強く読むところ、弱く読むところ

従来の教え方では、英語には

強く読むところ、弱く読むところ

があるそうだ。これは完全に間違っている。もちろん、強く読もうが弱く読もうが個人の自由だが、そう読んだから英語が通じるわけではないし、強いところを気にして聞いていてはついていけない。

さて、たしかにネイティブの英語を聞いているとそういうところがあるようにも思えるかもしれないが、それは、たまたまそう聞こえるだけである。

ところで、日本語を知らないネイティブが

おはようございます

と、たどたどしく読むならば、日本人の耳には「は」のところと、「ざい」のところが強く?音程が上がって聞こえるかもしれない。喉発音の上下と3ビートが重なりあって、ダイナミックな形で英語のメロディーは生まれる。

従来の音声学によると、内容的に大切なところが強く読まれるらしい。

すると、このネイティブにとって「は」と「ざい」が大切なのか?

そんなわけはない。

強く読むところがある、弱いところがあると、信じて、繰り返していると、何かをやっているような気になるだけである。

英語喉オンラインサロン・コースへ飛ぶ

Related Articles

常識の壁をどう越える?不安

英語発音に関する言説形成をインターネットで見ていると、この壁を超えることは可能なのだろうか、、、と心配になることがある。 壁とは、、、。例えばだが、私たちは、風呂からあがってうろうろしていると体が冷えて、風邪を引く、、、ということを真ととらえてうたがわない。ところが風邪はウイルスで起こるのだから、実際は、風呂からあがって床に入るまでの時間は、風邪を引くことと無関係なはずである。***ところが、昔からそう聞いているのだから、決してその壁を越えることはできないだろう。

想像 なぜRON氏、天満氏、そして小林克也氏は英語ができる・できたのか

前回のエントリーで、「日本人の喉は、日本語の短い音を超高速で作り出すために常に緊張している。したがって、物まね能力に限界があるのだ。」と書いた。   新しいパラダイムの地平でものを書いているため、まだ喉革命を経験されていない読者には、理解しがたいコンセプトを含んでいたかもしれない。少し解説してみる。

英語喉で中国の旅 アメリカにいながらにして

クッちゃんと喉やんが、RONさんが中国語を喋っているのを見て、カズさんが中国語を勉強しはじめたという噂話をしています。 [audio:http://nippondream.com/eigonodo/wp-content/uploads/2011/07/kaz_07_29_2011.mp3|titles=kaz_07_29_2011] 週末英語喉セミナーのお誘いです。以下のURLから申し込んでください。日本の日と月の朝になりますが、アメリカ在住のかたなど、受講しやすい時間かもしれません。