Skip to toolbar

Related Articles

アイコさんの音声UPに関して (2)

アイコさんの音声UPはすでに紹介しました。 http://aikofreetalk.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/the-first-bento.html アイコさんは、米国西海岸のLAで英語発音を教えられています。このあいだ、ある掲示板で、英語喉のことをお知りになったということで、ピンと来られたということです。で、私たちのサイトで書いてあること(動画も?)参考にされたうえで、喉を実践されており(あとLAにお住まいだし、周りのネイティブが「がまがえる」みたいな声で発音しているのは、明らかですよね、、、その声というか音色自体が英語の発音には大切)、なんとまだ英語喉をゲットしておられないとのこと。 アイコさん、英語喉は2年前に出ました。その数年前から、予告もしておりましたが、英語喉のノの字も、これまで、見ませんでしたか? 私は声をあげて、出来るだけ多くの人に知ってもらいたいと思って、やってきました。例えば、去年の今ごろ、アメリカに留学してきて、今帰る人がいるとします。英語喉を知っていたか、知らなかったかで、どれだけ成果が違うでしょうか。 少なくとも、こんなものがありますよ、とお知らせして、それで実践されなかったのならば、しょうがないですが、私のせいで、知らずにすごしたとなると、あまりにも残念です。 今までのメソッドの人は、そこまで出てこないですが、私にしては、ちょっとぐらい恥ずかしい思いはするかもしれないが、一人でも、成果を上げることができたら、幸せなわけです。 私は、これまで文部科学省にも本を父経由で届けたり、知人の言語学者に問い合わせたりしましたが、その限界を感じています。というのは、ご本人の英語力が、やはりピンとくるかどうかに関係してくるからです。本当の英語が聞き取れないのに、喉がどーのとか、言われても、わけが分からんわけです。ただ声が低いだけでしょ、、となる。 英語喉の説明は苦労するのは、「あなたはそんなに発音にこだわっているが、我らを馬鹿にしているのか?」と思われることですが、最近は、機関銃英語がでて、これは、英語喉より説明が楽です。「日本人はネイティブ発音ができなくてもよい」と言う英語の先生はいても、「日本人が聞き取りができる必要はない」と言う先生はいないので、説明がしやすいように思います。 完全に喉パラダイムは、日本の現在の言説状況の外にあるわけです。だから、喉パラダイムが主流になるには、マーケットにまかせるしかないという状態になります。専門家に持っていっても、パラダイムの外にあるために、狂気の言説となってしまい、除外されてしまうわけです。 ミシェルフーコーという哲学者によりますと、昔、「アホ」のカテゴリーに属した人々が、船にのせられて川を行ったりきたりしたそうです(というか、これは実際に存在したのではなく、そういうイメージの話があったということらしい)。さらに、大昔の監獄を見ますと、今の感覚では、監獄に属さない人達まで、入れられていたそうです。つまり、昔のエピステーメからいくと、除外の対象になる人達の定義自体がちがったらしいです。 喉パラダイムは、現在の言説状況のなかではアホ扱いかもしれません。この状況を抜けだす一つの(多くのなかの一つです)は、実際、英語ができる人の支持を受けることです。そういう意味で、アイコさんが今回、喉パラダイムにピンと来られているということは、非常にうれしいです。 もう一つは喉実践者の活躍ですね。それから、英語なんて考えてもみなかた人たちを応援することも。 口を大きく動かすとか(実際にネイティブは動かしていないのに、、、映画などを見たら分かるのに)いうアプローチのほうが、実は、おかしいのだという非常に単純なことに、人々が気がつくのにあと何年かかるでしょうか、、、。あるいは、イントネーションが言われているほど大切ではないということに気づくのに何十年かかるでしょうか。イントネーションの違う大阪人の日本語を、東京人が聞いたとき、特殊の語彙でなければ、殆ど100%分かるのにね。英語でも、ロボットみたいに平らに読んでも通じるし、また歌のように、普通の会話での音程を無視していても、理解できる。この当たり前のことを私はこの5年ぐらい唱えていますが、常にアホ扱いされてきました。もっているのは、出版社さんや、喉実践者さんの理解のお陰、また広島で応援してくれている家族のお陰であります。 口を大きく動かすとか、おおげさにやるという発想は、歴史性があって、きっと、昔からあったんだろうけど、詳しく調べれば、富国強兵の国家体制作りのなかで固められてきた教育実践なのだろうと予想しています。ワシントンDCに日本の芸術品が飾ってある博物館がありますが、浮世絵のなかには、今ほどの大げささは見られないような気もします。あ、歌舞伎にはありそうですね。 関係なさそうに聞こえるかもしれませんが、私は、今、社交ダンスを習っておりまして、先月からルンバをやっておるのですが、ルンバの歩き方でさえ、ものすごい難しいんです。おおげさにやればいいということではなくて、本当に、ダイナミックな体の動かし方を学ばなければ、腰の動かし方が大げさになりすぎて、全然、ダメ。先生のやっているのをよく見て、原理を理解するぞ!と、やっていますが、やっと、「あ、自分のやっていることはダメだ、できていない」が分かるところまで来ましたよ。 社交ダンスの世界は、実際にできる人がこうですよ、と教えてくれます。そしてそれを懸命に真似るわけです。その教え方が喉パラダイムに通じるものがあるんです。手足をやたらを大げさに動かしているんじゃないんですね。もっと根本的に、重心の置き方とかが大切で、それをやっていると、自然と手足がそれについていくというかんじ。 喉パラダイムによくにている。喉をやっていれば、なんとなく自然と3ビートになる。喉をやっていれば、自然とイントネーションが自然になる、、みたいな。 で、そういうレッスンを受けて、自分はまだまだと分かったうえで(少しはできるようになったうえで)、テレビのSO YOU THINK YOU CAN DANCEとかいう番組を見ると、それに出てくるダンサーの上手下手がよく分かるんです。 本物が見抜けるというのは、ある程度、自分ができていないと分からない。そういう意味で、アイコさんには、喉パラダイムにピンと来られたのではないかと思います。 これアイコさんの発音矯正サイトです。LA付近の人はGOでしょうか?!…

英語脳の竹村和裕氏がYOUTUBEにUPされている!

http://www.aera-net.jp/movie/interview/090623_000941.html AERAのENGLISH JOURNALの企画もあってか、竹村氏が発音講座をYOUTUBEにUPされていたので、コメントしたい(竹村氏は英語発音指導をされている専門家で、英語脳という著書がある。英語喉にタイトルが似ている!ドが違うだけだ。出版時期も同じぐらいだったかな?) 発音音声UPというのは、確か3年ほど前だったか、RON氏が私に発音UPを要求したあたりから始まったこの世界の流儀である。英語発音を教えているのに、本人の英語発音を聞かせないとは何事か?という基本中の基本を当時からRON氏は知ってらっしゃったということである。私の発音を聞いてくれたRONさんは、これは本物であると気づいてくれた。 まず、最初に思ったのは、竹村氏自身の英語が、ちょっと口発音ぎみなので、それを深めにしたらよいのになあということだった。一瞬、(ちょっと浅めで発音されているぞ)と頭で準備したら分かりだすという感じの英語です。もしろん、この一瞬の準備さえあれば、分かる英語だ。 例えばTHの音が正しくできれていない(動画の一つを参考)、、というか、日本人が思うところのTHだ。口の中で摩擦のようなものが起こっているだけなので聞いた瞬間、「あ、そうだこの人は日本人英語を喋っているのだ」と瞬時に「聞き所」を変えないといけない。母音の音は結構、深いところから出ているが、子音が浅い。 子音が浅くても、色々な英語があるからよいではないかとおもわれるかもしれないが、浅いからこそ、英語が通じにくいし(相手が日本人英語に慣れていれば別)、また聞き取りも100%になりにくい。 ただし、以下の動画では、英語喉がこの2年、声をからしてうったえている喉発音を、いとも簡単に紹介されている。2年前だと、私はいわゆる英語の専門家の一部からアホだ、既知外だ、なんにも分かっちゃないと、言われてきたし、へんないやがらせのメッセージを受け取ってきた(オーストラリアのお前じゃあ、おんどりゃあ IPアドレスで大学名までわかるんじゃけん、なーんちゃって。うらんではおりません。また声をかけてください。)。 また喉信者と言われつつも、一緒に、「阿呆船」に載ってくれた実践者の皆さんの応援もあり、色々と耐えてきたわけだが、なんと、ここに来て(2009年の夏)、いとも簡単に喉発音ですよとおっしゃっている。英語喉に書いているけどとか言ってくれたらうれしかったです、、、(笑)、、、 いや、正直なところくやしいです。   http://www.youtube.com/watch?v=luTTqa8EUQ8 あ、ちなみに鎖骨と鎖骨の間だけを意識すると、音がぎこちなくなります。これについては、どこかに動画があると思います(四郎さん、ありがとう http://www.youtube.com/watch?v=DoMODVQqEhw)。首の根元を平面的にとらえ、その全体を響かせます。 さて、響かせればよいならば、マイクでエコーをかけたら日本人の英語がうまくなるのかとなりますが、そうはなりません。響きで独特の音色を出すのです。その音色なしには、英語の音は出せません。あ、ちなみに、ロスで英語発音を教えられているアイコさんの昔の発音(喉に気づく前)は、ご本人も認められていますが、音が平たいためにRなどの音がでていません(特にPERSONのPERみたいな音が分かりやすいですね http://aikofreetalk.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/post-68f1.html) さて、その他の動画ですが、以下のENGLISH JOURNALに基づいて説明しますと、 http://www.aera-net.jp/movie/interview/090623_000941.html ◆01.有声音と無声音 有声音と無声音は英語でも日本語でも同じですから、それをわざわさ、喉に手を当てて確認する必要はありません。ただし、子音だけを発音して、それで喉が震えるかということを実験する、、、これを可能にはしますが、逆に今度は、無声音が単なる息の通過であると勘違いされてしまいます。実施、竹村先生のやりかただと、無声音が単なる息の通過になっています。 そこらあたりから子音で息を強く吐くという発想が出てくるのだと思いますが、 ◆04.子音で息を強くはく 子音では肺からの息を強め、母音だと普通、、、なんていうコントロールは難しすぎてできないでしょう。口の中で調整すると、口発音となってしまい、日本人特有のCHOPPYな英語になってしまいます。 ◆02.腹式呼吸ネイティブが腹式呼吸だというのは確実に事実と違います。これは聞きゃ分かる、見たら分かる、、、という感じですが、おそらく、喉発音からくる、重たいような、響きの濃いようなネイティブの音を聞き、ネイティブは何か特別なことをしているに違いない、、、という発想から来た勘違いだと思われます。 全く自慢にならないが、出版以来マスコミの取材の申し込みが全くない。ENGLISH…

書籍 「英語喉」の付録 練習文BENTO BOX LUNCHの読み方

以下のエッセイを書き始めました。まだ完成していませんが、とりあえず最初のほうだけ。  HIROさんが、http://www.youtube.com/user/hiroeigonodo#p/a/u/0/fhF4pFAmpYk でアドバイスをされていますので紹介します(2010年3月)。 ***  書籍 「英語喉」の付録 練習文BENTO BOX LUNCHの読み方   うえかわ かずあき (COPYRIGHT 2009)   以下の文はまだUNDER COSNTRUCTIONです。   皆さん、BENTO BOXの素材の音読をUPされる際ですが、もし時間があれば、以下のチェックリストを参考にしてみてください(もし時間があれば、、、ということですので、気軽にUPされてももちろん結構です!このチェックリストのせいで、いや自分はまだ勉強が足りないと、、、まだUPはやめておこうと思わないでくださいね。)   さて全体を見てみましょう。   Bento box lunches are special to Japan.…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. そうなんですよね、どうしてもクセでオに近い感じになってしまうんです。綴りにまどわされちゃってます。。
    んーー、もっと練習してみます。