Skip to toolbar

麻生首相の英語 え、国産ネイティブ?

が、非常に聞きやすく思うのだが、これはもともと日本語でも喉をやや開けたまま喋っているからだろうか。喉を開いたままで音をいちいち切って喋っていないという点において、音がスムーズにつながりがちで、聞いていてネイティブも分かりやすいのではないかと思う。口もあんまり使われていないようだ。

YOUTUBEで発見した。むちゃうまい。やや細かいが、THの発音とか、喉発音だからこそ、Sとは違い、正しい発音ができている。1分28秒あたり、3分28秒あたり(麻生氏が英語を喋っているとこ)を見てほしい。あと言っていることを聞いていても、覚えていることを言っているというより、その場で対応している感じがする。

http://www.youtube.com/watch?v=FeWkug3mS_Y&feature=PlayList&p=3AB6CE52EA7F02EC&playnext=1&index=3

喉発音だからこそ、できるワザだ。

麻生さん、え、まだ喉本、送ってなかったっけ?送った?

Related Articles

タモリ氏の諸外国語のまねが全然うまく感じられない 喉ショック!

RON氏、いやRON師が以下のYOUTUBE画像を紹介されていた。徹子の部屋でタモリ氏が諸外国語の真似をされているという動画だ。 ショックだった。中国語はすごくうまいと感じたが、その他の外国語が全然、うまく聞こえない。イタリア語とかフランス語とか、それらしく聞こえない。口発音の度合いが高いことと、3ビートになっていないため、、、というか、喉革命後の自分には、そのことがあまりにも明らかで、全然ヨーロッパ言語に似て聞こえないのだ。フランス語など、え?今マネしているのって中国語?と思った(語彙の問題じゃなくてね。タモリ氏は作ってしゃべっているし。) http://www.youtube.com/watch?v=YVzno0389Os&eurl=http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1059349657&owner_id=4214822&feature=player_embedded 喉実践者の皆さん、どうでしょう。 それから英語耳の松澤さんが以下の動画を紹介されていた。色んなナマリの英語を喋るネイティブの女性。  http://jp.youtube.com/watch?v=ObonHPh15ug これを見て、従来のパラダイムをまだ使っている人、口発音で英語を喋っている人は、「でしょ?英語にも色々あるんだから、日本語なまりがあってもかまわないでしょう?」と結論づけてしまうのでは? 新しいパラダイム、喉パラダイムだと、「でしょ、喉で発音している人達はお互いのなまりを*比較的*簡単に真似ることができるでしょ?」となる。思うんだが、日本人の教科書音声学者さんは、例えば黒人は白人英語が喋れないとか思ってない?そんなことないよ。まねは結構簡単にできる(そりゃセンスの問題もあるだろうけど)。 だから黒人の友達がいる人は、その人に白人英語のまねしてもらってみてみ。その逆もあり。黒人の人に白人英語の真似してもらってみてみ。あるいはニューヨークアクセントとかインド英語の真似とかネイティブに頼むと異常にうまい。黒人のコメディアンで白人のニュースキャスターを演じて笑わす人がいる。あとビートルズが歌うときにアメリカ風アクセントだったてのは有名な話。 従来の考えだと発音は舌の筋肉のトレーニングの問題だから、ネイティブの人が他の種のナマリが不得意だと感じているふしがある。だから色んなナマリをまねできる人を見て、へーすごいなあと感心するわけ。でもそういうことではないんです。 最後に、口発音英語と喉発音英語を使いわけるベトナム系のコメディアンを紹介。 http://jp.youtube.com/watch?v=BAti4PkAeNM&feature=PlayList&p=AE9CE737B314B7FA&playnext=1&index=12 ブログの人気投票です。 http://blog.with2.net/link.php?709532           

今日はアキさんのご質問への回答です。 

ご質問 喉発音の本では、n,t,d の子音は舌の角度などにこだわるな、と解説されています。この3音は、昔から学校では、口蓋前方の歯茎の位置に舌先をちゃんと当てて息を吐くように指導する教師が、多かったと思います。しかし、私が喉発音の練習を始めて感じたのですが、必ずしも口蓋に舌先が付かなくてもよいのではないでしょうか?   回答 そのとおりです。喉革命以前の私はNといえば、強調するほど、舌を屋根につけて発音していましたし、そうすることが、ネイティブ発音と思っていました。例えばPENであれば、ペンヌという感じです。ESS仲間などの間ではそうすることが*一つのステータス*だったような気がします。日本人の間では「俺は発音がうまいんだ」、、、というような。 Sのときに、やたらとすーっと音を鳴らす、、、というのも、その手のアピールとなりましたよ。昔ESSでランチタイムに英語会話をしていたのですが、静かな教室に響き渡るような風の音がします。高校のときに留学していたという先輩などはそういう発音をしていましたから、おーネイティブっぽい、、、と感動したものです。で、私も真似をしていました。      ちなみに、喉の本を書いているときに、共著者のJEANAさんに、カズが喋るとき、そのスースーする音はなんじゃ、、、と聞かれました(笑)。で、JEANAさんは、カズは口の奥に銀歯があるから、その銀歯に風があたって、そんな音を出す(Sの発音のときに)、、、と納得していました(喉をまだ発見していなかったときのエピソード)。今考えてみると、それこそがSを口発音していた証拠ですね。これが抜けるのにちょっと時間がかかりました(外人声強制ギブスを使うとすぐ直るでしょう http://nippondream.com/estatus/wordpress/?p=219)。英語耳の松澤さんは、Sのときに、摩擦の音が10メートル離れていても聞こえるようにと指導されていますが、これでは口発音傾向がたかまってしまい、英語がますます通じなくなります。 (なんで銀歯の話になったかというと私と同年代か、下のアメリカ人は、むかつくほど、虫歯がないんです。一箇所も治療の跡がない、つまり銀歯などがない、、アメリカ人はざらです。もっと若い世代では当たり前でしょう。うらやましい、、、)             ありゃ、N,T,Dの話をしていたのに、Sの話になってしまいました。ポイントは日本人が思い込んでいる発音法は、ネイティブに対して、「あー、そうやったらうまくなったねえ」と言わす効果があるんじゃなくて、日本人同士で、そうやったらネイティブっぽいよ、、、と思い込んでいる部分にアピールしているだけ、、、ということです。             教師が舌の位置にこだわるのは、それは、なにかやっている気になるということです(ごめんなさい)。舌の位置ならば、誰でも動かせますから。野球でノックをするときに、腰をおとせ、、、と指導するのに似ています。腰をおとしても球がとれるようになるわけじゃないんですけど、監督の立場から見ると、何かをさせて、それが実践可能なので、何かをしているような気に慣れます(炎天下でも水を飲むなとか、泳ぎに行くなとか、、も言われていましたよ、、、体が弱ると)。アメリカの大リーグで全然腰をおとさず、ごろをとっている選手などがいて、なーんだありゃー、、、と思ったことがあります。実際は舌を右におこうが、左におこうが、N,T,Dの発音ができないとダメだということです。喉でがんばりましょう!             教師バッシングみたいになってしまいますが、そういう意図ではありません。本当の気持ちは教師がプロとして何かを教えるときに、メソッドを開発しましょう!ということを言いたいんです。予習や復習はメソッドではなく練習法です。メソッドのない練習法はただの練習です。繰り替えすことも練習法にすぎません。メソッドとはプラモデルを組み立てるときの説明書と同じ。こうやって、こうやったらできますよ、、、というメソッドです。             私は中学校の数学の授業をよく覚えていますが、予習するにも、わからん、授業うけてもわからん、復習するにも分からん、、、試験前になってもわからんから勉強する気が起きない、、、とう憂鬱な気持ちをよく覚えています。数学を生徒が理解するメソッドが確立されていないのです。かわりにあるのは、予習せい、復習せい、態度を直せ、とか、、、そういう精神論ばかりでした(ずっと自分のせいだと思っていましたが、アメリカにきて統計学をとったりして、今はその分野なんですが、ありゃ、わし、数学が不得意じゃったんじゃなかったんかいのお、、、とショックを受けました。)   ご質問 たとえば、I can go there.  I…

リスニンングを鍛えるための音声をつくりました

さて、リスニング強化用の音声を録音しました。喉の音を聞く、シラブル・3ビートのボンボンボンのリズムを聞く練習です。 www.nippondream.com/blog/renshu_05_02_2011.mp3 皮肉なことに、多くの日本人がモデルとして聞いているアメリカの標準英語が一番、シラブルのリズムを感じにくい英語です。もちろん、聞こえ始めるとあまりにも当たり前のようにリズムが聞こえ、音の細部の細部まで聞こえるようになります。 しかし、かけだしの英語喉実践者にとっては、結構、苦労してしまいます。特に、英語上級者であるほど、知っている単語で気が散ってしまい、本当の音が聞けないという状況が生まれます。 先日も、英語喉実践者とビールを飲んでいるときに、となりにいたアメリカ人のピートさん(仮名)が、普通に英語を喋っていたのですが、英語喉実践者のかたが、ピートさんがなまっていて英語が聞き取りにくいというのです。私にとっては、全然なまっていなくて、普通の英語をしゃべっていました。実践者のかたが、いや、他の人に聞いたけど、ピートさんの英語はたしかになまっている、、、と。 しかし、それは、アメリカ人でも、誰でもある程度のなまりはあるはずですから、そのささいな部分を指していっているだけです。 そのピートさんは全然なまっていなかった。その証拠に、その彼と話していた東アジアのある国の出身者は、まったく問題なしに、ピートさんと会話しているのです。 私の診断では、その英語喉実践者氏は、それなりに、英語がすでにうまいので、聞き取りのさい、逆に細部まで聞きにくくなっているのではないかと思います。 まずは、意味をとろうとして聞くことをやめることです。すると、あちらのほうから意味が歩いてきます。 その練習のためにいろんな音源を合わせて、練習テープをつくりました(このエッセイの最初にURLをコピーしました)。意味をとろうとすることを停止し、喉の音、それからシラブルのリズムに集中してください。 さて、以下が音源です。日本語でも、幼児の喋る?言葉、各種方言(以下では沖縄方言)は3ビート、あるいは3ビートに限りなく近いです。2ビートの例として、茂木さんが英語で喋っているのを同時通訳をされている音源を選びました。標準の日本語が、英語の2倍ぐらいは早く喋られているのが分かります。そして、コックニーを聞き、最後にオバマ氏の演説です。これらの音源をいったりきたりして、耳をリズムに慣らします。 娘1歳半 本を読む http://www.youtube.com/watch?v=x40wTwtjmS8&feature=related 沖縄の方言紙芝居 http://www.youtube.com/watch?v=nBcBFGs_Seo&playnext=1&list=PL66C414F2D6B1CEF8 TEDxTokyo – 茂木健一郎 – 05/15/10 – (日本語) http://www.youtube.com/watch?v=5CcA-ucHKQg Cockney…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. さるるんさんからコメントをもらったのですが、押すところを間違ってしまい、消えてしまいました。ごめんなさい。テレビでオバマ氏と麻生さんが英語で喋っているのを見たけど聞いていられないほどだった(麻生さんの英語が悪かった)。それから、記事録でも、言っていることが分からないと記入された、、、ということを教えていただきました。

    その時の映像、どこかにあるでしょうか?