Skip to toolbar

アンチネイティブ信仰をやめよ

「ネイティブ信仰」をするものを批判する動きがある。ネイティブの英語がすべてではない、日本人には日本人の英語があってよい、、、という立場である。

実際には、ネイティブ信仰をしている人なんていないのではないだろうか。

というと、数々の英会話学校や英語の教則本があるではないかというかもしれないが、英語は英語ネイティブによってしゃべられているのだから、ネイティブの英語をモデルとして勉強するのは当たり前のことだ。そうでなければ、カタカナで英語をしゃべっておれということになる。そんな英会話学校に誰が行きたいだろうか。

あるいは、ネイティブ信仰というと、スラングを使い、ぺらぺらとしゃべる若者が想定されている。しかし、ネイティブ信仰と心配するほど、ぺらぺらしゃべっている若者、いや人はあまりいないのだから、心配する必要はない。

英語発音の本類をさして、ネイティブ信仰だと批判するのは、的外れである。カタカナで英語を読んで、英語を教えろというのであろうか。

実際は、誰もネイティブ信仰なんてしていないのである。

それでも、「ネイティブ信仰」を批判する人たちは、世界にはいろんな英語があるんだ!という言い方をする。例えば、こないだ、英語でしゃべらないと、というので、いろんななまりを聞くコーナーがあったとか。

英語が聞けないがゆえに、日本人が知らない事実がある。いろんななまりがあっても、その人たちの間でお互いを理解しているということである。例えばインド人の英語をアフリカの人が聞いても、アフリカの人は理解できているのである(ある程度英語を勉強している人たちのことだ)。

まだ英語喉をやっていない日本人としては、「ね、世界にはいろいろな英語があるんだから、日本語英語もあっていいよね」と思いたいことであろう。

しかし、事実は、日本人と韓国人以外のノンネイティブ英語話者はお互いを理解しているのである。

それは、シラブルの数をまちがわないことと、喉で発音している、、、ということが理由である。

中国人の英語も世界で通じる。だから、中国の教育を受けたリーダーたちが、英語がしゃべれるというのも理解できる。口発音かもしれないが、シラブルの数が正しいのである。

もちろん、ネイティブに聞けば、「うん、インド英語分からないことがある」などと言うだろう。それは、聞いている日本人の意図を察して答えることがひとつ(元気と聞かれて、病気でもおもわず元気と答えるようなもの)、もうひとつは、極端なケースを想定して答えてしまうことも原因だ。さらに、日本人と韓国人の気分を害したくないだろう。

日本の国際空港では、英語のアナウンスがゆっくりと流れる。ものすごいゆっくりさだ。

それは、英語が必ずしもネイティブでない人への思いやりだろう。

しかし、日本人と韓国人以外で、英語をやってきている人は、ゆっくり読まなくてもすべて音が聞けている、、、ということは知っておいてほしい。

当然、韓国人の観光客にとってはありがたいことであろうが、空港ではすでに韓国語の放送がされているように思う。

英語喉で聞き取りができだすと、逆にゆっくり言われると、気が散って意味がわかりにくくなる。ボンボンボンどころか、ボン      ボン      ボン  ぐらいのスピードだ。

 

Related Articles

文法は大切かどうかという議論のクリティーク

このブログでは、できるだけ、思っていることをずばり言ったほうが面白いと思うので、ずばりと書きます。カウンターによると1日300人ぐらい?のクリックです。これが、1000人を超えるようになったら、もっと社交辞令で書きますね。 さて、文法が大切かどうかとう議論が時々あるけど、結局のところ、文法が大切だという人も、そうでないと思っている人(会話が大切と思っている人?)も、両方とも、英語力に限界がある。どっちみち、英語が聞こえないし、英語が通じないことが多いからだ。英語喉をやっていない場合は、そういうものだ。いや、それでも通じるとか思っている人は、たまたま喉に重心をおいて話しているか(それはそれで素晴らしい)、あるいは、日本にいるネイティブが日本人英語になれているかのどちらかだと思う。 <ビジターが一日千人以上になったらもっと社交辞令度を高くしますね。> 全然、自慢ということではない。私のまわりのノンネイティブは皆そうだが、私は、英語を日本語と同じレベルか、あるいはそれ以上で喋ることができる。日本語と同じかそれ以上で書けるし、読むのも、できる。そして、繰り返すが、私の周りのノンネイティブは、それが当たり前で、何度も書くけど、中国人は若手でも、それが当たり前である。それは、英語喉状態(少なくともシラブルを知っている)で英語を中1のときぐらいからノンネイティブは勉強しているということと、あと、英語がとても簡単な言語であるということだ。 さて、この立場から発言する。 日本人が文法だと思っている事項の99%は語彙の事項である。本当の文法は1%ぐらいだ。それほど本当の文法事項は少ない。 99%は語彙といったが、言い直す。そのうちの20%は喉発音の問題だ。例えば、英語喉では、動詞の最後につけるEDをトみたいに無声音で言うか、ドみたいに有声音で言うかを説明しているが、これは、日本では、文法問題と思われているが、実は喉発音の問題だ。正しく、喉発音をしており、3ビートをしていると、自然にトとドの違いがついてしまう。それは、そうしたら楽だというほうに音がなるからだ。 例えばLIKEDのDはトのように発音する。日本人は、文法項目と思い込んでいるので、単語の最後がKのときは、トだみたいかことを言って、生徒をテストするだろう。しかし、喉発音と3ビートを実践していると、自然にトに落ち着く。K(アクビエリア発音)のあとにD(ゲップエリア発音)を言うのは面倒だからである。 AとANの違いは、日本ではまたしても、文法事項である。しかし、実際は、母音の前でAを言うのはしんどい。Aで急ブレーキをかけて、それから次のAを言うのがしんどいからだ。ネイティブは、喉の奥でスムーズに音をつなげるからである。だから自然と楽なANになる。 A APPLEと喉発音と3ビートをちゃんとしながら言うと、しんどい。しかし、AN APPLEだとしんどくない。 もちろん、これらの例を口発音、日本語発音でいうと、どちらが言いやすいということにはならない。だから、ドライな暗記問題としてしか処理できない。  さて、これらは日本人が文法と思っているものが、実は喉発音の問題だということだ。 もっと大切なのは、実は日本人が文法だと思い込んでいるものが、語彙の問題だということだ。これは悲劇的な結果をもたらす。だって、語彙の問題なのに、文法だと思い込むと、覚えることが、数倍に膨らむのである。 たとえばだが、TOということを教えるのに、日本人は、TOの用法としょうして、下手をすると7つも8つもあるという。TOの副詞的用法がどうの、TOの空手馬鹿一代的用法がどうの、と色々である。 しかしTOはTOなのである。言い換えたい。大切なのは、英語を実際に使うなかで、中学校1年2年ぐらいの知識を手がかりに+聞いたことを手がかりに、自分のなかで、TOの使いかたを体験的にマスターすることである。 というと、よく、他人の英語を聞いて、「この人は耳でまなんだ英語だな」とクリティークする人がいるが、そういうことではない。現在の状況では、英語喉なしでは、英語をどう学ぼうと、英語は難しい言語だ。 日本の言語の専門家の悪い癖は、何々は、こういうときはこういう意味、あのときはああいう意味と、永久に分類?し続けてしまうことだと思う。 例えばである。「私」はIだ。しかし、言語学者の真似をするなら、こうなるだろう。英語のIには複数の用法がある、、、と。 日本語で「わたくし」にあたるときのI 日本語で「俺」にあたるときのI 日本語で「拙者」にあたるときのI というふうに。 これを実際に日本の文法ではやっていると思うが、以下のITの例だ。 それをさすIT 天気をさすIT…

こういうユーモア、どう?

FBより転載 *** 在米25年にして、アメリカ人を笑わせることは関西人を笑わせるのと同じぐらい容易になりました。そもそも、くだらんことでも、努力さえすれば、笑ってあげようという優しい気持、、思いやり、、が相手にあります。アメリカ人の関西人度は低く見積もって75%ぐらいですので、そんなに難しくはありません。 今日は、歯医者さんに行って、たまに担当になってくれるランディーさんという女性の助手のかたが、 久しぶりですね~ というので、 あれ、ワシこないだ来たばっかりけど、ランディーさん、毎日来てないの? と聞くと、毎日来ているけど、診察室が何個もあるから、たまたま会わなかったんでしょうね~ というので、 じゃ、今度来た時は、帰る前に、全部の診察室をチェックするけんねえ~~ と言ったら、大爆笑してくれました。 これは、関西では、「ぼけ」と呼びます。

英語喉ライブの方向

昨日のエントリーに英語喉ライブの動画を載せておりますので、ぜひみてみてください。あるいは、以下をクリックすると、これまでのすべてのものがUSTREAMでみることができます。 こちらです。 私、KATSUさん、KENJIさん、WILLさん、ルネさんの個性が出て面白かったです。英語喉ライブキャラという言葉を作ってみました。前回のMASAさん、YATTAMONさん、RONさんも合わせて。 NHK INTERNATIONALなどと比べると、ある点が違います。それは、日本人の出演者が帰国子女でないということ。純国産でありながら、英語をがんがんしゃべろうという企画です。 上智大学の吉田先生が、あるスーパーハイスクールで特別な英語の教育を受けている日本人の生徒が、ネイティブのようにぺらぺら喋るのではなくて、日本人の英語の先生のようになりたい、喋りたい?、、、のだということをおっしゃっていましたが、私はやはりそれは、微妙に前時代的だと感じます(てか、前時代でもないかも、、、ずばり今風か?)。というのは、結局、それだと、グローバル世界で太刀打ちできないと思うからです。 ネイティブのようにぺらぺら喋るということが嫌われていますが、実際、日本人以外のノンネイティブは、ぺらぺら喋っています。インド人の英語を聞いて、なまりがきついと日本人は思いがちですが、全く問題なしに通じているわけです。 「ぺらぺらネイティブのように喋る必要はない」という言い方は皮肉にも、ぺらぺらネイティブのように喋っている人が言うせりふであることが非常に逆説的です。例えば、上智の吉田先生は、ぺらぺらネイティブのように喋りながら、「ぺらぺらネイティブ英語」を批判?されているわけです。 これは一種の「ドラマ」だと思います。 ドラマというのは、茂木健一郎氏のプロフェッショナルという番組を見ていると良くわかるのですが、日本人の成功者の話がすべて同じドラマになっていきます。 1)若いとき、ある悩み、障害にぶつかる。 2)そのとき、あるきっかけで、それを克服 3)そして、努力の結果今がある。 これがドラマの一例です。聞いていて、心が温まるような構成をドラマと呼びます。しかし、本当に人生がドラマのフレームに当てはめられるかどうか、、、という点は疑問です。 また、立教の鳥飼先生は、日本人には日本人の英語があってよい、、、ということをおっしゃっていますが、実際上、それでは、通用しません。それは、なぜかというと、日本人の英語はシラブルの数が多いので、単語が根本的に違ってしまうのです。だから口発音を喉発音にする必要性があります。口発音では、例えばGROUPという単語を1シラブルでいえません。1シラブルで言わないとGROUPがGU-RU-PUになり、これではグローバルに理解してもらえません。 鳥飼先生のおっしゃっていることも一種のドラマだと感じます。例えば、中国人には中国人の英語があるように、日本人にも日本人の英語があり、そして、それはそれでいいのですよ~と納得すればよいということをおっしゃっています。しかし、中国人の英語は世界で通用するのです。それはシラブルが正しいからです(4週間前にアメリカに来たばかりの中国人が剣道クラブにいますが、大学の授業の理解は全く問題がないと言っています。) 多くの人が発音より内容が大切だと言いますが、それは日本に住んでいて英語を使っていない場合に起こる発想でしょう。実際は、発音が喉発音でないと、ネイティブを含む外国人は、日本人のほうを「向いてさえ」くれません。それは口発音、そして硬い姿勢をしている日本人を見て、外国人が、皮肉にも「この人は私に興味を持っていない、むいてさえいない」と無意識のうちに思ってしまうのです。 慶応大学の大津先生は、英語を勉強するさいに、日本語などとも比較を行いながら、言葉としての面白さを学習者に伝えるのがよいのじゃないかとされています。しかし、私はどうしても結果を考えてしまいますが、じゃ、そうしたら英語ができるようになるのかな?と思うのです。 英語教育に新たな意義をみつけようという試みは良いと思います。が、英語教育はやはり英語ができるようにあるのが目的なのがいいのではないかな? もちろん、言語の面白さに気づいたら、英語力が向上するのかという点など、リサーチによって証明する必要があるでしょう。世界のノンネイティブは、そういうことにかまわず、英語がぺらぺらなのが多いので、関係性はうすいのではないでしょうか? なんとなくすでにドラマと化している英語の授業のドラマ性を高めるのには役立ちそうです。 英語学習について日本語で、日本人しか理解できないかたちで語るのが、非常に面倒くさいと感じます。 英語を、とにかく英語のまま喋りませんか?日本人以外の英語学習者はすでにやっていることです。中国人は、日曜の朝、公園で英語会話の練習をするそうです。輪になって英会話をしているそうで、そこに入り込んでいって喋るそうです。 文部科学省さんは、英語ができる日本人を目指して、いろいろと努力をされていますが、私はその一歩手前を行って、英語をどうどうと使える日本人、外国人と普通に喋れる日本人の姿を伝えたいということで英語喉ライブを続けたいです。 それは私のことを言っているのではなくて、RONさん、MASAさん、KATSUさん、KENJIさん、YATTAMONさんのように英語喉で聞けて言える人たちを指しています。…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. いつもブログを読ませてもらっています。
    記載されている内容について、深くうなづける内容ばかりです。

    特に、上記の内容はすばらしかったので、別のサイトで紹介(投稿)しました。
    http://soejima.to/ 副島隆彦の「学問道場」の中の「日本英語の謎を解く」です。『英語喉 50のメソッド』について、という題名で投稿したので、場所がわからなければ、このキーワードでワード検索をかけてください。

  2. よしかわさん、どうもこのコメントありがとうございました。感動的な英語喉の説明でした。今後もよろしく!

  3. 上川先生、はじめまして。
    先日先生のご著書「英語喉」を入手し勉強中です。私は英語の勉強というと、遠い昔スウェーデンの大学進学のための単位習得に高校課程で英語を勉強し直したことと(こちらでは日本の高校英語教育は信用されていないのです)、更に遠い昔に英検準1級を取得したところで終わっています。
    なのに、なぜ今更「英語喉」?と思われるかもしれませんが、それは私のスウェーデン語発音のためです。数年前、言われていることは全てわかるのに、私の言うことがよく聞き取られていないことがあるのはなぜか? という疑問に悩んでいました。その後、それは私のスウェーデン語が口発音であるせいだということがわかり(スウェーデン語は喉発音)一気に謎が解けました。それ以来、当時のようなケースはほとんどなくなりました。とはいえ、意識していないとすぐ口発音に戻ってしまいます。
    先生の本でこれからも練習を続けていきたいと思います。ありがとうございました。

  4. やはりそうなんですね!

    スペイン語喉43のメソッド
    フランス語喉56のメソッド
    ドイツ語喉61のメソッド
    チェコ語喉39のメソッド
    ブルガリア語喉46のメソッド
    イタリア語喉28のメソッド
    ルーマニア語喉44のメソッド
    オランダ語喉41のメソッド
    タミル語喉75のメソッド・・・・

    あるいは全てを網羅して・・・欧米語喉853のメソッド
    (数字は全て適当ですw)

    等々を、その方面のプロとコラボして出版されてはいかがですか、かず先生w

  5. 岡田さん、スウェーデン語で英語喉が生かされているというご報告がありがとうございます。やっぱり喉発音ですよね。まさに3ビートも同じですし。

    前に、全ての言語を知ったようなことを言うなと批判している人もいましたが、聞きゃ分かるじゃんって感じです。

    私はスウェーデン人の英語は、口発音の時は、ちょっと素朴な感じの響きがするなあ、親しみやすい感じがするなあ~、かわいい感じがするなあ~と思っていたんですが、今、聞くと、ちょっと違って聞こえるのです。こないだバミューダに船で行ったときの船長さんが、スウェーデン人でしたが、たしかに素朴な感じの響きがしましたが、それは、言葉では言いにくいけど、スウェーデン語にそういう感じのイントネーションというか、何かがあるんでしょうね。国民性が素朴だとか、親しみやすいとかいう説明でなくて。

    前はアメリカ人は親しみやすい感じでなくて、スウェーデン人が親しみやすいのかと勘違いしていました。でも喉発音で、アメリカ人もスウェーデン人も親しみやすい人に変身してしまったのです。自分が変わったのですね。世界が変わったのではなくて、、、

    <ある意味、世界は自分の中にあった、、、って言うと、「現象学」的で面白いのかもしれません。>

    スエーデン人の反応などまたご報告ください。

    MASAさん、面白いですね。ある意味で、そういう本が要るし、ある意味で、要らないということも言えて(英語喉をしたら、どんな言語でも聞けるので)、考えると色々と哲学的???に面白いですね。

    ある意味で、発音の本とか聞き取りの本なしに、外国の人は、いろんな国の言葉をマスターしています。

    最近、SKYPEセミナーでフランス語や中国語も繰り返してもらっているのですけど、結構、喉で真似たらなんでもうまくいく、、、ってのありますね。