Skip to toolbar

ラウドネス二井原氏のBLOG 「英語発音との闘い」

http://loudness.exblog.jp/12355631/

このURL(上)は、二井原氏がアメリカにわたりレコーディングとなったときの苦労話として、英語の発音に苦労したという話が紹介されている。そのなかで、ネイティブを相手にRの発音練習をかなりやらされたのだが、たまにできるが、それを継続してできなかったという話がでてくる。

引用させていただくと、、、

「そんなことを一日中やっていると、ある時、まぐれで「R」 と発音出来る時がある。
その時、先生は満面の笑みで「それだ!!!」と言って手を叩く。
その直後に僕は再び「R」と発音するけど出来ないのだ・・・その度に先生は「No」と言う。 」

 

できた瞬間というのは、何回もやっているうちに力がぬけて、適当に発音したとき、つまり舌の力が抜けたときだったのではないだろうか?そして、その音をまた発音してやるぞと構えても、脱力したからこそRが出来たのだから、構えてしまったら、同じ音は出せないという状態だったのではないだろうか。

メルロポンティだったか、哲学者でIMPLICITな知(暗黙知だったかな、邦訳は)という知について哲学的な考察をしていたが、それを思い出す。

Rというのは不思議である。以前は日本人にとって最も難しい発音とされていた。しかし喉パラダイムで練習して、Rができない人が存在しない、、、。

最近、英語喉や機関銃英語を始めた人々のために書きますと、ラウドネスの二井原さんは、昨年だったかプレーヤー誌のコラムで英語喉をとりあげてくださったのです(8月号だったと思う。クラプトンの写真が表紙だった)!

ラウドネスがアメリカで録音したあとにリリースしたアルバムはサンダー イン ジ イーストなんですが、その歌詞は全て二井原氏が英語でつくっていて、すさまじいものがあります。全て英語で、なかなか内容もロック的なのです。それも20年以上も前の話です。ものすごい才能だと感心します。

これはその一例。ジーナが聞いて、えらい英語発音がうまいと言っていました。当然かもしれませんが、3ビートも確実に正しいですし。

http://www.youtube.com/watch?v=-xU6lskC2xc

<後日談>

そもそも、アメリカ進出以前のアルバム、例えばファーストアルバムの誕生前夜を聞かせても、ジーナが、「この人の英語、むちゃうまい」と言っているのだ。だから、アメリカで発音訓練を受けたという部分だが、歌となると、もともと英語の発音はすばらしかったのではないだろうか。ニイハラ氏。

ところがラウドネスに一曲だけ、英語で言っている部分で分からないところがある。それはTHE LAWS OF DEVIL’S LANDである。以下がYOUTUBE。

http://www.youtube.com/watch?v=I-tyjeGlfK4

なぜ分からないかというと、それは発音ではない。3ビートを根本的に間違っているのである。これは発音が根本的に悪いから日本人の英語が通じてないのではないということを証明?する例である。

例えば、上のYOUTUBEの50秒のところで、ウー WHAT  ブラディーナイト、、というところがあるが、ブラディーのところが全然聞き取れなかった(今は歌詞カードを見たから分かる)。BLOODYは2シラブルなのだが、3シラブル=3音符で歌っているから、最初は全然分からなかった。

1分2秒のところで、

You must obey the law of devil’s land が繰り返されるが、devil’sのところが全然聞き取れなかった。それはDE-VI-LZという感じで3音符=3シラブルで歌われているために、分からないのだ。DEVIL’Sは2シラブルである。

何かこの曲を作るプロセスに違いがあったのではないだろうか?他の曲はパーフェクトなのだから、、、。

ちなみに、ファーストアルバムのラウドネスという曲。英語は殆ど完璧である。これはアメリカ進出以前の話だ。

ただ、WE ARE THE LOUDNESS GUYというところでTHEだけはZAになっている。

http://www.youtube.com/watch?v=q588jDGJuAA (2分15秒に注目)

これはBENTO BOXをUPしてもらったとき、喉実践者の80%がつまづいているTHEの発音だ。くっついた舌を離す感じで発音するからZAあるいはDAになるのだ。THは、音=息が妨害されないように、継続的に出す音だ。

つーか、英語の全ての音はそうだ。

だからTHの時はそうするぞと構える必要はない。

だから英語喉であると英語会話が可能なのだ。英語喉が本物である理由である。実践で使用可能なのだ。

Wのときに唇を丸めるなんてメソッドは、実際に使えない。気が散ってしまうので。

最後に、昨日やっとSUPERFLYのBOX EMOTIONをアメリカのアマゾンで注文した。アメリカで注文できるのはよいが、なんと5千円近くである。輸入になるからかな。

革命はSUPERFLYで起こったのではなくて、ニイハラさんで起こっていたのかなあと、特に、すぐ上のURLのYOUTUBEで思った。

Related Articles

英語の授業でできる工夫 方言をとりいれて英語のシラブルを教える 広島弁編

まずはよい知らせから。おかげさまで、機関銃英語が聴き取れる(三修社)が増刷になります。これで5刷めになります。 過激な応援のおかげです!ありがとう。 さて、、、  KATSUさんや、沖縄琉球学園さんのメンバーと意見交換をしているうちに、あれ?広島弁って中国語みたい、、、ってのに気がついた。それどころか、日本の多くの地域でも、中国語みたいに日本語を喋っているところがある場所があるはずだ。沖縄はそうらしい。実は、どこでもそうで、いわゆる標準語が違うということなだけなのかもしれない(東日本の皆さん、教えてくださいね)。 さて、広島の英語の授業がこんなだったら、シラブルの意味がよく分かるのではないか?という提案をしたい。広島だけでなく、多の地方の人も、ぜひ方言を使ってやってみてください! まずは英語の表現を選ぶ。例 何をしているの? WHAT ARE YOU DOING? 5シラブル それにあたる方言(広島弁) アン*ター*ナン*ショー*ルン 5シラブル という具合に、シラブルが全く同じ数の表現を工夫して作文する。そして、この二つを読む練習をすれば、シラブルの意味がよく分かると思う。体で感じることで分かるだろう。 <この例文だが、「あなたは何をしていますか」と直訳する必要はないのではないか。私は中学、高校と、英語を勉強するとき、直訳は無視していた。意味がわかったら納得するだけ。試験でどうしても訳すときだけ、訳していたが、意味が分かれば、別に、普段から訳す練習をする必要はない。> さて、その他の例をあげておこう。 Really? 2シラブル ホン*マー 2シラブル   That is why … 3シラブル ホ*ジャ*ケン 3シラブル   See I told you so 5シラブル…

インターナショナルイングリッシュというのはよろしくない+i_ とu_の発音のコツの音声指導

さて、まず、高校3年生(今度、大学生)のDERWENTさんがBLOGをやっているので、紹介。 http://blogs.yahoo.co.jp/syadou005 なんでも、もともと喉発音っぽく日本語を喋っていたので、喉発音への移行が楽だったとか。そういう人は多い。アキさんもコメントしてくれているけど、中国地方、九州など、ピンとくるのが楽かも。そもそも、中国語みたいなシラブルで日本語をしゃ*べ*りょー*るん*じゃ*けん*のー。だから広島弁でタイプしても、漢字変換無理だ。 次にi_ とu_の発音方法のコツを説明した音声をとりましたので、参考にしてください。どちらともゲップエリアの音です。 コツはi_は、まず日本語のイを言っておいて、それをそのまま首の根元までおろしていきますが、根元あたりでちょっと言うのが苦しくなってきますので、楽になるような感じで響かせて、かつ音をマネながら、発音するとi_を言いやすいということです。u_も同じで、ウを下げていき、楽になるような形で響かせなます。音もまねる感じにしてください。楽になるような感じ、、、というのがなかなか説明しにくいです。 www.estat.us/blog/i_u_.mp3 さて、今日は、インターナショナルイングリッシュということについてコメントしたい。ポイントは、私は同意できませんということです。 まずは、まとめから。インターナショナルイングリッシュとはなんでしょうか? 先日紹介した、吉田研作先生の動画に説明がありました。英語にも色々ありますが、個々の独特な英語ではなくて、国際的なる英語というのがあるということです。 さて、http://www.youtube.com/watch?v=ElEeCyxAMCw&feature=related が動画です。そして、11分あたりから見てください。 ネイティブも含む多国籍の人達が喋るときに、生まれるべき、いや生まれる?英語がインターナショナル英語だということです。 アメリカ英語とか、イギリス英語にこだわるのではなくて、国際的に通じえる英語というのが理想という感じの論点です。日本人が、アメリカ人のネイティブの会話を分からなくてもしょうがないので、国際的に理解できる英語を確立?したらいいというみたいな感じです。 そして、吉田先生が言っているのは、日本で英語を教えているアメリカ人、イギリス人、オーストラリア人などが日本人の生徒に英語を喋るときに、だんだん、それぞれの祖国に特有ななまりなどがとれてきて、同じような英語になるということです。そして、吉田先生は、そのことを、「美しい」ことだとおっしゃっています(14分めあたり)。 私は同意できません。まず上のことですが、日本人に対して、アメリカ人やオーストラリア人の英語が似てくるのは、それは、ゆ~くり、単語単語に区切って、流動性をできるだけなくして、おおげさにしているからでてくる英語です。それは、知的レベルの低い相手、例えば、西洋においては犬に対して話すときの英語です。 そのような英語は、NHKの英語番組を見れば聞けます。チャロの番組とか、ハーフの人が出てきて、音程ががくんがくんと上がったり下がったりする英語です。 国際英語が要らない理由は、 1.英語が分からないのは日本人だけ 2.英語はすでに国際言語の要素を持っているので、すでに国際英語である という理由です。まず1から言ってみましょう。日本人が英語が聞けないのはただ一つの理由です。シラブルを単位で聞いていないからききとれません。 I am going to the station を…

オランなります 推薦サイト

クリスマス休暇なんで、月曜までオランなりますが、コメントなどはぜひください。以下が推薦サイトです(またふります、よろしく)。 http://processeigo.seesaa.net/ 天満さん http://loudness.exblog.jp/ ニイハラ氏 http://tetsu919.blog6.fc2.com/ てっちゃん(っていっても、てっちゃんもおらんらしい) http://eigoningen.seesaa.net/ としさん http://blog.alc.co.jp/blog/3302866 タカの英語教師日記  ブログの人気投票です。 http://blog.with2.net/link.php?709532       

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.