ご質問:私たちは夫婦で英語喉を実践しているのですが

昨日のポストにコメント・ご質問をいただきました。 ありがとうございます。夫婦で実践されているというのはすばらしいですね。先週末のセミナーにも、夫婦でご参加いただきまして、そういうのは家でもお互いから学びあえるというのがすばらしいと思いました。

***

私たちは夫婦で英語喉を実践しているのですが、このブログで取り上げられていた方と同様に苦手な音があります(T_T)それはIとi_とEです。二人とも過去に音声学を勉強していたことがあるため、これらの音は隣接しているという認識がいけないのでしょうか?二人の音声を作成したのでチェックしていただきたいです。厳しめに採点してください(笑)

私の発音 http://www.youtube.com/watch?v=8e99B1I2VlM
妻の発音 http://www.youtube.com/watch?v=msh9-_intHM

Comment by ken — March 19, 2009 @ 1:59 am |Edit This

さて、いかにコメントです。

KENさんのほう

まだ喉の深みが浅めです。したがって、i_が究極の深みに達していません。まず外人声ギブスを使ってみて、喉の奥の緊張感を目で確認し、リラックスすることで、喉ブレーキをはずしてみてください。また、以下のことをやってみてください。息をすいながら、音を出し、そのときに感じた喉の感覚、響く位置を覚えておいて、今度は普通に発音。

http://estat.us/blog/ken.wav

KENさんの奥さん

KENさんの奥さんは、i_がかなり近いです。KENさんよりも深めのところで発音するのに成功されています。全体的にもっと響きがあったほうがよいです。音の立ち上がりのところがまだ突然出ている感じがするので、それを直すと非常によいです。そのためにちょっと、アドバイスしてみました。

http://estat.us/blog/ken_okusan.wav

また今度、本の終わりまで行ったら、弁当BOXで聞かせていただけますか?

あ、あともう一つアドバイス。IとEに関しては事実上、日本語と同じなので、響き具合だけです。とはいえ響き具合、音の全体を出すことを除いては、やっぱり日本語と同じなので、できないということはPRACTICALLY SPEAKINGでいうと、不可能です。ですから*自信*を持ってください。やっかいなのはi_です。

ブログの人気投票です。 http://blog.with2.net/link.php?709532    

英語喉オンラインサロン・コースへ飛ぶ

Related Articles

盗み聞きをしてしまった件

1231 今週末のセミナーの募集です。とりあえず英語の音が聞こえるところまで行きましょう。 http://www.doodle.com/bpxmkqvv8ufgtktm   MASA RADIOが益々盛り上がっている。 MASAさんが、相手のパーソナリティーを引き出しているようで面白い。

聞き取り100%の件

1232 今週末の英語喉セミナーです。今回を逃すと7月の中半まで喉セミナーはありませんよ~~~。 http://www.doodle.com/bpxmkqvv8ufgtktm さて、英語喉で、すご~~~いと思った人は、きっと発音だけでなくて、音の聞き取りがよくできるようになった人じゃないかな。それも結構、短い時間で。

日本語は意味が薄い言語か? 日本語=掛け声論

1236 この週末から1週間ほど帰国しますが、7月の10日(日曜日)の12時半から2時間ぐらい、三羽さんとの対談をネットラジオで放送する予定です。カレンダーに書いておいてくださいね。 さて、 昨日、日本語は掛け声に近く、意味が薄いと言ったが、考えれば考えるほど、たくさん例が出てくる。

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. チェックありがとうございました。喉発音が一通りマスターできたら弁当BOXを録音しみようと思います。

    それと、kazさんに試していただきたいことがあります。下記のサイトで音の聞き分けテストがあるのですが私はどうしても母音の正解率が90%以上になることができません(泣)もしよろしければkazさんもこれに挑戦して頂けないでしょうか?一発で100%になったら尊敬いたします(笑)

    下記サイトの「プログラムのダウンロード」を押すとテストプログラムが複数表示されますので、その中にある「母音聞き分けテスト」をダウンロードすると聞き取りテストが行えます。

    http://exp.atrcall.jp/index.html