、毎週土曜日に、4人づつ国産ネイティブ化させてもらうことにしている。教えるテクニックなども洗練していきたい。間違い方が、日本人全員同じである、、、という点がとても面白い(そこには、非常に単純なシステムがあるのだ)。THを最初からできる人が皆無である。 さて、今日のテーマはとりあえず恥とは何かである。英語が100%音として聞けるようになり、ある程度、その結果、英語ができるようになると、突如、現れるものが、 恥 の感覚である。 国家の品格の藤原さんは、日本よ、独自の道を行けとか、なにやら難しい二字か4字熟語の言葉を使ってらっしゃったが、思い出せない。孤高?とか何とか言う感じ。 しかし、英語が100%聞けるようになると、外国人の感情などがよく分かるようになる。すると、急に、世間というものが出現するのである。 グローバルな世間である。 THE COVEという映画を観たが(http://www.thecovemovie.com/japanesefiles/the-cove-store-files-final/Cove-home-page-absolute-url.html)、そこには、ものすごい殺戮の模様が放映されていて、COVE一面が真っ赤に染まっていた。そして、イルカ達の死に方が、まるで人間の死に方を見ているようなのだ。 きっと、人間が、肩のあたりをあのやり方で、さされたとしたら、水面上であのような感じで、もだえくるしみ、そして相手をうらみながら、息絶えていくだろう、、、という感じである。 そして、いるかショーの後にいるか肉の試食がされる、、、というようなことも紹介されていた。 ジーナは泣きそうになりながら、見ていたが、翌日、友人に言ったら、「私だったら泣く」と言ったそうだ。 <そもそもなぜ外国人が乗り込んでいって、盗撮しているのだろう。いるか漁を公開するべきだろう、、、というか、公海にてやっているんだったら、見物するべきだ。テレビ局が中継するべきだろう。そこまでするならば、いるか漁は文化ですから、国民全員で、血まみれのイルカが死ぬ様子を見ましょう、、、と国民が納得するだろう。スペインの闘牛のように。そこまですれば、国民の間になんらかのコンセンサスが生まれるであろう。殺し方にも、「決まり手」の名前をつける。>  英語ができると、急に世界が世間となるように思う。周りの外国人の感情などが、ストレートに理解できるようになる。 英語ができないということを隠れ蓑にできなくなる。 急に話が変わるようだが、私は、自動車のオイルを変えに行くと、ときどき、同じフィリピンからのオバサンが世話をしてくれるのだが、「私の親戚は日本でジャパユキさんだ」と行ってくる。あなたはジャパユキさんと遊んだか?というようなことを聞いてくる。 口発音時代は、それを聞いて、その背後にある感情まで理解できたどうか分からない。しかし、喉発音となり、英語と日本語の両方が分かるようになり、外国人の感情まで読めるような気がするようになったときに、私は、恥を感じるようになった。 世界にはやはり世間が存在するのではないだろうか?その世間とは、西洋人だって、牛を食うじゃないかとか、そういう理詰めは理解しない。中学校の教室にあるような世間と同じだ。 だから、国産ネイティブになるからこそ、世界の世間が見えてくるというようなこともありえると思う。 環境問題にて、世界のリーダーである日本よ!もっとすごい姿が見たい、、というのが私の気持ちだ。…

英語喉&機関銃英語の感想をここに集める

このエントリーに、英語喉と機関銃英語の感想などを集めたいと思います。皆さんのなかで、もし英語喉か機関銃英語をブログやHPで紹介されたというかたがおられましたら、このエントリーのコメント欄でご連絡ください(メールはquestion AT estat.us)!追加させていただきます。 *** MASAさんのMIXI日記(MASAさんか私のマイミクになれば読めます。ご連絡ください)http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1696089778&owner_id=7661548&comment_count=15 私のブログ http://plaza.rakuten.co.jp/fufufuu/diary/201011230000/ 英語音読研究所 英語喉に感銘 http://nsh-41.blogspot.com/2010/12/blog-post_16.html  英語を味わいながら留学せずにTOEIC950・英検1級を目指すブログhttp://ameblo.jp/mari-english-study/entry-10825320140.html  Eirene’s memories http://d.hatena.ne.jp/eirene/20110129/1296307814 ワンコがいっぱい 英語リスニング学習にオススメ教材1 改 http://arc-en-ciel.blog.so-net.ne.jp/2011-03-04  ジャズ&洋楽訳詩(東エミ)英語は喉だ!http://ameblo.jp/higashiemi/entry-10759585413.html 医学部受験の方法論 この本のお陰で今や僕はLとRの区別ができるようになりました。http://kounotori0305.blog98.fc2.com/blog-entry-41.html    英語喉物語 KATSUさん  シラブル(3ビート)って、本当におもしろい。 これを知ってから、リスンニング能力が向上していくのを日々実感できます。 http://ens-katsu.blog.so-net.ne.jp/2010-07-05  日本語英語の謎を解く 副島隆彦氏サイト(学問道場)の掲示板  よしかわさん  引用 「どこかで読んだ話だが、フランス人は英語を全く知らなくても、英語の発音は最初から明瞭に聞こえているそうだ。少なくとも、わたしは、このような英語を全く勉強していないフランス人、あるいは英語ネイティブの幼稚園児たちと肩を並べる段階にまで来たと思う。書籍「英語喉」は、このようなメリットを体験できるすばらしい本である。 」  http://snsi-j.jp/boards/cb.cgi?room=tomaya  カズ&ジーナの「英語喉」について考える.  英語喉革命さん http://blog.livedoor.jp/nodorevolution/archives/2010-04.html?p=2#20100427 …

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. kazさんこんにちわ。
    このたびはブログの記事にとりあげていただきありがとうございます。
    非常にうれしいですし、引き続き勉強するためのモチベーションにもなります。

    thの発音の件ですがthの音を出すためにはより喉を開く必要が
    あるからかなと思っています。喉を開かないと下をフラットに保てません。
    (私の場合です。)
    加えてこの音は口発音時代にいちばんこだわって勉強した部分です。
    無意識に発音しているとそれが顔を出します。
    引き続き練習して
    完璧にしたいと思います。

    あと
    口発音の割合が減った件ですが、これはてんまさんの影響が大きいです。
    かずさんの本を読んでいるときはこの喉ブレーキ意識していませんでした。
    喉で響かせればよいと思っていました。(もちろんかずさんは本の中で喉ブレーキについて
    言及されています。)

    てんまさんのクラスに行ったときに喉ブレーキについて触れられました。
    このときにこれだとおもいました。
    私は全ての音を喉で切ってました。
    家に帰ってもう一度カズさんの本を読みました。
    そしたら書いてました。(当たり前です。^^)
    それから喉のブレーキを外したのです。

    するとネイティブがこうやって話しているというのが
    完璧にイメージできました。
    これだと思いました。(何度目かのブレークスルーという意味です。)

    そこで私は口発音をまず0%にしました。
    まったく口を使わず喉100%でやってみました。(私は物事を検証するとき0%と100%両極端で
    考える癖があります。)

    すると音がでません。音はでます。違いが出ないんです。喉を開き、息を出し続け、口の形を全く変えず、下も全く動かさず
    話してみました。するとここの音が表現できませんでした。

    この状態から最低限度の口や舌の動きで音を作って行きました。
    口発音が消えたのはこの方法の影響だと思います。

    かずさんの疑問にお答えできたでしょうか。
    あらためて
    ありがとうございます。私は幸せです。喉発音に出会えて。

    あらためて何ですが
    カズさんの文章は魂に響きます。
    根底から概念を打ち破られる心地よさ
    がここにはあります。

    これからもたのしみにしています。
    ありがとうございました。

  2. なーるほど。そういうことでしたか、、、。

    確かに書いてあるのですが、例えば天満さんのような人との出会いというのが大切なのではないでしょうか?

    田地さんとの出会いでできるようになる人も出てくるだろうして、出てきているでしょうね!

    私は統計をやっていて、全部それでした。フロリダ州立大学の鎌田先生のプレゼンテーションを学会で聞いて、なーんだラッシュモデルとはそういうことだったのか!というのが私のこの分野での開眼でした。もちろん、大学院で受けた統計のクラスの教授に、そういう話をしたとしたら、「いや、それは本に書いてあるよ」と言われるかもしれませんが(大げさに言うと)。

    逆に、質問をしても言っていることがぜんぜん分からんような回答しかこない先生もいて、あきらめた場合もありました。とてもよい人物なのだけど、、、。

    最近は、たまに、ある日本人で近くの大学で統計を教えてらっしゃる先生に質問することがありますが、その先生はセンスがよくていいです。あ、機関銃英語を送ってあげるといって、送ってないことに気がついた、、、