Skip to toolbar

もっくんカモーン 世界を舞台にする方法

ハリウッドで賞を受けたもッ君(本木雅弘さん)が、渡辺謙氏などと違い、あまり誘いを受けられなさそうだというような日本の評価を読んだ。もちろん、記者自体の主観的な意見だろう、、、

本木 ハリウッドで意外に不評」(日刊ゲンダイ2009年2月24日掲載)

本木さん、メールください。英語を変えることで、ハリウッドに挑戦できます。

渡辺さんがメジャーになれているのは、演技力に加えて、喉発音をしているからです。工藤夕貴さんだって同じです。あと、今はアメリカに住んでいて、昔、アニメの主題歌を歌っていたこともある元アイドル歌手(女性)の人も喉発音です(名前ちょっと忘れたけど、アニメの歌の最初は、「おぼえていまーすかああ、、、」ってやつだった)。

逆にいうと、渡辺さんと工藤さん以外は口発音なので、世界では通用しにくい。英語の不自由な日本人の役しかできません。映画、MEMOIR OF GEISHAでは、日本人女優で、世界が理解する英語ができる人がいなかったので、中国人女優が演技しました(次に述べますが、英語が通じる、通じないだけではありません)。

渡辺謙さん、今のところ、「日本人役」をされていますが(そしてそれは非常に貴重なことです)、ご連絡いただき、直接指導させていただければ、国籍を超えた「人」の役が回ってくると思います。アメリカの刑事ドラマなどで。正確にいえば、英語が不得意な日本人の役も、英語が得意な日本人の役も(これ謙さんとか、ユキさんがやってらっしゃる)、そして単なる「人」の役も(世界のメディアでね)。全部できるようになります。

メールください。すでに喉発音の謙さんですが、アクビエリアとゲップエリアを使い分ける、ゲップエリアを定位置とする、ということを指導させていただきたい。

発音がいいからだけ、外国人が理解するからだけではありません。喉発音をしていると、西洋人(というか東アジア圏以外の地球の住民)は、その話者の個性をよりよく知ることができるように感じます。だから、元々もっている俳優としての才能を、ダイレクトに感じるのです。

逆に、カタカナの世界に閉じ困っていると、声が硬い。硬い声=緊張している=個性がでてこない、、、ということになります。

東アジア文化圏以外では 

豊かな個性、才能 + 喉発音 =>人がその個性、才能、人柄を理解できる。

豊かな個性、才能 + 口発音 =>えらい硬い人やなあ、、、で終わってしまう。

(日本では個性豊かな人と思われているのに、アメリカ留学中はまわりにシャイな人だと思われているケースは多い、、、というよりそれが普通。)

喉発音は、自分以外の人になってしまうということではありません。自分の中にある、実は豊かな才能、そして豊かな個性を、そのまま外国人に理解させるということです。 

ブログの人気投票です。 http://blog.with2.net/link.php?709532  

Related Articles

小さなコツ 二つ

やはり教え続けていると、色々なケースに出くわす。 http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 ひとつは日本語というのは、やはり特殊なのだろう。英語は、赤ちゃんが泣いているときの発声法とそんなに変わらない。しかし、大人が喋る日本語は、喉発音を元々しているひとがいたり、完全なる口発音だったり、小さいときから発音が悪いと注意されてきていて、実はそれが英語発音むきだったり、あるいは、注意されてきたから、それを直そうとして、口に力が入りすぎていたり、、、、。あるいは、日本語にもあるSが舌足らず的だったり。 さらに、地方によって、発声の深さが違ったり、、、。 極端に声が小さい人がいたり、、、。 日本語の発声のパターンは、日本語が、ある意味で、高度なのだろう。だから、その習得のレベルに違いがでてくる。 いろんなケースに出くわすなかで、最近は、二つ小さなコツを使いだした(この記事最後を参考に)。 さてっと、、、 先日、皮肉だと思ったこと。関西外国語大学の英語の先生が、Rの法則?という名前だったかな、、、で発音を指導していたのだけど、そのやりかたは、どちらかというと口に重心を置いたものだったので、正しくはなかったし、また、そこで紹介されていた日本人の発音は違ったものだった。 しかし、そんな感じで、一生懸命、ゲストのかたたちが、発音に取り組むなか、、、、アナウンサーのかたは、日本語を喉発音で喋っていたのだ。 完全な盲点になっていた。 まるで、現代哲学のよい例になりそうなかんじだ。 ミシェル・フーコーが、ベラスケスという人の絵をもってきて、そのなかの登場人物の視線がどうのこうのと論じて、それが、その歴史的時代のエピステーメー、解釈の原理を説明しているとか、そんな話をしていたけど、、、 「言葉と物」という本の第1章での分析だ。なんでも、奥のほうにある鏡にキングとクイーンが写っているとかで、実は、登場人物がその二人を見ている、、、みたいな話だったかな??? 見えそうで、見えないけど、実は皆に見えているもの、、、ってことだろうか?そして、そのキングとクイーンが実は主役。絵描きの人が、キングとクイーンの肖像画を書いているシーンなのである(、、、と思う)。 この番組は、まさに、今の日本の言説状況を理解できる内容だった。 http://www.youtube.com/watch?v=PqW7MxE1CG0&feature=related で、結局、誰も英語できないのではない?この教えている先生も含めて。もちろん、私はこの先生の英語を知らない、、、でも、私が分かるのは、本当に英語が分かったら、もっと英語をおもわず喋ってしまうということ(=例 英語喉ライブ)、、、そして、どうやって喋っているのか(=英語喉)、を伝えたくて、伝えたくてたまらなくなるということだ。 そして、実際、伝えまくってしまうのである(www.youtube.com/eigonodoを参照)。 さらに、皮肉なのは、合っていない英語の発音に対して、3人のネイティブジャッジが、今の発音OKって感じで、合格にしている点。日本に住んでいるネイティブのタレントさんも、日本の言説空間に放り込まれると、見えるものが見えなくなってくるのでしょう。 さらに、最も皮肉なのは、日本語のナレーションをしているアナウンサーのかたが、喉発音で日本語を喋っておられる点である! つまり英語の専門家に英語の発音を学ぶより、日本語を喋っているアナウンサーのかたの発声法に学べばいいのだ。 しかし、そのことに誰も気がつかない。 まるで、上で紹介したベラスケスの絵の主役が、登場人物ではなくて、鏡にうつっているから分かるキングとクイーンであることが分かりにくいように。 はやい話が、指導する前に、その指導する人が、まず英語が100%に近く、できるかどうかを問うべきである。…

喉動画を一箇所に集めてみました

おことわり。SIGHTSPEEDというサイトにUPした動画が見れなくなっています。問い合わせたらデータ修復中とか。たぶん、ビジネスにいきづまり、ほっっていているのではないかという気がします。とりあえずは、四郎二郎さんが、編集してくれているのでそちらをごらんください。 http://www.youtube.com/user/Sampa4626  ****以下は動画が見れない***** これまで散乱ぎみだったので、一箇所に集めてみました。新しいのも少しあります(NEWと書いてあるもの)。  英語喉の宣伝的説明(BLOGのプロフィールとして用意したもの NEW! ) http://app.sightspeed.com/vm/k5ulzghrvmhipxtfeb1e21axqhmazsrf/i1kb/ja_JP/1/   外人声矯正(強制?)ギブス 一挙に喉声を手に入れる方法 (ボイトレは要りません、以上。解散。あ、パクリは禁止です。) http://app.sightspeed.com/vm/bwg99ztjwbun5bdyqx49p7ksgi75skrv/xk7y/ja_JP/1/    レッスン1 声を出す(なぜ西洋人の声は違うのかが分かりますよ) http://app.sightspeed.com/current/viewmedia.php?uid=121136&mid=n5bnphiweadvu9rxmwl2m71t9tvjisu8&refid=1&locale=ja_JP   アマゾンで見れるレッスン1 http://www.amazon.co.jp/gp/reader/4384054629/ref=sib_dp_ptu#reader-link   レッスン2 声のコントロール (喉にも2箇所あります) http://app.sightspeed.com/current/viewmedia.php?uid=121136&mid=wylx8vhtqrrw4mfiqcezv23yjdg3c9zw&refid=1&locale=ja_JP   レッスン3 声をみがく(英語の音にはライフサイクルがあります) http://app.sightspeed.com/current/viewmedia.php?uid=121136&mid=fls9cyqpe2wki9d74kg8jcillgjeyxgl&refid=1&locale=ja_JP   レッスン6から11まで(母音のほとんど) http://app.sightspeed.com/vm/l3xlz56gi7×2zqgma5tzs36z4s27t1b9/jj6b/ja_JP/1/  レッスン16 Fの発音 (Fの発音で表情が変わったらだめです) NEW! http://app.sightspeed.com/vm/skgehmwcnrekcfpkanghfup2xg1cpd7c/s2kb/ja_JP/1/…

口発音、口を閉じたら音が出ない。喉発音だと音自体は出る!

あることに気づいた!!!!!!! 喉発音は、口を閉じていても、音を鳴らすことができる!!!! 口発音は、口を閉じた段階で、音すら鳴らない!!!!!!!! じゃ、口をわざと閉じて音がなったら喉発音になっているというテストじゃろ、これ! さて、説明しよう。 喉発音に苦労している人は、喉発音が当たり前の私とかが珍しく感じるかもしれない。しかし、できるようになると、なぜ喉発音に移行できないのかが非常に不思議に思える。 しかし、私はこの数日で、もしかして、これを口発音の人がやっているのではないかということと思い出したことがある。 それは、口発音=フグ・ポンプ発声?じゃないか?ということだ。 口発音をしながら、わざと口を閉じると、空気がじゃんじゃん、口の内部に入ってきて、空気圧がたかまり、顔がふぐのようになる。 しかし、喉発音で同じことをすると、空気が簡単に鼻のほうに抜ける。 ここで勘違いしてほしくないのは、喉発音だと鼻に空気を抜けさすのかということではない。口を閉じていると、喉発音の場合はすんなり鼻に抜けるとういことだ。 ここで、気がついたことがある。昔、テレビのコマーシャルで、「(口の前に設置した)ろうそくの火を揺らさずに、歌うことのできる、、、金沢あきこ、、、」というのがあった。 しかし、これは私には矛盾に思えた。歌がうまい人=喉発音=息を鼻と口の両方からたくさん吸う、、、。そしたら、逆に、ろうそくの火がゆれないといけない。 このことが気になってはいたが、今日に至って、解答がでたような気がするのだ。 口発音の場合、歌を歌うときに、必ず口から息が出る。口発音の場合、鼻のほうに空気を回せないからではないか。 それは、口発音は、フグポンプ発音だからではないか?発声をするときに、喉を緊張させ、ぽこん、ぽこんと空気を口のほうに送る。そのさい、鼻への息はあまり抜けないように弁が閉じるか何かするのではないか? 一方で、喉発音は、鼻と口の両方に、まんべんなく息が行くわけだけど、喉が全開であり、リラックスした状態で、弁がとじるとか、とじないとかいうことが無関係であるので、口を閉めた状態だと、するっと息が鼻のほうに抜けるだろう。 つまり、ろうそくの火を揺らさずに歌えるのは、息をあえて、鼻のほうに向けて流しても、声がでる===それは喉発音で歌っているからじゃないか。 口発音だと口を閉じるとそもそも、音自体が出ないぞ。喉発音だと口を閉じてしゃべっても一応、音は出る。強盗に口にガムテープを張られても、喉発声だと、叫ぶことができるから、助けを求めることができるが、口発音だと、声自体が出ない!!!! つまり口発音=口のほうに空気をポンプで流さないと発声できない発声法??? さて、さっき、実は、TADAさんの音声UPにコメントをしているときに、気がついた。 www.estat.us/blog/tada_04_26_2011.mp3.mp3 TADAさんは、ご自分でも気づいているように、まだ喉発音ができておらず、声を上から下に押し殺すように出してらっしゃる(これは、ローティーさんが喉発音に挑戦したときと全く同じ発声法である)。 私がそれを真似てみた。なんとなく、口を閉じたままで、それをやると、顔がフグ顔になったのだ!しかし、正しい、喉発音でやると、空気がすっと鼻に抜けていき、フグ顔にならなかった。 フグ顔になるか、ならないか、、、のテストではないか????…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.