ミシェル フーコーから学んだこと

大学時代にミシェルフーコーに出会ったのだが、彼の歴史観、いや分析法?は非常に面白い。クリニックの誕生という本を読み直しているのだが、ある病気を治すのに、昔のある時点では風呂に何回もつけるというような治療法をしていたらしい。ところが現代では、全然違う治療法が発達していて、医者がいかに病状を見るかという根本的なパラダイムを比較している。そのパラダイムを何が支えているのかとか、どのようなことがらが、見えることととして処理されるかということが書かれている。

1963Naissance de la clinique

ニーチェの系譜をつぐ人だということが分かったので、ニーチェなども読んだが、「善悪の系譜」とか、読んでみた。 ヨーロッパの大学ではニーチェは基本文献だと聞いた(本当かどうか知らんが)。え、ニーチェ読まないの?みたいなことを言われたことがある。同志社に来ていた留学生に。アメリカでは当時、フーコーの監獄の歴史というのは、歴史の授業とかでは当たり前のように読んでいたんじゃないかと思う。私が学部の授業をとったときにも、ASSIGNされていたし、また教科書コーナーには常連のように置いてあった。残念ながら、フーコーの書き方は読みにくい。

さて、

2007年は英語喉出版の年であった。2009年はキカンジュウエイゴの出版だ。厳密には喉パラダイムは2005年あたりに誕生していて、それを意識的に実践していたのは、私と、2006年あたりに実験台になっていただいた、苅谷先生だけだった(ちなみに、無意識に実践されていたのは、RON氏、長崎の雨氏、天満さん、、、それから帰国子女と小林克也氏ぐらいだろうか?最近音声をUPしていただいたTOSHIさんもされていたのかな?)

この喉パラダイムの以前と以後で発音や、聞き取り教育のパラダイム、そして根本の部分が全然変わってきている、、、が、、、まだまだパラダイムの変わり目にあるために、多くの人が知らないだろう。

以下のURLは、英語喉のライバルであるXXXに共感されている先生のサイトである。英語喉と相対するパラダイムであり、一つ一つの指導法が全く逆である。英語喉は喉をリラックスさせないと英語音が出せないというやりかただが、XXXやこのサイトの先生のやりかたは、音をするどくすると英語がうまくなる、いわゆる曖昧音を曖昧に読むと、うまくなるというパラダイムだ。

XXX(引用するのをやめた)

音をするどくすれば英語になる、、、という考え方であるが、例えばSをするどく発音しなければならないという。これはXXXのXXさんが一貫して指導されていることだ。

これは喧嘩を売っているのではありません。その実際に、するどいS音を使いながら、またあいまい音をあいまいに実際に読んでいるところ(学習者じゃなくて)を聞かせていただけないだろうか?従来のパラダイムでは、不思議と教える側の英語が出てこないのである。

新しい喉メソッドでは、自分の英語をUPして発表することが、もはや恥ずかしいことではなくなっている。喉でやると恥ずかしくない。

逆に、従来のやりかたは(Sを強く言うとか、強く読んだり弱く読んだりするとか、わざと曖昧に弱めに読む母音が存在するとか、、、)、ミシェルフーコーが描いた昔の治療方のなかで、例えば、風呂につけて病気を治すとか、、、そういうことに似ていると思う。

するどくするとか、はっきりする(そしてその逆として曖昧に発音する)、、、というのは、日本の歴史のなかで、富国強兵の制度を確立しようとするなか、出てきた、、、いや、それまでも似たようなことはあったかもしれないが、教育実践ではないだろうか。

そういうことをしたところで、英語がうまくなるわけではないのだが、それを見つめる指導者=指導される側という権力制度を保つという観点から、適した言説であると思う。

我々はこのようながんじがらめの言説から、どのように脱却し、真の自由を勝ち取ることができるだろうか。

フーコーについてはここ

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%BC%E3%82%B3%E3%83%BC

Related Articles

どこかで勘違いが起こったのではなかろうか

http://en.wikipedia.org/wiki/Vowel 音声学、、といっても色々あると思うが、いわゆる大学の英文科で学ぶ音声学、それもIPAとかダニエルジョーンズとかが出てくるものだ。   問題点は「舌の位置」と「響かす地点」と混同?である。   母音ごとに舌の位置が違う、、、ということを図示しているわけだが、それはあくまでの舌の位置であって、それと「音を響かせる場所」とは違うだろう。   例えば舌の位置が「前より」だとすると、それは単に位置が前よりだ、、、ということであり、それ以上でもそれ以下でもない。   ところが、思うに、なぜかこの舌の位置が「音を響かせる位置」という概念と混同されているように思う。   舌が前よりだから、口の中でも前のほうで音を響かすんだ、、、というのはおそらくなんらかの勘違いだと思う。   そもそも舌の位置と母音の関係ということは、喉のパラダイムでは「考えなくてもよい」わけだが、それを言ってしまうと、めんどうだ。だから、もっとフォーカスを絞ってみる。   舌の位置は「響かす地点」ということではない。   例えば、上のURLでは舌の位置のX線写真が紹介されているが、だからといって、口の中のどこで音が響くということがX線でわかるわけではない。   http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%8D%E8%88%8C%E6%AF%8D%E9%9F%B3 これは日本語で書かれた説明だが、上で指摘した勘違い(と私が思うもの)が分かる記述である。引用してみると、、、 前舌母音(まえじたぼいん、ぜんぜつぼいん)とは、舌の最も高く盛り上がった位置が最も前で調音される母音。   舌のもっとも盛り上がった位置で調音される、、、とある。が、実際は、前舌という概念は単に舌が前にくる、、、ということを記述しているだけであり、そこで音が調音されている、、、と言っているわけではないと思う(調音が何を示すか、、、というところが微妙だが)。  …

脳科学と暗黙知 

池谷さんのエッセイ(http://gaya.jp/english/katakana.htm)を読んで思ったこと。今日はそれを書いてみる。 池谷さんの言っているをまず引用 引用始め************* 英語の上達はあきらめよう!?  自転車の練習は、40歳になってからでも、50歳になってからでも可能である。運動制御系の可塑性は年齢に無関係で、歳をとっても衰えることがない。一方、言語を習得するための可塑性は、年齢とともに急激に衰えることが知られている。言葉を覚える能力は、一般に8歳までであると言われている。この年齢を過ぎると、新しい言語を覚える能力は急速に低下する。「9歳の壁」と呼ばれる脳の変化だ。こうした現象が脳に備わっている理由は明らかになっていない。しかし、私たちはこれを事実として受け止めなければならない。 引用終わり*************   断っておくが、このエッセイはすでに英語喉革命を経験した人を読み手と想定して書いている。当然、上の池谷さんの発想は(といっても、脳科学を待つまでもなく普通の人が考えている典型的なことかもしれないが)、英語喉実践者から考えると間違いである。   もちろん、英語喉をまだ未経験の人には、理解できないことだろう。が、それはしょうがない。 しかし、池谷さんのやっている脳科学の観点から見ると「真」なのであろう。ということは、脳科学の何かが間違っているということになるが、一体、どこが間違っているのだろうか(結論としては、間違いということではない、、、という方向に行く)?   一つには、日本人以外であれば、8歳すぎても、英語を使いこなすようになるのだが、日本人が例えばメキシコ人の喋る英語を聞いて、なまっていると思い、結論――>大人になって英語を喋るとネイティブレベルにならない、、、と勝手に決めてしまうところがある。実際には、メキシコ人はなまっているだけであり、普通に勉強していれば、しっかり英語が喋れる。また2010年の現在では、常に、なまりが強いとは限らない。特に英語よりも、音が多そうな言語を喋るヨーロッパ人(例スウェーデンとかドイツ)は、ネイティブかどうかちょっと分からんぐらいの英語を喋る。   日本人が、いや、自分にとって英語が困難だったからということで、他の外国人も8歳すぎたら苦労するものだと思いこんでしまうのだ。   しかし、これから、脳科学が間違っているとはいえない。   池谷さんが間違った(?)部分があるとすると、ここだろう。 脳は、何かを時間をかけて吸収する。英語も時間がかかる。だから、大人になったら遅いかも、、、というロジックにおいて、ある誤りがある。   脳が何かを長い時間をかけて学ぶプロセスにフォーカスした点が、間違い?だったのではないか(正しくは、脳が瞬間的にどう情報を処理するのか、、、にフォーカスするべきだった)。それが顕著に現れている箇所を引用してみる。   引用はじめ************* 生まれたときは白紙であって、環境に応じて能力の色付けをしていく。それが脳の姿なのだ。赤ん坊が英語圏に生まれたのなら、英語を話す脳に変化するし、日本に生まれたのなら日本語の堪能な脳へと変化する。これらはすべて訓練の結果に生じる可塑性である。自転車に乗らなければ脳は変化しないし、英語に触れなければ脳は英語に順応できない。あまりにも当たり前な話である。…

アーミッシュの若者の言葉に感銘を受ける

英語喉的には、世界の人々と喉発音で普通に喋ることで、何人だ?という前に人間として仲間になろうということが大切だ。しかし、昨日、頭を打たれるような体験をした。 会社帰りの駅で、たくさんのアーミッシュの若者たちが歩いていた。50人ぐらいか。ワシントン見物に来たのだろうか?アーミッシュとは何か?これを見ておいてください。彼らは、オハイオとかペンシルバニア州あたりに住んでいて、昔から変わらぬ電気を使わない生活をしている人たちなのです(以下で登場するメノナイト派は、ある程度のモダン生活は受け入れているらしい)。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5 なぜアーミッシュと分かったかというと、彼らは、独特の服を着ているからだ。男性の若者たちは結構普通の格好だったので、不思議だったのだが、女性は、日本人の感覚で言うと、給食係りの人みたいな服を着ている。 若者たちばかりだったが、男子と女子に完全に分かれて歩いているのが印象的だった。 思わず、一人の若者に、君たちはアーミッシュですかと聞くと、非常に印象のよい感じで、次の言葉が返ってきた。 そうです。私たちは、メノナイトです。ですが、MORE IMPORTANTLY 私たちはクリスチャンです。 私は、その言葉の重さに、やや感心したのでした。 よく、やや偏った言い方で、日本人は日本人らしくあれというような言い方をするが、たしかに、品格のある形でそういうことがあってもよいのかもしれないと思った。 このアーミッシュの青年の言葉はその実践例かもしれない? つまり、私は、彼等をめずらしい存在として見ていたのだ。そして声をかけたのだ。しかし、彼等の観点から言うと、彼等こそが、非常に西洋文明の核であるクリスチャンであり、彼等はその信仰を守ってきたのだ。 逆に、私のほうがめずらしい存在なのかもしれない。 一瞬であったが、彼の言葉はとても重く、私はますます、彼等の文化を尊敬したのである。 会話はそれだけだったのだが、私が実は次のことを言いたかったのだ。 この数年、アーミッシュのファンで、毎日、アーミッシュのジャム(アップルバター)を食っている。ヌードルも大好物だ。それは、義理の父と母が住む一帯にアーミッシュのコミュニティーがあり、私も彼らのレストランやストアに行くのだ。 アーミッシュのアップルバターがついに切れそうになったとき、義理の父と母が先週、来てくれたときに、また新しいのをお土産でくれた。私の体の1000分の1ぐらいは、アーミッシュのジャムから形成されている。 アーミッシュの若者たちは、なぜ東洋のおっさんが、彼らに話しかけたか理解できなかったかもしれないが、そういう事情があった。 しかし、彼の言葉に比べて、私の言いたかったことは、軽すぎたかもしれない。私はアーミッシュの食文化の大ファンなのだった(実際、帰ってから、アーミッシュのチキンフライのおいしさを思い出し、思わず、チキンを煮てスープをつくり、アーミッシュのヌードルを入れた。) 彼は簡単な言葉によって、アーミッシュの品格を見せつけてくれたように思うのでした。 英語喉ライブで、日本人がPOLITEだ、POLITEだと絶賛が出ているのだが、いい意味での日本人としての言説形成ができるかもと思う。しかし、そのためには、我々の文化を我々自身が理解する必要がある。そのためには、本に頼らず、自分たちの目で観察したり、英語喉ライブのように、素直に外国人の意見を聞いたりするのも大切だろう。 ただし、まずは仲間として世界の人々とコミュニケーションすることが大切だとは思う。 ぜひ人気投票にクリックを!