音程を気にするなゆーとるじゃろ

喉的に面白いことがあった。

任天堂DSって知っとる?それをもっとる人がおったんじゃ。そのソフトで発音を点数化してくれるのがあるんじゃけど、その英語会話は初心者の人がやったら、80点ぐらいじゃった。

英語が読まれて、それを繰り返したら、画面の横のほうにXXみたいなんがでてきて(特定なソフトを特定できないように伏字)、XXXなセリフとともに点数を出すんよ。

で、わしにもやらせてくれーゆーってやったら72点とかじゃったからがっくりきた。で、共著者もチャレンジしたんじゃけど、もっと悪くて62点ぐらいじゃった。ネイティブがよ。ネイティブが。

つまり、その英語会話初心者の人が高得点で、わしが次で、ネイティブがドベじゃった。

で、もう一回やろういうてねえ、今度は音程を合わせてやったんじゃ。そしたら全員が満点じゃった。

結局、音の高さを測ってやっとるんじゃろうねえ(スピードもかねえ)。これは製作しとる人も、知っとるはずじゃろうねえ。ネイティブがやったらどうなるじゃろうか、というのは自然な考えかたじゃろ。

音程合わせて、英語発音がうまくなる、、、というのは、まあ音声学の伝統では百点満点の考えじゃけど、それがほんまじゃったら、英語の歌は理解できんなるゆーことになるよねえ。

この不景気なときに、特定のソフトを批判したらいかんとは思うんじゃが、この批判は、このソフトだけじゃなくて、事実上、英語喉以外、全部になるよね。思うんじゃけど、確かに効果のないものが市場にまわって、一瞬は、短期的な意味での利益は作られるとはおもうけど、その売ったもの自体が学習者の中に価値(人的資本)を作りださんと、非常にこまる状態になると思うんよ。経済理論的にも。

例えば食べ物じゃったら、カロリーとなって、食べた人のエネルギーとなり、さらなる経済活動に価値がでるよねえ(2次的な価値と呼ぼう)。英語喉も同じで、効果がでたら、その人の経済活動を助ける。効果のないやり方の場合、特に精神論をともなって、何回も練習せーゆーんじゃけん、2次的な価値がないどころか、その学習者の時間をも浪費するよねえ。とはいえ、普通の人は、そういうのは飽きるからすぐやめるけどね(ある意味で正しい)。

まあ、最近、色々仕事に役立っとるというレポートをもらうけん、うれしいわあ。それでこそ喉の価値、そして二次的価値があったゆーもんよ。

本だけじゃなくて、自分がやっとる仕事なんかでも、二次的な価値がでるような仕事をしたいのおとおもーとります。

従来の音声学の指導というのは、学習者のメソッドじゃなくて、指導する側のメソッドじゃね。指導を成り立たせるためのね。音程とスピードじゃったら、誰でもできるから、できているような気になるしね。本当のメソッドというのは、学習者が実際にできるようになるメソッドじゃろう。そして、そのメソッドは教える側も同じメソッドをつかっとらんといけんと思う。

最近、MIXIのコミュニティーでギター指導をはじめたんじゃが、自分自身がやっとることしか教えんよ。でも時々、教える側に都合のいいことを教えたい願望にとらわれるんじゃ。カタを決めて、それをくりかえしとけ!みたいなね。そしたら、楽じゃけんねえ。でも、効果がないと意味なしじゃけんね。

また従来の発音指導の人らみたいに、自分のやってないことを教えたくなる願望も時々あるんじゃ。たとえば、ギターは歌を作るための道具にすぎん、お前ら歌つくれ、、、みたいにね。わしが最近つくっとらんのじゃけん、そういうことは指導しちゃーいけんと思うとるんよ。自分で作り出したら、もっといおうとおもうとるけどね。

自分でできんこと、やっとらんことを教えるんは禁物じゃ。

でも教える立場に立つと、自然とえらそーにしたくなるのが人間ゆーもんじゃ、、、そういう自分を節するということこそ、真の頑張りじゃと思うんじゃがどー思う。

ブログの人気投票です。 http://blog.with2.net/link.php?709532       

Related Articles

小さなコツ 二つ

やはり教え続けていると、色々なケースに出くわす。 http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 ひとつは日本語というのは、やはり特殊なのだろう。英語は、赤ちゃんが泣いているときの発声法とそんなに変わらない。しかし、大人が喋る日本語は、喉発音を元々しているひとがいたり、完全なる口発音だったり、小さいときから発音が悪いと注意されてきていて、実はそれが英語発音むきだったり、あるいは、注意されてきたから、それを直そうとして、口に力が入りすぎていたり、、、、。あるいは、日本語にもあるSが舌足らず的だったり。 さらに、地方によって、発声の深さが違ったり、、、。 極端に声が小さい人がいたり、、、。 日本語の発声のパターンは、日本語が、ある意味で、高度なのだろう。だから、その習得のレベルに違いがでてくる。 いろんなケースに出くわすなかで、最近は、二つ小さなコツを使いだした(この記事最後を参考に)。 さてっと、、、 先日、皮肉だと思ったこと。関西外国語大学の英語の先生が、Rの法則?という名前だったかな、、、で発音を指導していたのだけど、そのやりかたは、どちらかというと口に重心を置いたものだったので、正しくはなかったし、また、そこで紹介されていた日本人の発音は違ったものだった。 しかし、そんな感じで、一生懸命、ゲストのかたたちが、発音に取り組むなか、、、、アナウンサーのかたは、日本語を喉発音で喋っていたのだ。 完全な盲点になっていた。 まるで、現代哲学のよい例になりそうなかんじだ。 ミシェル・フーコーが、ベラスケスという人の絵をもってきて、そのなかの登場人物の視線がどうのこうのと論じて、それが、その歴史的時代のエピステーメー、解釈の原理を説明しているとか、そんな話をしていたけど、、、 「言葉と物」という本の第1章での分析だ。なんでも、奥のほうにある鏡にキングとクイーンが写っているとかで、実は、登場人物がその二人を見ている、、、みたいな話だったかな??? 見えそうで、見えないけど、実は皆に見えているもの、、、ってことだろうか?そして、そのキングとクイーンが実は主役。絵描きの人が、キングとクイーンの肖像画を書いているシーンなのである(、、、と思う)。 この番組は、まさに、今の日本の言説状況を理解できる内容だった。 http://www.youtube.com/watch?v=PqW7MxE1CG0&feature=related で、結局、誰も英語できないのではない?この教えている先生も含めて。もちろん、私はこの先生の英語を知らない、、、でも、私が分かるのは、本当に英語が分かったら、もっと英語をおもわず喋ってしまうということ(=例 英語喉ライブ)、、、そして、どうやって喋っているのか(=英語喉)、を伝えたくて、伝えたくてたまらなくなるということだ。 そして、実際、伝えまくってしまうのである(www.youtube.com/eigonodoを参照)。 さらに、皮肉なのは、合っていない英語の発音に対して、3人のネイティブジャッジが、今の発音OKって感じで、合格にしている点。日本に住んでいるネイティブのタレントさんも、日本の言説空間に放り込まれると、見えるものが見えなくなってくるのでしょう。 さらに、最も皮肉なのは、日本語のナレーションをしているアナウンサーのかたが、喉発音で日本語を喋っておられる点である! つまり英語の専門家に英語の発音を学ぶより、日本語を喋っているアナウンサーのかたの発声法に学べばいいのだ。 しかし、そのことに誰も気がつかない。 まるで、上で紹介したベラスケスの絵の主役が、登場人物ではなくて、鏡にうつっているから分かるキングとクイーンであることが分かりにくいように。 はやい話が、指導する前に、その指導する人が、まず英語が100%に近く、できるかどうかを問うべきである。…

喉動画を一箇所に集めてみました

おことわり。SIGHTSPEEDというサイトにUPした動画が見れなくなっています。問い合わせたらデータ修復中とか。たぶん、ビジネスにいきづまり、ほっっていているのではないかという気がします。とりあえずは、四郎二郎さんが、編集してくれているのでそちらをごらんください。 http://www.youtube.com/user/Sampa4626  ****以下は動画が見れない***** これまで散乱ぎみだったので、一箇所に集めてみました。新しいのも少しあります(NEWと書いてあるもの)。  英語喉の宣伝的説明(BLOGのプロフィールとして用意したもの NEW! ) http://app.sightspeed.com/vm/k5ulzghrvmhipxtfeb1e21axqhmazsrf/i1kb/ja_JP/1/   外人声矯正(強制?)ギブス 一挙に喉声を手に入れる方法 (ボイトレは要りません、以上。解散。あ、パクリは禁止です。) http://app.sightspeed.com/vm/bwg99ztjwbun5bdyqx49p7ksgi75skrv/xk7y/ja_JP/1/    レッスン1 声を出す(なぜ西洋人の声は違うのかが分かりますよ) http://app.sightspeed.com/current/viewmedia.php?uid=121136&mid=n5bnphiweadvu9rxmwl2m71t9tvjisu8&refid=1&locale=ja_JP   アマゾンで見れるレッスン1 http://www.amazon.co.jp/gp/reader/4384054629/ref=sib_dp_ptu#reader-link   レッスン2 声のコントロール (喉にも2箇所あります) http://app.sightspeed.com/current/viewmedia.php?uid=121136&mid=wylx8vhtqrrw4mfiqcezv23yjdg3c9zw&refid=1&locale=ja_JP   レッスン3 声をみがく(英語の音にはライフサイクルがあります) http://app.sightspeed.com/current/viewmedia.php?uid=121136&mid=fls9cyqpe2wki9d74kg8jcillgjeyxgl&refid=1&locale=ja_JP   レッスン6から11まで(母音のほとんど) http://app.sightspeed.com/vm/l3xlz56gi7×2zqgma5tzs36z4s27t1b9/jj6b/ja_JP/1/  レッスン16 Fの発音 (Fの発音で表情が変わったらだめです) NEW! http://app.sightspeed.com/vm/skgehmwcnrekcfpkanghfup2xg1cpd7c/s2kb/ja_JP/1/…

喉コミュニケーションの成果 現地の文化を知るには大切 プラス 職場のお歳暮の話

てっちゃんのBLOGで、てっちゃんがアメリカ人のクリスマスパーティーに行ったというくだりがあった。そもそも、留学の最初の年でそんなイベントに招かれるなんて、喉コミュニケーターだからでって、普通のことではないよ。で、てっちゃんは次のように書いている。 引用します*** 先週クリスマスパーティーに誘われてアメリカンホームパーティーを楽しんできました。 やっぱりアメリカのパーティーは賑やかですね。30人くらい集まったのですが、とりあえず全員と挨拶しないと水くさいみたいな感じでどんどん「ハーイ」と言って交流を持とうとします。 http://tetsu919.blog6.fc2.com/blog-entry-12.html 引用終わり**** そうなんですよ。アメリカ人はパーティーとかにいくと、「そうしないと水臭い」みたいな感じで(無意識だとは思う)、皆と挨拶、自己紹介するんです。(はやー話が、日本でも同じじゃなーですかねえ、、、?) てっちゃんがそういうのを、留学がはじめてなのに経験できているのは、喉コミュニケーターだからですよ。だからこそ、現地の人に誘われるし、誘われるからこそ、そういう文化を学ぶことができる。そういうのを発見したら、今度そういうシチュエーションに出くわすと、自分から実践できる。 相手によってはいきなりハグってのもありますね。ラテン系の人とかね。あるいは、2回目に会うときとかね。このあたりのタイミングやらなんかは、きっとテッチャンがこれから自分の目で見ながら、実践しながら、マスターしていかれることでしょう。 これこそが、留学の醍醐味であり、あるいは、日本国内であれば、国際交流の面白さですね。自分の目で見て、それを分析し、文化パターンを理解してく、、、と。(ただ、だから留学したいなあ、、と思う前に、国内でもできるし、かえって国内のほうが国際交流がしやすいということも知っておいてください。日本に興味があるから日本に来ている外国人が多いので。この景気のクソ悪いときに、誰でも留学できるということではないですからね。) そのことなしに(自分の目で見ることなしに)、例えばですが、エッセイ派知識人の本(例 藤原さんの「国家の品格」とかかな)を読んで、外国に関する知識を得て、実際に外国にいき、口発音だからということで、誰とも話ができなかったとなると、読んだことを鵜呑みにしてしまうと思います。ああ、やっぱり外国人とは通じ合えないな、、、みたいなね。 前置きが長くなってしもうたんですが、実はトピックは昨日書いた、お歳暮の習慣です。というかホリデーシーズンにアメリカ人が何をするかということです。 私は口発音2ビートで10年以上アメリカに暮らしてきたので、透明人間状態でした。ですから、ホリデーシーズンに同僚同士でカードを交換し合うとか、ギフトを交換しあうということを今年までよく理解していませんでした。 共著者が、アメリカではボスとかにギフトを持っていくと言ったので、えー、そんなこと誰もしてないと思うけど、、、と思ったんだけど、一応5,6人分用意しました。で、昨日、仕事に行ったら、その5,6人分で想定していない人ばかりからギフトが届きました。 ありゃー、これ、どういうこと?アメリカの職場にもやっぱりお歳暮のシステムがあるんだ! でね、次から次へと、同僚からカードが家に届きだしました。前は全然こなかったんですよ。口発音時代にはね。でも喉発音に変わった後に勤めた会社が2つあるんだけど、最初のほうから2通、今のところからは4通きました。 なんじゃこりゃーーーわしゃーーこんなにカードなんてもろうたことがないぞ。このシステムは今年から始まったんかい? じゃないんですね。私はアメリカに14,5年ぐらいは連続して住んでいますが、口発音2ビートで自分の周りに壁を作っていたわけです。喉発音と3ビートになってはじめて、まわりの同僚が、私を同じコミュニティーに属する仲間である、、、と認知しだしたわけです。 これは差別ではなくて、口発音と2ビートの私が、西洋文化では、「私に話さないでくれ、ほっといてくれ」というオーラを保っていたということです(口発音で発音すると音がCHOPPYになりますが、それは西洋文化では軍隊での命令ぐらいしか使わないのです)。こないだ、会社の謝恩会があったことはいいましたが、同じく口発音の中国人だけのテーブルが2つも3つもできるんです。それをみて、やはり周りのアメリカ人は、やっぱり自分達だけでいたいんだなと思うのかもしれません。 「ものすごいカズのことが好きじゃ、、、カード出してギフトあげよう」と思っているとは思いませんが、最初のほうに、テッチャンのことでもあったように、そうしないと水臭いじゃん、、、みたいな万国共通の感情があるんじゃないかなあと思います。 (そういう意味で、いっつもいいますが、国家の品格の藤原さんがいう、情緒は日本に特有という考え方は完全に勘違いだと思います。) でね、結局、アメリカ人は、いつもホリデーシーズンにギフトを交換してたんですね。社内でも。でもなぜそれに私は気づかなかったんだろう。前の会社は4年勤めましたけど、誰もギフトをくれませんでしたし、また同僚がもらっているということも気づきませんでした。アメリカの会社で、私の業界は、普通、社員は個室で仕事をしているので、外から見えにくいというのもあるでしょう。 でも、昨日、たぶん、こういうことじゃないかなあ、、という気がしたんです。間違っているかもしれません。4,5人分しかギフトを用意しなかったんで、それを持っていくときに、他人に見られたくないなあ、と感じました。だって、他の人には用意していなかったので、、、。だから、こそーーーと、ギフトを持っていきました。 たぶんですが、私の口発音2ビート時代には、きっと回りのアメリカ人同志がギフト交換をしていたと思うんですが、こそーーーと持ってきていたのではないか、、、と。カズの横のオフィスの誰々にはギフトをもっていったけど、一緒に働いているにもかかわらずカズのギフトは用意していないから、気まずい、、、と。 これは読みすぎかもしれないけど、私は昨日はこそーっともって行きましたよ。…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. 喉方式の二次的価値を経験している者のひとりです。批判者は音声学者が多いよ
    うでが、喉方式の普及としてはこんなものはどうでしょう。

    1、生徒に、喉方式の受講前に、リスニングのテストをうけてもらう。
    2、生徒に、喉方式のクラスを受講してもらう(一か月?)
    3、生徒に、喉方式の受講後に、リスニングのテストをうけてもらう。
    4、 1 と3 のテストの点数の比較をする。

    (注1) 1 と3 の テストは、同じ位の難位度だが、同一のテストではありません。
    違う年度のセンター試験のテストをつかって、2つのテストのスコアを偏差値にか
    んざんして比較。
    (注2)本当はスピーキングのテストを使えられれば理想なのですが、それは難しい
    かもしれませんね。
    (注3)批判をかわすためには、コントロールグループが必要ですが、これも難しい
    かもしれませんね。代替案としては、生徒に読解テストも受けてもらうのはどう
    でしょう。つまり、まず、喉方式はリスニング(スピーキング)に最も効果がある
    と仮定します。そして、生徒に喉方式のクラス受講前後で、リスニングと読解の
    テストをうけてもらいます。もし、生徒のリスニングのスコアの増加が、読解の
    それよりはるかに大きければ、喉方式はリスニング力の増加に効果があったとい
    える。。。
    のではなでしょうか。

    喉方式の普及に少しこうけんできましたらさいわいです。

  2. コントロールグループはBUSINESS AS USUAL(しかし何をもってそう定義するかな、、?)かNO TREATMENTか、、、。

    トリートメントグループは二つあったほうがいいと思っています。ひとつは本だけでやる。もう一つはコーチをつけてやる、、と。

    一つ、思うに、喉を経験する前のリスニングという作業と、喉を経験したあとの作業ではあまりに違うので、同じテストを使っても、同じ技能を計っているといえるのですかね。同じリスニングでも質的に違うもののように思います。

    実験できたらいいなあと思います。